99.9第3話ネタバレ&あらすじ感想!犯人は鶴見辰吾?彩乃が本領発揮?

今回のネタは、5/1放送のドラマ「99.9ー刑事専門弁護士ー」の第3話。

第2話でも、深山の徹底した現場分析は健在。事件を解決に導きますが、それ以上に斑目のオジサンのタヌキおやじぶりがいい感じでした。

ところで第3話では、深山の下でくすぶっていた彩乃がリーダーシップをとるようですが・・・

では、第3話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

99.9第3話の展開まとめ

その1:立ち上がる女弁護士

今回刑事事件ルームに舞い込んだ案件は、窃盗事件。川口工業という会社で経理を担当している吉田果歩という女性が、会社の金庫のお金を盗んだという容疑で起訴されたのだ。

会社の金庫の暗証番号を知っていたのは、社長、専務、果歩の3人だけ。そしてお金がなくなった日、社長と専務は出張で不在だったため、果歩に容疑がかけられた。

その上、果歩の家に家宅捜索が入り、果歩のカバンの中から金庫に入っていた封筒が見つかり、さらに家の押し入れから1500万円の現金が見つかったということが決め手となっている。

果歩は生活を切り詰め、自分で貯めたお金だと主張したが、状況は限りなくクロに近い。刑事事件ルームのメンバーたちも、今回ばかりは無罪を主張するのは難しいのではないかと考える。

ところで、今回は女性の依頼人ということで、立花は自分が主任担当を買って出る。そして接見に向かった立花たちは、果歩の母親から依頼があり、前に就いていた弁護士から引き継いだことを果歩に話す。

しかし果歩は「あんな女に助けてもらいたくない」と激昂して弁護を断った。夫の借金、暴力に苦しんでいた果歩の母親は、小さい果歩を置いて家を逃げ出していた。

娘を捨てた酷い母親を許せない気持ちは当然だと思うが、自分が癌で余命1か月の命だと知った時に、どうしても娘に会いたいと思ったのだそうだ。

押入れにあったお金が盗んだものではないとするには、まずは果歩がどのような手段でそんな大金を手に入れたかということを突き止める必要がある。

そこで深山と立花は、果歩のアパートの大家に話を聞きに行く。すると果歩が深夜に帰ってくるのをよく見かけていたという情報を入手。そしてその時間帯に張り込みをし、果歩が夜の世界で働いていたことを突き止めた。

これでお金の入手先は判明。次はお金の使い道だ。立花と深山は、果歩の入っていた養護施設に話を聞きに行く。そこで果歩の荷物の中から、三角屋根の家の絵をたくさん見つける。

また、果歩の会社の私物の中からも、三角屋根の家のパンフレットが見つかっていた。そして養護施設の先生から、果歩が母親と一緒に住むためにいつか三角屋根の家を買うんだと話していたことを知り、すべての辻褄が合うことに。

本当は果歩もまた、母親と会いたいとずっと願っていたことを知った立花。そこで果歩に会いに行き、母親が果歩に宛てた手紙を読んだ。それを聞いて果歩もようやく素直になり、一刻も早く母親に会いたいと話す。そして、やってもいない罪を認めてでも早い釈放を願う。

そこで佐田は示談交渉をして、早い釈放を求めるように助言。しかし深山は無罪である可能性があるなら調べるべきだと強く反対。二人の意見は真っ向から対立。

ただ、今回の主任は立花。彼女は迷った末、裁判で戦うことを決意する。それが依頼人の本当の利益だと考えたからだ。果歩を説得した立花は、裁判に挑む。

その2:裁判

まず立花は、最近大帝工業からの受注が著しく増えている事を川口社長に指摘。さらに社長が出張に行っていたという事件の日、本当は大帝工業の社長と料亭で密会していたことを、立花は佐田にもらった情報から突き止めていた。

そして質問は、金庫の暗証番号の話へと移る。法廷に会社の金庫と同じものを持って来た立花は、社長にこの場で開けてもらうように求める。

ちなみにこの金庫、事前に専務と果歩から教えてもらった暗証番号に設定済。もちろんこの暗証番号は、社長が設定して二人に教えた番号だ。しかし、社長が開けようとしても金庫は開かない。社長に四桁の番号を確認すると、設定された番号と違っていた。

なぜそんな事が起きたのか?

実は、社長の筆跡の癖で「0」と「6」の数字が非常に読み取りづらかったため、専務も果歩も間違った暗証番号を覚えていたのだ。本当の暗証番号を知っていたのは、社長だけ。つまり金庫を開けられたのは、社長だけだったのだ。

立花は、社長が出張と偽りお金を持って大帝工業の社長に会いに行ったのではないかと推測。全てを見破られた社長は、それを否定することができなかった。

一週間後、果歩に無罪判決が出た。果歩は急いで母親の病院に駆けつける。しかし母親は、病室のベッドに横たわっていた。

母親の家族と思われる人間たちが、母親を取り囲んで立っていた。間に合わなかったと泣き崩れる果歩は、母親の手を握る。

すると母親の手が微妙に動いた。そして母は「ごめんね。幸せに生きてね」と、弱々しいが、はっきりと果歩へ伝えることができたのだった。

99.9第3話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


「私は深山さんの部下じゃない。ていうか、事務所内では先輩だし・・・」

深山の下でサポートをして、彼の事件解決力に感心しながらも、彩乃はそういった気持ちを常に持っていた。

そう思っていたところ、刑事事件専門ルームに新しい事件が回ってくる。今回の舞台は「川口建設」という、大手ゼネコンの下請け建設会社。

その金庫にあった非常用資金1000万円が、何者かによって盗まれたという。その容疑を疑われて逮捕されたのは、経理担当の果歩(演・山下リオ)

その理由としては、以下の通りである。

・金庫の暗証番号を知っているのが社長(演・鶴見辰吾)と専務、経理担当の果歩だけ

・果歩が住んでいた家の家宅捜索で、果歩のカバンから金庫の中にあった封筒が見つかり、押し入れからは1500万円が見つかる

これだけの証拠が揃っていれば、ほぼ犯人は確定したも同然。佐田はいつも通りサジを投げる。ただ、深山は詳しく状況分析をしたいと申し出る。これもいつも通り。

しかし、いつもと違ったのは、彩乃が「自分が主任としてこの事件を担当したい」と申し出たこと。容疑者が女性ということもあったし、深山にできるんだから自分もできるハズだと確信していた彩乃は、この事件こそ自分が適役だと思ったのだ。

その彩乃のやる気を佐田は採用。深山に対し、彩乃の下で動くようにと指示。深山は誰の下でも自分のやり方を貫ければそれで良いらしく、別に誰が主任だろうといいようだ。

早速、彩乃は深山を連れて、果歩の接見に向かった。

同じ女性同士ということもアピールしつつ、彩乃は果歩に対して語りかける。しかし果歩の反応は薄い。誰も信用してないかのような表情である。

そこで彩乃は、今回の弁護依頼は果歩の母である冴子(演・麻生祐未)から出ていることを打ち明ける。そうすれば、果歩の気持ちも動かせると判断したからだ。

ただ、それを聞いた果歩は、それまでよりもさらに態度を硬化。加えて「私には母はいません」と、彩乃が耳を疑うことを言い出す始末。

どうやら、果歩と冴子は「単純な母娘」という関係ではないようである。ろくに話を聞けないまま彩乃が話を終えて帰ろうとすると、横から深山が割り込んで、果歩の気持ちなどお構いなしにズケズケと聞き始める。

「冴子さんとはどういう関係なんですか?」「事件当日、あなたはどこにいたんですか?」「家になぜ封筒があり、非常用金庫にあった1000万円に500万上乗せされたお金が置いてあるんですか?」

それに対して若干面食らったような表情を見せる果歩。しかし、彼女は全く話をしようとしない。そこで深山は彩乃に対し、川口建設の社長への聞き取りや、金庫の調査を提案。言われなくてもわかってると言いたい様子の彩乃は、深山と共に川口建設へ向かう。

川口建設では、社長が二人を応対。どんな感じで1000万円が金庫に入っていたのか、事件発生当時の状況など、二人に話してくれた。

その話を聞く限り、果歩の容疑は疑いようがない。彩乃はそう判断するが、深山はその判断は時期尚早と思っていた。そして、聞き取り範囲を広げ、川口建設の従業員にまで聞き取りを実施。

そうすると、徐々に川口建設の知られざる部分が浮き彫りになってきて、社長から聞いた話との食い違いも出始めてきた。そこで深山はその違和感を果歩に対して投げかけ、話を聞いてみたいと言う。

しかし、果歩は何も話そうとしない。行き詰まってしまう捜査。時間がなくなってきた佐田は主任の彩乃に対し、果歩に自供を求めるように指示。ただ、深山は「やってもいないことをやったと言わせるのか」と反対。二人の間で、彩乃はどうすればいいのかわからない。彩乃は、自分が無力であることに気付いていた。

そんな深山は、彩乃にこう問いかける。

「主任はどうしたいんですか?」

彩乃は、心のなかで果歩はやっていないと感じていた。そこで彩乃は果歩の母・冴子に話を聞きに行き、冴子と果歩の関係の真相という、果歩があまり触れられたくない部分にあえて踏み込み、果歩の心を開こうと決意。

その作戦が功を奏し、彩乃が本気で果歩にぶつかっていったことで、果歩も少しずつ状況を話し始める。その聞き取った状況を深山が分析。

本当の犯人が誰なのか、彩乃と深山は真相に近づいていくのだった。

99.9第3話の感想

最初は、花より男子のイメージが強くて、松潤の弁護士役なんてどうかなぁって思えて、見る気がなかったんだよね。でも、見始めるとなかなか弁護士役がハマってた。それに1話完結なので、何か見ちゃう。(44歳・女@夏は苦手)
今回は榮倉奈々ちゃんがメインで話が進んでいったから、奈々ちゃんファンとしては嬉しかったな。ただ、ストーリー自体はありふれてる感じでオチが簡単に予想できたから面白みはなかった気がする。(27歳・女@怒ると怖い)

99.9第4話の見所

最初、99.9%っていうドラマタイトルなので、イメージがわかなくて見る気がしなかったんだよね。でも、たまたま見たら面白くて続けて見てるよ。松潤が主演ってだけで敬遠してる人でも、1度見たら見たくなる!(44歳・女@夏は苦手)
深山ひとりの力じゃなく佐田チーム全体で真相を突き止めていくようなストーリーになると、更に面白くなるんじゃないかな。一話完結じゃなくて、何話かに渡って難解で深い事件を扱って欲しいと個人的には期待してる。(27歳・女@怒ると怖い)

99.9関連記事

ストーリー

【次話】99.9第4話ネタバレ&あらすじ感想!犯人は社長?加奈子が彩乃に吠える!

【前話】99.9第2話ネタバレ&あらすじ感想!明石と彩乃の再現ビデオが面白い!

特集

99.9最終回ネタバレ!ドラマの結末で深山・立花・佐田トリオはどうなる?

99.9第3話視聴率

結果

16.2%(▼2.9%)

そもそもの値が大きいだけに、変動幅も他ドラマと比べて大きいですね(笑)

何にしても「3話連続の15%超え」というのは、十分過ぎる高視聴率といえるでしょう。

予想

第1話15.5% → 第2話19.1%

大河ドラマ「真田丸」さえも追い抜く視聴率を記録している本ドラマ。第3話では20%の大台に乗るかに注目が集まりそう。

というか、すんなり行っちゃうんじゃないかと。GW中という好条件もありますし。

そこで、自分の予想は20.7%としておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">