スミカスミレ7話ネタバレ&あらすじ感想!黎が言った「時間」の意味は?

今回のネタは、3月18日放送のドラマ「スミカスミレ」第7話。

第6話では、病気を治す為にすみれが真白に生気を与え、すみれは元の「澄」の姿に。

しかし、黎が命がけで澄に生気を与え、またまた澄は「すみれ」へ若返るという行ったり来たりの展開。ただ、黎はそのせいで行方不明に・・・

では、その黎の再登場が期待される、最終回一歩手前の第7話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

スミカスミレ第7話の展開まとめ

その1:運命の再会

真白と別れてから5年の月日が経ち、25歳になったすみれは、黎からもらった二度目の人生を精一杯生きていた。希望した映画会社に入り、仕事はできないながらも、がんばって働いていた。

家に帰り、こたつで居眠りをしていたすみれは、黎の夢を見る。一体どこにいるのかと、黎に思いを馳せるすみれ。

ある日、すみれは会社の先輩に強制的に合コンに参加させられることに。相手4人のうち、二人は遅れてくるということだったが、後から現れたのは、なんと真白だった!そしてもう一人は、同じゼミだった辻井。真白は、英語教師になっていた。

「如月の大学時代の彼氏ってどんな人だったの?」と先輩に聞かれ、真白は「ちょっとわかんないですね」と、自分が彼氏だったことをごまかす。真白はすみれのことを「如月さん」と呼び、二人の間に何もなかったかのような真白の態度に、すみれは傷つく。

そんなこともあってか、すみれは間違って強い酒を飲んでしまう。すっかりハイになり、時間のことを忘れているすみれ。23時になったら元の姿に戻ってしまうことを知っている真白は、心配してすみれを連れ出す。そして気分の悪いすみれを送っている途中、真白は黎を目撃。

真白に抱きかかえられて運ばれているうちに、すみれは眠ってしまう。その途中、時間が来て元の姿に戻る。真白は、とりあえずその場所から近かった自分のうちにすみれを連れて帰った。

朝になり意識がしっかりと戻ったすみれは、付き合っていた頃に真白にプレゼントした「手作りの筆入れ」を発見。それについて何か言おうとする真白を遮り、すみれはその場を急いで去り、家に帰る。しかし、内心では真白がまだあの筆入れを持っていてくれたことを嬉しく思っていた。

また、友人の千秋に「真白のほうは、すみれをまだ好きなんじゃないの?」と言われ、心揺れるすみれ。ただ「きっとただの思い出だ。5年も経ってるんだもの」と自分に言い聞かせるのだった。

その2:突然のプロポーズ!

夜、家に帰ったすみれのもとに、真白から電話がかかってきた。真白の家に名刺入れを忘れていたので、翌日直接渡すという。

「真白はまだ好きなんじゃないの?」との友達の言葉が蘇り、どぎまぎするすみれ。二人きりで会った真白は「如月さん」ではなくて「すみれ」と呼んでくれた。合コンで付き合っていたことを隠したのも、あの場でからかわれたくなかったから、という理由だった。

そこへ、真白が担任している女子生徒の栗原が現れる。栗原のことを「神出鬼没で、想像できない行動に出るんだ」と表現した真白の言葉に、すみれは黎のことを思い出す。ちょうどそのとき、窓の外に黎の姿を見たすみれは、急いで追いかける。

すみれが追いついたのは、黒猫だった。「あなた、黎さん?」と問いかけるが、黒猫は行ってしまう。そして、真白はあるビルに黎が入っていったところを見たとすみれに話し、二人はそのビルを訪れる。

すると、そこには本当に黎がいた。しかし、声をかけるすみれに冷たく対応する黎。あまりに雰囲気の変わってしまった黎に、困惑するすみれと真白。

そこへまた栗原が現れ、すみれに喧嘩を売る。そして別の日、仕事で外出していたすみれの後を、栗原がついてくる。真白に好きになってもらうために、元カノであるすみれを一日観察したいと言うのだ。

献身的にスタッフに気配りを見せ、みんなから好かれているすみれの姿に、栗原は敗北感を感じていた。また、栗原は学校でいじめられており、何もない自分に絶望して海に入ろうとする。そんな栗原を優しく抱きしめるすみれ。

そこへ真白が現れ、急いで二人を浜へと引きもどす。栗原を叱ろうとする真白。しかしその前にすみれが栗原に「めっ!」と愛情を持って説教。それを見た真白は、大学時代のすみれを思い出していた。

真っ直ぐに人と向き合うすみれに憧れて、真白は学校の教師を目指したのだという。そして真白は「俺ともう一度やり直してほしい」とすみれを抱き寄せる。「全部受け入れるから、俺と結婚してください」と。

しかし、黎に不穏な動きが・・・。

「もう時間がない。私にも、すみれ様にも・・・」と、謎めいた発言をしていた。

スミカスミレ第7話のあらすじと予想


(ココは予告を元にして放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、てんで違う予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばして頂くか、全然読み間違えてるよコイツwみたいに楽しんで頂ければと思います)


すみれが真白と出会い、別れた大学を卒業し、憧れだった映画会社に就職してから早3年。

仕事ではいろいろヘマをして先輩や上司からよく怒られていたが、それでも自分なりに精一杯黎からもらった「新しい人生」を過ごしていた。

そんなある日、よく怒られている先輩からすみれは合コンに強制的に参加させられることに。合コンは4対4。男性陣2人が遅れており、その2人抜きで先に乾杯。すみれは後輩らしく先輩の顔を立てようとするが、内面は澄なのでその方法が古臭く、またまた怒られる始末。

そうこうしている内に、遅れてきた男性陣2人がやってきた。その2人を見たすみれは大声をあげるぐらい驚いてしまう。その2人とは、大学時代の友人だった辻井健人(演・竹内涼真)そして、大学時代に付き合っていた真白(演・町田啓太)だった。

真白と辻井も、まさかのすみれとの出会いにビックリ。そして、登場した真白と辻井というイケメン2人と知り合いだったことに対し、すみれは先輩からまた白い目で見られてしまう。

とにかく再会した二人であったが、二人とも動揺は隠せず、何を話していいのかわからない。ついに真白からすみれに声をかけるが、真白がすみれを呼んだ言葉は、付き合っていた時の「すみれ」ではなく「如月さん」

すみれはその呼び方にショックを受けてしまう。昔は「すみれ」と呼んでくれたのに・・・

そのショックに加え、仕事でのストレスもあったのか、すみれは先輩の顔を立てることもすっかり忘れ、逆に先輩が心配するほど飲みまくってベロンベロン状態に。

そんな波乱の合コンが終了。フラフラのすみれは真白に介抱され、お姫様抱っこされながら家路に着く。その途中、真白はすみれにプロポーズ。

「すみれの全てを受け入れるから、俺と結婚して下さい」

頭がボーッとした状態のすみれでも、さすがにその言葉はハッキリ聞こえた。喜ぶすみれ。しかし時刻は23時を回り、すみれから澄に姿を変えてしまう。しかし真白は動じない。それも含めて結婚してほしいと言っていたのだ。

その時、真白が何かに気づく。見覚えのある顔が人混みの中にいた。大学時代、すみれの家にいた黎だ。だが、黎の姿はスッと消えてしまった。

その夜は真白の家に泊まった澄。翌朝、黎がすみれの前に5年ぶりに現れる。5年間も姿を見せてくれなかったことを責めるすみれだったが、内心は再会をとても喜んでいた。

だが、黎はすみれに対して「時間がない」ことを告げる。

黎は「澄の幸せな姿が見たかった」為に、澄を若返らせた。ただ、すみれはまだ「本当に幸せ」にはなれていない。早く幸せにならなければ、その若返りの効果が消え、すみれは澄に戻ってしまう。

どうしたら本当に幸せになれるのかを黎に聞くすみれ。それに対し、黎は答えがあなたのそばにあると言う。

その黎の言葉を聞いて、すみれは最近再開した真白のことを考えていた。

スミカスミレ第7話の感想

5年間という長い間、若さを手に入れた主人公のスミレの、忙しいながらも夢にまで見た外の世界で就職活動し働いている姿に、黎さんに顔向け出来る様に毎日を送る姿に、感心しながら観ていました。(60歳・女@薔薇が好き)
ミステリアスな雰囲気、ぶっきらぼうな応対なのに、いつもスミレに尽くすレイさんにきゅんきゅん!してた私にとっては、レイさんが見つかってよかった。スーツをバリっと着込んだレイさんもすてきだったな~。(36歳・女@執事萌え)

スミカスミレ最終話の見所

真白くんがスミレにプロポーズを申し込みますが、最終回はそれが何やら怪しい予感がします。姿を現した黎さんが猫になってしまい、戻の年齢の姿に戻ったスミレとふたりで、暮らして行く気がします。(60歳・女@薔薇が好き)
スミレは真白くんにプロポーズされてたけど、やっぱり真白くんとくっついちゃうのか?うーん、レイさんとくっつく目はないか…いや、きっとそういう終わり方もアリだと思う!どうなるのかどきどきですなー。(36歳・女@執事萌え)

スミカスミレ第7話視聴率

結果

8.0%

初回から通じて最高視聴率を記録。これはスゴイ!

予想

初回7.8% → 第2話4.6% → 第3話6.9% → 第4話5.8% → 第5話6.0% → 第6話5.9%

ここのところは安定して6%前後を記録している本ドラマ。

黎さんが前回消えてしまいましたが、今回早くも再登場。やっぱりこのドラマはミッチーがいないと始まりませんからね。

というわけで、黎さんがいなくなってしまうというマイナスポイントは無いので、今回も6%前後を叩きだしてくれるでしょう。予想は6.2%としておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">