火の粉(ドラマ)2話ネタバレ&あらすじ感想!武内の次なるターゲットは?

今回のネタは、4/9放送のドラマ「火の粉」第2話。

第1話は、雪見とまどかを襲った自分の飼い犬のレオを、武内がホウキか何かでバシバシ叩きまくったところで終了。

武内に不気味さを感じていた雪見は、さらにその疑念の度合いを深めたことでしょう。ただ、彼はさらに自分の家族の中に浸透してきます。すでに義理の母・尋恵は武内に対し全幅の信頼を寄せている状態。

そして、武内の次のターゲットは、雪見の夫・俊郎。

では、ドラマの第2話展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

火の粉第2話の展開まとめ

その1:取り込まれる家族

レオが雪見に怪我をさせたことで、武内はお金を持って梶間家へ謝罪に訪れた。武内によれば、レオはブリーダーの元へと返したとのこと。

その帰り、勲は武内に曜子の通夜への列席を遠慮してくれないかと申し出る。裁判官だった頃の同僚も来るということで、武内が隣に住んでいることを知られたくなかったのだ。武内は香典と慰謝料を含めたお金を俊郎に渡すが、雪見は「受け取れない」と武内にお金を返す。

家に戻り、一人になった武内は「お気に召しませんか・・・」と、お金を火の中に投げ込んだ。

ところで、生前に曜子は遺産を家族みんなに残すと遺言を残していたが、勲の姉の満喜子は一人でお金を使い込んで行方不明に。それを受けて俊郎は、武内からの慰謝料をもらっておけばよかったのだとふてくされ、それによって責められた雪見との間に亀裂が入ってしまう。

そして、お金に未練のある俊郎は武内の元を訪れ、これみよがしにお金に困っていることを話す。それを聞いた武内は、俊郎に100万円を貸した。

一方、雪見のパート先に、最近つきまとっている新聞記者が突然やってきた。記者は話があると言って雪見を公園に呼び出し、武内は曜子について「事故に見せかけて殺した」のではないかと話す。また、彼は次のようなことも言っていた。

「アイツは善人面して人を惹きつける、悪魔のようなやつなんです」

その後、雪見が家に帰ると、武内が俊郎にスーツを譲ると持ってきていた。そして武内は雪見に「あの記者とは、もう関わらないほうがいい」と忠告。公園であっていたことを知っていたのだ。

また、尋恵と二人になった武内は、彼女に歌舞伎のチケットをプレゼント。そして「今まで介護、本当にお疲れ様でした。これからの時間は自分の好きなことをしてください」と面と向かってねぎらいの言葉をかける。

夫の勲からでさえ、ちゃんと感謝の言葉をもらえていないことに不満を持っていた尋恵。彼女は本当に嬉しそうだった。

その2:3年前の事件の詳細

武内は、裁判の頃の知り合いの記者・関の頼みで、冤罪被害者の取材を受けることに。

当時、武内は最初被害者の一人と考えられていた。なぜか。被害者一家の的場家と親しくしていた武内は、的場家に訪れていた時に的場家の3人と一緒に犯人に襲われ、背中にたくさんの刺し傷を負ったと思われていたから。

しかし警察の目は、次第に奇跡的に一人だけ助かった武内に向かう。そして、何日間もの厳しい取り調べの中「自白したら終わりにしてやる」と責められ続け、武内は「自分がやった」と自白してしまった。

しかし、死んでもおかしくないほどの傷を自分で付けるとは考えにくく、まともな動機もないことから、勲は無罪の判決を下したのだ。

武内に対して偏見の目を向けている雪見に対し、勲は「自分は確信を持って武内さんを無罪にした。今でもその気持ちは変わっていない」と語気を強める。

一方、俊郎は武内から譲り受けたスーツの効果もあってか就職の内定が決まり、尋恵は武内からもらった歌舞伎のチケットで、今まで体験したことのない楽しい休日を過ごせた。

そんな時、俊郎の前の会社を辞めた理由が、実は俊郎が社長に暴力をふるったからだという事実が発覚。そのことで、武内から100万借りていたこともバレてしまい、俊郎と雪見は喧嘩になってしまう。そこへ武内が偶然訪れ、その一部始終を聞いてしまい、俊郎の相談に乗ることになる。

俊郎は、ブライドのために社長に頭を下げることができなかったけど、家族のために頭を下げに行ってくると話す。しかし武内は「自分が間違っていると思っていないなら、それを認めてはいけない。自分はそれを認めてしまったから、あんなことになった」と俊郎を制止。

そして武内は関に依頼して、俊郎を訴えようとしている社長に労基法違反の告発をするように依頼。それによって、簡単に俊郎への訴訟は取り下げられた。

武内のおかげで心配がなくなった俊郎たちは、胸をなでおろす。俊郎は関に謝礼金を渡そうとするが、関は「今までも何度ももらっているから」と遠慮。武内はその時にも「お気に召しませんか・・・」と呟いたのだった。

しばらくして、俊郎は武内の家を再度訪れた。そこで俊郎は、武内が俊郎の元社長に会いに行ったことを知る。

そして、その時武内は元社長に対し「訴訟を取り下げてくれたら、高価なアンティークを差し上げます」と交渉したところ「そんな悪趣味なものいるか」と言われていた。

武内は話を続ける。

「的場さんにも同じことを言われました。ネクタイをプレゼントしたら、そんな悪趣味なものいるか、と。それが的場さん一家を殺した動機です。的場さん夫婦を刺し、その悪趣味なネクタイで子供の首を絞めた」と。

あまりの恐怖に固まる俊郎。だが武内は「冗談ですよ〜」と笑うのだった。

そんな折、俊郎は武内の助言で突然弁護士を目指すと言い出す。勲も尋恵もやる気になっている俊郎を応援。ただ、俊郎はやっと就職が決まったばかり。どうしてもそれを止めたい雪見は、武内に対し抗議へ。

自分は俊郎のことを思って言っただけだと言う武内に対し、雪見はこう言った「家族のことは自分がなんとかする」

それに対し武内は「僕にとっては、梶間さん一家は家族同然です」と返す。

静かに睨み合う雪見と武内。両者は一歩も譲らない。

火の粉第2話のあらすじと予想


(ココは予告を元にして放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、てんで違う予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばして頂くか、全然読み間違えてるよコイツwみたいに楽しんで頂ければと思います)


突然亡くなった勲の母・曜子の通夜が執り行われている。その曜子の介護に全てを捧げていた尋恵は、最後まで自分に感謝を言わせられなかったことを残念がっていた。ただ、曜子が亡くなった直後、武内にかけてもらった暖かい言葉が慰めとなっていた。

ただ、その武内は通夜に来ていない。勲が彼に来ないよう依頼したのだ。勲は武内が的場家一家殺害事件の被告だった時、その無罪を確定した裁判官。その2人が現在隣人で親しくしている事実をもし事件関係者が見たら、自分にあらぬ嫌疑がかけられるのは必至。それを避ける為だ。

曜子の介護を武内に手伝ってもらった尋恵は、武内が通夜に来れないことをとても残念がる。彼女は武内を心から信頼していた。

曜子の通夜も無事終わり、梶間家に曜子がいない日々が始まった。雪見は今まで通り、親友の琴音の家で働いている。その琴音に雪見は武内について「過度な親切心で、家族の信頼を集めようとしている」と話す。しかし琴音は逆に武内を評価。そして雪見が武内に嫉妬してるのでは?と茶化した。

その琴音の話を振り返り、自分は少し気にし過ぎなのかと思いながら、雪見は帰途に着いていた。そこに例の記者が現れる。先日、武内について「あの男は無罪なんかじゃない。一家全員を殺害したのはあの男だ」と告げに来た男だ。彼は自分を寺西と名乗った。

そして、寺西は曜子の命を奪ったのは武内だと雪見に説明。武内への疑いの念を強くしていた雪見も、実際寺西と同じように感じていた。あの男は、曜子の死について何かを隠している。やはり武内は危険だ。そう思いながら帰宅した雪見だったが、家には夫の俊郎と共に楽しそうにしている武内の姿。

武内は、就活をしている俊郎の為に高級なスーツを新調していた。また武内の行き過ぎた親切心。楽しそうな俊郎や尋恵を横目に、雪見は武内に対しハッキリこう言った「やり過ぎだと思います」一気に冷める雰囲気。

武内が帰った後、雪見は俊郎に対し、武内と必要以上に親しくしないよう要求。しかし俊郎はその理由がさっぱりわからない。向こうは親切でやってくれてるのだから、それを断る必要がどこにある?という口ぶり。しかもまどかと遊んでくれたり、曜子の介護も手伝ってくれたりと、武内を褒める言葉を並べ立てる。

それに対して、雪見はキレた。「武内さん、武内さんうるさい!赤の他人ばっか頼って!もっと家族を頼ればいいじゃない!」

武内が来たことによって、元々そこまで良好とは言えなかった雪見と俊郎の仲は、険悪の一途を辿っていた。

しかし、武内に新調してもらったスーツのおかげなのかは不明だが、俊郎の就職活動は思いのほか順調。そのことは素直にうれしい俊郎だったが、実はある秘密を抱えていた。そしてこれは家族に相談できない、ましてや雪見に相談できるわけがない秘密。

そこで俊郎は、武内に相談する。その秘密とは、自分が賭け事で借金をしていること。初めは少額だったが、次第に膨らんできており、このままでは家族にその事実を知られてしまうぐらいになってしまっていた。

それを聞いた武内は、俊郎に返済の協力を約束。感謝してもしきれないといった様子の俊郎。これにより武内は、俊郎の信頼を確固たるものとしたのだった。

火の粉第2話の感想

やはり武内は限りなくブラックに近い…。今回は新たに武内の母親の存在が明かされた。ビデオレターでメッセージを取ると言うことは,生きている?年齢的に勲と何かあるのでは?カギを小出しにする展開は絶妙!(41歳・女@バウムクーヘン好き)
やっぱり竹内の行動が極端過ぎて怖い…。梶間家に渡そうとした見舞金を返されたくらいでそのお金燃やしちゃうし、他にもいろいろと梶間家のために尽力するけど、全て竹内の善意からの行動だと信じたい。でも…。(40歳・男@カレーは飲み物)

火の粉第3話の見所

武内が目的があって梶間家に近づこうとしているのは明らかだが,何のためか未だ見えず…。武内のお金の出所が気になる。その辺がそろそろ明かされるのでは?あのラストから見て,武内の母親の所在も明かされる?(41歳・女@バウムクーヘン好き)
家族の中で唯一人、竹内を疑っている雪見の猜疑心がピークに達して、第3話の予告では雪見と家族がバラバラに……。竹内が梶間一家を想うあまりの行動の結果なのか、それとも梶間一家を陥れるための行動なのか?(40歳・男@カレーは飲み物)

火の粉関連記事

ストーリー

【次話】火の粉3話ネタバレ&あらすじ感想!雪見が武内に過去を暴かれ窮地に?

【前話】火の粉(ドラマ)1話ネタバレ&あらすじ感想!雪見が武内を疑う理由は?

特集

火の粉最終回ネタバレ!結末は原作とドラマで違う?武内の犯罪心理は?

火の粉第2話視聴率

結果

3.6%(▼2.2%)

思いのほか下がってしまいましたね。でもまだこれから。もっと怖くなれば、もっと上がるハズ(下がるかもしれませんけど)

予想

第1話の視聴率は「5.8%」でした。

ドラマは非常にいい(=怖い)感じですので、ツイッターなどでジワジワ広がってくるといいですね。

時間帯は23時40分スタートと遅いですが、土曜日放送なので、見ようと思えば見れる人は多いですし。

第2話は1話から横ばい、6.0%辺りで行ってもらいたいところです。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">