[僕のヤバイ妻]N31の意味は?黒幕や犯人ではなく真理亜の望みを表す?

今回のネタは、2016年4月期のドラマ「僕のヤバイ妻」のキーワードの1つ【N31】

これは、第1話で真理亜を連れ去ったと思われる犯人が、幸平に当てた手紙に必ず書いてきた単語です。

犯人のサインなのでしょうが、それが意味する内容は謎。ただ、明らかに事件の真相に迫るキーワードの1つには違いないのではないかと。

そこで今回は、カンの鋭い(多分ですが)パンピーの皆さんに、その意味を予想をしてもらいます。

スポンサーリンク
panpy_336x280

今回のパピコメ

「N31」の意味は?

真理亜が残した料理のレシピNOTE・31Pから“N31”。嫌いなタマネギをすり下ろし分からなくしたことで食べられた「オニオンペーストのスープ」のレシピが記されていたのが31ページ。(41歳・女@オニオンスープ好き)

そっから持ってきたかと思わせる予想ですね。合ってるかは別にして、発想がいい感じ。

望月真理亜が結婚する前の旧姓のイニシャルがNとか。それしか思い浮かばないなぁ。幸平に気づいてほしくて。でも、それだと割とすぐ犯人につながっちゃうか。31は、幸平と知り合った年齢が31歳だったとか。(40歳・女@自転車のマナーが悪い人きらい)

まぁ、これはありがちかな。

どういう意味だろう?妻が怪しそうだけど、名前はN着かないし。旦那が妻に不満があるみたいだけど、実は妻のほうも不満があって嫌な事が31日続いたから「NO」のNと31日の31を使ったんじゃないかな~。(44歳・女@男性は好き)
次は30、その次は29・・・訳がわからないけど、ながーいスパンのカウントダウンだと思う。妻は幸平に31回嫌な事をされてもちろん幸平は嫌な事をしていないと思っているんだけど、だいぶ根に持つヤバイ妻だと思う(31歳・女@好奇心旺盛母ちゃん)

↑の2つは、ちょっと似てるんでまとめました。嫌なことが31回あり、それを根に持っていると・・・で、それがどんどんカウントダウンされていくと。

ただ、そういえば第1話でN31は2回出てきましたね。そこでカウントダウンはされてなかった。となるとちょっとこの予想は違いそうです。

幸平が杏南と外泊した回数が31回、Nは「何でもない」って意味。自分以外の女と外泊しても、それくらい私は何でもない。ずっと一緒にいる約束したのだから、31回間違いがあっても、私は何でもない。って意味かな?(39歳・女@黄砂が辛い)

これも↑と似てるっちゃ似てますが、31回ぐらい別に何でもないという予想。ただ、それだと犯人のサインとして使わなくてもいいんじゃない?と思っちゃいますが。

NはnailのNよ。左手薬指の爪だけネイルの柄を変えてたでしょ。左手薬指といえば結婚指輪をはめる指。結婚記念日が3月1日。ネイルを見て、左手の薬指を見て、そして結婚指輪をしてない私を見てって事でしょ。(39歳・男@チョコレート大好き)

今回の中では、何となく最も合ってそうな感じがした予想でした。第1話でネイルをした爪も送ってきてましたし。

6人中唯一の男性パンピーでしたが、なかなかやりますね(合ってる保証は全くないですが)

僕のヤバイ妻関連記事

ストーリー

僕のヤバイ妻8話ネタバレ&あらすじ感想!有希では真理亜の相手は無理

僕のヤバイ妻7話ネタバレ&あらすじ感想!真理亜の罠に嵌る幸平と杏南

僕のヤバイ妻6話ネタバレ&あらすじ感想!杏南が幸平から鯨井に鞍替え?

僕のヤバイ妻5話ネタバレ&あらすじ感想!N31&真理亜の連携プレー炸裂

僕のヤバイ妻4話ネタバレ&あらすじ感想!緒方の命を奪った犯人は誰?

僕のヤバイ妻3話ネタバレ&あらすじ感想!木暮と事件の関連が明らかに?

僕のヤバイ妻2話ネタバレ&あらすじ感想!二人の歪んだ新生活が始まる!

僕のヤバイ妻1話ネタバレ&あらすじ感想!消えた真理亜から連絡が入る?

特集

僕のヤバイ妻最終回ネタバレ!結末も「ゴーンガール」と似て衝撃的?

まとめ

「N31」の本当の意味については、番組でその内容が放送され次第追記します。

ただ、せっかく予想してもらったので、できれば最後の方まで引っ張って欲しいですね。

第2話であっさりわかっちゃったら寂しいなぁ。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">