アワーハウス(OUR HOUSE)8話視聴率&ネタバレ感想!葵の真の狙いは?

今回のネタは、6/6放送のドラマ「OUR HOUSE(アワーハウス)」第8話。

第7話では、アリスの父親探しを通じて、ついにアリスは桜子というラスボスを倒す(=仲良くなる)ことに成功。

しかし、桜子はラスボスではなく、中ボスに過ぎなかった。

アリスが仲間になった桜子を連れて家に凱旋すると、そこには真のラスボスが。その姿は、半年前に亡くなったハズの伴家が誇る女神的母親・蓉子にソックリ。

残り3話でこの女を倒し、アリスは勝利を手にすることができるのか?では、クライマックス序章の第8話展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

OUR HOUSE第8話の展開まとめ

「Oh my God・・・」

買い物から帰ってきたアリスは、目を疑った。いつも手を合わせている仏壇に飾られている蓉子が、なぜかそこにいる。

もしかして、またしても奏太がウソをついていたのか?と一瞬疑ったが、さすがにそれはない。そんなことをする意味がないし、奏太の顔を見れば一目瞭然。彼も信じられないという表情だからだ。

その奏太からこの女性について話を聞くと、どうやら丈治のいとこらしい。それはつまり、蓉子のいとこでもあるということ。名前は葵。

そして彼女は、アリスがいない間にこう言ったらしい。

「今日から、私が子供たちのママになります」

葵によって、アリスが伴家で築き上げていったものは、みるみる崩れ去っていく。

幼い新太郎や桃子は、葵が蓉子に見えてしまって仕方がなく、その容姿だけですでに「ママ」と呼んでいる。

また、光太郎は蓉子のことを「母として」ではなく「一人の女性として」好きだったこともあり、一瞬で心を奪われてしまった。

アリスの夫・奏太は、さすがにすぐ葵になびくということはない。ただ、亡き妻にあまりにもそっくりな容姿にとまどいは隠せない。

そして、桜子。アリスの父親探しによって彼女の生い立ちを知った桜子は、今やアリスの一番の味方といっても過言ではない。

とはいえ、桜子はまだ中学1年生。葵を見ていると母の蓉子が思い出され、それだけで涙が出てきてしまう。

ただ、奏太が桜子について「あいつは、かわいそうな人間を決して一人にはしない」と言っていた通り、葵が来ても桜子はアリスの味方だった。

ところで、なぜ葵は「自分が子供たちの母親になる」なんてことを言い出したのか?4人もの子供を持つ奏太と結婚することは、葵にとって得があるようには全く思えない。

桜子とアリスは、その点を「葵攻略の糸口」として注目し、調べを始めることに。最初に話を聞きに行ったのは、葵のいとこでもある丈治。

二人は丈治の力も借りて、葵の真の狙いを暴き出すことができるのか?

OUR HOUSE第8話の注目点

やっと,桜子とアリスの間にあった厚い氷が溶けた?と思いきや…。今度は何なの?やっと平穏な日々になりそうだったのに…。こんな時,子供って残酷だから,またアリスが傷つくことに?今度は,桜子が味方?(41歳・女@双子に生まれてみたい)
アリスは頑張っているなって思う。その結果が家族として迎え入れられたんだと思うとうれしいけど、お母さんそっくりな人の存在はどうなるんだろ?!と思うけど見た目と性格は違うからきっとアリスの勝ちだろうな!(45歳・女@いつもお腹をすかせている)

OUR HOUSE関連記事

ストーリー

【前話】アワーハウス(OUR HOUSE)7話視聴率&ネタバレ感想!謎の女性の正体は?

特集

OURHOUSEネタバレ!最終回結末はアリスが桜子に勝利?原作情報も

OUR HOUSE第8話視聴率(予想)

第1話4.8% → 第2話5.0% → 第3話4.0% → 第4話3.8% → 第5話5.4% → 第6話6.1% → 第7話4.2%

前回は、視聴率的にちょっと残念な結果に終わってしまった本ドラマ。

クライマックスに向けて、ちょっと上げていきたいですね。

自分の希望的観測としては、5.1%です。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">