お迎えデス1話ネタバレ&あらすじ感想!菅野美穂などゲストが豪華!

今回のネタは、4/23放送のドラマ「お迎えデス。」第1話。

このドラマは、主人公の提円(つつみ まどか)がヒロインの阿熊幸(あぐま さち)と共に、成仏できない霊をあの世に送り届けるバイトをする・・・ざっくり言うと、そういうお話。

というわけで、タイトルの「デス」は「death」を指してるわけデスね(原作マンガは「デス」ではなく「です」)

では、その第1話の展開まとめはこちらデス。

スポンサーリンク
panpy_336x280

お迎えデス。第1話の展開まとめ

その1:死神バイトへのスカウト

ある日、理工系大学に通う堤円は、高校時代の同級生・千里の通夜の帰り、道でピンクのウサギの着ぐるみと初老の男性が格闘しているのを目撃する。

何か見てはいけないものを見たと通り過ぎようとする円だが、少女を連れたウサギが円に声をかけてきた。ウサギはナベシマ、少女はゆずこと言い、二人とも死神なのだと言う。そしてナベシマは「仕事を手伝ってくれないか?」と円をスカウト。

死神の仕事とは、この世に未練のある霊を成仏させてあげることだった。逃げる円だが、ナベシマとゆずこは円の家にまで押しかけつきまとう。

そして翌日、先輩バイトの阿熊幸も現れて話は勝手に進み、円は無理やり仕事を手伝わされることになってしまう。昨夜ナベシマと格闘していた男性は、陽造と言う名前だった。陽造は、生前娘の結婚に反対して、そのまま娘と音信不通になったまま死んでしまったことを後悔していた。

ちなみに娘の相手は正道と言って、フリーターで頼りなく、とても陽造は結婚を認める気にはなれなかった。さらに玲子のお腹には子供がおり「あんなダメな男を父親にさせるわけにはいかない」と陽造は思っていたのだ。

早速、円と幸は玲子を正道と別れさせるために、玲子の家に向かう。しかし玲子の意思は固い。陽造は玲子にいろいろ言うが、もちろん声は届かないし、触ることもできない。だがその時、つまづいて転んだ陽造は、なんと円の体に入り込んでしまう。円は霊を憑依させることができるのだ。

そして、陽造は必死に説得をするあまり、玲子を強く抱きしめる。するとそこへ正道が帰ってきて、玲子と円の仲を誤解してしまう。玲子のお腹の中の子供は、本当は円の子なのではないかと誤解してしまったのだ。

その翌日、幸を訪ねた玲子は、正道が出て行ったと告げる。そして玲子は東京を離れ、一人で島で暮らすと言うのだった。幸は正道を「ダメ男のヒモ男」だと思っていたが、それは勘違いで、正道はちゃんと漫画家の仕事をしていた。しかし、まだ認められず家族を養う生活力はなかった。

その2:正道を認めた陽造は・・・

幸と円、陽造の霊は正道のもとへと向かうが、正道はまだ誤解したままで「玲子のことを頼みます」と円に言う。本当は玲子と子供のことを本当に大切に思っている正道だが、気が弱く自信がないため、自分では玲子たちを幸せにできないと身を引くことを決めていたのだ。

そんな正道の気持ちを知った陽造は「どうして応援してあげなかったんだ」と後悔。そして幸は正道を連れ出し、玲子が島へ帰ろうとしている船に乗り込んだ。

ただ、玲子はすでに離婚届を用意していた。また、陽造の気持ちを伝えようとする幸たちを必死で否定するあまり興奮して陣痛を起こしてしまい、船上でお産が行われることに。

陽造は、苦しむ玲子を何とか支えてあげたいが、霊のままでは何もすることができない。そこで円は、もう一度陽造に憑依されることを決意。円の体を借りて玲子の手を強く握ってあげた陽造は「メダカの兄弟」の歌を歌う。それは玲子と陽造の思い出の曲だった。

そのことから、やっと陽造の存在を信じた玲子は陽造に謝り、陽造もまた玲子に謝ることができた。こうして二人のわだかまりは解け、お産も無事に終了。

陽造はしきりに円に「ありがとう、ありがとう」と感謝。そして陽造は正道を呼んで「子供と3人で幸せになるんだぞ」と言い残し、ナベシマに連れられて、無事にあの世へと旅立っていった。

円は仕事を終え、久しぶりに「ありがとう」と言われたことを思い返していた。

そして幸に「ひとつの答えが出た。僕と付き合ってください」と突然の告白をしたのだった。

お迎えデス。第1話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


提円(演・福士蒼汰)は現在大学2年生。まだハタチになったばかり。にも関わらず、彼は知り合いの通夜に向かっている。亡くなったのは、円の高校時代の同級生・緒川千里(演・門脇麦)原因は不慮の事故だった。

円は感情をほとんど表に出さず、今回も同様。といっても内心は人並みに同級生の突然の死に対して驚き、悲しんでいた。そんな円が通夜から帰宅している時、もうすっかり夜だというのに、テーマパークでもないのにオジサンとウサギの着ぐるみがたわむれている光景が目に入ってきた。しかも、彼らはどうやら争っているらしい。

あまりに意味がわからない光景を目にした円。ただ、彼は理系男子であり、非科学的なことは基本無視。この光景も自分が見た幻覚だろうと思い、そのまま家路に着こうとした。が、ウサギの着ぐるみが自分を呼んでいる。しかも自分の名前を知っていた。また、よく見るとウサギのそばに少女もいる。ますます意味がわからなくなり、円は足早にその場を去った。

家に帰った円。いつも通り、家族へのあいさつもそこそこに自分の部屋に戻る。すると、なぜかさっきのウサギと少女が部屋に居た。これにはさすがの円も無視できず、仕方なくウサギの話を聞くしかない。

ウサギの着ぐるみの中身は、自分のことをナベシマ(演・鈴木亮平)と名乗った。GSG(極楽送迎)という「あの世」の会社の2課に所属する死神らしい。そして少女の名前はゆずこ(演・濱田ここね)ナベシマの助手を務める死神。二人はこの世に残ってしまっている霊をあの世に送り届けるのが仕事だという。

そしてナベシマが言うには、円は霊や死神が見える能力を備えているらしい。だから、自分達の仕事を手伝って欲しいと円に頼む。しかし円はこれを拒否。だが、ナベシマとゆずこは消えてくれない。手伝ってくれるまでつきまとってくるようだ。

その2人につきまとわれているので、円は今まで通り家で暮らすことができなくなってしまった。自分にはナベシマ達が見えるが、父の郁夫(演・大杉漣)や母の由美子(演・石野真子)妹のさやか(演・大友花恋)には見えてないので、ナベシマとしゃべっていても、家族には円の独り言に見えてしまう。家族は円がおかしくなったのでは?と心配。

翌日、まだつきまとっているナベシマ達を連れて円が大学へ向かっていると、向こうから同じ大学に通う阿熊幸(演・土屋太鳳)が近づいてきた。また変な目で見られないように警戒する円だったが、そんな円を無視して幸はナベシマに話しかける。幸にはどうやらナベシマが見えるらしい。

それどころか、よくよく話を聞くと、幸はナベシマが円に頼んでいる手伝いをすでに行っているようだ。ナベシマは円と幸が知り合いということで、二人にコンビを組んで仕事を手伝ってもらうと勝手に決める。円は昨日と同様に拒否するが、ナベシマに惚れている幸は了承。円は幸に強引に仕事をやらされることになってしまった。仕方なくナベシマの話を聞く円。

今回の成仏ターゲットは、昨日ナベシマと争っていたオジサン・陽造(演・伊東四朗)陽造が成仏できないのは、娘の玲子(演・菅野美穂)が気がかりだから。玲子は彼氏の正道(演・矢柴俊博)と結婚するつもりだったが、正道がフリーターだった為、陽造がその結婚に反対したのだ。

ただ、玲子は正道と結婚すると言って聞かない。それに玲子のお腹には正道の子供がいた。その為、陽造は玲子と大ゲンカをしてしまい、仲違いをしているうちに陽造は倒れ、大ゲンカした玲子に最期のお願いをする前に亡くなってしまった。その願いとは「正道と結婚せず、別れること」

その願いが叶ったことを見届けられれば、陽造はおとなしくあの世に行くと言っている。そこで、円と幸は玲子の元へ。もちろん陽造も一緒に(玲子にはもちろん見えないが)といっても、円と幸は玲子と初対面。そこで、二人は陽造と面識があるということにし、亡くなる前に陽造が玲子のことを心配していたことを聞かされていた風で話をする。

そうすると、玲子も突然の親の他界はショックで、しかもケンカしたまま別れてしまったことを悔いているようだった。ただ、正道との結婚はどうしても譲れないという。その話を横で聞いていて腹が立ってきた陽造は、円にあるお願いをする。自分が円に憑依して、玲子と直接話をさせてくれないかと。

そんなこと自分にはできないと断る円だったが、陽造は無理矢理円に憑依しようとし、すんなりできてしまった。円はそういう能力も持っていたのだ。円に憑いた陽造は、玲子に思いの丈をぶつける。急に円が自分の親のようなことを言ってきたのに驚く玲子。幸が状況を説明し、玲子と陽造は正道との結婚についてじっくりと話をすることができた。

結果として、陽造は玲子の結婚を認めざるを得なくなったが、そのことに納得はできた様子。また玲子も陽造の死に目に会えず、後悔していた気持ちを晴らすことができ、二人は円と幸に感謝の言葉を伝えたのだった。

お迎えデス。第1話キャスト記事

矢柴俊博の結婚や嫁・子供について!高田馬場は大学から関係が深そう

お迎えデス。第1話の感想

鈴木亮平さんのピンクウサギが,なに?これ?死神…?妙な存在感放ってた~!円の父母・大杉さん&石野さんのおとぼけキャラも良い!お決まりの結末ながら,ほんわかしてハッピー。後味良いラストだった!(41歳・女@亜門君好き)
福士蒼汰や土屋太鳳など、今売れている面々が個性的なキャラクターを演じていて、とてもフレッシュな印象を受けたね。論理的な円が、非科学的な幽霊の存在に出会ってどう変わっていくのか興味深々!(27歳・女@猫が好き)

お迎えデス。第2話の見所

怨霊化した霊とその強制消滅は怖かった…。が,クセになりそう!幸のトラウマとして,毎回登場して欲しいと願う悪趣味…。小暮写眞館のピカ役だった加部亜門君がゲスト。ほのぼのしたハッピーなラストに期待!(41歳・女@亜門君好き)
亡くなった円の友達が何故成仏できていないのか、円は彼女とどういう関係で、どういう感情を抱いていたのかが描かれることを期待!また、何故円が知り合って間も無い幸に交際を申し込んだのかも気になる。(27歳・女@猫が好き)

お迎えデス。関連記事

ストーリー

【次話】お迎えデス2話ネタバレ&あらすじ感想!千里が成仏できない理由は円?

特集

お迎えです(ドラマ)ネタバレ!最終回の結末やキャストを原作と比較

お迎えデス。第1話視聴率

結果

10.3%

思ったより低かったですね。もしかすると、男性にはちょっと取っつきにくい話なのかも?

予想

原作のイメージとの違いがいろいろ話題になりそうな本ドラマ(もうなってるかも?)

主人公の提円⇔福士蒼汰さん、ヒロインの阿熊幸⇔土屋太鳳さんはもちろんですが、ナベシマ⇔鈴木亮平さんが特にそんな感じ。

あと、伊東四朗さんと菅野美穂さんがゲスト出演というのも驚き。

原作との比較や豪華ゲスト出演という話題性から、自分の視聴率予想は13.2%デス。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">