火の粉(ドラマ)1話ネタバレ&あらすじ感想!雪見が武内を疑う理由は?

今回のネタは、4/2放送のドラマ「火の粉」第1話。

本ドラマの原作は、雫井脩介(しずくい しゅうすけ)さんの同名の小説。ドラマを楽しむ為に読んでませんが、かなりヤバ気な一冊だそうで。

それは、ドラマ公式ページのイントロを見るだけで、何となく伝わってくるようでした。

4月期のドラマの中では、かなり早くスタートする本ドラマ。時間帯が23:40と遅いものの、土曜ということで夜更かしも可。

そのヤバいストーリーを元にした脚本と主演のユースケさんの演技次第で、時間帯の割に高視聴率も期待できるかも?

では、そんな気になるドラマの第1話展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

火の粉第1話の展開まとめ

その1:隣に越してきた元殺人容疑者

ある日、梶間家の隣に武内(演・ユースケ・サンタマリア)が引っ越してきた。

梶間の家は、父親の俊郎(演・大倉孝二)、母親の雪見(演・優香)、娘のまどか(演・庄野凛)、祖父の勲(演・伊武雅刀)、祖母の尋恵(演・朝加真由美)、そして寝たきりの勲の母親・曜子の6人家族だ。

梶間家に挨拶に訪れた武内だが、帰ってきた勲と顔を合わせ、お互いに驚愕する。実は、武内は元裁判官である勲が、昔担当した裁判の被告人だったのだ。武内は、一家3人の殺人事件の容疑者として死刑を求刑されていたが、勲が無罪判決を下したのだ。その事実を知り、梶間家に不穏な空気が立ち込める。

翌日、尋恵は武内から「無罪になっても、殺人者扱いをされてきた。マスコミに追われ、その対策としてドーベルマンのレオを飼い始めた」などの辛い話を聞かされ、偏見を持たずに接しようと決意する。

ある日、雪見とまどかの前に、ある男(佐藤隆太)が現れる。その男は記者で、武内の事件を調べていた。その後も時々雪見の前に現れては「あの男は危険だ。家庭をめちゃくちゃにされる」と警告したりと、完全に武内のことを殺人犯だと信じている。

その2:家族の心に入り込む隣人

尋恵は、曜子の介護に心身ともに疲れきっていた。梶間には姉もいるが、うまいことを言ってお小遣いをもらいに来るだけで、介護はすべて尋恵に任せきりだった。そして、尋恵は限界に達して倒れて入院してしまう。

見舞いに訪れた武内は、尋恵の辛い介護の話を聞く。尋恵は曜子の介護のため、自分の親の死に目にも会えなかった。その意地で、この介護を完璧にやり遂げたいと思っていた。そして曜子の最期のときには、嫌でも「ありがとう」と言わせたいと思っていた。

それに対し「本当にその気持ち、わかります」と武内は涙をにじませる。そして武内は、尋恵の体調が戻るまでの間、曜子の介護を手伝うことを提案した。尋恵はすっかり武内に心を許していた。

雪見は、武内が家の中に入り込んで家事をすることに、どうしても嫌悪感を覚えていた。そして勲も、雪見と同じく気が進まない様子だ。勲には、何かひっかかるところがありそうだ。また、すっかり曜子に気に入られている武内は、曜子に「尋恵に感謝の気持ちを伝えてあげて」という話をした。

そんなある日、曜子は突然家族全員を集合させ、尋恵を指名し手紙を読ませる。その手紙は遺言書だった。家族それぞれに相続の金額を指定してあったが、梶間や姉が150万円、まどかでさえ30万円だったのに対し、尋恵はたったの3万円。だがその晩、曜子は喉に食事を詰まらせ、亡くなってしまう。

曜子が早く死ねばいいのにと願っていた尋恵だったが「最後まで、自分を認めさせることはできなかった」と、脱力感を感じていた。そんな尋恵に「あなたは最後までやり遂げた」と武内は激励する。

翌日、雪見は「最後に曜子と会った時、何か変わったことはなかったか」と武内に尋ねる。それに対し怪訝そうな表情をし、何もなかったと答える武内。ただ、最後に彼はこう付け加えた。

「神様は、見ていたのかもしれませんね」

その時、庭でまどかが雪見を呼ぶ声がする。急いで庭に出てみると、レオが激しく吠え立てて、柵を飛び越えてまどかのもとへと突進してきた。

間一髪まどかを助けた雪見だが、レオに足をかまれ、倒れこむ。慌てて飛んできた武内は、レオを厳しく咎め、何度も何度も棒で叩いた。その武内の狂気を、雪見は目の当たりにしたのだった。

火の粉第1話のあらすじと予想


(ココは予告を元にして放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、てんで違う予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばして頂くか、全然読み間違えてるよコイツwみたいに楽しんで頂ければと思います)


梶間勲(演・伊武雅刀)は元裁判官で、現在大学の教員を務めている。

妻の尋恵(演・朝加真由美)との仲は良い。しかし、妻は自分の母である曜子を介護しているにも関わらず、その曜子からいびられていた。ただ、尋恵は夫や一人息子の俊郎(演・大倉孝二)に尽くしてきたように、曜子にも尽くしている。

息子の俊郎は、自分の妻・雪見(演・優香)と娘のまどか(庄野凛)と一緒に、両親と同居している。俊郎は親のすねをかじってばかりのドラ息子であり、現在無職で就職活動中。一方、妻の雪見は友人の佐々木琴音(演・木南晴夏)の親が営む和食屋で働いている。

・・・と、いろいろ問題を抱えてはいるが、勲を中心にそれなりに穏やかに暮らしている梶間家であった。

ある日、その一家のお隣に、一人の男が引っ越してくる。

ご近所の挨拶回りで梶間家にもやってきたその男は、大きなバウムクーヘンを手に笑顔であいさつ。ただ、その男を見た勲は驚きを隠せなかった。よく知っている顔だったからだ。

その男の名前は、武内真伍(演・ユースケ・サンタマリア)

勲がまだ裁判官だった頃、3年前に発生した的場家という一家3人全員の命が奪われるという事件で起訴されたが、勲が無罪判決を下した。

武内も当然勲のことを覚えており、偶然の再会に武内は勲に対し改めて裁判について感謝を述べる。「今自分が平穏に暮らせているのは、あなたのおかげです」と。

それからというもの、武内はしばしば梶間家を訪れるようになった。もちろん持ってくるのは作るのが趣味のバウムクーヘン。

武内は笑顔を絶やさず、性格も穏やか。かつ周りにとても気がつくタイプなので、梶間家が彼を受け入れるのに時間はかからなかった。武内は息子夫婦の娘・まどかとよく遊び、尋恵が手を焼いていた曜子とも仲良くするなど、梶間家での評判は上々。

しかし、その梶間家の中で一人、雪見だけが武内に違和感を覚えていた。

「この武内という男は、なぜこんなに尽くしてくれるのか・・・」

雪見の実家は、あまり幸せな家庭ではなかった。もしかすると、それが武内の異常なまでの好意に警鐘を鳴らしているのかもしれない。

ただ、その雪見の疑惑をよそに、武内は梶間家と密接な関係を築いていくのだった。

火の粉第1話の感想

武内狂ってる。ドーベルマンを殴るシーンが半端ない!絶妙に人の心理を突いてくる手法が上手すぎ!常に底知れない恐怖を感じた1時間だった…。お気楽そうながら勘が鋭い雪見の活躍に期待したい!(41歳・女@バウムクーヘン好き)
偶然引っ越してきたという武内がたくさんの手土産をもって来たところから怪しいでしょ。いくら隣だからと言っても、いきなり介護の手伝いとかしないと思う。あのバームクーヘンを焼くところが怖い。(54歳・男@免許書き換えに行かなきゃ)
ユースケ・サンタマリアの演技がやばい。上手いとか下手とかじゃなくて怖い…いや、不気味って感じ。あの決め台詞『どういたしまして』もなんか不気味。すでに2話目が気になって仕方がない!(31歳・男@ご飯好き)

火の粉第2話の見所

武内と勲の間に何かありそう。曜子の死と武内の関与が限りなく怪しい。梶間家をメチャクチャにするのが目的?そのカギとなることが少しだけ明かされるのでは?まずは尋恵の心の闇に迫ってきそう。(41歳・女@バウムクーヘン好き)
介護疲れから義母を早く死ねばいいのにと思った尋恵は、後ろめたさから秘密を握られたも同然。武内はお金を持っているようだし、就職活動中の俊郎が取り込まれるのも時間の問題。雪見がどこまで対抗出来るかが鍵。(54歳・男@免許書き換えに行かなきゃ)
最初は疑いをもって接していた家族が、段々と武内を信頼し始める中、ただ一人不信感を持ち続ける雪見。家族と雪見の間の溝が深くなり、武内によって家庭がどんな風に崩壊していくのか楽しみ。(31歳・男@ご飯好き)

火の粉関連記事

ストーリー

【次話】火の粉(ドラマ)2話ネタバレ&あらすじ感想!武内の次なるターゲットは?

特集

火の粉最終回ネタバレ!結末は原作とドラマで違う?武内の犯罪心理は?

火の粉第1話視聴率

結果

5.8%

↓の予想には届きませんでしたが、遅い時間帯にすれば結構いいスタートではないかと。今後に期待です。

予想

内容としてはすごくおもしろそう(というか怖そう)で、その点はかなりプラスポイント。あと、他のドラマがまだ全然始まってないことや、土曜日放送というのもプラス。

それに対しマイナスポイントを挙げるとすれば、遅い時間帯(23:40〜)そして、内容がちょっと怖過ぎるかもしれない点(笑)

以上を踏まえまして、予想は「7.1%」とします。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">