せいせいするほど愛してる1話ネタバレ感想!海里の妻に隠された秘密

今回のネタは、7/12放送のドラマ「せいせいするほど、愛してる」第1話。

それにしても、タイトル名の響きが何ともいいです。「せいせいするほど〜」っていう前フリが。

ただ、このタイトルの省略形は難しい。「せいせい」「せいあい」どれもしっくり来ませんね(笑)

では、裏番組「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」との視聴率対決も気になる、第1話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

せいせいするほど、愛してる第1話展開まとめ

その1:未亜と海里の出会い

栗原未亜(武井咲)はティファニージャパンの広報部で働く25歳。

ジュエリーに対して熱い思いを持っている。

小学校からの友人、美山千明(トリンドル玲奈)と真咲あかり(水沢エレナ)と気楽なルームシェアをしながら、仕事に励むキャリアウーマンだ。

しかし、未亜は彼氏の陽太(高橋光臣)からプロポーズをされ、仕事を辞めて田舎についてきてほしいと言われていた。

未亜の

「この仕事が天職だ」

という発言を陽太が笑ったことで、未亜の陽太への思いは冷めつつあった。

プロポーズを断ろうと決意し、出張先で未亜が陽太からもらったエンゲージリングを見つめていると、後ろから一人の男がぶつかってくる。

そして、気づくと指輪がなくなっていた!

しかし、その男も手伝い指輪を探してくれて、やっと見つけることができた。

その2:再会

出張から帰ると、未亜の働く広報部に副社長が研修のため来るという話が。

「面倒だなぁ・・」

とボヤく未亜の前に現れたのは、出張先で出会ったあの男だった。

なんと、彼はこの会社の副社長・三好海里(滝沢秀明)だったのだ!!

そして、未亜が海里の世話役として行動をともにすることに。

未亜の仕事に対する猪突猛進で本気な姿に、海里は何か感銘を受けてている様子。

そして、未亜が昔からつけていた”ジュエリー日記”を見た海里は、未亜のジュエリーに対する熱い思いを認め、仕事にも協力的になっていく。

最初は海里にいい印象を持っていなかった未亜だが、海里が自分を認め応援してくれていることにだんだんと好感を寄せていく。

さらに、二人でコンビを組んで仕事に取り組むうち、二人の距離はどんどん縮まっていった。

その3:海里には妻がいた・・・!

海里との仕事の帰り道、ヒールが壊れて転んだところを海里に抱きとめてもらった未亜。

少し、胸がドキドキするのを感じていた。

さらに海里はとても高級な靴屋に未亜をお姫様抱っこで連れて行き、新しい靴を買ってくれる。

未亜を椅子に座らせ、海里は膝まづきながら靴を履かせてくれる。

「きれいだよ」

海里にそう言われ、未亜の恋のスイッチは入ってしまった。

しかし後日、未亜は海里が左手の薬指に指輪をつけているのを目撃してしまう!

「既婚者が相手なんてとんでもない!」

と海里への思いを断ち切ろうとする未亜。

しかし、海里には何やら事情がある様子。

海里の妻(橋本マナミ)は病院にいた。

そして、海里と未亜の危うい関係性にいち早く気づいていた社長が、未亜にこう告げる。

「海里は、妻から逃れられない。自分の妻を殺したんだからな。君は、あいつに二度妻を殺させたいのか?」

その4:未亜と海里がキス!!

未亜はその言葉の意味を海里に尋ねるが、海里は詳しくは答えない。

海里は未亜が

「奥さんに悪いと思わないんですか?」

と返した靴をもう一度未亜に履かせた。

「君にあげたものだ。いらなきゃ捨てろ。・・・きれいだよ」

いたたまれずにその場を立ち去った未亜だが、なんと未亜にフラれた元カレ・陽太が会社にまで乗り込んできた。

「お前は俺のものだ」

と脅され、恐怖のあまり未亜は海里のところに戻り助けを求める。

すると海里は

「彼女は俺のものだ!!」

と未亜にキスをしたのだった。

陽太は目の前の衝撃の光景にただただぼう然としながら、エレベーターに乗ったまま去っていった。

そして未亜と海里は、改めて何度も何度も唇を重ねるのだった。

せいせいするほど、愛してる第1話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


栗原未亜(武井咲)は、ティファニージャパンの広報部で働いている。

未亜にとって、広報で働くことは自分の天職だと感じ、とても仕事にやりがいを感じている。

そんな中、未亜は彼氏の山下陽太(高橋光臣)からプロポーズされる!

しかし、陽太は結婚したら未亜に仕事を辞めてほしいと望んでいた。

そして、自分の実家に入って欲しいと提案してきたのだ。

自分の生きがいを認めようとしない陽太に、未亜の気持ちは冷めてしまう。

そして、未亜はプロポーズを断ることを決意する。

とりあえず出張に出かけた未亜だが、その途中陽太からもらったエンゲージリングを紛失してしまう。

必死に指輪を探す未亜の前に、一人の男性が現れる。

事情を知った男性は、親身になって一緒に指輪を探してくれた。

その甲斐あって、無事指輪は見つかった。

出張から帰り、会社で未亜はその男性と再会を果たすこととなる。

なんとその男性は、未亜の会社の副社長・三好海里(滝沢秀明)だったのだ・・・!!

さらに、未亜は研修の一環で広報部に来た海里の“教育係”に任命される。

二人で一緒に仕事をすることになった未亜と海里。

未亜は自分がこの広報部の仕事を“天職”だと思っていることを海里に話す。

仕事に対して真っ直ぐな未亜は、相手が副社長でも全く物怖じせずに自分の意見をぶつける。

「だいたい、副社長には愛がないんですよ!」

それに対して海里は、大人の冷静さで熱い未亜をたしなめる。

「わかってないのは、お前のほうだろ」

様々なトラブルに見舞われながらも、未亜は懸命に仕事に向き合う。

そして、その姿を間近で見ていた海里は、未亜の仕事ぶりを認め応援してくれる。

「せいせいするほどやってみろよ、天職なら」

二人は同じ時間と困難を共有することによって、だんだんと距離を縮めていく。

そして、仕事に厳しく真摯に向き合いながらも優しく見守ってくれる海里に、いつしか未亜の心には淡い恋心が芽生え始めていた。

しかし、そんなある日事件は起こった。

未亜にフラれてしまった元カノの陽太が、未亜の会社に乗り込んできたのだ。

陽太は未亜に襲いかかる。

そこに居合わせた海里はとっさに、未亜の彼氏のフリをして陽太から未亜を守る。

「彼女は俺のもんだ!!」

そう叫んだ海里は、突然未亜にキスをする・・・・!!

この事件をスイッチに、未亜の気持ちは走り始めてしまった。

しかし、その後未亜は重大な事実を知ることとなる。

海里が左手の薬指に指輪をつけるところを目撃してしまったのだ。

なんと、海里には妻がいたのだ。

しかし、それを知っても未亜の気持ちはもう止めることができない。

そして、未亜は奥さんがいてもいいから恋人にして欲しいと、とんでもないことを言い出す。

その未亜の申し出を、海里は断った。

だが、海里もまた未亜に気持ちがあるような素振り。

海里はどうして妻がいるのに、未亜に近づこうとするのか?

どうして未亜にちょっかいを出すのに、未亜の気持ちを受け入れようとしないのか?

それには、理由があった。

実は海里の妻は、意識不明でずっと病院にいるのだった・・・!!

せいせいするほど、愛してる第1話感想

すっごいおもしろかった!普通の恋愛ドラマだと思っていたら、まさか海里に奥さんがいたなんて、未亜の気持ちを考えると私までショック。奥さんいるからいけないことだし、今後どうなるか気になる!(40歳・女@朝起きられない)
ま、出会いがいきなりの迎賓館って、すごいドラマだな。しかも会社がティファニーってスゴイ設定のドラマだ。でもおもしろそう。「せいせいするほど」ってさりげなくセリフに使ってるけど、流行らせたいのかな。(36歳・男@カレー大好き)
漫画見たことないからなんともだけど、とりあえず海里かっこえーわ♪副社長って職業も惹かれるとこ(笑)なんともなとこで1話が終わったから続きが気になるわ!これからはキュンキュンするドラマを求めたい!(28歳・女@女は苦手)

せいせいするほど、愛してる関連記事

【NEXT】せいせいするほど愛してる2話ネタバレ感想!未亜と海里に忍び寄る宮沢

[LAST]せいせいするほど愛してる原作ネタバレ!結末をドラマ最終回で再現可?

せいせいするほど、愛してる第1話視聴率

結果

9.3%

思ったより低かったですね。ちなみに裏番組の藤堂比奈子は9.6%。

今回も前クールの「ヤバ妻vs重版出来」のように、拮抗した戦いになるんでしょうか。

予想

初回は、裏番組の藤堂比奈子のインパクトが強烈で、ちょっと分が悪いんじゃないかと。

でも、それはあくまで「男」としての見方ですし、多分ドラマを見るのは女性の方が多そう(わかりませんが)

ということで、藤堂比奈子よりも視聴率が良さそうに思えてきました。

ただ、視聴者を取り合ってしまうのは事実だと思うので、予想は10.4%ぐらいにしておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">