フラジャイル9話ネタバレ&あらすじ感想〜火箱とAM105の真実とは?

今回のネタは、3/9放送のドラマ「フラジャイル」の第9話。

第8話では「検体間違い」という医療ミスを発端として岸と森井が衝突し、森井の医者になりたいという希望もあり、森井が病理を出ていくことを宣言してしまいます。

一方、その衝突の一因となったとも言えるアミノ製薬の火箱は、中熊教授に怪しいお願い(笑)

この2件の成り行きも、第9話の見所といえそうです。

では、第9話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

フラジャイル第9話の展開まとめ

その1:火箱の秘密

日々多くの人々が病気で命を落としている。今は治療が困難でも10年後には治せる病気があるかもしれない。日々医学は進歩している。病理解剖室にて岸京一郎と宮崎智尋が剖検(遺体を解剖して調べること、主に病気の解明にために行われる)を行っていた。

「患者を剖検するのは、何のためだ?」

と問いかける岸。宮崎は「死因の解明と予期せぬ病変の発見」と答えるが「未来の誰かの命のために・・・ってやつだ」と岸は付け加える。人の命は人の死によって支えられている。

病理を辞めると宣言した森井久志。引き止める宮崎に対し「医者になります。ずっと思っていたんです。自分の居場所は他にあるんじゃないかって」と答える。宮崎はそれ以上声を掛けられなかった。

その頃アミノ製薬の火箱直美は、中熊薫に抗ガン剤の新薬「AM105」の治験参加をお願いしていた。副作用が少なく、全身の様々な癌に効く万能な抗ガン剤だと言う。

「夢の薬だね〜。それが額面通りならばね」

と牽制する中熊。そもそも病理医は投薬に権限を持たないのだが、火箱はキャリアが浅く人脈がないため、中熊を訪ねたと説得する。しかし中熊に断られると、開き直ったかのように「やっぱり岸先生に直接当たります」と帰って行く。火箱は兄を亡くした過去があり、このことが新薬への想いを強くしているようだ。

アミノ製薬の営業部長・間瀬辰人は、大学病院の医師と会食をしていた。AM105の治験の総責任医を引き受けてもらったのだ。会社に戻ると「協力医探しは、発言力があってこちらの意向を汲んでくれる医師を探すように」と部下に指示。

朝、宮崎が出勤すると森井の姿はない。別の検査技師が来てくれているのだが、全く仕事が追いつかない状況で、各部署からもクレームが絶えない。森井の抜けた穴の大きさに改めて気付くメンバー。一方宮崎は、幼馴染の松田幸司が検査入院に来ていて、久々の再会に喜びを隠せない。

その2:アミノ製薬の陰謀

森井は火箱の紹介で、新しい病院の検査技師として働いていた。その仕事振りは素晴らしく、医師からの評判も上々である。また残業がないため、医学部の勉強にも取り組めるという好条件である。火箱に感謝する森井だが、火箱の治験への熱意の大きさに疑問を感じ

「何のためにそこまでやるのか?」

と聞く。それに対し「世界のために決まっているじゃないですか」と答える火箱。そのアミノ製薬では、部下へ詐欺まがいの指導が行われていた。薬の箱の締め方を変えることで、治験データを偽装するというものだ。

右のベロが上のアミノ製薬の新薬は、状態の良い患者に使ってもらうよう医師へ頼み込む(ベロ:箱にフタをする前に折りたたむ部分)左のベロが上の他社の既存薬は、シビアな患者に使ってもらう。当然アミノの新薬は、他の薬より治験データが良いという結果が出る。

「この抗ガン剤が世に出るためなら、どんなことでもやる」

火箱の決意はかなり固いようだ。

その3:松田の診断結果

一方、宮崎は幼馴染の松田の診断を行っていた。仕事が軌道に乗り、やっと人生が上向いてきたと言う松田だが、結果は末期の膵(すい)癌。効果的な治療法はなく、余命は6ヶ月というものだった。

ある日、森井を飲みに誘った細木まどか。岸に伝えることはないかと聞くが「いや、別に」と森井はそっけなく答える。しかしその帰り道、病理の様子を訊ねる森井。

「あいつ(岸)、森井くんじゃないとダメみたいよ」とまどかは言うが「困りますよ」と言い、森井は帰って行く。

松田のことで頭がいっぱいの宮崎は、仕事中に泣き出す始末。その姿を見た岸は「悪いけど病理を辞めてくれないかな。今のお前に100%の診断なんて出来ない。お前が病理にいる限り、僕の言葉は絶対だ」と冷たく突き放す。

見かねたまどかは「自分の信念を曲げずに周りにも厳しく当たる。でもそれが結局、あなたの100%の診断の妨げになっているのでは?」と苦言を呈す。

余命を告げられた松田だが、希望を捨ててはいなかった。インターネットで新薬の情報を調べ、アメリカでAM105を使い腫瘍が無くなったケースがあることを突き止める。自分もこの薬の治験に参加したいと懇願された宮崎は、火箱に連絡を取る。

その4:AM105への治験参加

森井は仕事に励んでいるが、手を尽くしても亡くなっていく患者を見てやり切れない思いを抱く。

その頃、間瀬の元には一本の電話が入る。副作用のようなもので治験患者が死んだというのだ。「副作用のひとつくらいでAM105の可能性を終わらせる訳にはいかない」と憤る。

一方、宮崎は松田の治験について岸に相談していた。アミノ製薬からは、岸に担当になってほしいと言われているのだ。「治験の目的は治療じゃない」と言う岸に「分かっています。薬の評価です。それでも松田さんは生きる希望を持っています」と頼み込む。

そこへ火箱がやって来た。治験への参加を申し込む火箱。意外にも岸は協力を約束する。部屋を出た火箱は「宮崎先生、使えるじゃん」と微笑む。

その後、AM105臨床試験に関する資料に目を通す岸。何かに気付き、手が止まる。

あらすじと予想

(ココは予告を元にして放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、てんで違う予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばして頂くか、全然読み間違えてるよコイツwみたいに楽しんで頂ければと思います)

その苗字の文字通り、最近岸の近辺を騒がせる「火薬庫的存在」となっているアミノ製薬の火箱(演・松井玲奈)

そのターゲットは、岸でも宮崎でも、火箱の不用意な行動が病理を辞める要因にもなった森井でもなく、中熊教授(演・北大路欣也)

火箱は医療界で多方面に影響力を持つ中熊に、自社で開発した抗ガン剤「AM105」への治験協力を得ようとしていたのだ。

「協力してもらえるなら、それなりの対価を準備している」と中熊へアプローチする火箱。しかし、中熊はその申し出を断る。

ただ、火箱はあきらめない。彼女にはどうしてもAM105のスケジュールを早めたい理由があった。

一方、岸の在籍する病理では、仕事が溜まって仕方がない状況に陥っている。

辞めてしまった森井の穴が大き過ぎたのだ。森井の代わりとなる新しい技師も、懸命に作業をこなしているのだが・・・。

宮崎は、森井が辞めてしまったことを悔やんでも悔やみきれないという感じ。ただ、岸はいつも通り平然と仕事をこなしていた。

そんな大変な状況の時に、また新たな問題が発生。

岸が勤める壮望会第一総合病院に、宮崎の幼馴染である松田幸司(演・小出恵介)が検査の為に入院してきたのだ。

その検査の結果は「余命半年」松田は重いガンに侵されていた。

自分に迫り来る死を受け入れられず、何とか希望を見出そうともがく松田。そして彼は、ネット上である薬を見つける。

火箱が中熊教授に協力を要請していた「AM105」だ。

松田は宮崎が自分の病室に訪れた時、その薬について質問。何とかして松田を救いたいと考えていた宮崎は、それを松田に投与できないか岸に相談。

しかし、返ってきた岸の返答は厳しい。「AM105」がまだ治験の段階であることを知った岸は宮崎に対して

「お前(治験の意味)わかってんのか?」「治験の目的は、治療じゃない」

と突き放すのだった。

この先の予想

松田を是が非でも救いたい宮崎が松田の検体と新薬について精一杯調べ、新薬を使うべき根拠を岸に伝える。

その根拠について岸がさらに詳しく調べ、岸も新薬を使用をするべきという結論に至る。

ただ、現在置かれている状況では、松田に対して新薬を使用することができない。

そこで岸はある手を考える。宮崎に病院を辞めさせ、病院という制限を取り払えば何とかなるかもしれない。

なので、予告でも出てましたが、岸が宮崎に対して「悪いけどお前、ここ辞めてもらってもいいかな」

というセリフを言ったんじゃないかなと。

最初は治験の本当の目的も知らない宮崎に対し「医者失格」という感じで言ったセリフかと思ったんですが、考え直しました。

考え直さない方が合ってたりして・・・ただ、個人的にはどっちも合ってないと思ってます。ハッキリ言って自信なし!

フラジャイル第9話の感想

森井くんがいなくなってしまった〜。医者になるという夢のために岸先生のもとを去った森井くん。なんと火箱が紹介した別の医療センターへ!そのせいか病理の仕事が回らず大変なことになってるよ〜。(27歳・女@お肉大好き)
森井君やっぱり病院辞めちゃって残念。宮崎先生の幼馴染の松田さん、初登場。松田さん死なないといいな。岸先生が何か気付いたっぽいから、頑張って助けてあげて~。製薬会社の火箱さん、計算高いけど何かありそう。(32歳・女@猫好き)
森井くんが抜けちゃって大丈夫なのかな。優秀な人が抜けるとかなりいたいよね。て言うか一番驚いたのが、慰められていなかったってこと。キスしてなかったんだね。絶対してると思ったのに。さすがだね森井くん。(26歳・女@おでんが好物)

・・・森井くん人気絶大(笑)

フラジャイル最終話の見所

とうとう最終回。果たしてAM105はホントに夢の薬なのか!末期の小出くんは助かるのだろうか。そして何より森井くんは病理にちゃんと戻ってきてくれるんだろうか!!ちなみにここ一番重要(笑)(27歳・女@お肉大好き)
治験始めちゃうのかな?副作用あるみたいだけど、松田さん大丈夫かな?治験をめぐって何か展開がありそう。森井君が検査技師で病院に戻ってくるといいな。松田さんも気になるけど、火箱さんも何気に気になる。(32歳・女@猫好き)
重い内容になりそうだな。宮崎先生の知り合いはもう手遅れっぽいし。冷静でいられないのも無理ないよ。宮崎先生本当にやめちゃうのかな?病理はどうなっちゃうんだろう。これ見てると本気で副作用って怖いなと思う。(26歳・女@おでんが好物)

フラジャイル第9話視聴率

結果

10.6%

ここへ来て最高視聴率更新。同時刻の裏番組ドラマ「ヒガンバナ」が8.2%と低迷したということは、そっちを食った可能性アリですね。

予想

初回9.6% → 第2話10.0% → 第3話10.0% → 第4話9.7% → 第5話9.5% → 第6話9.2% → 第7話9.8% → 第8話8.8%

安定感抜群だったフラジャイルも、前回は9%を切ってしまいました。

ただ、さっきも書きましたが、前話の最後に火箱が中熊に意味深なお願いをしており、それでちょっと盛り上がったような・・・?

・・・とりあえず、自分の予想は「9.0%」としておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">