ラヴソング3話あらすじ感想&ネタバレ!さくらと神代の関係に亀裂!

今回のネタは、4/25放送のドラマ「ラヴソング」第3話。

第2話では「すったもんだの末」さくらは神代とライブで一緒に演奏することが決まりました。

といっても、すんなりライブ演奏とはならないでしょう。さくらの吃音、神代の「元カノへの感情」と、さくらの「神代への恋愛感情」のもつれなど、いろいろ問題が山積み。

それらが解決していくのか、余計こんがらがってしまうのか。そんな第3話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

ラヴソング第3話の展開まとめ

その1:勇気を振り絞って

開店前のライブハウスに『S』にて、神代広平(演:福山雅治)は「三週間後、君はここで歌う」と、ステージを指さしながら佐野さくら(演:藤原さくら)に告げる。それを聞いて戸惑い、緊張して歌い出せないさくら。神代は出身地を聞いたりして気持ちをほぐそうとする。

そこで、何故大好きな故郷を離れたのか神代に尋ねられたさくらは「カープより好きな親友がこっちにいるから」と親友・中村真美(演:夏帆)のことを自慢。その後さくらの両親の話になり「母親がガンでなくなり父親は知らない」ということを話す。

逆に、今度はさくらが神代のプライベートを聞きたがる。そして「独身、彼女なし」という神代の情報に喜ぶさくら。

その時、神代にカウンセラーの仕事の電話が入り、その場を離れた。神代がいない間にさくらはギターを触って、自然と弾き語りを始めていた。ライブハウスに戻った神代は「カープ、カープ」とさくらが即興で作った歌を嬉しそうに聴き入る。

聴かれていることに気づいたさくらは恥ずかしそうに笑い、神代は拍手を送った。

ある日、結婚指輪を選びに来ていた真美と婚約者の野村(演:駿河太郎)は、たまたま神代とさくらを見かけた。真美が「誰あのおっさん」とつぶやくと、野村は彼が会社のカウンセラーだと教えてくれた。「あの人がうわさの・・・」と驚く真美。

その夜アパートで、真美はさくらに足をマッサージしてもらいながら神代のこと尋ね「いろいろ教えて貰っている」と言うさくらと神代の関係をからかう。その時、隣りの部屋で無関心そうに一人遊んでいた幼馴染の天野空一(演:菅田将暉)は、少し動揺している様子。

そしてさくらは、ステージで歌うことを二人に発表。素直に応援する真美。一方、空一は複雑そうな表情を浮かべていた。

その2:恋と病の境目

昔の恋人・春乃の妹である夏希(演:水野美紀)の家に帰ってきた神代。その夏希からさくらの治療を再開することを告げられる。

ステージに立つことを嫌がっていた神代の変化に気付いた夏希は「クライアントとの距離気をつけなよ」と、さくらが神代を好きになってしまうことを心配していた。それに対し神代は「彼女はクライアントじゃない」と、ギターをガチャガチャ鳴らし反論。

その頃、さくらは神代と『S』や公園にて練習を重ね、仕事中も充実した日々を過ごしていた。うきうきとした気持ちを胸に夏希の診療所へ行くさくら。そんな彼女に、夏希は好きな人がいるかと聞く。

さくらのそわそわした様子を見て「神代先生に特別な気持ち持ってない・・・?それは仕事だから」との夏希の言葉に、さくらは戸惑う。さらに夏希はその恋心を「陽性転移、恋愛転移」と言い切り、自然に消えるものだと諭す。

動揺したさくらは夏希に「中年より若い人が好き」と神代への気持ちを隠し、これから治療が始まるところなのに帰ろうとする。

一方、病院の広場で仕事中の神代は、高齢の女性患者から恋愛相談を受けていた。そして「私、自分の人生にしっかりとけじめをつけたいの。次に進むためにもね」という患者の言葉に、にこやかに笑いながらも何かを感じる神代。

また、その夜アパートに帰ってきた真美は、机で寝ているさくらのパソコンの画面を何気なく覗くと『陽性転移』について調べられており、さくらが思い悩んでいるのを知ることになる。

その3:交錯する想い

練習を重ねる日々が過ぎ、ライブ本番が近づいた『S』において、笹と神代、さくらは三人で打ち合わせ。緊張するさくらに笹は「そいつのことだけ(好きな人)考えてれば、お客のことなんてどうだってよくなっちゃうんだよ」とアドバイス。

それを受け、神代はどうなのかとさくらが尋ねると、同じような答えが返ってきた。それを聞いたさくらは「歌ってる人のためじゃないんだ」とガッカリ。

また、夏希の診療所を訪れたさくらは、偶然夏希と神代が同じマンションに住んでいることを知り、ショックを受ける。

その後、診療兼練習が開始されるが、夏希のピアノと神代のギターで楽しげにアレンジした演奏をする二人を背後に感じ、さくらは自分が邪魔者のような気分になり、全く歌えなくなってしまった。

その4:ライブの光と影

ライブ開始直前、さくらは神代に二人きりで話そうと『S』の屋上へ。緊張するさくらに、神代はカープの黒田選手について話し場を和ます。いつも優しい神代に対して「陽性転移しちゃいますよ・・・このままじゃ歌える気がしない」と告げ、神代を驚かせる。

そしてさくらは思い切って「せ、先生のこと想って歌ってもいいですか?これで歌えたら次に進める気がする」と言った。また、今後は先生を頼らず、最後にするとも・・・

それに対し、しばらく考えた神代。そして「じゃ、今夜は君だけを想ってギターを弾く」とさくらの目を真っ直ぐ見つめ、二人はぎこちないハイタッチ。

神代は「いくぞ、さくら」と下の名前でさくらを呼んだ。さくらは嬉しさがこみあげ、満面の笑みで神代のあとを走ってついていった。

そして、ついにさくらと神代のステージがスタート。

松任谷由美の『やさしさに包まれたなら』LOVE PSYCHEDELICO『Your Song』ジャズの名曲『サマータイム』を、さくらの柔らかな声が歌い上げる。

その歌声に魅了される幼馴染や観客たち。

だが、問題の自己紹介の時間になり、さくらはいつものようにどもってしまう。しかし神代がギターで歌うように話せるようフォローを入れ、笑顔で上手く切り抜けることができた。

そしてステージ最後の曲になり、さくらの大好きな望郷の名曲『500マイル』をアカペラで歌い始め、自分の友や過去への想いを重ねて歌うさくらを神代がギターで支える。

心を込めた二人の演奏に空一や真美は涙がこぼれそうになり、観客は皆総立ちで拍手喝采。

ただ、観客のアンコールに応えさくらは神代に「う、歌いたいと」言った瞬間、神代は表情が曇り、さくらと一緒に上げていた手を放してステージから降りてしまう。一人取り残されたさくらは神代の態度に冷たさを感じ、そのままトイレへ駆け込んで泣いた。

一方、さくらとは別の想いを抱える神代は、夏希と帰りのバスに揺られ「これで引退」とキッパリ。20年前にあいまいなまま終わってしまった音楽人生にケリをつけたようだった。

ところで・・・

さくらと神代のステージの観衆の中で、その演奏を録音していた女性(演:りょう)が一人。彼女は水原という名前で、大手レコード会社の音楽制作部の部長。水原はさくらの歌声をとても気に入った様子。

さくらと神代の「一度きり」のステージ。

このステージがさくらの運命を変えることになる・・・

ラヴソング第3話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


さくらと神代がライブハウス「S」で演奏するまで、あと3週間。

それまでの準備のスタートとして、神代はさくらを誰もいないステージに立たせてみる。今までこんな場所に立ったことのないさくらは緊張。

でも、自分は一人じゃない。神代が付いていてくれる。それだけでさくらには十分。神代が少し場を外して戻ってきた時、さくらは一人でも、神代がそばに居てくれると思いながら力強い歌を歌っていた。それを見た神代は一安心。

それからも、二人はライブに向けて練習に励む。自分の思い通りに声が出せ、歌えることはもちろんだが、神代と一緒に過ごす時間が増えたことがもっとうれしいさくら。

しかしある日、いつものようにライブハウスへ神代を訪ねると、神代は夏希の隣で楽しそうに飲んでいた。その姿を見てしまったさくらは、神代と練習する約束だったのにそれをすっぽかして帰ってしまう。

翌日、さくらは神代から練習に来なかった理由を問われると、ブスッとした表情でしばらくダンマリ。しかし神代の質問に答えないわけにはいかず、渋々「隣にクリニックの先生(=夏希のこと)が居て、楽しそうだったから」と答え、すごくモヤモヤしている様子。

そんなさくらを見ていた神代は、彼女が嫉妬していることがすぐわかった。そして「嫉妬は健全な感情ですよ」と話し、さらに自分と夏希は決して恋人同士ではないと明言。それを聞いたさくらは安心するのだった。

一方、その夏希は神代とさくらの近過ぎる距離感を心配し、もう少し距離を保つように神代へクギを刺す。あまりにもさくらが神代へ入れ込みすぎると、その関係が壊れた時、吃音が今より余計に酷くなってしまうことを心配しているのだ。

それを聞いた神代は、余計な心配だと一蹴。ただ、痛いところを突かれたのも事実。何せ、あれだけステージに立つことを嫌がっていた自分が、さくらと一緒にステージに立つことを宣言しているのだから。

さくらは「先生のことを想って歌ってもいいですか?」と言っており、自分が好意を向けられていることはわかっている。ただ、自分はさくらに「元カノである夏希の姉」を重ねて見ていることもわかっている。

しかし、そのことをさくらに言えば、彼女はまた歌えなくなってしまうだろう。そのことは隠しつつ、神代はさくらとの時間を過ごしていた。しかし、思いがけないところからそれがさくらへと伝わってしまう。

「歌える気がしない・・・」悲しみに暮れるさくら。二人の関係は修復できるのか?

ラヴソング第3話の感想

第2話から、さりげなく主演2人と水野美紀との三角関係がくすぶっているのがドキドキする。今回も福山雅治と水野美紀が同居していることがうっかり気づかれてしまい、いつ、さくらが発狂するかとソワソワした。(36歳・女@月9を見ながらにやけてしまう)
ついに恋愛模様が動き出したけど、歳の差ありすぎて気持ち悪い…。アンコールを神代が断って、さくらが走り去るシーンがあったけど「ギターの練習もしてたなら一人で歌えよ」って思ったり。モヤモヤすることがたくさん。(23歳・女@イケメンが好き)
さくらが広平に惹かれてしまうのはまぁ予想通りだよね〜。陽性転移わたしも意味調べちゃったよ(笑)さくらが恋する乙女になってきて、表情も可愛くなってきたと思う!ライブのシーンは歌上手くて聞き惚れちゃった!(39歳・女@福山さんの大ファン)

ラヴソング第4話の見所

3話の最後、さくらが「もっと歌いたい」と言ったのが聞こえてたはずなのにそれを無視した神代。これまであまり表現されなかった元恋人とのエピソードを取り上げてほしいな。かつ、さくらとはうまくいってほしい。(36歳・女@月9を見ながらにやけてしまう)
空一との恋模様が少し動くみたいで期待大!製作側には申し訳ないけど、できればそのまま空一とひっついてほしい・・・。スカウトされるみたいだし、さくらの歌がもっと聞けるようになるのはすごく嬉しいな。(23歳・女@イケメンが好き)
りょうさん演じる水原さんがどう動くか気になる!さくらはスカウトされて今後デビューとかしちゃうのかな?吃音まだ治っていないのに大丈夫なのかな。幸平との関係が徐々に変わっていきそうで、ドキドキしてきたぁ!(39歳・女@福山さんの大ファン)

ラヴソング関連記事

ストーリー

【次話】ラヴソング4話あらすじ感想&ネタバレ!さくらと神代は別の道を歩む

【前話】ラヴソング2話あらすじ&ネタバレ感想!神代がライブ演奏を拒む理由は?

特集

倉光泰子の経歴は?ラヴソング以外の脚本も!結婚や旦那・子供情報は?

ラヴソング(ドラマ)キャスト&ネタバレあらすじ!ロケ地や原作は?

ラヴソング(ドラマ)最終回ネタバレ感想!福山(神代)の恋の行方は?

藤原さくらが月9ドラマ「ラヴソング」ヒロイン!福山雅治とは共通点も

ラヴソング第3話視聴率

結果

9.4%(△0.3%)

若干ですが上がりましたか。とりあえず良かった。

予想

第1話10.6% → 第2話9.1%

フジテレビのドラマ、4月期は1月期よりもさらに苦戦している印象です。OURHOUSE然り、早子先生然り、ヤバ妻然り。

その中でラヴソングは一応トップではありますが、これから上昇していくかというと、今のところあまりそういう感じはしないですね。というわけで、第3話の予想は「8.2%」

・・・やはり、ここは藤原さくらさんに期待するしかないでしょう。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">