99.9第2話ネタバレ&あらすじ感想!明石と彩乃の再現ビデオが面白い!

今回のネタは、4/24放送のドラマ「99.9ー刑事専門弁護士ー」の第2話。

第1話では、見事な?連携プレイで0.1%から真実を見つけ出し、99.9%の負けをひっくり返して無実を勝ち取った深山と佐田。

第2話でも難事件から見事無実を勝ち取り、佐田は深山から「おめでとうブドウ糖」飴をゲットできるのか(笑)

では、ドラマ「99.9」の第2話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

99.9第2話の展開まとめ

その1:正当防衛を主張する男

刑事事件専門ルームに新しい案件が舞い込む。山下という男が、飲み屋で喧嘩になった相手を、もみ合った末に刺して殺害してしまったという案件だ。山下は正当防衛を主張していた。

早速、深山と立花、佐田の3人は山下の接見に向かう。山下の話は次の通りだ。

ある日、山下は飲み屋で一人飲んでいた。すると、客の一人の木内という男が大騒ぎを始めた。店の店長は「他のお客様の迷惑になる」と木内を注意したが、木内は大金の入った封筒を出して「金さえ払えば文句はないだろう。黙ってろ!」と店長を黙らせる。

さらに木内は女性店員に手を出し始め、ついに山下は木内に注意。すると腹をたてた木内は山下を外に連れ出し、人目につかない工事現場まで連れていく。そこで木内はナイフを取り出して山下に襲いかかり、抵抗してもみ合いになるうちに、逆に山下が木内の事を刺してしまったのだ。

深山は、山下にどんな状況でどのように、何回刺したのかなど、詳しく尋ねる。本当に先に相手が襲ってきたとしても、その経緯や状況によって正当防衛が認められるかどうかは、変わってくるかもしれないからだ。

深山は事務所に戻り、夜通しかけて供述調書を作るのだが、それにより山下の証言と事実には食い違いがあることに気付く。山下の刺した回数は2回ということだったが、実際に木内は5回刺されていた。

「記憶が曖昧になっていただけだろう」と佐田は言うのだが、深山は納得できない。そしてさらに詳しく調べるために、現場となった飲み屋の店長に話を聞きに行く。そこで、その店長は聞きなれない「だもんで」という言葉を使うのだが・・・

次に、さらに視点を変えてみようと、突然深山は静岡に向かった。静岡県富士市は、木内の出身地だ。木内の出身高校に訪れた深山と同行した立花は、素行の悪かった木内が高校卒業後に女性を襲う事件を起こしていたことを知る。そして、その事件の被害者の女性の家をに向かい話を聞くことに。

深山達が弁護士だということを知り、被害者の女性の妹は敵意をむき出しにする。被害者の女性は、事件の様子を写真に撮られていた。

事件当時、結婚を控えていた被害者は「この事件が公になれば、事件の時の写真をたくさんの人に見られてしまう」などと弁護士に脅され、半ば強要された形で事件は示談で決着がついた。さらに被害者の女性は「犯人が2人いる」と主張していたのだが、警察はまったく動いてくれなかったとのこと。

そして示談成立後、被害者は自殺。深山は被害者の母親に山下の写真を見せた。すると母親は、山下が事件当時の娘の婚約者だと証言したのだった。

その2:目撃者の証言

初対面の人間同士の喧嘩の末の事件だったはずが、二人に接点が見つかったことで、点と点が線になり始めた。そして、さらにもう一つ事件に関わる重大な事実が判明。

殺された木内は、佐田のクライアントである「朝霧インターナショナル」の会長の孫だったのだ。朝霧の会長は、自分の孫が殺されたというのに「正当防衛ということでいいから、早くカタをつけろ」と佐田に命じる。あれこれ調べられることで、昔の事件のことを張り出されることを恐れたのだ。

このことから、何やら昔の事件で、経済界のドンと呼ばれる朝霧インターナショナルが警察に圧力をかけたという経緯が読み取れる。

一方深山は、山下と木内がもみ合いになった現場で聞き込みをした結果、目撃者がいたという情報を得て、その目撃者を泊まり込みで待っていた。

そして、深山を探していた刑事事件ルームのメンバーが勢ぞろいしたところへやっと目撃者が現れたのだが、深山たちを見て一目散に逃げ出す。

だが、立花は目撃者を追いかけとっ捕まえることに成功。そして話を聞くと・・・

最初にナイフを出して、襲いかかったのは木内だった。そして二人はもみ合いになり、逆に山下が木内を刺したのだ。そこまでは山下の話を一緒だったのだが、その後山下は木内に「謝れ」と言ったのだそうだ。

すると木内は「残念だったな」と山下を嘲笑い、山下はもう一度木内を刺したのだと言う。そして山下は走り去った。そうなると、山下の「2回刺した」という供述は正しいことになる。

しかし、その後また別の男が現れたのだ。そして、木内に刺さったままになっていたナイフで、あと3回木内を刺したのだ。思わず声が出てしまった目撃者に気付いた男は、金の入った封筒を投げつけ「これで黙ってろ」と言い捨て去っていった。ただ、逆光のせいで、目撃者は男の顔を確認できていなかった。

深山には思い当たるフシがあるようで、防犯カメラの映像を見せてもらうため、店に頼み込みに行く。そして、その結果を持って深山たちが向かったのは、現場となった店の店長のところだった。

店長は、山下と木内を追ってコンビニやガソリンスタンドのほうへ行ったと証言していたのだが、そこのカメラには店長の姿は映っていなかった。代わりに、行っていないと証言していた商店街のカメラに、店長の姿が映っていたのだ。

深山は、店長が木内と同じ静岡県富士市出身だということを言い当てる。店長の使った「だもんで」という言葉を、静岡での聞き込みのときに何度も聞いた深山は、そのことに気づいていた。

また、店長と木内は昔からの知り合いで、二人で女性を襲ったのだが、複数による犯行だと格段に罪が重くなるということから、朝霧の圧力により一人の犯行だというシナリオに書き換えられていた。

そのおかげで罪から逃れた店長だったが、そのことで木内に恩を着せられ、やりたい放題する木内が邪魔な存在となっていた。そして、偶然起こった山下の事件に便乗して、邪魔者を消すことを考えたのだ。目撃者に渡した封筒が証拠となり、店長は言い逃れができない状況となる。

こうして、木内の過去の事件を完全に解明してしまった刑事専門ルーム。そのことで激怒する朝霧の会長だが「契約は打ち切ってもらってけっこう」と斑目は強気な態度。朝霧のライバル会社から契約を持ちかけられていたため、朝霧を切ろうとちょうど刑事専門ルームに舞い込んだ案件を利用したのだ。

こうして、深山は信念に基づき事件を解明することができ、佐田も大口のクライアントを失うが痛手は被らず「めでたし、めでたし」という結末に。刑事専門ルームは、またしても株を上げることになったのだった。

99.9第2話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


赤木の冤罪事件解決後、一旦深まったように見えた深山と佐田の仲だったが、見た感じ二人の関係は以前とあまり変わらず、佐田は深山を毛嫌いしているように見える。

また、彩乃が深山を相変わらず変人のように扱い、小馬鹿にしたようなコメントをぶつけるところも変わりがない。といっても、当の深山はあまりそのことを気にしてないわけだが。

そんなまだまだ熟成途中の刑事事件専門ルームに、ある事件が舞い込む。今回も前回と同じく殺人事件。ただし、今回は犯人が「正当防衛」という条件付きながら犯行を自供していた。

その事件のいきさつは、次の通り。

今回の犯人である山下(演・風間俊介)は、偶然寄った飲み屋でバカ騒ぎをしている木内(演・岡山天音)がどうにもうるさくて、つい一言注意をしてしまう。

ただ、言われた木内はそれが気に入らなかったらしく、ずいぶん酔っていたこともあり、文句を言ってきた山下を店の外へ連れ出し、殴りかかってきた。

山下はそれをかわし、何とかなだめようとするが、木内は手だけでなくナイフまで出して山下を襲ってきた。

今度は凶器が相手ということもあり、山下はさっきのように上手くかわせず、二人はもみ合いに。命の危険を感じた山下は、その最中に偶然木内からナイフを奪うと、自ら木内を刺して殺害してしまう。

要するに、この事件は怒り狂ってきた相手を正当防衛の末に殺害という、よくあるといえばよくあるパターン。さすがにこれは覆せないだろうと、佐田は最初からサジを投げる。

しかし、深山はいつも通り依頼人の話を聞き、その状況を詳しく知ることからスタート。彩乃と共に山下を接見し、事件についての詳しい証言を聞く。

ただ、深山は山下の証言に何か違和感を感じた。本当に山下は正当防衛の末、木内を刺してしまったのか?別の人物が関与していたのではないのか?

そこで深山は、赤木の事件と同じく、山下の証言を再現するように現場を詳しく調査。これもまた前回と同じく、信頼のおけるパラリーガル・明石と彩乃に証言を再現させるようなアクションを行わせ、証言にウソがないかを調べていく。

そうすると、あることが見えてきた。事件当日、現場には山下以外に犯行に絡んだ人物がいたことが・・・

そして、その人物についての詳しい情報を洗い出す為、深山は佐田に調査を依頼。赤木の事件のこともあり、以前よりは深山へ信頼を置いている佐田は、その調査を渋々ながら引き受けるのだった。

99.9第2話の感想

佐田先生たちが深山の行動に振り回されながらも、最終的にはひとつのチームになった感じがよかった。深山の寒いギャグに佐田先生だけがこっそり笑ってるのを見る限り、2人は意外と気が合いそうだと思う。(34歳・女@寒がり)
復讐する人される人って感じの話だったんで、ちょっとヘビーだったわ。その分、マツジュンや他の面々のすっとぼけた感じが救いみたいなとこあったけどね。事務所の連中、みんなちょっとずつ変だよね(笑)(36歳・男@もみあげ長い)
99.9刑事専門弁護士、最初は酔っぱらいの喧嘩から起きた事故だと思ってたけど、その裏には悲しい事件が隠されていてその復讐劇だったとは驚いたなぁ!松潤扮する深山」の食へのこだわりもイイ!そしてイヤァオ!(34歳・男@大食漢)

99.9第3話の見所

彩乃さんが弁護を担当することになって、深山がどんなふうに関わるのか気になる。勝手な行動をとって喧嘩になるのか、他の人には出来ない絶妙なサポートをしてくれるのか、もしくはその両方かも。(34歳・女@寒がり)
第2話の、犯人探しの流れは結構面白かったなー。第3話以降も、その部分については期待だね。それに加えて、すっとぼけた事務所の連中のやりとりが見られれば、もうそれでお腹いっぱいって感じかな。(36歳・男@もみあげ長い)
それぞれのキャラクターがしっかりしててストーリーも複雑。3話ということもあっていろいろ馴染んできているはず。班目法律事務所の面々に期待が高まる!そしてやはりラーメンズ片桐さん扮する明石にも注目!(34歳・男@大食漢)

99.9関連記事

ストーリー

【次話】99.9第3話ネタバレ&あらすじ感想!犯人は鶴見辰吾?彩乃が本領発揮?

【前話】99.9(ドラマ)1話ネタバレ&あらすじ感想!深山は佐田をどう説き伏せる?

特集

99.9最終回ネタバレ!ドラマの結末で深山・立花・佐田トリオはどうなる?

99.9第2話視聴率

結果

19.1%(△3.6%)

予想を外しまくって、申し訳ございませんでした!!!

それにしても、この勢いはスゴイですね。

予想

第1話は15.5%でした。2016年4月期のドラマ第1話で比べると堂々のトップ!

ただ、第2話は若干視聴率を落とすでしょう。それはどのドラマでもだいたい同じです。

ということで、自分の予想は12.9%としました。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">