ラヴソング7話あらすじ&ネタバレ感想!フラれたさくらに更なる悲劇が・・・

今回のネタは、5/23放送のドラマ「ラヴソング」第7話。

第6話では、ついに「作詞:さくら/作曲:神代」という新曲が完成。

ただ、夏希はその新曲の秘密をすぐに知ってしまう。なぜならそのメロディは、神代が姉に書いた曲とソックリだったから。

そのことをさくらが知れば、さくらは悲しんで神代から離れるかもしれない。

というわけで、神代のことが好きな夏希がどういう行動を取るのか?それが注目される7話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

ラヴソング第7話の展開まとめ

その1:二回目のライブ

宍戸夏希(演:水野美紀)の自宅に、借りていたキーボードを返しに来た神代広平(演:福山雅治)

そこで夏希は、神代と佐野さくら(演:藤原さくら)の新曲について「おねえちゃんのために作った曲だよね?」と神代に聞く。

それに対し神代は「もう20年前。いい曲だよな」とお茶を濁し、そのまま帰る。

しばらくして、ライブハウス「S」では、神代とさくらがライブを行っていた。

夏希は神代へもやもやした想いを抱えており、弦巻竜介(演:大谷亮平)や増村泰造(演:田中哲司)が新曲を絶賛するのを素直に受け止められないでいた。

ただ、弦巻は「20年もブランクがあるのにすごい」と神代を褒め、トップアーティストのシェリルの作曲のオファーの可能性が出てきたことをほのめかし、さらに盛り上がる。

一方、天野空一(演:菅田将暉)は笹に「ギター教えてください!」と頼むと、笹(演:宇崎竜道)は喜んで引き受け、その上さくらの応援をしたご褒美にと、ボトルキープをしてくれた。

そんな中、ライブ中にさくらの喉の異変に気づいた耳鼻科医の増村は、さくらに一度病院に来るように促す。

その2:初デート?

新曲の歌詞を聴いた中村真美(演:夏帆)は、さくらの歌詞が神代への好きという気持ちがわかりやすく歌われていると言われるが、さくらは神代には伝わっていないと不満気。

真美は、そんな二人の関係が進展しないのを心配して、もっと積極的にデートに誘うようにアドバイス。そして、四苦八苦しながらも二人で飲みに行く約束を取り付けた。

ところで、空一は真美の余ったプレゼントを物色。さくらではない誰かにあげようとするその様子を見て、真美は二人の深い関係をストレートに聞く。

それを慌てて否定する空一だが、真美にはお見通し。根掘り葉掘り聞こうとするが、その時さくらが帰ってきて真美を奥の部屋連れて行き、彼女に「セッ、セクシーにして」とお願いした。

神代との待ち合わせに「スカートにハイヒール」と可愛らしく着飾ったさくら。ただ神代は「いつもと違うね」と言っただけで、さくらは女性として褒めてもらえず悲しくなる。

そしてさくらは、慣れないハイヒールですぐに靴ずれしてしまい、そのまま神代におんぶをしてもらいスニーカーを買うことに。

その際、靴擦れを手当てしてくれた神代にさくらはドキドキする。しかし、二人だけの飲み会だと思いきや、弦巻も登場し、さくらはがっかりした表情に。

結局、三人で食事したことが気に入らないさくらは、食事を終えると神代の見送りも断り、家へトボトボと帰って行く。

そこで神代も帰ろうとするが、弦巻に引き留められ、すぐにシェリルの曲作りの話を進めようと説得される。

家路についたさくらは、弦巻から連絡を受け、翌日会うことに。

翌日、弦巻は「佐野さんからシェリルの曲を優先するように、広平さんに言ってもらえませんか?」とさくらに頼み込む。神代は、さくらの契約の話がまとまらないと、シェリルの曲を書かないと言っていたのだ。

さくらは、自身の契約の話だと思い弦巻に会いに来たのだが、自分は神代にとって邪魔者なのだと感じ、苦笑いするしかなかった。

その頃、空一は「S」に渡辺京子(演:山口紗弥加)を誘い、真美から譲ってもらったプレゼントを渡す。

しかし、さくらの話ばかりする空一に軽く嫉妬を覚えたのか、酔っぱらった渡辺は笹に「さくらちゃんに相手にされないと私のところにくる」とぼやき、さらに「この間、この子とね・・・」と空一の肩を叩く。

それに対し「はぁ!!」と空一は絶叫。さくらには内緒にして欲しいと笹に懇願する空一だった。

その3:だれのための曲

「S」にて、笹の誕生日パーティが行われていた。増村など、たくさんの昔からの仲間が集まる中、神代は新曲を賞賛される。

そこで、ついに我慢が出来なくなった夏希はさくらに対し「あの曲はさくらちゃんのための曲じゃない。お姉ちゃんのための曲」だと告げてしまう。

夏希は、そのことを聞いた神代と言い合いに。その時、突然さくらはガタっと立ち上がり「勘違いした」と言い残し、その場を飛び出した。

さくらを追いかけた神代は「佐野さんに出会ってもう一度音楽を続けてみようと思った・・・だからあの曲を佐野さんに歌ってほしいと思ってる」と伝える。

それに対しさくらは、神代の胸に頭を寄せ「私は先生が大好きなんです・・・私のことどう思っているんですか?」と。

ただ、神代は「一緒に音楽をやりたい、そう思ってる」とだけ返事。

それを聞いたさくらは、怒ったような表情で「私は春乃さんじゃない」と答え、去っていくのだった。

後日、真美にも内緒にして、増村の病院へ行くさくら。彼女が病院の広場で鼻歌を歌っていると、神代の患者である湯浅志津子(演:由紀さおり)に出会う。

その志津子に「なんでご機嫌なの?」と聞かれ、失恋し諦めたからと答えるさくら。さらに彼女から「なぜ諦める必要があるの?」と聞かれたさくらは「十分夢を貰った」と。

その時神代の姿が見え、走り去るさくら。その後増村の診察を受け、喉に腫瘍のようなものがあり、精密検査を受けるよう薦められてしまう。

一方、神代は神妙な顔つきで、弦巻の待つトップレコードへ入っていくのだった。

ラヴソング第7話の感想

あまりにもさくらが可哀想。歌も,神代への思いも周りからは良く思われていない。その上,腫瘍?どこまで不幸なの…。夏希の行動はちょっと…と思えたけど,夏希の立場になってみると同じことしただろうな…。(41歳・女@岡村さんが気になる)
さくらと広平の気持ちのすれ違いや、夏希の姉への思い、空一のさくらへの恋心が絡み合って、めっちゃ感慨深かったなぁ。さくらの告白を「一緒に音楽をしたい」とフッた広平の何とも言えない表情が気になる~。(26歳・女@趣味はマスキングテープ集め)

ラヴソング関連記事

ストーリー

【前話】ラヴソング6話あらすじ&ネタバレ感想!夏希と弦巻(ポチャ巻)の関係は?

特集

倉光泰子の経歴は?ラヴソング以外の脚本も!結婚や旦那・子供情報は?

ラヴソング(ドラマ)キャスト&ネタバレあらすじ!ロケ地や原作は?

ラヴソング(ドラマ)最終回ネタバレ感想!福山(神代)の恋の行方は?

藤原さくらが月9ドラマ「ラヴソング」ヒロイン!福山雅治とは共通点も

ラヴソング第7話視聴率

6.8%(±0)

※これまでの経過:第1話10.6% → 第2話9.1% → 第3話9.4% → 第4話8.5% → 第5話8.4% → 第6話6.8%

1回だけ上がりましたが、基本下降線。さくらが可哀想過ぎてちょっと・・・てのはありますね、個人的には。

ただ、それでは終わらないでしょう。終わったら悲し過ぎますから。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">