フラジャイル8話ネタバレ&あらすじ感想!恒松祐里のメガネ姿に注目

今回のネタは、3/2放送のドラマ「フラジャイル」の第8話。

第8話は、パッと見た感じ蒼井優(or 大島優子)さんに見えそうなメガネをかけている恒松祐里さんと、小雪さんより10歳も年上に見えない森口瑤子さんに注目です。

では、第8話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

フラジャイル第8話の展開まとめ

その1:ミスの発端

アクシデントとインシデント。アクシデントとは現場で起こるいわゆる医療事故。インシデントとはミスに事前に気付いたり、ミスをしたとしてもさほど害が及ばない事例。このインシデントが、医療現場で日常的に起きていることを・・・患者は知らない。

岸京一郎と宮崎智尋は、医学生相手の病理勉強会に来ていた。中熊薫教授主催の温泉旅館での勉強会で、未来の病理医を育てる目的で17年前から行われている。しかし、この勉強会で病理医になった学生は0人。今回も診断を行っている医学生に厳しい言葉を浴びせ、岸が会場を凍りつかせてしまう。

一方病理では、検査技師の森井久志がゆったりとした時間を過ごしていた。女性外科から5つの検体が持ち込まれ作業している中、 薬品会社の火箱直美がやって来る。勝手に部屋に入ってきたため慌てて止める森井。火箱は気にとめる様子もなく「森井さんって困った顔もいいですね。(医学部の)受験勉強、頑張ってくださいね」と微笑み帰っていく。

翌日、いつものように忙しい日々が始まる。席に着いた岸は、椅子の高さが変わっていることに気付き、何か変わったことがなかったか森井に聞く。しかし森井は「変わりありません」と答える。

昨日の女性外科の診断が行われ、柳原亮子の患者である南雲美恵には「浸潤性乳管癌」細木まどかの患者である目黒栄子には「異常なし」との診断が確定された。癌と診断された南雲はすぐに手術することで話が進んでいく。

そこに勉強会で病理に興味を持った医学生、出羽カナが現れる。しばらく見学に来るということで、張り切る宮崎。お昼ご飯、カップ麺をすする岸と森井。出羽は手作りのお弁当を持参し、岸へ勧める。

宮崎が「オムライス、岸先生は食べないから」と言ったものの、オムそばだと聞くと態度が一変。美味しそうに食べる岸の姿に「私持ってきた卵焼きは食べなかったのに・・・」と宮崎は不満を漏らす。

昼食後、女性外科の男性医師が、南雲の術中迅速病理診断のために検体を持ってやって来た。しかし岸は「これ誰の組織だ?」とうろたえる。そして「この組織に癌は認められない」と。
連絡を受けた柳原は「病理が癌だと言ったから執刀したのにどういうこと?」と詰め寄る。岸は「この患者は癌ではない、病理の診断は南雲さんは100%癌ではない。すぐに患部を閉じてください」と指示。

その2:岸の謝罪

病院では病理の診断ミスが噂となって広まっていた。原因を探る中で検体の取り違えが考えられると、標本を作っている森井が疑われる。当時の状況を聞かれ、心当たりを聞かれるも「特にありません」と答える森井。しかし、火箱とのやり取りの最中でミスしたのではないかと気になっていた。

帰宅しようとする岸へ「僕がミスしたと思っています?」と森井が聞いてくる。「それになんの意味がある?病理にとって重要なことは100%の診断を出すことだ」と冷たく突き放す岸。仕事量が多いことを挙げ、自分を正当化する森井に対し「だからミスがあっても仕方がないとでも?それとも森井くんはミスなんてしないと、みんなの前で言って欲しかったのか?」と岸。

感情的になった森井は「いざとなったら医者同士結託するんですよ。技師なんて切り捨てですよ」と声を荒げる。「病理で起きたことは全て僕の責任だから」とつぶやいた岸は、部屋を出て行く。

その足で女性外科に行く岸。どの患者と取り違えたか、疑いのある患者に検査をしてほしいと柳原にお願いする。しかし柳原は、まだ謝罪の言葉さえ聞いていないと指摘する。すると岸は、深々と頭を下げて検査をお願いをしたのだ。

宮崎とまどかは岸が謝ったことに驚いていた。だが中熊は「診断のために人に頭を下げることなんて何とも思っていない。診断の確定で頭がいっぱいだよ」と話す。その後オムライスとオムそばの話題が出るが、何かに気付いたまどか。

その3:ミスの真相

医療事故の謝罪会見が行われ、病院の評判は落ちてしまった。その責任を取る形で、病理の廃止が決定したと副院長から報告を受ける岸。そこへ宮崎が入ってくる。検体の瓶を差し出し、取り違えた患者が分かったと言う。

女性外科では検査する際、検体を入れた瓶に患者の名前を略したものを書き、後から正式なラベルを貼るという方法を取っていた。その中で、二人の患者、南雲(瓶にはナグと記載)、目黒(メグと記載)のラベルを誤って貼ってしまったのだと。確かに瓶に書かれた文字とラベルの名前は異なっていた。急遽目黒の再度検査を行い、彼女の乳癌が確定した。

女性外科では岸への謝罪が行われたが、柳原は「医者も人間。ミスすることはある。将来有望な医師の芽を摘まないでほしい」とラベルのミスをした医師をかばう。岸は「ミスで人を殺すこともある。人を殺しても仕方がないなんてありえない。病理は100%の診断を出すって約束しますよ」と一喝する。

病理に戻ったメンバー。すると出羽が「私は岸先生のことが大好きです!でも岸先生は病理と結婚しているようなものだから、諦めます」と告白し、病理を辞めて帰って行く。岸に近付くことが目的で病理に来ていたのだった。出羽を追い掛ける宮崎。

二人きりになった岸と森井。

すると岸が、以前森井から自分を疑っているかと聞かれた話題を持ち出し「森井くんは100%ミスをしなかったと言い切れたのか?君を疑っていたのは、君自身じゃないのか?何を迷っているのか知らないが、そういう人間は病理にはいらない」と言う。それを受けて森井は「辞めます。僕、医者になりたいんです」と部屋を出て行く。

同じ頃、中熊のもとへ火箱がやって来る。「薬屋さんが僕に何の用かな?」と尋ねる中熊。火箱は、多くの病院に大きな発言力と人脈がある中熊にお願いがあり、協力してもらえるならそれなりのことはやると答える。

その言葉を受け「それなりの・・・こと?」と微笑む中熊であった。

あらすじと予想

(ココは予告を元にして放送前に書いたあらすじ&予想ですので、内容が被っていたり、てんで違う予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばして頂くか、全然読み間違えてるよコイツwみたいに楽しんで頂ければと思います)

岸と宮崎はなぜか温泉旅館にいる。そして宮崎は、うさぎの耳を頭につけている。宮崎の「うさぎの耳」はまだしも、岸が温泉旅館にいるという意外過ぎる状況を作っている張本人は、やはり岸の元指導教官である中熊。岸と宮崎は中熊の指示により、温泉旅館で現役の医学生に「病理医の仕事」について学ばせるスクールに参加させられていた。

そんな不本意な状況も手伝い、岸の発する言葉はいつも以上に厳しく、学生側は岸に全くついていけない。そんな中、出羽カナ(演・恒松祐里)だけは、岸の話を興味深くじっと聞いていた。

一方、岸のいない病理診断科では森井がいつも通り黙々と仕事に励んでおり、細木(演・小雪)からいくつかの検体も送られてきた。そこに、以前森井と飲んだことのある火箱直美(演・松井玲奈)が現れるが、森井は岸に部外者が部屋に来たことが知られることを嫌い、ふざける火箱を早々に帰す。

明くる日、岸は細木の検体から森井が作成したサンプルをチェック。細木が担当する患者は特に問題は無かったが、別の女性医師・柳原亮子(演・森口瑤子)が担当する患者にはガンが発見された為、柳原は手術を決める。

その後、温泉旅館で岸に興味を持っていた出羽カナが、中熊に連れられて岸の元にやってきた。岸は宮崎が来た時と同様全く受け合うそぶりを見せないが、これまた宮崎が来た時と同様、カナは岸に臆せずどんどんアタックしてくる。

患者がガンと診断された柳原の手術が始まった。その手術の途中に行われる「術中迅速病理診断」のサンプルが岸の元に届く。岸は早速サンプルをチェックしたが、なぜかガンが認識されない。

細木から検体が送られてきた日、自分は宮崎と温泉旅館にいた為、病理診断科に居たのは森井1人だけ。岸が森井を疑うのを察知したのか、森井は「自分を疑っているのか」と岸に問う。しかし、その証拠はどこにもない。そうこうしている内に、手術を担当していた柳原が状況を知り、怒りに身を震わせながら岸の元へ。

岸は柳原の怒りに対し謝罪するしかなく、当然ながらそのことが病院上層部へと伝わり、病理診断科廃止の危機へとつながっていく。

どこでミスがあったのか?

火箱が来て若干の動揺があったにしても、あの冷静な森井くんが検体を取り違えるミスをするとは思えない。

となると、岸の最初の診断と術中診断のどちらかにミスがあった、ということになってしまうわけですが・・・

今回は多分、岸でさえ間違えてしまうような超レアケースなのではないかと。

しかし、病理診断科存亡の危機に瀕してもあきらめなかった岸が、結局ガンを再度発見。

結果としてその患者の命を救う、という展開になると思われます。

フラジャイル第8話キャスト記事

恒松祐里の高校や彼氏は?家族ゲームや「まれ」に続き「5→9」に出演

フラジャイル第8話の感想

ついに岸が番組始まって以来の大ピンチに襲われてしまった~!ついに病理科消滅!?と最後までドキドキハラハラ。ハラハラした分、最後の台詞は痛快でスッキリ!今回も岸先生かっこよかった~次が待ち遠しい(30歳・女@寒がり)
森井が取り違えたものだと思ってたから、違う結末になったのは素直にへぇーってなったな。でも森井のあのプライドの高さはいただけない・・・岸とはまた違う感じだよね。身近にいたらちょっと苦手なタイプだわ。(32歳・女@メール返信は早め)
今回は病理の危機的話だった〜。まさかの森井くんの取り違い疑惑に、病理取り潰しの危機。どうにか宮崎先生のおかげで危機は脱したけど、森井くんは医者になるって辞めちゃうし、これからどうなっちゃうんだろ(27歳・女@お肉大好き)

フラジャイル第9話の見所

危機を乗り越えたと思ったらさらなる危機が!森井が病理科を去る!?医師になりたい気持ちはわかるけど、ここは残る展開になって欲しいなー。火箱は中熊教授に手を伸ばしてるし、早く次が見たい!(30歳・女@寒がり)
もうすぐ最終回だし、どうなっていくのか楽しみ。抗がん剤の治験の話が出てたけど、それがメインになっていくのかな?しかし普段のイメージとは違ってクールな岸先生もいいわ長瀬君。もうしばらく見ていたいけどな。(32歳・女@メール返信は早め)
やっぱり森井くんが気になるかな〜。なんだかんだで岸先生のところに戻ってきてくれると信じてるけどまだまだ一波乱ありそう〜。火箱が何考えてるかもよく分かんないし、9話も波乱の予感がする〜。(27歳・女@お肉大好き)

フラジャイル第8話視聴率

結果

8.8%

せっかくの当てるチャンスを・・・_| ̄|○(その意味は↓の予想をどうぞ)

予想

初回9.6% → 第2話10.0% → 第3話10.0% → 第4話9.7% → 第5話9.5% → 第6話9.2%→第7話9.8%。

今までの最高視聴率10.0%に対し、最低視聴率は9.2%。

「こんなに安定感抜群のドラマが今まであったのか?」と思わせるような推移(笑)

まぁ、その安定しているレベルがちょっとイマイチではあるんですが・・・

ただ、これは予想する側としては非常にやりやすい。9.2〜10.0の間で予想すれば当たる可能性が高いので。

というわけで、予想は「9.9%」とします。視聴率予想で初めて当たるかも!

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">