国広富之のスキャンダルとは?現在は家族(長女や次女など娘)も話題

今回のネタは「科捜研の女15」の第6話にゲスト出演する俳優の国広富之さん。

Wikipedia(国広富之)

スキャンダルの話は後から書くことにして、今はどちらかというと娘さんの方が話題かもしれない国広さん。

その娘さんが、モデルや女優として活動している次女の谷内里早さんです。

国広さんの本名の名字は「國廣」と、漢字が難しくなっただけなので、谷内という名字は奥さんのものかも。

ただ、その奥さん及び、里早さんが次女ということで気になってくる長女の方の情報については、ネット上には無さそう。

何にしても、国広さんと里早さんは「シャープなアゴ」が似てます。

スポンサーリンク
panpy_336x280

今回のパピコメ

では、ここからはスキャンダルについて。詳細は日刊ゲンダイさんの記事を見て頂ければと(リンクは事情により貼れません)

そのスキャンダルに登場するのが、水沢アキさん。

カンタンに言えば「水沢アキさんと婚約してたけど、ひょんなことから旅行で別の女性を連れてたことがバレて、結局婚約破棄となった」という話です。

ただ、若干引っかかる点があるので、その記事を読んでもらい、パンピーにコメントをもらいました。

これで別れるなら、別れた方が幸せだったんだよ。真実は当事者にしかわかんないけど、前もって旅行を伝えなかった不誠実さと、指輪を持って追いかけてきた行動力、天秤にかけて不誠実さが勝っちゃったんだろうな。(30歳・男@小顔)
水沢アキと婚約してた時期があったの?知らなかった~しかも最悪の破局パターンだね。水沢アキの方は真剣に結婚を考えていたみたいだけど、国広富之の方は最初から遊びのつもりだったのかな。二股とか最悪。(34歳・女@口笛が吹けない)
悪いことっていうか、後ろめたいことって本当に予想もしないとこから漏れちゃうんだね。内緒にされてた女性としては疑う気持ちもわかる。でも、勢いで結婚しちゃおうかと思わせる説得をしてくる男もすごいと思う。(34歳・女@浮気男を好きなになる)
なんか国広さんが気の毒。事の原因になった女性は昔からの幼馴染で男女の関係ではないって言ってるんだから、水沢さんも一回信じてあげたらよかったんじゃないの。それでもダメだったら離婚すればいいだけだし。(32歳・女@ささくれがひどい)
懐かしい。国広さんは「噂の刑事トミーとマツ」の優男のイメージやったから、びっくりしたわ。水沢アキもそんな男と結婚せんで良かったんちゃう?浮気ぐせは直らんし。国広さんはこの一件で男を下げたよね。(40歳・女@懐メロ好き)
なんかさー、これ読むと、国広富之の出番て、まるっきりなくない?なんなんだろ。釈明は、全然関係ない親がしゃしゃり出てきてやって。あと、水沢アキのオンステージって感じ?こんな男らしくない人だったの?(40歳・女@テレビ好き)
やっぱり芸能人はすぐに離婚したり、破局したりするのかぁ・・・親子同士が仲が良くてもやっぱり本人同士の相性だったり、フィーリングが重要なんだねぇ。婚約をしていたのに破局なんてもったいないよねぇ(24歳・男@キモオタ)

そう、自分としてはささくれがひどいアラサーと同じ意見で、ちょっと気の毒かなとは思いました。

でも、婚約していた時に女性連れで旅行に行くことを水沢さんに伝えなかったのは、国広さんの脇が甘い。

何にしても、バレるキッカケとなった国広さんの付き人の男性がいなければ、ということには間違いないですが。

ここまで読んで気になった方、ぜひ元ネタの記事をどうぞ。すぐ見つかると思いますので。

ちなみにキモオタ24歳が言っている「親子同士が仲が良くても・・・」というのは、国広さんと水沢さんではなく、国広さんと連れの女性についてです。

感想

さっきのスキャンダル話の続きですが、付き人の男性がある意味「歴史を変えた」なぁと。

そういう意味で、本能寺の変の後に明智光秀が毛利家に出した使者と、この付き人の男性がちょっと被りました。

あの使者がもし秀吉に捕まっていなかったら、秀吉が天下を取ることは無かったかもしれませんし。

・・・ちょっと大袈裟な例えかも?でも、当の国広さんにとっては全然大袈裟じゃないかなと思います。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">