世界一難しい恋5話あらすじ感想&ネタバレ!美咲の返事はYESかNOか?

今回のネタは、5/11放送のドラマ「世界一難しい恋(セカムズ)」第5話。

第4話で、零治は美咲に告白をするチャンスを逃して逃して、逃した末に大泣きして、もうやめたと思っていたら無意識に告白(笑)

さすがの美咲も驚いていましたが、それ以上に驚いてたのが零治自身だったというのが何とも。さすが、いい引っ張り具合でございました。

というわけで、5話では美咲からその答えが聞けることを、零治はもちろん視聴者も期待するわけですが、まだようやく5話という折り返し地点ですので・・・

美咲の答えは零治の告白以上に引っ張られるかもしれない気がする、5話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

世界一難しい恋第5話の展開まとめ

その1:告白の返事はおあずけ

ついに美咲への告白を果たした零治。しかし美咲は「考えさせてください」と言い残し、社長室を後にする。

その後、零治に呼び出され、何事かと会社に駆けつける村沖と石神。零治は「考えさせてください」の言葉の意図を熟考していた。

零治の話から、美咲に「好き」だと伝えられたことを知り、喜ぶ村沖。そして「嫌な相手から告白されたのなら、すぐに否定するはず。かなり希望があるのでは?」と零治をその気にさせる。

その翌日、美咲の様子が気になって仕方のない零治。美咲はいつもと変わらず仕事に集中しているが、零治は「恋愛のことを考えているやつが、あんなに仕事に集中できるか!?」と気に入らない。

それに対し村沖は「女を待てない男は、モテないですよ」と助言するが「いつまで俺を待たせる気だ!」とご立腹の零治。

しかしエレベーターで美咲と二人になり「もう少し、お時間をいただけますでしょうか?」と言われ、美咲には強く出られない。

美咲は、零治の突然の告白に対して自分の中の矛盾に気づき困惑し、同僚のまひろを食事に誘う。まひろは、零治と美咲の関係に気づいていた。

美咲は、以前まひろの友人が社長に見初められたという話を聞いて“気持ち悪い”と発言していたが、いざ自分が社長と恋愛関係になる可能性が出てきたときに、そんなふうには思わなかった。

それをまひろに謝りたいと、今回食事に誘ったのだ。まひろは「それは、美咲さんが立場とか関係なく、相手の気持ちを誠実に受け止めようとしている証拠ですよ」と、美咲の気持ちを応援する。

翌日、零治と美咲は金沢のホテルの改善案について会議でやりあっていた。託児スペースを廃止して、高齢層に目を向けたサービスを充実させると言う零治に、ファミリー層はこれから伸びてくる層なのだから、託児スペースは廃止すべきではないと反対する美咲。

その会議の後、社長室に帰った零治は怒り心頭。

「なんなんだあいつは!返事を待たせておいて、仕事でおれに楯突くとは!そうだ、あいつは小学校のときの学級委員に似ている。俺はノスタルジーを恋愛感情と混同していただけだったんだ」と、零治はまた自分の気持ちを否定し始める。

それに対し「それは、ただ社長がその学級委員の子がタイプだったから、似ている柴山美咲も好きというだけでは?」とまともに話に取り合わない村沖だが「俺が好きだったのは、おとなしい図書委員のほうだ!」と零治は反論。

そして、ノスタルジーの話で零治はなぜか石神と盛り上がり、村沖は呆れるばかり。

いっこうに返事をもらえずヤキモキしている零治。その彼がジムで汗を流していると美咲がやってきて「もう少しお時間をいただけないでしょうか?」と、さらに期間延長を要請してくる。

「こちらのことは気にせず、ゆっくり考えてくれ」と大人の対応をしたものの、美咲のいないところではジタバタしてしまう零治である。

そして「師匠!」と思い立ち、和田のところに助言を求めに行く。そこで和田は「待っている間も、有効に時間を使うべき。株を上げるようなことをすれば、限りなく答えはYESに近づく」と助言。

そこで零治は、結婚の決まった石神のお祝いパーティーを企画し、そこで新婚旅行のための長期休暇をプレゼントするというサプライズを実行する。しかし、学級委員の美咲は具合の悪くなった生徒(まひろ)を保健室に連れて行くように、先に帰ってしまった。

作戦が不発に終わった零治は、もう我慢の限界。村沖に「俺は、優しい嘘のつけない、器の小さい男だ。モテる男にはなれなかった」と弱音を吐くのだった。

その2:待てる男に訪れた結果とは・・・?

しかし、ついに美咲は返事をする決意をしていた。

零治に「今日はジムにいらっしゃいますか?」と美咲が聞き「19時まではいる予定だ」と答える。そこで美咲は固い決意を持った表情で「お待たせしているお返事を」と話す。

そこで零治は、ジムで美咲を待っていたが、実はその頃美咲には急な仕事が入っていた。18時までには戻る予定だったのだが、打ち合わせが延びて、19時までにも間に合わなかった。

そんな美咲に零治は「待ち合わせに来やしない!」と怒り帰ろうとするが、村沖と石神は懸命に零治を止める。

しかし零治が帰ると言い張るので、仕方なく石神がエンジンをかけたところ、やはり零治は思い直し、突然車のドアを開けてジムへと戻る。そしてランニングマシーンで走りながら、美咲を待つのだった。

美咲は、会社へと一生懸命街を走っていた。

やっと会社に到着し、息を切らしながら美咲がジムに入ってくる。そして「お待たせして申し訳ありませんでした。もういらっしゃらないかと思いました」と美咲が言うと、零治は「俺もたまたま、さっき来たところだ」と優しい嘘をついた。

しかし、零治のYシャツは汗でびしょびしょで、ランニングマシーンの表示からも、ずっと長い時間零治が美咲を待っていたということは明らか。

そして、美咲は「ここへ来る途中、どうしてこんなに走っているのかようやくわかりました。私も、社長と同じ気持ちです」と零治に告げたのだ。

隠れてそれを聞いていた村沖と石神も、喜びを噛み締める。

驚いて状況が飲み込めない零治は「交際して・・・いただける、ということか?」とたどたどしく尋ねる。

それに対し、美咲は「はい、よろしくお願いします」と微笑むのだった。

その帰り、車で零治は「お前たちに隠していたことがある。俺が小学校のときに好きだったのは、図書委員のほうではなく学級委員のほうだったんだ」と語る。

「そうだと思いました」

そう答えながら、村沖は笑みを浮かべていた。

世界一難しい恋第5話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


社長とめだかの孵化を見ていたら、その社長からまさかの告白。二人での出張以来、避けられていたと思っていたこともあり、美咲が受けた衝撃は大きかった。当然即答はできず、美咲は「少し考えさせてください」と答えて帰っていく。

そして、それを呆然としながら見送る零治。自分が告白したことに対するショックも残っており、何も声をかけられなかった。

翌日、その話を零治から聞いた舞子と石神。二人は「とうとうやりましたね、社長!」と声をかけるが、零治の表情は冴えない。美咲からすぐに答えをもらえなかったことが気になって仕方がないのだ。

そんな零治の苛立ちを察知した舞子は、もし自分が美咲と同じ状況になったとしてもそう答えてしまうだろうといい、零治に美咲からの返事を待つようにアドバイスするのだった。

それからというもの、零治と美咲の関係はさらにギクシャクに。貸切状態の会社のジムで顔を合わせても、お互い以前のように振る舞うことができない。

一刻も早く返事を聞きたいが、それを口に出すわけにはいかない零治。そして、早く答えを出さないといけないと思っているが、なかなか結論が出せない美咲。

そして数日後、二人はエレベーターで二人きりに。零治はここでも待った。そして美咲が何かを自分に言おうとしている。緊張する零治。しかし美咲が言ったのは「もう少し時間をください」

零治は無言でエレベーターを下り、社長室へ入ってから、待たされるているイライラを吐き出す。零治の我慢は少しずつ限界に近づきつつある。

そんな状況下で、零治は美咲の心がもっと信じられなくなる事態が発生。あるホテルの改善案として「利用頻度の低い託児所をなくして高齢者向けのサービスを展開する」という内容を出したのだが、美咲だけが反対。

自分の告白を断り、この会社からいなくなってもいいと考えているから、美咲はそんな反対の意思を出してきたのだ。零治はそう感じ、彼の我慢は本当に限界に近づきつつある。

舞子は、そろそろ何とかしないと零治が自分から美咲に断りを入れるのではないかと気が気でなかった。そこで舞子は、零治に師匠である和田に相談することを提案。

相談を受けた和田は、零治に次のようなアドバイスを送った。

「待っている間に何をするかが重要だ。それによって、成功か失敗かが決まる」

その言葉を受け、零治はできるだけ社員にとっていい社長であろうとした。簡単に社員をクビにしない、社員に対して暖かく接するなど、美咲と出会ってからやってきたことと同じことを行った。

また、最近結婚が決まった専属ドライバー・石神の為の「結婚パーティー」を自ら開き、そこでたっぷりの祝儀を気前よくポンと渡すなど、さらなるイメージアップに務める。

零治はそんな行いを続けながら、美咲の返事を待った。

そんなある日、二人しかいない貸切状態のジムで、美咲は零治に声をかけてくる。その雰囲気にただならぬものを感じた零治。ついに来たかと緊張が走る。

そして美咲はこう切り出した。「お待たせしている、例のお返事を・・・」

告白してから1ヶ月弱。零治は運命の時を迎えようとしていた。

世界一難しい恋第5話の感想

告白の返事待ちをしている間、美咲の好きな緑色のネクタイを毎日締めて、悶々としてる社長がかわいかった(笑)ジムで74分も走ってたくせに、来たばっかりだって言う社長にキュンとしちゃった!(39歳・女@スイーツ食べ過ぎ)
美咲さんからの返事を待っている間の社長を見てて、こちらまで一緒にヤキモキしちゃった。ジムでずっと走って待っている社長の姿、キュンとした!社長の思いが届いた時は、泣きそうになったよ。(38歳・女@嵐大好き)

世界一難しい恋第6話の見所

やっと両想いになったのに、パーティーの為に自分と付き合ったと美咲が誤解してしまうようだけど、社長は本気で美咲のことが好きなので、ドタバタしながらも2人のラブラブなところがたくさん見たい!(39歳・女@スイーツ食べ過ぎ)
交際していただけることになって、どんなやり取りが始まるのか、本当に楽しみ!まだまだ社長の空回りがたくさん見れるといいなぁ。コメディだけど、二人の淡いラブシーンにもっともっと期待したい!(38歳・女@嵐大好き)

世界一難しい恋関連記事

ストーリー

【次話】世界一難しい恋6話あらすじ感想&ネタバレ!和田が零治を奈落の底へ?

【前話】世界一難しい恋4話あらすじ感想&ネタバレ!舞子が和田の手に落ちる?

特集

世界一難しい恋(せかむず)ネタバレ&キャスト!ロケ地や原作情報も

世界一難しい恋最終回ネタバレ!結末は大野(鮫島)と波留(美咲)が結婚?

世界一難しい恋第5話視聴率

結果

11.5%(▼0.7%)

アレ〜、盛り上がる回なのに。ちょっと嫌な感じ。

予想

第1話12.8% → 第2話12.9% → 第3話13.1% → 第4話12.2%

前回は5/4というGW後半真っ最中でしたので、下がったのは仕方ないでしょう。

ただ、今回は上げてくると思いますよ。零治が告白したということで、それに対する美咲の返事が注目される回ですし。

というわけで、予想は第3話と同じく「13.1%」とします。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">