HOPE(ドラマ)韓国原作ネタバレ!最終回の結末が「ミセン」と異なる?

今回のネタは、2016年7月から放送されるドラマ「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」

本ドラマの制作局は、目下視聴率低迷中のフジテレビ。

そして、フジのドラマでアルファベット4文字だと、ちょうど1年前に放送されたドラマ「HEAT」が思い出されてしまいますね(平均視聴率4.1%)

また、前クールでHOPEと同時間帯だったドラマ「OUR HOUSE」は、中盤ちょっと持ち直したものの、平均視聴率は4.5%。

本ドラマがそうならないことをHOPEしながら、ドラマについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
panpy_336x280

原作について

本ドラマには、原作があります。

ただ、原作といっても小説やマンガではなく、リメイク対象のドラマですね。

そのドラマが、韓国で放送されたドラマ「ミセン〜未生〜」

韓国国内では、社会現象を生んだほどの高視聴率ドラマだったとのこと。

では、次にミセンの結末を紹介しようと思いますが・・・

その結末をHOPEの登場人物で説明する為、HOPEのカンタンなキャスト紹介です。

HOPEキャスト紹介

一ノ瀬歩(中島裕翔)

高卒。囲碁のプロ棋士という夢に挫折。

母のツテで総合商社・与一物産のインターンに参加。そのツテの相手は鷹野専務。

織田勇仁(遠藤憲一)

歩がインターンで所属した営業3課の課長。面は怖いが部下想い。

安芸公介(山内圭哉)

営業3課の主任。織田の優秀な部下。

香月あかね(山本美月)

一ノ瀬のインターン同期。超優秀。

桐明真司(瀬戸康史)

一ノ瀬のインターン同期。超優秀でプライド高し。

人見将吾(桐山照史)

一ノ瀬のインターン同期。ムードメーカー。

鷹野義郎(風間杜夫)

専務取締役。織田と確執あり。

では、これらの情報を元に、ミセンの結末を見ていきたいと思いますが・・・

ドラマのネタバレになるかもしれませんので、読むかどうかは自己判断でお願いします。

ミセンの結末ネタバレ

ある案件での失敗が引き金となり、鷹野専務は責任を取って出向。

また、一ノ瀬が所属する織田の営業3課も、処分こそされなかったが、社内でのポジションはかなり微妙なものに。

結局、織田はその責任を取る形で、会社を辞めた。最後まで見守るつもりだった一ノ瀬の成長を最後まで気にかけながら・・・

そして、一ノ瀬は香月、桐明、人見のインターン同期3人による訴えも届かず、正社員の採用を見送られることが決定。

しかし、彼はやるべきことはやったと後悔はない様子で、会社を後にした。

ただ、一ノ瀬は織田が退職後に設立した会社に呼ばれ、そこに入社することが決定。

また、織田を追って会社を辞めた安芸も、その会社に合流。

一ノ瀬は、織田と安芸と共に新しい一歩を踏み出していく。

HOPEの結末は?

以上、ミセンの結末を書いてきましたが、インターンからの正社員見送りの件は、おそらく異なるでしょう。

というのも、ドラマ公式ページの情報を見る感じでは、一ノ瀬は無事にインターンから採用されているようですので。

そこで、パンピーにその結末を予想してもらいました。

コネ入社ゆえに、社内の派閥争いやパワハラのターゲットになってしう歩。そんな中でも、持ち前の積極性や前向きさ、粘り強さでひたすら頑張る。それがいつしか認められるようになり、正社員に採用される。(42歳・女@職場でのハラスメントをなくしたい)
一ノ瀬歩はインターンで活躍するものの、最終的に採用は見送られる。元々インターンは使い捨てで、誰一人採用する気は無かった。起業することを目標に零細企業に就職。与一物産で経験したことをバネに奮闘。(35歳・女@副業探し中)
始めは何もできない一ノ瀬だったが、次第に仕事にやる気を見出し変わっていく。そんな姿勢を見ていた織田は採用の会議の中、一ノ瀬の採用を推す。そして見事、採用を勝ち取り、新入社員としてまた営業部に戻る。(27歳・女@暑いの苦手)

うーん・・・皆さんインターン採用の合否を結末予想してますね(笑)

桐明が鉄鋼2課に配属された後、その後徐々に活躍し始める一ノ瀬に対してやりきれない思いを抱く、ということが書かれてるので、一ノ瀬の採用は間違いないとは思うんですが。

ミセンの結末から考えると、一ノ瀬が正社員登用された後、織田が鷹野専務との確執から、やはり会社を辞めるのではないかと。

そこで一ノ瀬は、鷹野のコネが入社のキッカケだった為、鷹野と対立した織田についていくことをためらうが、やはり実際にお世話になった織田についていくことを決める。

ドラマの結末は、そんな感じかもしれませんね。

追記

最終回は下の記事にまとめてありますので、ミセンと同じかどうか確認したい方はどうぞ。

HOPE最終回視聴率&ネタバレあらすじ感想!切られるのはやはり下の者

まとめ

最後にまとめというか、ドラマでちょっと気になっていることを書いてみます。

ご存知の人が多いかもしれませんが、安芸主任を演じる山内圭哉さんといえば「スキンヘッド」

山内圭哉に嫁と息子?そもそも結婚は?「あさが来た」と民王の演技も

しかし、ドラマ公式ページの役柄画像はフサフサの髪あり(前クールのフジドラマ・早子先生に出演された時は、スキンヘッド)

役柄画像の髪はちょっと不自然なので、やっぱりカツラなんでしょうか?

あと、一ノ瀬が母親のコネで、総合商社・与一物産に途中からインターン参加という件。

現実に例えるなら、誰もが入りたがる三菱商事といった商社のインターンに、途中から参加するという感じですよね?

一ノ瀬の母は、見た感じそういうコネとか持ってなさそうな印象なので、なかなかあり得ない設定だなぁと。

実は鷹野専務の元恋人だったとか、そんな関係なんでしょうかね。

その辺も、もしかしたらドラマ中で明らかになるかも・・・ならないか(笑)

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">