好きな人がいること3話ネタバレ&感想!夏向のサポートが美咲を動かす

今回のネタは、7/25放送のドラマ「好きな人がいること」第3話。

2話では、美咲演じる桐谷美玲さんの「どじょうすくい」姿に驚愕でしたが、それがキッカケで夏向との仲も進展。

好きな人がいること2話ネタバレ&感想!どじょうすくいで視聴率爆上げ?

やはり、美咲と結ばれるのは夏向なんでしょうか?

ただ、ドラマはまだまだ序盤戦。これから美咲には想像もできないような展開が待っていることでしょう。

では、美咲に訪れる新展開が気になる3話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

好きな人がいること第3話展開まとめ

その1:謎の女性・愛美

サーフショップ“LEGEND”に現れた西島愛美(大原櫻子)

彼女は、日村に柴崎3兄弟のことについて尋ね、さらに

「拓海という名前に心当たりはありませんか?」

と聞くが、そこへ冬真(野村周平)が入ってくる。

すると、愛美は逃げるように店を出て行った。

その2:千秋に迫る楓

“Sea Sons”では、相変わらず夏向(山崎賢人)が美咲(桐谷美玲)をいじめて遊んでいた。

そこへ、楓(菜々緒)がやってくる。

仲良さそうに寄り添う楓と千秋(三浦翔平)の姿に、美咲は

「ヨリを戻したのかな?」

と気が気ではない。

夏向にどやされて美咲がオーダーを取りに行くと、ちょうど楓が千秋をこの後飲みに誘っているところだった。

「じゃあ、美咲も一緒に行かない?この間のお礼もしたいし」

千秋は美咲を誘うが、美咲はおじけづいて断ってしまう。

落ち込みながら美咲が家に帰ると、家の前で冬真が風花(飯豊まりえ)とキスをしていた。

しかし、冬真は風花のことを別に好きではないと言う。

「アメリカでは挨拶みたいなもん」

と言う冬真に、美咲は楓と千秋のキスにも深い意味はないのかもしれないと淡い期待を抱く。

冬真がふざけて美咲に膝枕をしてもらっていると、千秋が帰ってくる。

とっさに冬真を床へと突き落とす美咲。千秋は

「今度の休み、どっか行きたいとこある?美咲の行きたいところ。考えといて」

と微笑み、部屋へと去っていく。

「どう見ても、デートの誘いでしょ」

という冬真の言葉に、美咲は戸惑いながらも喜びが溢れて止まらないのだった。

そんな千秋だが、実はあの後楓と飲みに行って、復縁を迫られていた。

しかし、2年前ボストン留学のため勝手に消えた楓に対して、千秋の態度は冷たい。

「やり直す気はないよ」

「誰か好きな人でもいるの?」

「楓には関係ないよ」

その3:楓の先制攻撃

楓は、千秋の好きな人は美咲ではないかと睨んでいた。

早速、楓の攻撃が始まる。

楓は美咲を呼び出し、お揃いのブレスレットをプレゼント。

「美咲ちゃん、私と友達になってくれない?私ね、千秋が好きなの。美咲ちゃんは好きな人いるの?」

と先制パンチ。

美咲はとっさに好きな人はいないと嘘をついてしまう。

さらに楓は、同情的な身の上話を持ち出し、千秋との出会いによって救われたから自分には千秋が必要だとダメ押し。

これには、美咲は応援するしかなかった。

“Sea Sons”では、美咲と夏向が深いため息をつく。

美咲は、よりによって夏向に

「友達と同じ人を好きになったらどうする?」

と恋愛相談を持ちかける。しかし

「バカじゃねえの?誰かのために諦められるような思いなら、結局その程度だったんだよ、お前の気持ちは!」

と夏向は一蹴。

一方夏向は、店の経営がずいぶんと前からうまくいっていないことを最近知り、思い悩んでいた。

千秋は、夏向が何も考えずに好きな料理を作り続けられるように、そのことを隠していたのだ。

その4:夏向の迷い

家に帰ると、冬真が明日のデートの場所にと江ノ島水族館を勧めてきた。

見ると幸せになるというペンギンの夫婦を、千秋と一緒に見てくればいいと。

しかし、千秋が美咲を誘ったのは結婚式のお礼だった。

夏向には約束のサーフボードを予約してあるため、不公平にならないように美咲のことも誘ったのだ。

というわけで、美咲、千秋、夏向の3人で江ノ島デートに行くことに。

その朝、夏向はデミバーグの試作品を作っていた。

こだわりのデミソースを缶詰のソースに変えたのだ。

味見をした冬真は、いつもの味と同じだと言う。

しかし、次に食べた美咲は

「2点。なんからしくないよ」

と正直に意見を述べる。

そして、いよいよ3人の江ノ島デートが始まる。

夏向は早々に帰ろうとするが

「2人はダメ!!」

と美咲が必死の形相で阻止。

美咲と夏向は喧嘩しながらもじゃれ合う。

海辺で休憩を取ることにした3人。

すると、夏向は千秋に決意を伝える。

「兄貴の言う通り、俺は作りたいものを作る。オムバーグのソース、缶詰に変える。もう決めたから」

その後、千秋が電話で席を外すと

「バカじゃねえの?誰かのために諦められるような思いなら、結局その程度だったんだよ、お前の気持ちは!」

と、美咲は夏向に言われた言葉をそのまま夏向にぶつける。

「シェフである前に、一人の男として譲れないものがあるんじゃないの!?」

「お前はどうなんだよ?一人の女として」

そう言って、夏向は一人で帰ってしまった。

その5:ドキドキ水族館デート!

こうして、美咲は千秋と二人きりで水族館に行くことに。

千秋が記念に写真を撮ろうとすると、通りすがりの人が声をかけてくれて、2ショットで写真を撮ってくれた。

「お似合いですね」

そう言われて

「俺たち、カップルに見えたかもね」

と微笑む千秋。

すると、美咲は突然走り出した。

美咲が向かったのは、楓のところだった。

「ごめんなさい!私、楓さんに嘘ついてました。私、本当は千秋さんが好きなんです!!

諦めようと思ったんです。でも、私にも一つだけ勝てることがあったんです。

千秋さんを好きな気持ちだけは、絶対に負けません!!」

美咲は、楓の恋を応援できないとライバル宣言をして去っていった。

美咲が水族館に戻ると、あたりはすっかり暗くなっている。

千秋はもう帰ってしまったらしい。

美咲がしょんぼり歩き出すと

「美咲!美咲!」

壁の影からペンギンのぬいぐるみが。

その後ろから顔を出したのは、千秋だった。

千秋はこっそり裏口から入れるらしいと、美咲を連れて中へ入る。

そして二人は、誰もいない館内をデート。

ハート模様のくらげを発見して、ハートが4つ揃うと四葉のクローバーだ!とはしゃぐ美咲。

「夜にこのクラゲを見ると、幸せになれるんだって。今、俺がそう決めた」

いい感じで向き合う二人。

そこへ、警備員がやってくる!

逃げ出して物陰に隠れた二人。

千秋は、美咲の肩を抱き寄せる。

ドキドキが止まらない美咲は、思わず千秋から離れて物音を立ててしまう。

千秋は、美咲の手を取って外へと連れ出した。

いたずらっ子のようにはしゃぎながら走る二人。

いい感じで横に寝転がる二人だが、美咲のお腹が大きな音を立てて鳴ってしまう。すると

「知ってる?脳が楽しくて幸せな状態だと、ドーパミンが出てお腹が空かなくなるんだって。あ~あ、楽しいのは俺だけか。残念」

と、千秋はすねたように言った。

その6:夏向の想い

“Sea Sons”に戻った美咲は、自分の気持ちに素直になれたのは夏向のおかげだとお礼を言う。

すると、夏向はオムバーグの試作品を美咲に差し出した。

それは、今まで通りのオムバーグだった。

夏向もまた、美咲のおかげで自分の気持ちに嘘をつかないことに決めたのだ。

しばらくして、美咲は眠ってしまっていた。

夏向は美咲に顔を近づけるが、美咲が寝言で千秋の名前を呼んだことで、その手を止める・・・。

美咲に向かい始めた千秋と夏向の思い。

3人の交錯する思いは・・・!?

好きな人がいること第3話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


結婚式の余興で、千秋(三浦翔平)の前で恥ずかしい姿を見られて落ち込む美咲(桐谷美玲)を、夏向(山崎賢人)は夕日の見える海へと連れ出す。

夏向は、美咲の仕事ぶりやお客さんの為に一生懸命になる姿勢を認めており、美咲もまた夏向の「ぶっきらぼうではあるが根は優しい」部分を少しずつ認め始めていた。

二人の距離が急接近したかに思えたが、日常に戻ってみるとやはり夏向は美咲に手厳しい。

まだまだ二人の仲が進展することはなさそうだ。

そんな中、謎の女・西島愛海(大原櫻子)が、夏向の行きつけのサーフショップ“LEG END”にやってきた。

そして、オーナーの日村(浜野謙太)に柴崎3兄弟(三浦翔平、山崎賢人、野村周平)のことを教えて欲しいと頼む。

さらに、愛海は

「“拓海”という名前に心当たりはないか?」

と日村に尋ねる。

ちょうどそこへ三男・冬真(野村周平)がやってきた。

日村が冬真を紹介すると、愛海は逃げるように店を出ていく。

後日、“Sea Sons”に千秋と楓(菜々緒)が二人で客としてやってくる。

二人の仲良さげな姿に

「まさか、ヨリが戻ったのでは!?」

と、美咲は仕事が手につかない。

そして、美咲が夏向に言われてオーダーを取りに行くと、ちょうど楓がこの後千秋を飲みに誘っているところだった。

美咲が気まずそうにしていると、千秋は美咲も一緒にと誘う。

しかし、美咲は二人の間に入ることにいたたまれなくなって断ってしまう。

その後、二人で飲みに言った千秋と楓。彼女は、千秋に復縁を迫る。

「私たち、やり直さない?」

その後も、楓の攻撃は加速していた。

まずは、ライバルである美咲をつぶしにかかる。

笑顔で近づいてきては、自分と千秋の仲をアピール。

美咲は、千秋への気持ちを諦めたほうがいいのではと弱気になってしまう。

しかし、夏向はそんな美咲に対して

「誰かのために、自分の気持ちを我慢するなんてバカだ」

と、冷たい言葉ではあるが、自分の恋を諦めずに貫けと助言をするのだった。

そんな中、冬真(野村周平)の様子に異変が。

シェフを目指して専門学校へ通っていたのに

「シェフにはならない。学校も辞める」

と言い出したのだ。

冬真を心配する同級生の風花(飯豊まりえ)は、度々冬真のもとを訪れるが、冬真は煩わしいと感じていた。

しかし、風花は諦めずに冬真の後を追う。

すると、冬真は風花に壁ドンをして、キスをしたのだった!

その現場をたまたま歩いていて目撃してしまった美咲。

「まさか、落ちちゃったの!?運命の恋!?」

と人ごとながら大興奮の様子。

そんなある日、千秋と夏向と美咲の3人で江ノ島に行くことに。

相変わらず夏向は意地悪で、美咲をからかう。

しかし、じゃれ合っている二人の姿はとても親しげに見え、一人後ろから見守る千秋は複雑そう。

その後、千秋とツーショットになった美咲。

通りすがりの人に写真を頼まれ、代わりに二人の写真も撮ってくれると言われる。

すると、千秋は美咲に近づき、肩が触れたことで美咲はドキドキ。そして千秋は

「俺たち、カップルに見えたかもね」

と王子スマイルを見せるのだ。

そんな千秋の言動に、ドギマギしてしまう美咲。

3人で浜辺を歩いている時、千秋の後ろ姿を愛おしそうに見つめる美咲の視線を、そのまた後ろから夏向が見ていた。

美咲の思いを知る夏向は、一人先に帰って美咲と千秋を二人きりにしてあげる。

その後、水族館に行くことになり、美咲と千秋はいい感じ。

そして帰り道、美咲はついに千秋に気持ちを告白!

「私、本当は好きなんです!」

好きな人がいること第3話感想

美玲ちゃんが翔平くんの事好きなの気付いてるくせに、恋を応援してさせようとする菜々緒さん、嫌な女だなって思ったよ!それにひきかえ美玲ちゃんの一喜一憂する姿はいい!野村くんとのゲームシーンは特に可愛かった!(22歳・女@男の子の前だとすぐ赤面しちゃう)
楓の性格の悪さが際立った。楓は美咲に、千秋が好きなことをわざと伝えて、自分を応援してもらうように話し、美咲が千秋に手を出したり気持ちを伝えたりしないようにわざと伝えたところが印象深かった。(29歳・男@快便)

好きな人がいること関連記事

【NEXT】好きな人がいること4話ネタバレ感想!千秋の秘密〜愛海と兄弟の関係も

【PREV】好きな人がいること2話ネタバレ&感想!どじょうすくいで視聴率爆上げ?

[LAST]好きな人がいること原作ネタバレは?最終回の結末に美咲は誰を選ぶ?

好きな人がいること第3話視聴率

結果

8.7%(▼1.7%)

思ったより下げ幅大きかったですね・・・

予想

第1話10.1% → 第2話10.4%

前話の「どじょうすくい」で、もっと上げてくるかと思ったんですが・・・世間はそんなに甘くなかったようで。

ただ、初回に対して下げなかったのは、非常に良かったのではないかと。

しかし、3話でガツンと下げてしまっては元も子もない。

何とか9.5%ぐらいに留まってほしいところです。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">