アワーハウス(OUR HOUSE)6話視聴率&ネタバレ感想!須磨省吾の謎に迫る

今回のネタは、5/22放送のドラマ「OUR HOUSE(アワーハウス)」第6話。

第5話では、伴家の末っ子・桃子の問題がクローズアップ。それをアリスが積極的に関わり解決し、桜子もアリスを認めざるを得なくなっている状態。

そして第6話では、とうとうベールを脱いだ引きこもりクラスメイト・須磨省吾(演:濱田龍臣)くんがメインのお話。あと、おじいちゃん(=奏一郎)もですね。

ただ、それよりも何よりも、個人的には琴音が気になってます。このアットホームなドラマの中で、謀略をもってわざと夫と別れようとしている悪女(笑)

同じフジテレビのドラマ「火の粉」でも、同じ名前の琴音が昨日ヤバイことをしでかしましたし・・・琴音には困ったもんです(琴音という名前の方、申し訳ありません)

では、省吾くん&奏一郎メインの第6話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

OUR HOUSE第6話の展開まとめ

その1:桜子と須磨省吾が急接近!

ある日、食卓を囲んだ伴家では、奏一郎の新たな恋の話が話題になる。相手は桃子の幼稚園の園長先生だ。

それに対し琴音は「父親が母親以外の女性に思いを寄せるなんて絶対無理!」と毛嫌いするが、今まで潔癖の主張を通してきた桜子は、意外にも“恋”に対して寛容になっていた。

なぜなら、桜子もまた遅い初恋を迎えていたからなのだ。

不登校をやめて学校に出てきた須磨省吾。その美少年ぶりに、桜子は一瞬で心を奪われる。そしてそれは桜子に限ったものではなく、クラスの女子たちは省吾を取り囲んでチヤホヤ。

クラスの女子たちから逃げ出した省吾は、屋上で持参したお弁当を取り出し「二人で一緒に食べよう」と桜子を誘う。

その日の放課後、学校から一緒に帰る桜子と省吾。省吾は「人馴れしてないから、大家族に会ってみたい」と桜子の家に寄っていくことに。

しかし奏太は、桜子が初めてボーイフレンド(しかもイケメン)を家に連れてきたため、ふくれっ面だ。そしていきなり省吾をいびり始め、怒りの矛先は桜子にも。

「だらしないって言ってんの!」

と奏太が言うと、桜子は「自分こそ!」と食ってかかり、奏太をかばおうとするアリスも参戦して大喧嘩。その賑やかな大家族の風景に、省吾は逆に新鮮さを感じ楽しがる。

奏太は、子供たちに恋人ができても余裕で対応する父親風情の自分を想像していたのだが、いざそうなってみるとこんなにもイライラするものかと、キャラまで変わってきてしまっている。

そして奏太は、不登校だった省吾の家庭に何か問題があるのではないかと疑い、アリスに省吾の親を偵察してきてほしいと依頼する始末。

ところで、昔から蓉子は桜子に好きな人ができたかどうかをよく気にしていた。「もしできたら、真っ先に知りたいし、会いたい。それまでは、病気になんて負けない」

そう話す母親に、桜子は「じゃあ、ずっと好きな人なんて作らない!」と宣言していた。しかし、省吾の存在がそんな頑なな桜子の心を急激に溶かしていたのだった。

休日、桜子は省吾とスケートデートに行く。二人は手をつなぎ一緒に滑り、いい雰囲気。

そして省吾は、桜子に自分の家庭のことを話す。省吾の父親は家を出て、今は両親は別居していた。ただ、世間体のために、省吾が成人するまでは離婚しないと決めている両親。

でも、省吾は両親がお互いのために「早く離婚してあげればいいのに」と感じていた。

今まで2年も部屋に閉じこもっていた省吾。一人のほうが安心だと感じていたが、今は桜子がそばにいる。

「これからも、ずっと一緒にいてくれる?」と省吾は桜子に尋ねると、桜子も嬉しそうに微笑みうなずいた。

省吾の家まで帰ってきた二人は、アリスたちが省吾の家から出てくるところに鉢合わせ。奏太に頼まれて偵察に行ったアリスは省吾の母親に見つかってしまい、家に上げてもらって話を聞いていたのだ。

家に帰った桜子は「奏太の仕業か?」と責め立てるが、逆に家族のみんなから「初恋だ」とからかわれムキになる。

そこへ拓真が急に訪ねてくる。琴音がナースの南を利用して自分を罠にはめようとしていた計画を知ったからだ。彼は家には上がらず、琴音に封筒を託して帰っていく。

そこには拓真のサイン入りの離婚届が入っていた。

その2:初恋の結末

翌日桜子が学校に行くと、省吾が席を代わってもらったと桜子の隣りの席に。学校が終わると、その日もまた省吾は桜子の家を寄っていく。

そして省吾は突然、蓉子が亡くなって半年で新しい女性を連れてきたことについて、奏太を責め始める。

「自分が亡くなった後は、少しでも早く新しいママを」そんな蓉子の言葉は本心ではないと省吾。そして蓉子はきっと「永遠に誰にも心を奪われず、自分だけを愛して欲しいと願っていたはずだ」と奏太に物申す。

そして夕食の時間、省吾はさらに桜子以外の家族全員を冷静に責め立てる。それは桜子の為、桜子の気持ちを代弁したつもりだったのだろうが、家族を悪く言われたことで桜子は怒り出してしまう。

ただ、省吾はそんなことお構いなしに「家族なんて無意味さ。僕とずっと一緒にいるって言ったじゃないか」と桜子に詰め寄り始める。

その時、光太郎が桜子の前に立ちはだかり「妹に触るな!」と一喝。また、桜子も「この家から出てって!」ときっぱりと言い放つ。

桜子に拒絶された省吾は、黙って家を出て行く。その目は涙で溢れていた・・・。

家に帰った省吾を、ごちそうを作って待っていた母親・百合子。省吾は夕食は済ませてきたこと、この前も桜子の家で夕食を済ましてきたのに、それを言えずに無理して百合子の料理を食べて、夜中に吐いてしまったことを告白。

省吾は、今まで百合子を傷つけることを恐れて、面と向かって話をすることができなかったが、桜子の家での一件で何か心境の変化があったようだ。

一方、夕飯の後片付けをしていた桜子は、いつも省吾に自分の家族のことを愚痴みたいに話していたことをアリスに謝る。そして、アリスも桜子の居場所を奪っていたことを謝罪。

アリスは桜子の気持ちを汲み取って、今から省吾に謝りに行こうと促す。省吾は桜子のためを思ってあんなことをしたのだと、桜子もアリスもわかっていたのだ。

その頃、桜子の家族に言いたいことを言って勇気が持てた省吾は、初めて百合子に言いたいことを伝えていた。

「母さん、父さんはもう戻ってこない。他に好きな人ができたんだよ。母さんは何も悪くないけど、もっと言いたいことを言い合えば良かったんだ。あまのじゃくじゃ伝わらない。思ってること言い合えばいいんだよ」

それは、省吾が桜子の家族と触れ合ったことで学んだことだった。そして、息子の言葉に対し泣き崩れる百合子に「僕がずっといるから。大丈夫だよ」と優しい言葉をかける省吾。

百合子は、すがるように省吾を抱きしめた。

一方、アリスと一緒に省吾の家を訪れた桜子だが、チャイムを押しても出てこない。「明日学校で謝る」と諦めて帰っていった桜子だったが、翌日学校に行ってみると・・・

省吾は昨日限りで転校するということで、学校には来ていなかった。慌てて学校を飛び出し省吾の家に駆けつけてみると、すでに引越し業者が荷物を運び出した後。そこにアリスも駆けつける。

「きっと彼、ママ選んだ」アリスは呟く。そして、すすり泣く桜子を抱きしめた。

その晩、桜子は夕食も食べずに、部屋で一人大声で泣き続けている。

桜子にとって、これは紛れもなく初恋だったのだ。

OUR HOUSE第6話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


おじいちゃん(=奏一郎)が恋をしている。その噂は瞬く間に伴家に広まった。相手は桃子の幼稚園の園長である和美(演:岡田奈々)

それに対して、娘である琴音は奏一郎に食ってかかる。自分の親がこの歳でそんなことをするとは思ってもいなかったので、なおさらである。

ただ、琴音以外は奏一郎の恋を支持。息子の奏太は人のことが言える立場ではない。また、反対すると思われた桜子も「別にいいんじゃないの?」という感じ。

そこで家族は、桜子の異変に気付く。

桃子という、唯一の忠実な部下と思っていた妹までアリスに付いてしまったせいなのか、どうも最近様子がおかしい。ボーッとしている。

しかし、アリスに食ってかかるわけでもない。どうやら桃子は関係ないらしい。伴家のみんなは、そんな桜子を不思議そうに見ている。とりわけ桜子の攻撃の矢面に立っていたアリスはなおさらだ。

実は、桜子は初めての恋をしていた。相手は自分のクラスメイトであり、引きこもりでもある須磨省吾。

その彼が2年ぶりに学校に通い出し、初めて桜子の前に姿を見せたのだが、これが想像していたのとは全く違うイケメン&高身長。

省吾がまだ引きこもっていた時に交わした良い印象の会話のこともあり、桜子は省吾に一目惚れしてしまったのだ。

とはいえ、それは桜子以外のクラスメイトも同じ。突然現れたイケメンに女子生徒はすぐ反応。

桜子は、そんなおじゃま虫たちを省吾の為と追い払ったり、久しぶりに学校に出てきた省吾の為にいろいろ面倒を見たり。

ただ、省吾もそんな桜子に対して好感を持っているらしく、桜子の家に行ってみたいと言い出し始めた。

この申し出に、桜子は動揺。あの、モノも人もゴチャゴチャしている家に連れて行くのはちょっと・・・ただ、省吾にはこれまで家族のことをいろいろ話しているし、まぁいいかと。

それに、ここで断ったら省吾に嫌われてしまうかもしれない。そんな思いで桜子はOKを出し、省吾を家に連れて行き、家族みんなに省吾を紹介。

大部分の家族は、桜子が男を連れてきたとあって興味津々。アリスや光太郎、奏一郎などは「ボーッとしてたのは、そういうことだったのか」と納得していた。

しかしそんな中、不機嫌そうに黙っている男が一人。桜子の親である奏太である。奏太は省吾が帰った後に桜子を呼びつけると、

「ガキのくせに、何だお前は!明日からお前は転校させる!!」

とまくし立てた。いきなり父親からそんなことを言われてビックリした桜子だが、すぐに奏太に対して腹が立ってきて、

「パパがそんなこと言えるの!?アリスと交際0日で結婚したパパの方がよっぽどおかしい!」

と罵倒。そのケンカを見ていたアリスたち家族は、二人のあまりの勢いに圧倒され、黙って見ているしかなかった。

が、やはりアリスがまず動き出す。ここで桜子に恩を売ることができれば、自分と奏太の結婚に反対する者はいなくなる。

アリスは、まず奏太の怒りを和らげようと試みた。しかし奏太は頑なに桜子と省吾の関係を認めようとしない。

そこでアリスは、省吾について詳しく知り、それを奏太に伝えることで納得させようと考えた。彼女は新太郎や桃子を連れながら、省吾の家の周りに張り込み、省吾の身辺調査を開始。

そして、省吾の美人な母親(演:矢田亜希子)に狙いを定め、謎の多い省吾について調べを進めていく。

一方、桜子は省吾とスケートに行ったり、初恋を楽しんでいた。それを知ったアリスは、桜子の省吾への想いを再認識。

アリスは桜子の初恋を成就させ、伴家を完全に手中に収めることができるのか?

OUR HOUSE第6話の感想

桜子の初恋がかわいかった。今まで、桜子の頑張りが空回りに終わることばっかりだったから、スケート場でデートするシーンや桜子の家に連れて行くシーンは見ててキュンとした。桜子のかわいさに癒された。(27歳・女@文房具が大好き)
桜子の初恋が青春って感じでかわいかった。転校してしまったけどもっと省吾君と桜子の恋愛が見たい。拓真さんが離婚届を送ってきてびっくり。でも琴音が悪い。あそこまでしたら誰だっておこると思う。(25歳・女@人見知り)

OUR HOUSE第7話の見所

桜子とアリスが長時間二人っきりになるみたいだから、もっともっと仲良くなってほしい。アリスの過去は少しは気になるけど、これ以上桜子がかわいそうな感じになる展開は見ていられないからやめてほしいな。(27歳・女@文房具が大好き)
琴音と拓真は本当に離婚するのか?あれだけ琴音を大事にしてるっていってたのにそこで終わらせなかった琴音が悪いけど、拓真が許してくれるのか楽しみ。そしてアリスがなぜ日本に来たがってたのか早く知りたい。(25歳・女@人見知り)

OUR HOUSE関連記事

ストーリー

【次話】アワーハウス(OUR HOUSE)7話視聴率&ネタバレ感想!謎の女性の正体は?

【前話】アワーハウス(OURHOUSE)5話視聴率&あらすじ感想!桃子もアリス側へ?

特集

OURHOUSEネタバレ!最終回結末はアリスが桜子に勝利?原作情報も

OUR HOUSE第6話視聴率

結果

6.1%(△0.7%)

何この勢い!?次回も上げてくるんでしょうか?

それにしても良かったですね、徐々に上がってきて。上がってこなかったら大変なことになってた気がします。

予想

第1話4.8% → 第2話5.0% → 第3話4.0% → 第4話3.8% → 第5話5.4%

前回、ドラマ内最高視聴率を記録した本ドラマ。同じフジテレビのドラマ「早子先生」と並びました。

果たしてこの勢いを持続できるのか・・・今回は注目されそう。予想としては、5.2%ぐらいかな。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">