スミカスミレ最終回(8話)ネタバレ&あらすじ感想!二人の恋の結末は?

今回のネタは、3月25日放送のドラマ「スミカスミレ」最終回。

第7話では、5年もの間行方がわからなかった黎さんが再登場。ただ、その黎さんが発した「もう時間がない。私にも、すみれ様にも・・・」という謎の発言。

この言葉が、最終回にも大きく影響を及ぼすことには間違いでしょう。

その言葉の真意、そしてすみれと真白の恋の結末がわかる最終回の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

スミカスミレ最終話の展開まとめ

前回、真白にプロポーズされたすみれ。全てを知った上で、すみれを受け止めてくれるという真白に、すみれが下した決断とは!?

その1:プロポーズへの答え

すみれは、真白のプロポーズを断ってしまう。自分は、毎日夜11時に元の姿に戻ってしまう。真白が受け止めてくれても、自分がきっと耐えられなくなると。

真白は「黎なら一緒にいられるの?」とすみれに問いかける。しかし、すみれは「黎はただの命の恩人です。私のことは、忘れてください」と言い残し、胸が張り裂ける思いで、真白の元を去った。

家に帰り、電気が点いていたので、黎が帰ってきたのかと急いで中に入るすみれだったが、そこにいたのは雪白。

「黎がすみれの前に現れたのは、きっと時期がきたからだ」という雪白。黎が言っていた「時間がない」という言葉の意味と関係があるのか・・・?

ある日、すみれは仕事でトラブルになっている大女優・宮城マリナのもとを訪れていた。そこで買い出しを頼まれたすみれだが、なんと突然元の姿に戻ってしまう。

買い出しは何とか終えたけれど、元の姿ではスタジオの中に入れないで困り果てているすみれの前に現れたのは、黎だった。そこですみれは、黎からなぜ突然こんな時間に元の姿に戻ってしまったのか、理由を聞かされる。

5年前、すみれを若返らせるために生気を与えた黎は、体にある変化を感じていた。このままではまた屏風の中にとらわれてしまうため、すみれの前から姿を消したのだった。そして今、猫魂の力が弱まって、今後も猫魂は予期せぬ時間にすみれの体から抜け出し、いつ元の姿に戻ってしまうかわからないと黎は告げた。

その2:二人に起こった奇跡

真白は父親の関係で、お見合いをしなくてはいけない話になっていた。そんな真白の前に黎が現れる。5年前、黎は真白と「この先ずっとすみれと一緒にいて、すみれを愛し続けてほしい」という約束を交わしていた。

その約束を守れなかったと責める黎に「今は違う!すみれのことをずっと大切にする!」と真白は誓う。そんな真白に「もし、すみれが元の姿にもどって、この先ずっと若返らないとしても?」と黎は投げかける。また、すみれは千明から誘いのあった大学の同窓会に出席し、真白がお見合いをするという事実を聞かされる。

すみれは、昨日買い出しが遅れて機嫌を損ねてしまった宮城マリナのもとを訪れていた。そこで年の功ならではの機転を利かし、すっかり宮城マリナの心をつかんでしまう。そのマリナの主演映画の取材イベントに出席したすみれ。しかし、その日行われている真白のお見合いが気になって仕方がない。

そこへ黎と雪白が現れ「本当に心から愛しているのは誰?」とすみれの背中を押す。心を決めたすみれは真白のお見合いの席に乗り込み、真白に気持ちを伝える。その時すみれは元の姿に戻ってしまっていたが、真白はそれでも躊躇なくすみれとともに手を取り合い、お見合いの席から逃げ出した。

そこへ黎が現れ、わずかに残っていた霊力が底を尽き、もう二度と若返ることはできないとすみれに告げる。そして、自分はまた屏風の中に封印されることになるのだと言う。

そう聞かされたすみれは、黎とともに行くことに覚悟を決め、真白に別れを告げ、今まで真白がくれた時間に感謝の気持ちを伝える。そして「あなたを心から愛している。この世の中で一番」と伝えた。

しかし、去っていこうとするすみれを真白は引き止める。そして「澄でもすみれでも、一緒にいられるならどっちでもいい!一生大事にする!心から、この世の中で一番、あなたのことを愛しています」と婚約指輪を差し出したのだ。

薬指に指輪をはめ、抱き合った二人に光が宿り、次の瞬間、澄はすみれの姿に戻った。契約が成就したのだ!そして屏風も消滅。

「この先、猫魂が飛び出し、70歳に戻ることは二度とない」と言い残し、黎は二人の前から姿を消し、すみれの家に戻った。黎は「次にあなたが70歳の姿になる、45年後の再開を楽しみにしております」とすみれに置手紙を残す。そして、黙って姿を消そうとする黎に、雪白はついていった。

それからしばらくして・・・

すみれと真白は結婚式を挙げ、幸せな新婚生活を送っていた。黎と雪白もまた、二人幸せそうにともに歩んでいた。

すみれと真白は、真実の愛によって、若返りの奇跡を起こし、幸せをつかみとったのだった。

スミカスミレ最終話のあらすじと予想


(ココは予告を元にして放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、てんで違う予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばして頂くか、全然読み間違えてるよコイツwみたいに楽しんで頂ければと思います。今回のハズしっぷりは見事ですので)


すみれと別れてまで留学した真白。ただ、5年ぶりに会ったすみれは大学の頃と変わらず、自分のことを良く思わない人(=真白の生徒である栗原)に対しても、まっすぐに人と向き合う女性だった。

そんなすみれに憧れて教師を目指した真白。変わらずまっすぐなすみれに改めて魅せられ、結婚を申し込む。

ただ、すみれはどうしても踏み切れない。自分は夜になると70歳のおばあさんになってしまうことが、どうしてもすみれの心にストッパーとして働いてしまうのだ。

しかし、真白も簡単には引き下がらない。それを含めて結婚したいと言う。でもすみれはYESと言ってくれない。そこで真白の心にはある疑念が浮かぶ・・・「もしかして、すみれは黎さんのことが好きなのでは?」

そのことをすみれに問う真白。すみれはそういう感情ではないと答えるが、かといって真白に色よい返事をしてくれるわけでもない。プロポーズをした真白であったが、結局はすみれからOKをもらうことができず、ショックを隠し切れなかった。

そんな真白と別れたすみれ。真白に対して申し訳ない感情いっぱいの状態のまま過ごしていると、黎から連絡が入り、昼間に会いに行くことに。

先日の非礼を詫びる黎。ただ、今すみれを呼んだことには意味があるという。その意味とは・・・と、ここですみれが昼間にも関わらず、70歳の「澄」に戻ってしまった。

「何でこんな時間に?」と驚く澄。その理由について黎は、自分の力が弱まっていると語る。ただでさえ5年前、無理を押して澄を再び若返らせた黎。この5年間、自分は本物の猫の姿で力を使わずに何とかやりくりしてきたが、それもとうとう限界に達してきたとのこと。

ただ、黎はそのことより、澄に話していないもっと大事な秘密があると語り始める。

その秘密とは「澄からすみれになることで、身体は若返るが、寿命は変わらない」ということ。

先日、黎が「もう時間がない。すみれ様にも・・・」と言った理由は、これだったのだ。

そのことを聞き、しばらく呆然としてしまう澄。しかしすぐに我に帰り、5年もの間青春を楽しむことができたことを黎に感謝する。そして、そのことを真白に伝えようと心に決める。

その頃真白は、すみれへのプロポーズが失敗して傷ついている状態にも関わらず、親が決めてきたお見合いの話に渋々乗り、その相手と会ったばかりだった。

ただ、その相手と会っても、思い出されるのはすみれのことばかり。そんな時、すみれから会って話がしたいという連絡が入る。

期待に胸が膨らむ真白。しかし、すみれから「寿命までは若返らなかった」と告げられ愕然。ただ、当のすみれは悲しさを見せず、自分のことは構わず幸せになって欲しいと言う。そんなすみれを見て、真白も覚悟を決める。

それからしばらくして、真白はお見合いの相手と結婚。その晴れの姿を、すみれは遠くから見届けたのだった。

スミカスミレ最終話の感想

お見合いの席を70歳の澄がぶち壊したのには驚いた~!でも、真白が70歳の澄を受け入れるってのもビックリだよね!中盤ぐらいですみれには戻れないと思ってたから、ハッピーエンドで終わって良かった!(32歳・女@鼻水が止まらない)
リアルなラブストーリーより見応えたっぷりで良かった~!ファンタジーなだけに,ラストで裏切りもありかと思いきや,期待通りのラストでスッキリ!キャスティングがベストセレクトで完璧にハマってた!(41歳・女@結婚したい)

スミカスミレ最終話視聴率

結果

6.6%

残念ながら前回からのアップはならず。ただ感想を見てもわかる通り、いいドラマでした。

予想

初回7.8% → 第2話4.6% → 第3話6.9% → 第4話5.8% → 第5話6.0% → 第6話5.9% → 第7話8.0%

前回は、最終話ひとつ前にして急上昇&初回を上回る最高視聴率を記録。

エンディングに向けて、これ以上ないステップと言えるでしょう。ただ、ちょっと上げ過ぎた感があり、実はステップではなく先にジャンプが来ちゃったのかも?(ホップ→ジャンプ→ステップみたいな)

というわけで、最後はステップと予想。その視聴率は「8.5%」としておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">