僕のヤバイ妻6話ネタバレ&あらすじ感想!杏南が幸平から鯨井に鞍替え?

今回のネタは、5/24放送のドラマ「僕のヤバイ妻」第6話。

第5話で、幸平は真理亜に離婚届を突きつけて動揺を誘い、その隙に真理亜をスタンガンで気絶させ、ついに2億円を手に入れる。

喜びの絶頂の幸平。しかし一緒に逃げるハズの杏南に隣人の魔の手が・・・

では、ようやく本性を現し始めたお隣さん・鯨井が気になる第6話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

僕のヤバイ妻第6話の展開まとめ

その1:2億円を狙う新たな人物

杏南を呼び出した鯨井の夫・和樹は、杏南が緒方を殺して2億円を手にしていると踏んでいた。和樹は杏南の飲み物に薬を入れ、杏南は意識を失ってしまう。

その時、杏南に幸平から「2億円が手に入った」とメールが。

そのメールを見た和樹は杏南をマンションまで運び、入口の前でキスをする姿をわざと幸平に見せつけた。杏南に裏切られていたと信じ込んだ幸平は、2億円は全て独り占めすることを決意。

ところで、幸平に見切りをつけられてしまった杏南だが、実は杏南はもともと幸平を愛してはいなかった。杏南の狙いは、最初から真理亜だったからだ。

杏南は、昔真理亜と同じ職場に勤めていた。その名のとおり、聖母マリアのような美しい心と容姿の真理亜は、会社の男性社員から注目の的だった。

そんな真理亜に嫉妬心を抱いていた杏南。ある時、真理亜の化けの皮を剥がそうと、真理亜の高そうなブランドのスーツにわざとコーヒーをこぼすというトラップを仕掛けた杏南。

しかし、真理亜の優しい対応にさらに男性社員からの株が上がってしまい、杏南は真理亜に完敗。

そして、真理亜は寿退社。杏南のリベンジは叶わぬものとなってしまったが、なんと幸平がカフェのオープンにともない杏南をヘッドハンティングしたことで、再び杏南が真理亜に戦いを挑むチャンスが訪れたのだ。

真理亜に近づくためまんまと幸平の恋人の座に潜り込み、真理亜の殺人計画を促すことに成功した杏南。

「愛していた夫に殺される」この最悪の不幸を真理亜に味あわせることこそが、杏南の考えた真理亜に完全勝利する方法だった。

しかし、結果的に杏南は二度目の勝負にも負けたのである。

翌日、杏南が目覚め和樹に携帯を取られたことに気づき悔しがっていると、真理亜が訪れ幸平と離婚することを告げる。

「幸平をあなたにあげるわ」

しかし、幸平のことを「真理亜を不幸にするための道具」としか思っていなかった杏南は、改めて思った。

「あんたのお古なんて、いらねえよ」

その頃、幸平のところに真理亜の雇った弁護士が連絡を入れてくる。

真理亜は離婚に同意し慰謝料などの請求も一切しないということだったが、離婚が成立するまで幸平が海外に行かないことを条件としていた。

一方、和樹はいつものようにラブラブの妻の有希に見送られ、出勤するところだった。しかし、この夫婦には秘密がある。

実は本当の夫婦ではなく、和樹は“レンタル夫”として、有希に雇われていただけなのだ。

有希は「昨日の夜どこに行ってたの?」と和樹に聞くが、突然和樹は表情を変え「その時間は、僕の自由ですよね?」と返す。

しかし有希にとっては、和樹はそこまで割り切った存在ではないようで・・・

実は、和樹が杏南にキスをしているところを、とっさに幸平は写真に撮っていた。

そして、その写真には「この男は、北里杏南と浮気している」と書かれ、鯨井の家のポストに入れてあったのだ。

有希はその写真を見て、完全に夫の浮気を心配する女の顔つきである。

その後、和樹の仕事場に訪れた杏南に、和樹はレンタル夫の実態を話す。

有希は最近和樹への毎月の支払いが遅れており、和樹はそろそろ潮時かと思っていた。その時、2億円のビッグチャンスが訪れたというわけだ。

そこで和樹は杏南に「俺と手を組まない?」と切り出すが、杏南はそんな提案に乗るわけもなく去っていく。

その2:衝撃の事実!真理亜も幸平と同じく他に男が?

そんな中、横路は警察時代の後輩に情報を聞き出していた。後輩がうっかり口をすべらせ、真理亜に警察の手が及んでいることを横路は知る。

そして、カフェを手伝いに来ていた真理亜のところへ、相馬たちがやってくる。

緒方が死ぬ直前にファミレスで会っていた女、それから身代金の引渡しのときに野球場にいた「大きなクーラーボックス」を持った女、これらが真理亜であることを突きつける。

それに対し、真理亜はシラを切る。また「もしそうだったとしても、それって何か罪になるんでしょうか?」と余裕の表情だ。

狂言誘拐自体は大した罪にならないのは事実。ただ、相馬は緒方殺しの真相を必ず突き止めると真理亜に宣言した。

ところで、金だけは手に入れたが、自分を取り合っていたはずの二人の女を一気に失い虚しくなった幸平。行くところもなく横路のもとを訪れ、愚痴をこぼしていた。

そこで横路は「真理亜の狂言誘拐がバレそうだから、もうその2億円に手を出すのは危険だ」と忠告。さらに、真理亜の近くにもう一人謎の男の存在があることを横路は突き止めていた。

それは、真理亜の高校時代の家庭教師だった木暮という男。

木暮のバーに偵察に行った幸平と横路は、木暮本人には会えなかったものの、バーにあった写真を盗み見、真理亜が幸平と結婚した後も木暮と会っていた事実を突き止める。

自分よりも先に、真理亜が他に男を作っていたと知った幸平は愕然。

そこへ杏南から幸平にメールが入り、杏南と会った幸平。和樹とのことは誤解だという杏南の釈明を信じることに。

すると今度は、杏南の携帯に真理亜からメールが入り、杏南は真理亜と二人で会うことに。杏南は幸平から聞いた木暮の情報を真理亜に突きつける。

それに対し、一瞬困惑した表情をした真理亜だったが、次の瞬間とんでもない計画を杏南に持ちかけた。

幸平を殺すため、杏南に強いアドキシンを作ってほしいと言うのだ。謝礼は、幸平にかけた生命保険の2億円。

杏南は迷った末に、その計画に受け入れる。

しかし、それは杏南の策略だった。真理亜との会話を録音していた杏南は、その足で幸平にその計画を知らせに行く。

そして杏南と幸平が話している最中、幸平と最後に話したいと真理亜から明日の夕食の誘いが。杏南は、そのときにきっと毒を仕込むつもりだと幸平に忠告。

杏南はとても気持ちが高ぶっていた。聖女だった真理亜が、ついに化けの皮を剥がしたのだ。そして杏南は心の中で呟く。

「今、このゲームを支配しているのは、紛れもなくこの私だ」

しかし、勝利を目前にして笑みがこぼれる杏南に、背後から衝撃が。頭を殴られ、何とか犯人の顔を確認する杏南。

そこに立っていたのは、レンタル夫・和樹の妻、有希だった。

僕のヤバイ妻第6話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


カフェの店員に密かに渡された手紙で、鯨井夫婦の旦那・和樹に呼び出された杏南。

和樹の目的は、杏南と付き合っている幸平が持つ2億円。和樹は隣人である望月家の騒動に乗じて彼らの弱みを探り、それをダシに金を巻き上げようとしている。

そこで、まず目をつけたのが杏南。和樹は杏南の動きを逐一追っており、緒方の事件が起きた日、杏南が緒方を尾けていたことに気づいていた。

和樹はそのことを杏南に告げ、続けてこう言った。「アンタが緒方を殺したんだろ?そのことを黙ってて欲しいなら、金を出せ」と。

ただ、杏南はそのことを否定。すると和樹は次の一手に出る。杏南のワインに薬を混ぜて彼女を連れ去り、杏南をダシに幸平から金を奪うつもりだ。

幸平は、その杏南のマンションに向かっていた。前回は途中で横路から連絡が入り逃げられなかったが、今ならその邪魔が入ることは絶対にない。

ただ、杏南のマンションに入ると、そこにはなぜか和樹の姿が。しかも二人は恋人のようにキスをしている。

和樹にはそれを見せるつもりはなかったが、偶然見てしまった幸平。杏南に裏切られたと思い、ホテルへと戻るのだった。

そして翌朝、幸平は電話で目が覚める。相手は真理亜の弁護士を名乗っており、真理亜が自分との離婚を正式に認めると言っているとのこと。

その話を信じられなかった幸平だったが、これでとにかく自分は自由だ。あとは海外に逃げるだけ・・・

といっても、幸平には共に逃げる相手がいなくなってしまっていた。杏南は和樹といつの間にかできてしまっている。そう考えると、無性に虚しさだけが幸平に残った。これで良かったのだろうか、と。

そんな気分を晴らすべく、ホテル近くのバッティングセンターで気晴らしをしていると、先日金を巡って争った横路から電話が。

警戒しながらも電話に出てみると、横路は真理亜と共謀している男をついに突き止めたと叫んでいる。その男とは、バーのマスター・木暮。

幸平の気持ちは、少しずつではあるが、金が手に入ったことよりも、真理亜が仕出かした事件の真相を知りたいという欲求の方が強くなっていた。

結果として、幸平は横路の誘いに乗った。そして二人で木暮のバーを訪れ、真理亜と木暮の接点を探すことに。

しかしその裏では、幸平に再び真理亜の魔の手が忍び寄ろうとしている。

何と真理亜は、敵である杏南を呼び出して、自分を殺そうとした毒をまた作って欲しいと頼み込む。そして、その代わりに幸平をやると言い出す。

ただ、杏南はすでに幸平に見切りをつけていた。和樹とのキスを幸平に見られた杏南は、和樹からの誘いに乗り、共に幸平から2億を奪おうと画策していたのだった。

しかし、杏南はそのことを真理亜に言わず、真理亜に毒の使い道を尋ねる。

それに対する真理亜の答えは「幸平を殺す」

自分が幸平に見切りをつけていることを知らないはずなのに、この女は堂々と自分の恋人である幸平を殺すと宣言。

「この女には、自分が幸平を殺そうとしていることを見透かされている・・・」

杏南は、改めて真理亜の怖ろしさに気付かされるのだった。

僕のヤバイ妻第6話の感想

人間性関係がどんどん複雑化してく!今のところ緒方を殺したのは杏南だとおもうなぁ。最後のほうに『このゲームを支配してるのはわたし』だって杏南が言ってたけど、絶対まりあさんの策略にはまってる気がする(23歳・女@どこにもいかない日はパジャマ)
今週も面白かったな。ついに、ご近所夫妻や木暮の素性も明らかになってきた感じか。毎週、なんだかんだあるけど真理亜に全員ねじ伏せられる状態で終わってたが、今週分のゴタゴタは来週以降に持ち越しだな。(36歳・男@背中が痒い)

僕のヤバイ妻第7話の見所

6話まではレンタル夫の思惑に真理亜は気づいてないよね?ここの絡みが今後気になる!あとは横路2億に未練タラタラぢゃん。『リスクが高いから公になった金はもういい』って嘘っぽい。横路の今後の行動も注目(23歳・女@どこにもいかない日はパジャマ)
毎週本当に面白いが、もはや金がどうってよりも、それぞれの意地のぶつかり合いみたいな風になってきたよなー。第7話はこのまま真理亜が追い込まれるのか、それともまた逆転の秘策があんのかが見所じゃねーかな。(36歳・男@背中が痒い)

僕のヤバイ妻関連記事

ストーリー

【次話】僕のヤバイ妻7話ネタバレ&あらすじ感想!真理亜の罠に嵌る幸平と杏南

【前話】僕のヤバイ妻5話ネタバレ&あらすじ感想!N31&真理亜の連携プレー炸裂

特集

僕のヤバイ妻最終回ネタバレ!結末も「ゴーンガール」と似て衝撃的?

[僕のヤバイ妻]N31の意味は?黒幕や犯人ではなく真理亜の望みを表す?

僕のヤバイ妻第6話視聴率

結果

7.3%(▼0.2%)

同時間帯の「重版出来!」に取られてるかというと、そうでもない。

この時間帯の2ドラマは、苦戦してますね。

予想

第1話8.3% → 第2話7.7% → 第3話6.8% → 第4話8.4% → 第5話7.5%

今気付きましたが「1話→2話」の値動きと「4話→5話」の値動きが似てますね。

となると、第6話は6.9%ぐらいかな?

まぁ、そんな弱い根拠に基づいた予想なので、まず当たることはないでしょう。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">