HOPE第1話視聴率&ネタバレあらすじ感想!TBS「仰げば尊し」との対決は?

今回のネタは、7/17放送のドラマ「HOPE」第1話。制作局はフジテレビ。

前クールの同時間帯で、フジの「OURHOUSE」がTBS「99.9」に完敗しただけに、今回はその対決がどうなるのか、個人的に大注目しております。

ちなみに今回の対戦相手は「仰げば尊し」内容は、ある高校に起きた奇跡の実話が元ネタ。

仰げば尊し(ドラマ)実話原作ネタバレ!最終回結末で演奏される曲は?

何となくですが「99.9」に比べれば、かなり戦いやすい相手ではないかと。

その視聴率対決も気になる、HOPE1話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

HOPE第1話展開まとめ

その1:世の中は四面楚歌

囲碁のプロ棋士になるため、人生のすべてを捧げていた青年がいた。

一ノ瀬歩だ。

しかし歩はあることからその人生のすべてを捧げられる場所を失っていた。

毎日がアルバイトと家の往復で、味気ない日々を送っている。アルバイト代も女で1つで育ててくれている母に渡している。

そんな歩を見た母は、総合商社のインターン試験を勧める。

母は息子の可能を信じて、友人に口利きを頼んだのだ。

一度はそんな母を負担に思った歩は、反抗をしてしまうが気を取り直し、試験を受けることにした。

多くのサラリーマンが行きかう中でダボダボのスーツを着た歩が、自分には務まらないと思いながら会社が入るビルへと入る。

配属される営業3課に出勤すると、みな忙しそうに働いている。

トラブル処理に追われる主任の安芸に早速、コピーを頼まれた歩はコピー機へとむかう。

しかしコピー機にエラーが出てしまい、綺麗にコピーも取れない。

安芸主任は、汚れたコピーを持ってきて、さらに資料の校正もできない歩にどうやってここまで勝ち残ってきたのかと問う。

歩は「紹介です」と答えた。

そんな歩に安芸主任は「コネの子猫ちゃんかよ。何もするな。電話にも出るな」と言い残しトラブル処理へむかった。

留守番中の歩のところへ、電話がかかってくる。

この部署には歩しかいない。

歩は電話に出てしまった。

なんと電話口からは英語が。

うろたえてしまった歩は、同期インターンの香月あかねに助けを求める。

あかねは完璧な電話応対でその場を切り抜ける。

一方もうひとり優秀なインターンがいた。

桐明真司だ。

こちらも早速即戦力として、活躍をしていた。

お昼休み、インターンの中でも高卒の歩のことは話題になっていた。

1ヵ月後のインターン試験のプレゼンパートナーを決めるという名目で、歩のことを知りたい歩に色々な質問をし、大学に行っていないことなどを馬鹿にする。

歩は何も言い返せなかった。

一方営業三課の織田課長には、歩が専務のコネでインターンに参加しているというデマが流れていた。

それを聞き、顔色を変える織田課長。

急に織田に「ついてこい」と打ち合わせに同行させる。

移動途中で「おまえの売りはなんだ」と歩に問いかける。

歩は、また何も答えることができなかった。

歩が外回りに出ている間も、歩のうわさは回っていた。

そのうわさを聞きつけたのが、同期インターンの人見将吾だ。

彼は情報通。

気をつけなければいけない。

その2:自分が頑張る場所

打ち合わせ後、お礼を言う歩に織田課長は「帰れ、明日から来るな」と言い放つ。

真剣だったらメモのひとつくらい取るはずだという考えだ。

課長には、歩がただぼーっと22年間を過ごしてきているようにしか見えなかったのだ。

それを聞いた歩は「自分にも夢中でやってきたことがある」と答える。

しかし、課長には「ここは夢の代わりの場所か。二度と夢を追いかけていたなどと言うな。今ここで必死でがんばっているやつに失礼だ」

と怒鳴られてしまう。

歩が囲碁のプロ棋士をあきらめたのは、母親が倒れたことが原因だった。

プロ棋士になる試験には年齢制限があり、その制限間近に迫ったため、母親が過度なアルバイトをしてくれていた。

歩は試験日に、母親のことが気になり敗れてしまったのだ。

帰社した課長は、主任に「インターンは来ないので、今日の歓迎会はなしだ」と言う。

それを聞いた主任は、勝手にやめさせたらダメだと驚きの表情を隠せない。

退社した歩は、囲碁の先生の元を訪ねる。

先生は歩のことを心配して、サラリーマンとして人生を送ることを後押ししてくれた。

帰宅した歩の部屋には、母親からプレゼントのスーツが。

そこで歩は、自分が初めから社会という場所で戦おうとしていなかったことに気づく。

そしてもう一度失敗する自分を恐れていたことにも気づく。

母の優しさが身にしみた。

その3:努力のあとの悔しさ

歩は翌日、きちんと出社し課長に昨日のことを詫びて、残りのインターン期間はきちんと頑張りたいと話す。

課長は頑張るなんて誰でも言えると厳しいことを言いつつも、仕事を歩に与える。

一方、インターンのあかねは上司の打ち合わせ中にお茶出し。

打ち合わせ先のロシア人は、上司と意思疎通が取れず困っていた。

思わずあかねは口を出してしまう。

そんな時トラブルが発生。

インドネシアから送られてきた鉄鋼の中に不良品が混ざっており、今日中に品を揃えなければ違約金も取り、契約も解除するというクレームがあったのだ。

歩たちインターンは、不良品ではない鉄鋼をかきあつめる作業にとりかかった。

他のインターンはペアで作業をするが、歩だけは仲間に入れてもらえず、ひとりで必死に作業。

そんな時織田課長から別ルートで資材が確保されたという連絡が入ったが、インターン内のいやがらせで歩にだけは知らされなかった。

母からのプレゼントのスーツが汚れるまで頑張った歩は、ひとり現場に残されたことを知り呆然としてしまう。

会社に戻った歩は、あかねの携帯電話で真司と話し、他のインターンが織田課長からご馳走してもらうことを聞く。

歩は、他のインターンにからかわれながらも、汚れたスーツのままでお店まで行き完了報告。

そして自分は仕事があるからと、職場に戻った。

他のインターンは、織田が現場リーダーから褒められた歩の仕事までも自分たちの手柄にしていた。

それに真司だけが違和感を覚えていた。

一方、歩は会社に戻り、徹夜で仕事に打ち込んだ。

今回は自分の努力が足りなかったと。

その4:上司のあと押し

翌朝出社した課長と主任は、任せた仕事をていねいに歩がやっていたことに感心する。

特に織田課長は昨日の夜、真司から資材作業場で最後まで仕事をしていたのは歩だったという報告も受けていたのだ。

しかし課長は、歩を甘やかさず仕事へのダメ出し。

一方主任は、歩にプレゼンのパートナーを決めたかどうかの心配をしてくれる。

歩は将吾からパートナーの依頼があったことを話すと、パートナー選びは重要だからあかねと組むと良いというアドバイスまでしてくれた。

あかねに話を持ちかけようとすると、他のインターンから同時にパートナーの申し出を受ける。

あかねからオファーを受けて浮かれていた歩に、主任は「お前と組むと自分が優位にたてるから、みんな組みたがるんだ」と話す。

それを聞いた歩は、浮かれていた自分に腹が立ちもう一度気を引き締め仕事に戻るのだった。

そんな中、ひょんなことから営業3課の重要書類が、営業2課のインターンのミスでロビーに散乱してしまった。

そして、なんとそれを見つけたのは専務。

歩はその書類が自分の机の上にあった書類だと気づき、口を挟もうとしたが、課長に制される。

専務自ら課長はお叱りを受けてしまい「2度と顔をみせるな」と歩は怒られてしまった。

見かねた主任は、歩に頭を冷やすよう助言。

一方、課長は散乱された書類を見て、今回のミスは歩ではなく営業2課のインターンのミスだと気づく。

そこで、落ち込んで帰ってきた歩を、課長は飲みに誘う。

そして、べろべろに酔ってしまった課長は、歩の仕事を褒めて冤罪も晴らしてくれた。

そんな課長の姿を見て、ここで一生懸命にするしかないという気持ちと、課長が自分を部下だと認めてくれたこということに嬉しさを覚えていた。

どんな人でも誰かの役にたてると信じて。

HOPE第1話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


与一物産の前を行きかう多くのサラリーマンの中に佇む、1人の青年がいた。

今日からこの総合商社でインターンとして働く一ノ瀬歩(中島裕翔)だ。

歩はプロの囲碁棋士を目指していたのだが、その夢をあきらめてここにたっているのだ。

これまでの歩はプロ棋士になるために、人生のすべてを捧げていた。

日本棋院の院生にまでなり、研鑽を積んでいたのだが高校生の時に父が他界してしまったのだ。

家計を助けるために大学進学をあきらめ、アルバイトをしながらプロ棋士を目指す歩。

しかし必然とアルバイトの時間に、囲碁の練習時間を取られるようになってしまう。

さらにプロ棋士採用試験の年齢制限が歩を悩ませる。

歩は今22歳だ。

年齢制限は23歳未満。

歩は思い切ってアルバイトを辞め、身を粉にしながらも試験にむけてラストスパートをかけた。

そんな中での採用試験前日。

歩の母親・夕紀(朝加真由美)が過労で倒れてしまった。

突然のことに動揺してしまった歩は、なんと採用試験に落ちてしまった。

もうプロ棋士になるという夢は永遠に叶わない夢になってしまったのだ。

失意の中、家計を支えるために再び居酒屋のアルバイトを始める歩。

そんな息子をみた母親は、歩にあることを勧める。

「この会社、受けてみない?」

それは失意の中にいる息子のために、知人に頼み込み母が取ってきた与一物産の最終採用試験の要項だった。

インターンとして1ヶ月働き、その様子を見て合否が決まるのだ。

歩は合格できるわけがないと思いつつ、自分のために知人に頼み込んでくれた母を思い、試験を受験することにしたのだった。

今日から歩はインターンとして営業3課で働く。

出社初日、歩は元気よく挨拶をして部屋に入る。

課長の織田勇仁(遠藤憲一)は外回りでいなかったが、主任の安芸公介(山内圭哉)が歩たちインターンを待ってくれていた。

歩以外にもインターンは数人いた。

早速部屋に集められ、1ヵ月後にプレゼンテーション試験を行い、その結果で採用が決まるという話を聞かされる。

どのインターンも、高卒で社会経験のない歩から見たらやる気に満ち溢れ優秀そうに見える。

中でも桐明真司(瀬戸康史)と香月あかね(山本美月)は優秀そうだ。

そんな時、同期の人見将吾(桐山照史)がプレゼンのペアを組もうと誘ってくれた。

先輩が待つ部屋に戻ると、早速コピーを頼まれる歩。

しかし早速失敗してしまう。

一方で真司とあかねはそつなく業務をこなしていく。

歩は2人に助けられながら、なんとか業務を片付けていく。

そんな歩を見た社員は、将吾が仕入れてきた「歩は専務のコネ」という話を信じてしまう。

そんな中、外回りから帰ってきた織田課長は歩を打ち合わせに連れ出す。

何もできず座っているだけの歩。

打ち合わせ後にお礼を言う歩に、織田は「明日から来なくていい」と厳しく叱る。

メモも取らずにいた歩を見てやる気がないと判断したのだ。

歩は何もできない自分や、社会人としてふがいない自分に、打ちのめされてしまった。

しかし、そんな自分にも優しく指導してくれる安芸主任や、助けてくれるあかねに背中を押され、プレゼンの準備に向けてもう一度頑張り始めるのだった。

HOPE第1話感想

初め一之瀬の事本当にダメな人だと思ったけど根性あるよね~!私だったら倉庫の片付けなんて放置して帰るし、フォルダ整理も次の日でいいやって思っちゃうもん。他のインターンよりも出世してほしいな!(33歳・女@鼻水が止まらない)
思った以上に、感動しちゃったわ。見下されるのは、今まで努力してこなかったからって・・・。実際そうなんだけど、そう思える人って少ないんじゃないかな?今、自分に出来る事をするって、なかなか難しいしね。(25歳・男@節水に心がけてる)

HOPE関連記事

【NEXT】HOPE第2話視聴率&ネタバレあらすじ感想!歩のプレゼン突破のカギは?

[LAST]HOPE(ドラマ)韓国原作ネタバレ!最終回の結末が「ミセン」と異なる?

HOPE第1話視聴率

結果

6.5%

これはヤバイ・・・ちょうど1年前、同じアルファベット4文字で大コケしたHEATも初回6.6%。

二の舞いにならなければいいんですが。

ちなみに裏番組の「仰げば尊し」は11.4%。

ダブルスコアとまではいかないまでも、完敗です。

予想

前クール同時間帯の「OUR HOUSE」の第1話は、衝撃の4.8%でした。これを下回ることは、さすがに無いと思います。

そして、できれば「仰げば尊し」を上回って勢いをつけたいところ。二桁クリアは必須でしょう。

個人的には「10.2%」ぐらい行ってほしいとは思っています。

・・・でも、実際は難しいかもしれませんね。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメント

  1. たむ より:

    HOPE1話は期待0ではなく期待を遥かに上回るドラマでした。
    まっすぐな一ノ瀬と会社という社会、同期のいじめ。ブラック企業が多い中、共感する人も多く、その若い世代だけではなく、これから社会に出る学生の心にも響いたのではないでしょうか。自分自身、まだ学生ですが、このドラマで明日から頑張ろうと思えました。中島くんの演技もさすが実力派でドラマを際立てていました!今後も期待!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">