99.9第6話ネタバレ&あらすじ感想!深山が佐田や大友の悪事を暴くか?

今回のネタは、5/22放送のドラマ「99.9ー刑事専門弁護士ー」第6話。

第5話では、深山が調べていた事件と佐田が過去に担当していた事件が、18年の時を経てひとつにつながってしまいました。

しかも調べている感じでは、佐田が問題となりそうな何かを隠している匂いプンプン。

これがキッカケとなり、ほんの少しずつ築いてきた深山と佐田の関係はどうなってしまうのか。

その点が非常に気になる第6話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

99.9第6話の展開まとめ

その1:検察の隠蔽工作

谷繁の父親を殺したのは三枝である、という可能性が極めて高いというところまで証拠をつかんだ深山と立花。

しかし、同じ日に起こった杉並の事件で、三枝は目撃証言をしていた。それが三枝のアリバイとなり、谷繁の父親を殺すことは不可能という見解だ。そして、その目撃証言の調書を作ったのは、他でもない佐田。

当時、三枝の目撃証言はやけに鮮明で細部にまで及んでいて、逆に真実味がないと感じた佐田は、調書は取ったもののもう一度調べたほうがいいと主任検事の十条に報告をしていた。

しかし、そこからは主任検事の領分。佐田には決定権はなかった。

ただ、その目撃証言はとても重要な証拠となり、犯人逮捕に繋がってしまう。そして逮捕された真島は、容疑を否認し続け再審請求を出し続けていたが、獄中で無実を訴えながら死んだのだ。

そのきっかけを作ってしまったのは、間違いなく佐田の供述調書のせいだと責める深山。しかし佐田は、自分はやるべきことをやっただけだと主張し、さらに三枝の証言が嘘である証拠があるわけではないと言う。

そこで深山と立花は、なんとか三枝の証言を覆せないかと調べ始めた。

そして、深山と立花にそう言ったものの、内心では責任を感じていた佐田は、18年ぶりに十条に会いに行き、再捜査がされたのかどうかを確認する。

しかし十条は「優秀な部下の取った調書を信じたまでだ」と答えるだけだった。

立花は、資料の中から当時のニュース映像を見つける。それを確認すると、真島容疑者の乗っていたバイクはかなりスピードを出していたということで、服装などの全ての情報を把握するのは不可能と思え、三枝の証言が怪しくなる。

さらにニュースを見返していた深山は、ついに0.1%の真実を発見したのだ・・・!

杉並の事件があった夜、三枝が真島を目撃したという橋は、工事中で通行止めだったのだ。その橋をバイクで通る真島の姿を目撃したという証言が、ついに崩れた。

その頃、佐田は真島の母親のもとに謝罪に訪れ「息子さんを有罪に導いた一人です」と頭を下げる。

母親は、ずっと殺人犯の母親として生きていた。そして、息子が死んだ時に一緒に死んでしまおうと一瞬は考えたが、どうしても息子の無実だけは晴らしてあげたいと考え、再審請求を出し続けながら、今日まで戦ってきたのだと言う。

その母親は、佐田がどんな人間であろうと「息子の無実を証明してくれるのなら」と、頭を下げ懇願するのだった。

一方、こちらも杉並事件について再度調べ直し、真実にたどり着いた検察官の丸山は、上司であり検事正の大友にそのことを報告する。

丸山は「谷繁さんの殺害の容疑がかかった三枝が、自分のアリバイ作りのために嘘の証言をしたことは明白です」と主張。

しかし大友は、さらに隠蔽を企てるように丸山に指示をする。それは、当時の主任検事の十条を守るための図らいだった。

それを受けて三枝は「記憶違い」により、もう一つ近くにある橋と間違って証言をしてしまったという再証言を行う。

その2:杉並事件の真犯人

三枝にうまく逃げられてしまい怒る立花だが、深山は冷静に「杉並事件の真犯人を捕まえれば、もう三枝さんは言い逃れできない」と方向性を変更。

そして、真島の母親の思いを知った佐田が帰ってきて「絶対に真島さんの無実を証明する!」と宣言し、チームはひとつに。

そこで深山たちは、改めて事件の夜の真島の行動について振り返る。

真島は、杉並事件の被害者である小野美希と交際をしていて、喧嘩をきっかけに別れ話に発展し、逆上して殺したと見られていた。しかし真島本人は、事件の夜は自分の寮の部屋から出ていないと主張していた。

そこで深山は、真島の親友の板橋に話を聞きに行く。板橋は真島と同じ寮に住んでいたが、その夜は熟睡してしまっていて真島が部屋にいたかどうか証言できなかった。

また、板橋は「小野さんも逃げたりしなければ、逆上して殺されたりしなかったのに」ともコメント。

一方、佐田と立花は美希の友人に話を聞くが、真島と美希は普通のカップルならどこにでもあるような些細な喧嘩はしたものの、別れ話に発展していたとは聞いていなかったとのこと。

さらに、美希はしつこく言い寄られて困っている人がいるとも話していたそうだ。

杉並事件はマスコミにも注目されていた事件で、早期の解決を求められていたため、事実を大きくねじ曲げられて調書が作られていた可能性を感じた深山たち。

決め手は防犯カメラの映像だと考えた刑事事件ルームのメンバーは、バイクに乗っている人間が真島ではないということが証明できないかと調べ始める。

しかし、18年も前のことだ。簡単に証拠が見つかるはずもなく、苦戦する刑事専門ルームのメンバー。

その頃丸山も、真実が捻じ曲げられていることに憤りを感じ、単独で再捜査を行っていた。

あくる日、深山は佐田と立花と共に板橋のもとを訪れる。深山たちは、専門機関に頼んで防犯カメラの映像を解析し、バイクに乗っていた人物の身長を割り出していた。

その身長は真島とは10センチも違い、バイクに乗っていたのは真島ではなかったことがわかった。そして、深山は板橋が犯人にしか知りえない事実を口走っていたことを突きつける。

「逃げたりしなければ、逆上して殺されることはなかった」

全てのニュース映像や新聞記事などをチェックした上で、美希が「逃げた」ことで殺されたという事実はどこにも出ていない事実だった。つまり、板橋が語っていたことは『犯人にしか知りえない事実』・・・

板橋はその場から逃げようとするが、それを佐田が呼び止める。

「嘘をついても、必ず自分に返ってくる。あなた、家族の前で心から笑ったことがありますか?」

その佐田の言葉に、ついに板橋は真実を話し始めた。

好きだった女性を殺し、親友を犯人にして自分だけ普通の人生を歩んできたことを、ずっと後悔していたと涙ながらに話す板橋・・・

板橋の自首によって、18年前の事件の真相が明るみに。杉並事件の主任検事であった十条の責任も追求されることになり、焦る検事たち。

しかし大友は「もういいだろう。これは検察一丸となって、重く受け止めるべき事実だ。谷繁さんの事件についても、再捜査をしろ」と丸山に指示。丸山は、意気込んで走り出す。

こうして、三枝の証言(アリバイ)は完全に崩れ、裁きを受けることとなった。

ところで、検察の悪を公にして「いい人」になったのかと思わせた大友だったが、十条の抜けた穴にちゃっかり自分が入れるのではないかと、高笑いが止まらない。

深山や立花が正義だけを求めて戦っている裏に、何かしらの打算が見え隠れしている男は必ずいる。

しかし、いつもその「打算側」にいた佐田が、今回は深山たちと同じ“正義”の立場に立って戦った一件であった。

99.9第6話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


18年前に起きた杉並の資産家令嬢殺人事件は、三枝の目撃証言が決め手となって犯人が逮捕されており、その犯人は有罪。

しかし深山の捜査によれば、三枝はその時間帯に谷繁の父に会い、かつその殺害を実行した人物であることがほぼ確定している。

この全く矛盾する2つの事柄が発生した理由として考えられるのは、杉並の事件は警察がどうしても解決したい事件だったことが1点。

そしてもう1点は、杉並の事件と三枝による谷繁の父殺害事件が同一時間帯に起きているということ。

そこで警察は、同じタイミングで事件を起こした三枝に、杉並の事件の目撃者という白羽の矢を立てたのだ。他の時間帯の事件では、両方の事件に関与できてしまう可能性があるからである。

もちろん、警察は検察への根回しも忘れなかった。三枝が谷繁の事件で無罪になるように、そして杉並の事件では三枝の目撃証言を決め手とするように依頼。

こうして三枝は、杉並事件と同一時間帯に事件を起こしたというだけで、無罪放免となった可能性が非常に高い・・・深山はこう予想している。

しかし、この予想が正しいことを証明するのには、ひとつ問題があった。その杉並事件を担当していた検察官が、現在の自分の上司である佐田だったからだ。

深山の予想通り、佐田にそのことを尋ねてもシラを切るばかり。それどころか

「俺に文句があるなら、新しい証拠を見つけてきてから来い」

と言い放つ。

ただ、そう言われた立花は、絶対に新しい証拠を見つけてやると逆に奮起。また、深山は表情にこそ出さなかったが、気持ちは立花と同じだった。

こうして深山と立花は、他の刑事専門ルームのスタッフと共に、ルーム室長である佐田が隠している秘密を暴くために動き出す。

とはいえ、杉並事件は18年前に起きた出来事。当時の状況を確認しようと思っても、時代が違いすぎる。ただ、深山はその先入観にとらわれず、まずはそこからと立花と共にいつも通り現場に向かった。

ただ、予想通り事件現場は、当時を知ることも出来ないほど様子が変わっており、状況を再現するのも難しいほど。この状況にあきらめの気持ちが芽生える立花。

しかし、人は変わっていなかった。近隣の住民にとって、あの事件は強烈な印象を残していたのだ。

そこで深山と立花は、住民への聞き取りを進めていく。すると、二人が予想していなかった事実も徐々に明らかとなっていった。

そして、その動きは現在の検察の上層部である大友の耳にも入る。あの事件の真相が明らかにされれば、自分の名誉、そして出世にも影響が出かねない。

深山が行き着くのは、佐田の悪事か?大友の悪事か?

99.9第6話の感想

検察上層部の黒い部分が見えてなんだかなって中で、丸川さんが頑張っててちょっと印象よくなった。今回は小ネタがよく目についたけど、まさかピタゴラスイッチの曲がそのまま流れるなんて!びっくり!(34歳・女@猫舌)
今回はまさかの佐田本人が自ら再調査に踏み出すなんて!しっかし、親友に罪を被せられてたなんて真島は浮かばれなかっただろうになぁ。てかラスト何!?斑目の狙いが凄く気になるんだけど!大友と共に善なの悪なの?(32歳・女@腱鞘炎になりかけ)

99.9第7話の見所

決定的な証拠があるばっかりに容疑者にされてしまった人をどうやって助けるんだろう。真犯人はどんなトリックを使って容疑者に罪をなすりつけたんだろう。佐田先生の猫舌は事件解決の手がかりになるの?(34歳・女@猫舌)
佐田って最初は規則ばかりに囚われてたけど、段々と深山の直向な信念に感化されてきたね。彩乃達も振り回されながらも深山の実力に素直に従ってきてるし、7話も深山の鋭い着眼点に注目しながら皆で協力して欲しい!(32歳・女@腱鞘炎になりかけ)

99.9関連記事

ストーリー

【次話】99.9第7話ネタバレ&あらすじ感想!犯人は河村?西岡の冤罪を許せない訳

【前話】99.9第5話ネタバレ&あらすじ感想!父親の深山大介が事件の真相に絡む?

特集

99.9最終回ネタバレ!ドラマの結末で深山・立花・佐田トリオはどうなる?

99.9第6話視聴率

結果

13.3%(▼5.6%)

なになになに!?もしかして「OUR HOUSE」に視聴者を取られてしまったとか?

アワーハウス(OUR HOUSE)6話視聴率&ネタバレ感想!須磨省吾の謎に迫る

・・・向こうが6話で最高視聴率を記録したといっても、さすがにそれはないか。

予想

第1話15.5% → 第2話19.1% → 第3話16.2% → 第4話16.3% → 第5話18.9%

5話のアップで、20%という大台突破への準備は完了という感じ。

今回はやってくれるんじゃないでしょうか?予想は20.3%としておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">