火の粉6話ネタバレ&あらすじ感想!琴音が武内に始末された理由は?

今回のネタは、5/7放送のドラマ「火の粉」第6話。

第5話で、勲はとうとう武内が的場家の犯人であることを知ってしまいました。しかも、武内自身の口から。

ただ、そのことを伝えようとした弁護士の関は、勲が会いに行く前に失踪。関の事務所には大量の血痕。これもやはり武内の仕業?

ドラマも折り返し地点を過ぎ、いよいよ終盤戦という感じになってきましたね。

では、勲の武内に対する対応が気になる第6話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

火の粉第6話の展開まとめ

その1:告げられた真実

自分に別れを告げた琴音に、武内は「顔のあざに何か関係があるんですね?」と尋ねる。しかし琴音はそれに答えず、逆に「こんな時計喜ぶ人いるんですか!?」と、武内からプレゼントされた時計を投げつけ壊してしまった。

そんな琴音に対し、武内は冷酷な表情で近づく・・・。

その後、琴音と復縁を望んでいる元夫の稲葉のもとに武内が。琴音と待ち合わせをしていた稲葉は「琴音はどこなんだ!?」と武内に問いただす。

ただ、武内は「琴音さんはもういません。消しました」と返事を返すのだった。

その頃、弁護士の関が行方不明になったというニュースが世間では報じられていた。武内はその件を池本夫婦の仕業ではないかと尋恵に話す。池本夫婦は、武内を弁護した関のことも恨んでいたからだ。

そして、武内はまた3年前のように自分が疑われるのではないか、冤罪で取り調べを受けた記憶が蘇ると恐れる。そんな武内を見て不憫に思った尋恵は「私が助けます」と言って、警察に嘘のアリバイ証言をする。

一方、琴音は武内の家に匿われていた。武内が意味深な発言をしたせいで、稲葉はかなり焦った様子で琴音にメールを入れており、それを琴音は面白がっている。

琴音は、稲葉のことで武内に迷惑をかけたくなかったから、武内とはもう会わないようにしようと思っていた。しかし武内は稲葉と直接会い、自分をサポートしてくれた。

武内が自分のためにここまでしてくれることに対し、琴音は素直に喜んでいた。

ある日、家族でドライブに出かける予定だった梶間家。大きなスーツケーツを用意して、家族で逃げようと勲は考えていたのだ。

しかし、出発を急ごうとする勲の前に武内が現れる。知り合いの葬儀の帰りにお土産を持ってきたというのだが、武内は以前自分を避けて引越しまでした人間が、事故で死んだという話をする。

その「脅し」とも取れる発言に、勲は家族でのドライブの中止を決定。そして勲は、ついに雪見に対し「武内は無実ではなかった」と告白する。また、こうも付け加えた。

「武内は、今まで通り梶間家と仲良く暮らすことを望んでいる。だからそれが叶っている間は、梶間家の家族に危害を加えないはず。その間に、なんとか竹内から逃れる方法を考える」

しかし、真実を知ってしまった雪見はいてもたってもいられず、庭に防犯カメラを取り付けたりと、独自で行動してしまうのだった。

その2:新たな殺人

琴音は稲葉と再び会い、そこでまた手を上げられていた。また、そのことが原因で息子の陸にも当たってしまい、自己嫌悪に陥り武内に相談をしに行く。

そこで「あいつの顔見てると、本当に殺してやりたくなる」と口走った琴音に「やりましょうか?殺しましょう」と武内は返事。二人は稲葉に仕返しする計画を立てる。

ある時、稲葉が歩いていると、武内が現れ水風船で頭を殴る。そして、武内が稲葉を羽交い絞めにすると、今度は琴音が現れさらに水風船を投げつけ罵声を浴びせるが、そこへ警察官が現れて止めに入る。

タイミングよく警察官が現れたことに、武内はまた勲の裏切りかと疑うが、実は通報したのは雪見だった。

そんなある日、武内がいつも母に向けて撮っているビデオレターが「受取拒否」で戻ってきてしまう。ただ、実家の山梨は近いから、直接会って渡したらどうかと琴音に促され、二人は一緒に山梨に行くことに。

しかし、琴音が連れて行かれたのは、お墓だった。武内の母は、武内が8歳のときに亡くなっていた。

ビデオレターは、お墓を管理していた住職に頼んでお墓の中に入れてもらっていたが、その住職が亡くなり、跡継ぎはそのことを規則違反だと言って受け取ってくれなくなったのだ。

そのお墓に対し、武内は「母さん、友人の琴音さんです」と紹介。それを聞いた琴音は「友人なんですね・・・」と、少し寂しい表情。

それからしばらくしたある夜、稲葉が信号待ちをしていると、スピードを出したトラックが近づいてくる。

その時、稲葉の後ろには武内が。そして「アディオス」と稲葉に声をかけ、稲葉の体を車道へと突き飛ばした・・・

稲葉が死んだことで、雪見は我慢できなくなり「警察に言いましょう」と勲に持ちかけるが、勲はそんなことをしたら家族が危険にさらされるだけだと言って制止。

一方、琴音は稲葉が亡くなったことで落ち込んでいた。そして、彼女は武内に「私があいつを殺したいって言ったことは、ふたりだけの秘密ですよ。その秘密を守るために、私と家族になってくれますか?」とプロポーズ。

しかし竹内の答えは「琴音さんとは家族になれません。僕には、梶間家という家族がいますから」であった・・・

火の粉第6話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。ちなみに今回のハズしっぷりは中々でした)


頼みの関さんがいなくなってしまった。しかし、自分は家族を守らなければならない。とはいえ、うかつに行動すれば自分は武内に殺されるだろう。そうなれば、梶間家は的場家と同じ道を辿ることになるに違いない・・・

関が失踪してから、勲はそんな思考が常に頭の中にあり、狂いそうになりながらも何か解決策を見出そうとしていた。

その時、警察が関が失踪した件で梶間家を訪れる。警察は関と武内が失踪前に会っていたことを突き止めており、事件前後の武内の行動について聞き取りに来たのだ。

悩む勲に訪れた千載一遇のチャンス。しかし、下手に伝えればそれが武内の耳に入り、自分は消される。どうする・・・?そう考えていた矢先、妻の尋恵が武内の有利になるようなウソを警察に伝え、警察は武内を容疑者から外してしまった。

妻は完全に武内に掌握されている。勲は妻に頼ることができないことを確信。では誰を頼ればいい?息子の俊郎はどうか?いや、アレも武内にかなり入れ込んでいた・・・息子もダメだ。

そんなことをずっと考えている勲。その様子はいつもに比べて明らかにおかしい。それにまず気付いたのは雪見だった。雪見は、この前勲が武内を見ながら「火の粉がふりかかってきた・・・」とつぶやいていたのを覚えている。

雪見は意を決し、武内のことで何か隠してないかを勲に尋ねると、勲はビクッと体を震わせながら、別に何もないと返事。しかし、雪見にはどうしても勲が何か隠しているようにしか見えない。重ねて尋ねる雪見。

その時勲は、雪見なら頼れるかどうかを考えている。彼女は家族の中で最初に武内の異常さに気付いていた。家族の中で頼れるのは・・・雪見しかいない。

勲はついに、雪見に自分が知っている全てを話す。武内と一緒に食事をとったあの夜、自分は武内自らの口から的場家の犯人が武内であると告げられたこと、そして、自分が武内を無罪にしたのは、彼を死刑にするのが怖かっただけだったことを。

それを聞いた雪見は、なぜ早く言ってくれなかったのかと勲を責める。彼はそれに対して返す言葉もない。しかし勲は雪見に「このことは絶対に、尋恵や俊郎にも言わないでくれ」と頼み込む。その理由を聞かされた雪見は、それに従うしかなかった。

雪見は、勲から聞かされたことが常に頭にある。殺人鬼が隣に住んでいる状態で暮らさないといけないなんて。そう思いながら、琴音の家でパートとして働いている。

その琴音は、武内に対して別れを切り出していた。それは、元夫である稲葉(演:渋江譲二)から無理矢理復縁を迫られていたから。

しかし、そのことに武内が気付く。そして武内は稲葉に会いに行き、琴音への干渉をやめるよう説得。 ただ、稲葉は赤の他人である武内の言葉に耳を傾けるわけもなく一蹴。

武内は、そのことを琴音に話した。琴音はそこまでしてくれている武内に対し、突然別れを切り出したことを謝罪。そして、元夫のことをどうすればいいかを相談する。

すると武内は琴音に対し、一緒に稲葉を殺すことを持ちかけた。その言葉に耳を疑った琴音だったが、武内は本気のようだ。

その時、琴音にこんな考えが思い浮かぶ。武内を利用して稲葉を殺させ、その後自分が武内を警察に差し出せば、自分は手を汚さずに憎き元夫から解放される・・・

琴音は武内の提案に乗った。そして事は琴音が考えていた通り順調に進み、武内は稲葉を消してくれた。後は自分が武内を警察に突き出せば終わり・・・

ただ、武内はそんな琴音の考えを見透かしていた。琴音は、武内の好意を無下にした。武内は琴音を始末することに、もはやためらいはなかった。

その後、琴音が失踪したことを知った雪見。彼女はもう我慢できなくなり、勲に対して警察に連絡するよう迫る。

しかし、勲は怖くて動けない。そんなことをしたら、真っ先に自分が殺されることがわかっていたからだ。しかも、武内の犯行を証明できる証拠もない。

勲と雪見は、迫り来る武内の恐怖に怯えながら、必死に家族を守る方法を模索していた・・・

火の粉第6話の感想

今回もハラハラドキドキの展開だった!武内さん怖すぎる……。だけど一話一殺のサクサク具合は嫌いじゃない。雪見さんはもうちょっと落ち着いて行動してくれ~!武内さんに殺されそうで本当にひやひやするんだ!(30歳・女@火の粉楽しすぎる)
6話では、武内が琴音の元夫をついに殺してしまうシーンを見て、やっと本性がさらに見えてきたと感じた。雪見は武内の本性に気づいていて安心したけど、琴音はまだ気づかず武内に思いを伝えたことは意外だった。(19歳・女@対人恐怖症)

火の粉第7話の見所

とうとう梶間家全員に武内さんの狂気が知れ渡る感じかな?果たして7話も誰かが殺されてしまうのかどうなのか。勲さんもそろそろ男を見せてほしい!琴音さんは武内さんにあっさりフられたけどどうなるんだろう。(30歳・女@火の粉楽しすぎる)
次回7話では、梶間家みんなが武内が殺人犯だと気づくのか、知ってしまったらどうなるかなど武内や梶間家の行動が気になるところ。武内の母親のお墓を梶間家の目の前に移動させた後、どうするのかも注目したい所。(19歳・女@対人恐怖症)

火の粉関連記事

ストーリー

【次話】火の粉7話ネタバレ&あらすじ感想!誰も逆らえない武内の家族教育!

【前話】火の粉5話ネタバレ&あらすじ感想!スーツケースの中身は武内の凶器?

特集

火の粉最終回ネタバレ!結末は原作とドラマで違う?武内の犯罪心理は?

火の粉第6話視聴率

結果

5.3%(△2.0%)

おお?この怖ろしさと面白さがじわじわ広がってきてたりするんでしょうか。

予想

第1話5.8% → 第2話3.6% → 第3話3.8% → 第4話4.2% → 第5話3.3%

熱心にテレビ局が番宣でもしない限り、もう急激に上がることも下がることもないかな?

6話は「3.7%」といったところでしょうか。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">