ラヴソング6話あらすじ&ネタバレ感想!夏希と弦巻(ポチャ巻)の関係は?

今回のネタは、5/16放送のドラマ「ラヴソング」第6話。

第5話では、神代先生がついに本気モード。ただ、それはさくらへの恋心というよりは、昔の彼女・春乃への感情が影響大な様子。

しかし、さくらは神代への気持ちが大きい。そして、そのさくらを想う空一も神代とさくらのデビューに向けた活動に協力。

そんな微妙な三角関係を内部に抱える3人の音楽活動。また、そこにあの人まで参加してきそうな予感。

さくらの新曲も気になりますが、その行方も気になる第6話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

ラヴソング第6話の展開まとめ

その1:仲直りパーティ

旧友で大手レコード会社の弦巻竜介(演:大谷亮平)からラブソングを作るように言われた神代広平(演:福山雅治)は、宍戸夏希(演:水野美紀)からキーボードを借りて準備を始める。夏希はつい張り切って突っ走ってしまう神代のことが気がかり。

一方、中村真美(演:夏帆)は、佐野さくら(演:藤原さくら)と天野空一(演:菅田将暉)を仲直りさせようと、真美の婚約者でさくらの会社の上司である野村健太(演:駿河太郎)も呼び、アパートでパーティをすることに。

しかし、もう既に2人の関係は修復済。そして、さくらに別の大手レコード会社からオファーが来ていることを、真美は空一に知らされた。

その帰り道、真美と野村は空一とさくらの関係のことを話し合っていた。真美は空一がさくらのことを想っていることを知っており、さくらは空一ではなく神代を想っていることも知っていたので、複雑な心境。

「神代先生は誰のことがすきなんだろう」真美はつぶやいた。

その2:はじめての作曲と、神代の女性関係

神代は、曲の打ち合わせをしようとおしゃれなカフェにさくらを呼び出す。

ただ、さくらが店に入ってきたちょうどその時、神代が偶然店にいた女性と親密そうに話しているのを見て、さくらは神代の女性関係に興味津々になる。

そして「いままでマジ惚れした人います?」とのさくらの問いに、神代は過去に1人だけ真面目に惚れた女性がいるとサラリと回答。

その答えにドキッとするさくら。その直後「佐野さんはどんなのがいい?」と神代から聞かれて「ダメ男」と返し、神代から「曲のことなんだけど」と言われてしまうのだった。

その後、神代は自分のマンションにさくらを連れて行く。この日は作曲用の機材を事前に増村泰造(田中哲司)から借りており、その増村がセッティングの手伝いに来ていた。

増村がさくらを助手にセッティングを始めると、神代はキーボードを鳴らし始め、2人の存在も忘れた様子で作曲に没頭。

それからしばらく経ち、マスク姿のさくらだけがちょこんと座っているのに気が付いた神代。増村が帰ったことにも気づかなかったようだ。

一段落した神代は「じゃ佐野さんに一つ宿題をだそうかな、歌詞書いてみてよ。ラブソングの」と初めは冗談で、最後は本気でさくらに宿題を出して、自宅に帰す。

とはいえ、神代の作曲もなかなか進まない様子で、キャビネットから昔のCDを見て何かを考えているよう。

そんな様子だからなのか、夏希や旧友のドラマー・星田和也(演:渋川清彦)から、今の神代は音楽に真剣に向き合っていないと忠告されてしまう。

神代は、やはり「春乃がいないと曲ができない」のだと。

その3:言葉の大切さ

さくらは、会社の昼休みにちょこちょこ歌詞をメール。すると神代から「まとめて送るように」と言われてしまう。それからさくらは、夜中に布団の中や職場でもメモしながら、少しずつ歌詞を完成させていく。

その後、夏希の病院に診察に来たさくら。歌詞を作ったが神代にまだ見せていないと夏希に相談すると、夏希は自信を持ってとアドバイス。

そしてその夜、さくらは神代に歌詞を送信。それにインスパイアされた様子の神代は作曲が進み、次第に出来始めたようだった。

翌日、神代はさくらに完成した曲を聞かせ、歌詞を曲に合わせて調整するよう依頼。何度も「響きが違う」など歌詞を変えるのを難しがっているさくらに、神代は明日の締切が大事だと説く。

しかしさくらは「自分にとって言葉は、普通の人よりも大切なものだから」と最後まで粘りたいと返し、気分転換に散歩に出ることを神代に頼む。

その4:それぞれのブルームーン

作詞に息詰まって散歩に出たさくらと神代は、ダンスの野外撮影を見物しながら雑談していた。

そして、さくらの言葉に対する並々ならぬ思いを聞いた神代は「さっきはごめん」と謝り、明日の締切のことは考えず、納得のいくものを作ろうと提案。その言葉で元気が出たさくらは、明日までに仕上げようと張り切る。

その時、さくらがふと空を見上げると、そこには美しい月が輝いていた。この日は三年に一度と言われるブルームーンの日。この月を見た者には幸運が訪れるという。

そこでさくらは、夏目漱石が「I LOVE YOU」を「月が美しい」を訳したことを引用して、二回も「月が美しい」と神代に伝えるが・・・

さくらの「好き」だという真意は伝わらなかったようだ。

そんな時、撮影用のバズーカ音が鳴り響き、驚いた神代はさくらを守るように、さくらは神代の胸にしがみつく。

そして神代から、先ほどの夏目漱石が訳した件を「佐野さんならどう訳すの?」と聞かれ、さくらは「好きなもんは好き」と返事。その瞬間さくらの中に閃きが走り、歌詞の調整がどんどん進むようになった。

一方、夏希は「S」にて弦巻と久しぶりに飲んでいた。実は昔、二人は恋人関係だったのだ。そして弦巻は夏希にまだ好意があることを伝え「まだ広平さん(神代)のことが好きなの?」と聞くと、夏希は笑って誤魔化す。

そして朝まで飲んだ弦巻と夏希はキス。ソファに押し倒された夏希は、すんでのところで冷静さを取り戻し、話題を変えた。

その頃、空一はさくらにメールをしても既読が付くのみで返事が返って来ず、心配になりさくらのアパートに行く。

しかし、さくらがまだ神代と一緒にいることを真美から聞き、苛立った様子で渡辺京子(演:山口紗弥加)に連絡してしまう。そして二人は・・・

ベッドの中で空一を優しく撫でながら「さくらちゃんのこと好きなんでしょ?」と尋ねる渡辺の質問には答えず「こども」と渡辺の家庭のことを心配する空一。

それに対して渡辺は「別れた旦那に連れてかれちゃった」とポツリ。空一は驚いて渡辺の方を振り向いた。

その5:初めてのレコーディング

仕上がった歌詞と曲で、一発取りのレコーディング。遂に二人の曲が完成。

それからしばらくして、神代の家のインターフォンが鳴る。神代が目を覚ますとベッドの横にはさくらがすやすやと寝ている。

神代が慌てて来客を出迎えると、現れたのは差し入れを持ってきた夏希だった。夏希はさくらが神代のベッドで寝ているのを見て、背を向けた神代にも動揺が伝わるほど、泣きそうになっていた。

そのあとすぐに、弦巻がデモを取りにやってくる。神代は自信ありげにデモを渡すと、夏希は逃げるように弦巻の車で送ってもらうことに。そして車中、弦巻とそのデモを聞いた夏希は何かを思い出し、突然一人車から降りた。

夏希は慌てて自宅に戻ると、一枚のCDをかけ始める。それは、1995年に春乃のために神代が作曲したもの。

春乃の妹の夏希には、この曲とさっき車中で聞いた曲が同じメロディだとすぐにわかった。やはり神代はまだ姉のことを・・・

夏希はその事実に呆れ悲しみ、テーブルの上の思い出の品を放り投げてしまう。

一方、そんなことなど知らないさくらは帰り道、二人で作った楽曲が完成した喜びから、バイクに乗りながら笑顔で「月がきれいですね」と叫ぶのだった・・・

ラヴソング第6話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


空一は、この前「S」で神代から言われた言葉が気になっていた。

「佐野さんを任せてくれないか」

そう言った神代を見れば、それは恋愛感情ではないことはわかる。ただ、さくらは神代が好きなのは間違いない。そして自分は、さくらのことが好き。

その、何とも言えない気持ちを、空一はどうすることもできないでいる。

空一にさくらを任せてくれとお願いした神代は、早速新曲の作成に取り掛かる。この前ライブCDを渡した弦巻(=ポチャ巻)から、ラブソングを作ってさくらに歌わせたいと連絡があったからだ。

その為、神代は夏希にキーボードを借りに行く。その時、神代は弦巻から独身であることを夏希に伝えといてくれと言われたことを思い出した。

ただ、そのことを神代から伝えられた夏希は、微妙な表情を浮かべていた。自分が本当に好きな人は、目の前にいるのに・・・

作曲の準備が整ってきた神代は、さくらを呼び出して曲の打ち合わせ。今、自分の部屋に作曲用の機材をセッティングしていることを伝える。

ところで、今度作る曲は「ラブソング」それもあり、さくらは神代にそれとなく過去の女性で「マジ惚れ」した人がいるか尋ねてみることに。

すると、神代は「本気で好きになった人が1人だけいる」と静かに呟いた。それを聞いて衝撃を受けるさくら。

さくらは、その詳細を知るのが怖かったが、聞きたい欲求が勝り、その話についてもっと教えてほしいと言おうとした。が、神代はすぐに話題を新曲に変えてしまう。

その頃、夏希は街で弦巻から声をかけられていた。二人は久しぶりの再会。

ところでこの二人、実は付き合っていたことがある仲。ただ、夏希が実は神代のことを好きであることを弦巻が知り、それが原因で破局した経緯がある。

しかし、弦巻は夏希とヨリを戻したいと思っている。だからこそ、神代に「自分がまだ独身」であることを伝えてもらい、神代から夏希が独身であることを聞き出したのだ。

一方の夏希も、神代が自分の方を全く向いてくれないことに寂しさを感じていた。神代は今、姉・春乃の面影があるさくらに目が向いている・・・

それもあり、夏希は自分の家に弦巻を引き入れるが、逆に自分が神代のことが好きだということを余計に気付かされてしまうことに。

そして、弦巻もそれを感じ取り、夏希の家を後にする。その後、夏希は苛立ちを抑えることができず、その矛先を家具にぶつけるしかなかった。

一方の神代。機材のセッティングを手伝ってもらう為に音楽仲間の増村を呼び、それを手伝わせる為にさくらも呼ぶ。

増村とさくらは、セッティングを始めた。そして神代はというと、夏希から借りたキーボードで一心不乱に作曲活動に取り組んでいる。

その集中ぶりは、二人が声をかけても気づかないほど。増村もその神代の姿を見て、久しぶりに神代の本気を見たといった表情。

その後、セッティングを終えた増村は帰っていった。残されたさくらは、作曲活動をしている神代を見つめている。

しばらくして、神代はようやく一息入れた。そこで初めて増村がいないことに気付き、それをさくらに尋ねると、少し前に帰ったとのこと。

それを聞いた神代は苦笑い。そして、さくらに新曲の作詞をしてみるように依頼。

こうして「作詞:佐野さくら/作曲:神代広平」という、二人のラブソングがついに作られ始めるのだった。

ラヴソング第6話の感想

それぞれの気持ちが動き出して複雑に絡まっていて、皆素直に自分の気持ちが言えないでいるのが観ていてもどかしい。公平とさくらの2人で徹夜して曲を作り出来あがって2人で寝ている姿がかわいかった。(44歳・女@猫が好き)
予想通りの展開になった感じ。さくらと神代の距離が近づく事により、空一と夏希が嫉妬するっていう、定番ながら、安定した内容。でも、もう少し、予想外の展開も欲しいところかなー。少し中だるみ。(38歳・女@腹黒い)

ラヴソング関連記事

ストーリー

【前話】ラヴソング5話あらすじ&ネタバレ感想!神代が音楽活動を本気で再開!

特集

倉光泰子の経歴は?ラヴソング以外の脚本も!結婚や旦那・子供情報は?

ラヴソング(ドラマ)キャスト&ネタバレあらすじ!ロケ地や原作は?

ラヴソング(ドラマ)最終回ネタバレ感想!福山(神代)の恋の行方は?

藤原さくらが月9ドラマ「ラヴソング」ヒロイン!福山雅治とは共通点も

ラヴソング第6話視聴率

結果

6.8%(▼1.6%)

いや〜、下げは予想してましたが、ここまでとはね・・・

予想

第1話10.6% → 第2話9.1% → 第3話9.4% → 第4話8.5% → 第5話8.4%

何となくですが、これまでの推移を見ていると、7%台まで落ちてしまう気がします。7.9%ぐらい。

というわけで、今回の予想は当たらない方がいいですね(じゃあ書くなよって感じですが)

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">