僕のヤバイ妻4話ネタバレ&あらすじ感想!緒方の命を奪った犯人は誰?

今回のネタは、5/10放送のドラマ「僕のヤバイ妻」第4話。

第3話では、真理亜に怯える幸平が杏南と行動を再開し、その動きを察知した真理亜が緒方を利用してその動きを惑わせるという展開。

そして、最後にはその緒方が転落死。これは自殺なのか、他殺なのか?

ストーリーも中盤を迎え、これまで絡んでなかった人物が動きを見せ始めそうなヤバ妻4話。その展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

僕のヤバイ妻第4話の展開まとめ

その1:殺人の容疑をかけられた幸平

緒方が飛び降り自殺をはかり、その現場に幸平がいたことが、職務質問をしていた警官により捜査一課の相馬に報告される。相馬は、またも幸平に疑いの目を向ける。

そして、怖くなって逃げ出した幸平だが、GPSで幸平の車の場所を見つけた真理亜は警察に幸平の居場所を知らせ、幸平は署に同行を求められる。

ただ、幸平が連れて行かれる際、真理亜は「16時まで黙っていれば、必ず無実が証明される」と囁く。

幸平は、本当は真理亜が邪魔になった共犯の緒方を殺し、その罪を自分に着せようとしているのではないかと疑っていた。しかし警察は、緒方の部屋のあるビルの非常階段から幸平の指紋が出たというところまでつかんでいる・・・

警察の取り調べから逃れるには、真理亜の言う通り黙り続けるしかなかった。

16時が近づいてくると、真理亜は弁護士とともに幸平の釈放を求めて警察に乗り込んできた。しかし、幸平が帰ろうとしたその瞬間、新しい証拠が出てきたとの報告が入る。

緒方の遺体のそばに、緒方の指紋のついたナイフが落ちていたが、飛び降り自殺をするのにナイフを持って飛び降りるというのは考えにくく、誰かと争っている最中に突き落とされたと考えるほうが自然。

そしてそのナイフには、わずかだが幸平の血痕が残されていたというのだ。これは、幸平と緒方が会っていたという決定的な証拠になる。

その事実を突きつけられ、困惑する幸平。しかしその窮地を救ったのは、またも真理亜だった。真理亜は、以下のように作り話をした。

昨晩、緒方は望月家のガレージに忍び込んだ。そして、帰宅した幸平をナイフで襲った。そのときに、幸平の血がついたのだろう。

緒方は、誘拐事件の犯人が自分だということを認め、幸平が通報しようとするが、緒方の自首を待ちたい真理亜は、翌日まで時間をあげることにした。

そして、緒方の居場所を聞いて家に帰したのだが、朝になって心配になった真理亜の代わりに、幸平が様子を見に行ったのだ。

これで、ナイフの血も非常階段の指紋も説明がつく。辻褄は通っているが、相馬は簡単には信用しない。

ただ、そこへダメ押しの一手が投じられた。緒方から警察に手紙が届いたのだ。

それは「誘拐事件は真理亜の夫を犯人に仕立て上げ、真理亜を自分に振り向かせるための犯行だったが、逆に夫婦の絆を強めてしまったことを知り、絶望して自分は死ぬ。そして、身代金も燃えるゴミに出して捨てた」という内容の遺書。

そのことで完全に幸平への疑いは晴れ、マスコミにも大々的に取り上げられることとなる。しかし、まだ相馬と部下は納得していなかった。

その2:忍び寄るもう一人の敵

幸平のカフェで、真理亜はマスコミの取材に応じるが、その最中に杏南が入ってきた。妻と恋人の直接対決にその場は騒然となる。

しかし、杏南は真理亜に頭を下げ「この店でこのまま働かせて欲しい」と頼み、真理亜も優しくそれを受け入れた。ただ、杏南には何か企みがある様子だ。

一方、幸平は今回の件で真理亜に救われて再び改心し、真理亜の好きだった昔の幸平に戻ったかに見えた。しかし、彼はカフェで熟成豆が落ちているのを見つけ、誰かが熟成豆の袋を開けたことに気づき、全てのことに感づいたのだ。

真理亜と緒方が、市場での金の受け渡しのときに、豆と金をすり替えたということに。

そして、早朝から出社した幸平は、熟成豆の中からついに2億円を発見。これを持って、杏南に逃げようと連絡する。

しかし、そこへ真理亜から電話が来て「気をつけて、幸平。私たちの知らない敵がいる」と告げてきた。真理亜のもとに、緒方から新しい携帯の番号を知らせる手紙が届いたのだ。

つまり、緒方は死ぬつもりなんてなかった。やはり誰かに殺されたのだ。

しかし、敵はもうすぐ後ろまで迫っていた。幸平は突然スタンガンが当てられ、意識を失う。
そこに立っていたのは、幸平の相談相手である横路だった・・・・。

僕のヤバイ妻第4話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


緒方が真理亜から2億を預かり、隠し持っていると踏んでいた幸平。しかし、その緒方の潜伏先で見つけたのは大量のコーヒー豆と・・・緒方の死。

幸平はその状況が全く理解できず、とにかく逃げた。このままでは自分が緒方殺しの犯人だと疑われてしまうかもしれない。

そして、逃げながら幸平は考える。こういう状況になるように仕向けたのは、やはり真理亜。そう思った幸平は、自宅ではなく杏南の元に身を寄せる。

しかし、幸平はヘマをやらかしていた。緒方の現場から逃走したところを警察に見られていたのだ。たちまち幸平に忍び寄る警察の包囲網。そして幸平は身柄を拘束され、相馬の事情聴取を受けることに。

警察は現場の状況から、緒方の死は自殺ではなく「他殺」であるという結論に至っていた。また、相馬は緒方が真理亜誘拐事件の犯人だと踏んでいた。また、幸平もその犯人だと未だに信じている。

だからこそ相馬は、幸平が協力者である緒方を殺し、2億を独占しようとしたに違いないと予想。現場となった緒方の潜伏先には、幸平がその場にいたことがわかる証拠がいくつも発見されている。相馬は幸平の逮捕に踏み切ろうとしていた・・・

ただ、そこに妻・真理亜が現れる。そして夫の無罪を頑なに主張。そのおかげで幸平はひとまず逮捕を免れたのだった。

ところで、幸平がそんな状況に陥ってカフェを空けている時、杏南と同様に幸平の味方と思われている横路が現れ、ある伝票を発見していた。

それは、真理亜が幸平にバレないよう、緒方に2億をカフェに送らせた際のモノ。横路はそれと自分の推理を突き合わせて、何かを考えこむ。

また、横路とは別のある男も動きを見せ始めている。真理亜が誘拐された夜、犯人と思われる人物からの手紙を持ってきたり、幸平と真理亜の会話を聞いていたりなど、この騒動で度々登場するお隣さん・鯨井夫婦の旦那・和樹(演:高橋一生)だ。

彼は、なぜか緒方の現場に姿を見せていた。あたかも自分が関わった現場を再び訪れるような感じで、彼は現場を見回していた。

そして彼は、ある人物と連絡を取る。その電話の相手は、木暮である。

一方、真理亜は自分の周りが嗅ぎ回られていることを感じていた。ただ、その相手が横路や鯨井とは気づいていない。

そして彼女も、相談相手である木暮にそのことを相談。

その相談を受けて、木暮は一人笑っていた。真理亜の動きも、真理亜の敵の動きも、自分は手に取るように把握しているのだから・・・

僕のヤバイ妻第4話の感想

今回もまりあの計算にやられたぁ!!だけど、気になったのはあの隣人!まさかの偽装夫婦だったの?!全然分からなかった!横路も協力者だと思いきや、お金を狙っていたとは…妻だけじゃなく全員ヤバイ!(31歳・女@嵐が好き)
望月夫妻と杏奈、横道以外に、まさかの鯨井夫妻も参戦してきたな。ほぼほぼ話を転がすためだけに存在してる、空気みたいな人物達なんかと思ってたが、どうなるやら。しかし、真理亜はマジでヤベーな。(36歳・男@条件出されがち)

僕のヤバイ妻第5話の見所

ついに隣人の正体が明らかになるのか?!なってほしい!横路もお金を奪ったけど目的は何なのか…最終回はまだ先だけど、あの2億円をゲット出来るのは誰なのかってゆう感じになってきた気がする。(31歳・女@嵐が好き)
幸平がお金を発見したところを横道に気絶させられた状態で終わってるので、次回辺りは大きく動きそうな予感。ただ、何だかんだで真理亜が無双して終了しそうな雰囲気はあるんで、その展開に期待したいな!(36歳・男@条件出されがち)

僕のヤバイ妻関連記事

ストーリー

【次話】僕のヤバイ妻5話ネタバレ&あらすじ感想!N31&真理亜の連携プレー炸裂

【前話】僕のヤバイ妻3話ネタバレ&あらすじ感想!木暮と事件の関連が明らかに?

特集

僕のヤバイ妻最終回ネタバレ!結末も「ゴーンガール」と似て衝撃的?

[僕のヤバイ妻]N31の意味は?黒幕や犯人ではなく真理亜の望みを表す?

僕のヤバイ妻第4話視聴率

結果

8.4%(△1.6%)

おお〜、踏ん張りましたね!

予想

第1話8.3% → 第2話7.7% → 第3話6.8%

視聴率は下降の一途。結構ちまたでは盛り上がってる気はするんですけどね。局所的なのか。

ちなみに、このまま5%台なんかに落ちようものなら、フジテレビは大変なことになります。

OURHOUSEが3%台、早子先生が4%台、そしてヤバ妻が5%台。

そうなったら、本当にヤバイと思う。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">