お迎えデス3話あらすじ&ネタバレ感想!保(今野浩喜)がやりたい放題!

今回のネタは、5/7放送のドラマ「お迎えデス。」第3話。

第2話では、生意気だけど純粋な14歳の少年を、何とか成仏させることに成功した円と幸。

そして、幸がナベシマに恋していることが判明。ナベシマは死神なんですが・・・

では、幸とナベシマの行方も気になる第3話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

お迎えデス。第3話の展開まとめ

その1:幽霊に一目惚れされた幸

授業中に私語を注意された円は、教授の隣りにいる女性が他の生徒たちには見えていないことに気がつく。この女性が今回のターゲットである元古典教師・美樹だ。

美樹が成仏できない理由は、元教え子の亮二が高校卒業後、大学にも行かずにフラフラと遊び歩くようになってしまった原因を、どうしても突き止めたいというものであった。

そこで、まずは亮二が遊んでいたダーツバーに行き、美樹の希望で円が話を聞きに行く。同年代の同性である円のほうが、話しやすいこともあるかと考えたのだ。

みんなの予想とは裏腹に、なかなかいい調子で亮二に近づきかけていた円。しかし不良に絡まれ喧嘩となり、バーから逃げ出してくる。亮二は「喧嘩したいから喧嘩するだけだ」とすさんだ目をして言った。

ある日、街でナベシマを見かけた幸。ナベシマは今から一人、あの世へ送りに行くところだったが、その幽霊・保は幸を一目見て、その美しさに心奪われてしまう。

そして、幸が「生きてたって、死んでたって恋する気持ちには関係ない。だって、今ここにいて話ができてるんだから」と暗に自分の思いをナベシマに伝えようとするが、それを聞いていた保は、自分の恋心の励みになり、ナベシマのもとから逃げ出してしまう。

そんな折、円のところへ亮二が訪ねてくる。何やら亮二は円のことを気に入った様子で「遊びに行こう」と誘ってきたのだ。

円は、一応幸に連絡を入れるが「一人で大丈夫」だと言い、行ってしまった。頼りにされずちょっぴり不満の幸だが、そんな幸の前に先ほどの幽霊・保が現れる。

「四十九日まで、俺の恋人になってくれ。それで俺を成仏させてくれ」と保は幸に頼むが、幸は「無理です!」と即答。しかし、保は幸の家にまでついてきてしまう。

そこへ助けに入ったのは千里だ。幽霊同士なら触れるため、千里は保を殴って撃退。

ちなみに、幸の家はとてもお金持ちそうだが、家庭環境は複雑だ。父親はほかの女性と恋愛関係となり、幸が小3のときに出て行ったきり。また、母親も仕事仕事で、1週間家を空けることも普通だった。

一方、亮二と街に遊びに来ていた円は、ホストクラブの体験入店に勧誘され、連れて行かれてしまうことに。未成年の亮二に飲ませまいと、代わりに自分が一気飲みした円だが、円はめっぽう弱く、フラフラと倒れそうになってしまう。

すると、横にいた美樹の上に倒れこみ、意図せず美樹は円に憑依してしまった。事態を把握した美樹は、毅然とした態度で亮二を席から連れ出す。そこで教師として亮二に説教をするが、途中で美樹の魂は円の体から抜け出してしまい、円は倒れてしまった。

亮二は円のその態度に、不思議なものを感じていた・・・

ところで、幸は相変わらず保につきまとわれていた。そこへナベシマたちが現れ、事情を話し助けを求める幸だが、ナベシマは「ちょっとくらい付き合ってあげてもいいんじゃない?減るもんじゃないし」とデリカシーの無いセリフ。

その言葉に傷ついた幸は、家に帰って千里にそのことを話す。千里は、円にも同じようなところがあったと昔のことを話し始めた。

千里と円は、二人で出かけるような仲になり、傍から見れば恋人同士そのものだった。しかし、全く恋愛に疎かった円は、デリカシーのない言動で千里を傷つけてしまったのだ。勝手に恋人同士になれたと思い込んでいた千里は、それで傷つき円に対して怒っていた。

その2:明かされた恋心

一方、ホストクラブで引き続き働いていた円と亮二だったが、トップになった亮二を妬んだ同僚から「財布を盗んだ」と因縁をつけられ、二人は店を逃げ出す。

その時「彼はやっていません。僕はずっと一緒にいましたから」と亮二をかばってくれた円の生真面目さに、亮二は「昔好きだった人のことを思い出す」と言う。

亮二が好きだった人とは、他ならぬ美樹のことだった。

高校時代、ちょっと悪ぶっていた亮二は他の教師から誤解されることもあったが、美樹はちゃんと亮二のことを見てくれて、信じてくれたしかばってもくれた。そして、そのうち勉強を教えてくれるようになり、亮二の大学受験を応援してくれたのだ。

しかし、生真面目な美樹には隙がなく、在学中に「好き」だとは言い出せなかった亮二。ただ、高校を卒業すれば生徒と教師ではなくなると待ちわびていた矢先、卒業を目前にして突然美樹は死んでしまったのだ。

それで自暴自棄になってこんな生活をしていた亮二だったが、円と出会ったことで不思議と美樹に会えているような感覚に陥り、もう一度大学に行ってみようと前を向き始める。

これで、なぜ亮二が荒れた生活をしていたかという理由もわかったことだし、亮二は大学に戻ると言っており、状況も好転した。美樹に「安心して成仏できますね」と言う円だが、美樹は少し浮かない表情だ。

するとそのとき、突然円の体が保に乗っ取られた。保は、美樹が円の体に憑依したという話を聞いていて、自分も円の体を乗っ取れば幸にキスができるとチャンスを伺っていたのだ・・・!

部屋にいた幸に、円から仕事のことで呼び出しがかかる。円と二人で会いにいく幸に千里は不安そうな顔をするが、幸は「私は自分の身を挺して私を守ってくれる人がタイプなの。あいつは全然タイプじゃないから心配しないで!」と言い残して出かけて行く。

ところが、幸が到着すると、円は突然幸に迫ろうとする。円の様子がおかしいことから、幸は円の中に誰かの霊が入っていることに気がつく。強い力で幸を押さえつけようとする保の霊だが、円の意識が必死でそれを止める。

二つの魂がぶつかり合い、円の体はあちこちに投げ出されるが、円は自分の身を挺して幸には手を出させまいとする。そして、しまいには階段から転がり落ち・・・

急いで駆け寄る幸だったが、円は意識を失ってしまっていた・・・

お迎えデス。第3話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


【前の仕事が終わった時に「頑張ったね!」と言われた時はちょっとドキッとしたけど、幸のことを好きで告白したわけじゃない。

だから自分には関係のない話なんだけど、幸は一体何を考えているんだろう。幽霊のナベシマのことが好きだなんて】

・・・と、幸の告白を聞いて以来、円は思っている。もちろん幸の前では口に出さないし、誰にもいうつもりもないが。

そんな風にモヤモヤしている円であったが、次の仕事が入ってきた。今度はナベシマではなく、ゆずこが幽霊を連れてくる。その幽霊は女性教師・美樹(演・野波麻帆)

早速美樹に話を聞く円と幸。すると美樹は、成仏できない理由として自分の教え子を挙げた。名前は亮二(演・竜星涼)亮二は現在、円と幸と同じ大学に在学しているという。ただ、彼は大学には来ていなかった。いつも講義を受けずにブラブラしているからだ。

美樹は亮二の高校時代の担任であり、当時から問題の多い生徒であったが、亮二のいい面もよく知っており、彼女にとっては思い入れのある生徒。だからこそ彼の行く末が心配で、このままでは成仏できないという。

円と幸は美樹から亮二がいそうな場所を聞き、早速会いに行くことに。すると亮二は案の定、街で遊んでいた。そこで美樹は円に「なぜ大学に行って勉強しないのか」を聞いて欲しいと頼む。

が、円は非常にやりにくそうだ。彼は亮二のようなタイプとほとんど話したことがない。というか、円は人と話すことがそもそも苦手。

とはいえ、これは仕事である。幸に早く行きなさいと促され、円は渋々亮二に話しかけてみる。しかし亮二に怒鳴られてしまい、どうしようもない。

困ってしまった円と幸。そこで幸はナベシマに助けを求める。ナベシマはちょうど保(演・今野浩喜)という幽霊をあの世へ連れて行く途中だったが、保は幸を見ると眼の色が変わり、ナベシマから逃げて姿をくらましてしまった。

亮二の件は、円が亮二に話を聞くことができない為、なかなか進展しない。その間に別の問題が発生してしまう。例の姿をくらました保のことである。

保がナベシマから逃げてあの世に行くのをやめたのは、幸に惚れてしまったから。そして保は、幸の周りをうろつき始める。幸の部屋にこっそり忍び込んでみたりと、やりたい放題だ。

ただ、保は幽霊なので幸に触れることができない。しかし保は円が憑依能力を持っていることを知り、断りもせず円に憑依。

こうして円の体を手に入れた保は、円のフリをして幸を呼び出し、無理矢理幸に抱きつこうとする。ただ、幸はそんなことを円がするわけがないと気付き、すぐに保が円に憑依していることを見抜いてしまう。

そこで幸の強烈なケリが円のケツに炸裂。いつも以上に力が入っていた為、保は円の体から出た上に気絶。幸は保をナベシマに引き渡し、あの世に連行されていった。

保のことを解決した後、円と幸は再度亮二の件に取り組む。すると、思いがけずに亮二の方から円に話しかけてきた。しかも大学で。

亮二は、この前円から話を聞いた時、美樹の名前が出てきたことを気にしていた。美樹にとって亮二は思い入れのある生徒であったが、亮二にとっても、美樹はこんな自分を見捨てず声をかけ続けてくれた恩師。

そこで円は美樹を自分に憑依させ、美樹と亮二が話をする機会を作る。美樹は亮二から納得する話を聞き、成仏できるのだろうか?

お迎えデス。第3話の感想

まさか亮二の荒れた原因が美樹先生へのラブだったなんて。予想外!保もここにきて幸への恋心が芽生えるし。幸が好きになった相手は死神で触れることもできない。千里の未練も判明。こちらもLOVE。切ないね…(41歳・女@クッキー嫌い)
ナベシマの長身でウサギの着ぐるみ姿ってのがやっぱ良いわ~!幽霊にキスをせがまれた幸に自分への気持ちを知りながらの「減るもんじゃないしいいじゃない」って、笑顔のドSっぷりとのギャップが出るからかな♡(39歳・女@運動は苦手)

お迎えデス。第4話の見所

美樹先生,このまま成仏できそうもない雰囲気!もう少し何かありそう。気になるのは円。まさか,円も幽霊に?そして千里と再会?一課のシノザキの動向も気になる…。そろそろ千里に何か仕掛けてくるのでは?(41歳・女@クッキー嫌い)
高校教師の幽霊は成仏しなかったから一波乱あるだろうけど、まずは円の階段落ちラストからの展開でしょ!幽霊を憑りつかせて幸とキスをし成仏させるのか?希望としてはナベシマに大人対応で解決して欲しいな~。(39歳・女@運動は苦手)

お迎えデス。関連記事

ストーリー

【次話】お迎えデス4話あらすじ&ネタバレ感想!竜星涼&福士のキスの裏に悲話

【前話】お迎えデス2話ネタバレ&あらすじ感想!千里が成仏できない理由は円?

特集

お迎えです(ドラマ)ネタバレ!最終回の結末やキャストを原作と比較

お迎えデス。第3話視聴率

結果

6.9%(▼2.4%)

恥ずかしいぐらいの大ハズし・・・予想の根拠もまた恥ずかしいので、どうしようもないですね。

予想

第1話10.3% → 第2話9.3%

今回は、男性がどれだけ予告を見たかで視聴率が変わってきそうな感じ。その理由は、予告を見ればわかるかと。

その効果もあって、今回は10.5%辺りまで戻すと予想します。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">