せいせいするほど愛してる4話ネタバレ感想!海里を惑わす2つの事故

今回のネタは、8/2放送のドラマ「せいせいするほど、愛してる」第4話。

3話で、未亜はついに海里と結ばれました。

そして、担当していた仕事も上向き。彼女にとっては最高の流れになりつつあったんですが・・・

そういう時に限って、よくないことが起こったりするものです。それは、現実もドラマも一緒。

では、急展開必至の第4話展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

せいせいするほど、愛してる第4話展開まとめ

その1:落ち込む未亜

陽太(高橋光臣)にうながされ、ある病室に連れてこられた未亜(武井咲)

そこには、意識不明で眠る女性・優香(木南晴夏)の姿が。

未亜が戸惑っていると、未亜が海里(滝沢秀明)の妻だと思っていた女性(橋本マナミ)が部屋に入ってくる。

彼女の名前は遥香といって、優香の姉だった。

そして、海里とは高校の同級生で、二人のことは昔から知っているのだと言う。

「海里は、朝起きて一番最初に優香のことを思うっていつも言っているのよ」

遥香はそう言って、海里が優香のことをとても大切に思っているのだとアピール。

また、奥さんがそんな状態なのに海里が未亜と付き合っていたことに対し、千明(トリンドル玲奈)やあかり(水沢エレナ)は激怒。

未亜も自分のやっていたことをひどく後悔する。

ところで、3人が部屋に帰ると、アパートが水漏れで使えなくなっていた。

千明は男のところに、あかりは会社に泊まると言って出ていき、未亜は仕方なくネットカフェで一晩を過ごすことに。

その2:すれ違う二人

翌日、クリスマス限定ジュエリーの企画会議で、未亜発案の企画が注目される。

その企画とは、ベストセラー作家のhiroにネット上で短編小説を書いてもらうという内容。

未亜はhiroとなかなかアポが取れずに困っていたのだが、なんとかマネージャーとのアポが取れたところだった。

「どんなことでもOKをもらってきなさい!」

上司に発破をかけられ、hiroのマネージャーのところへ向かった未亜。しかし

「今日は断るために会っただけです」

と門前払いされてしまう。

その時、ロビーに残された未亜に声をかけてきたのは、ジミーチュウの宮沢(中村蒼)だった。

宮沢はhiroにコネがあるらしく、未亜を紹介してもいいと持ちかける。

しかし、この後夏祭りに一緒に行くという条件を出してきたのだ。

その頃、千明はあることを企んでいた。

海里の実態を暴くため、久野に頼んで海里を夏祭りに誘い出してもらったのだ。

すると、海里と未亜は鉢合わせしてしまう。

海里はあからさまに不機嫌になり、未亜を引っ張って連れて行った。

「本当に引き抜きの件で二人で会ってたのか?部屋の浸水のことも、なんで俺に言わないんだ?恋人の心配くらいさせろよ!!」

奥さんが大変なときに平気でそんなことを言える海里の態度に、海里のことがわからなくなってしまった未亜。

そして、海里のもとから走り去ってしまう。

その3:宮沢の優しさ

一人落ち込んでいる未亜を見つけたのは、宮沢だった。そして彼は

「さて、そうゆうわけで!今日はうちに泊まってください!hiroさん紹介する条件は1つとは言ってませんよ~?」

と、強引に未亜を部屋へと連れて行く。

そこへ、海里から未亜に電話が。

未亜は慌てふためいて、すぐに電話を切ってしまう。

「あんな男やめとき。俺なら栗原さんを悲しませたりせえへん」

宮沢はいつになく真面目な顔でそう言い、友達のところに泊まると未亜を残し、部屋を出て行った。

最初から、宮沢は未亜と同じ部屋に泊まるつもりはなかったのだ。

その頃、海里は久野に未亜から避けられていることを話し、落ち込んでいた。

「大事なものが手に入らない先輩と、大事なものができない僕と、どっちが不幸なんでしょう?」

久野は、意味深なことを呟く。

その後も海里から電話がかかってきたが、未亜は出ることができずにただ携帯を見つめている・・・

翌朝、未亜が目覚めると、宮沢が戻ってきていて朝ごはんを作ってくれていた。

宮沢のユーモラスなノリに、未亜はいろいろと思い悩んでいたことも忘れ笑顔に。

その4:宮沢の宣戦布告

やっと水漏れの修理が終わり、部屋に戻ってきた未亜たち。

しかし、千明とあかりは険悪な雰囲気になっていた。

久野と千明が二人で会っていることを知り、あかりがツンケンしているのだ。

そんな中、未亜は念願叶って宮沢に連れられ、hiroに会うことができた。

ただ、未亜の熱い思いも届かず、hiroの態度は冷たい。

「検討します」

しかし、暗に断られた雰囲気のまま終わりそうになったところ、宮沢が得意技の「たたみかけるような関西ノリ」で仕掛ける。

それによって空気はガラっと変わり、一気にhiroの契約を勝ち取ってしまう。

ただ、それに対して未亜は「さぞかしとんでもない見返り」を求められるかと危惧。

しかし、宮沢は未亜の笑顔が見られるだけでいいと笑う。

「栗原さんはうちに来るべきや。今の会社におったら、副社長のこと忘れられなくて、辛い思いをする」

宮沢は、真面目な顔で未亜にそう告げた。

その後、宮沢は海里に会いに行き、未亜の忘れ物のピアスを渡し、未亜が自分の部屋に泊まったことを暴露。

海里は未亜を呼び出し、そのことを追及する。

それに対して未亜は、海里に優香のことを知ったことを打ち明けた。

「よく平気でいられますね。私は罪悪感に押しつぶされそうです。

奥さんがどんな人でも良かった。でも、あの人じゃかないません!!」

その5:海里と優香の真実

その夜、未亜は久野に電話で

「緊急事態だ」

と呼び出される。

未亜が駆けつけてみると、海里が酔いつぶれていた。

久野は、海里が未亜のためにhiroに会えるツテを探し回っていたこと、どうしても見つけられなくて自らhiroのオフィスに突撃していたことなどを話す。

宮沢と未亜がhiroとの面会に行った際、未亜は海里とすれ違っていた。

海里が自分のために一生懸命になってくれていたことを初めて知り、心揺れる未亜。

久野は海里を自宅へと送り、未亜を残して帰ってしまった。

その後海里は目覚め、未亜は帰ろうとするが、海里は未亜の手を取って引き止める。

「行くな。栗原のこと、誰にも渡したくないんだ。

こんなこと言える立場ではないのはわかってるけど、栗原が他の男といると思うだけで頭に血が上って仕方がないんだ」

そこで未亜は、優香とのことを全て話して欲しいと海里に頼むのだった・・・

アメリカに渡った海里は、仕事にかまけて優香の寂しさに気付けないでいた。

そして優香は寂しさのあまり他の男との恋に走り、二人は離婚することに。

その後、優香の実家に挨拶に行くため二人は車を走らせたが、仕事で疲れている海里に代わり、優香が運転を買って出た。

徹夜続きだった海里は爆睡。そして、気がつくと病院にいた。

また、この時優香はもう意識不明の状態だったのだ。

“奥さんを殺した”

というのは、そういうことだったのだ。

「こんな情けない俺だけど、側にいてくれないか?栗原が好きなんだ!」

「もう一度、その言葉言ってください」

「誰よりも、栗原が好きだ」

未亜は、海里の気持ちを再び信じることができた。

「お願いがあるんです。朝起きて最初に思うのは奥さんでいい。でも、夜眠る前に最後に思うのは、私にしてください」

海里は未亜を抱きしめる。

「朝起きて夜寝るまで、ずっと栗原を思ってる」

その6:海里を惑わす2つの衝撃的出来事

仕事も恋も順調に進み始めた未亜。

ただ、海里との待ち合わせに向かう途中、何者かに背中を押されて階段から転げ落ちてしまう。

階段の上には、松葉杖をついた人影が・・・。

未亜と電話中だった海里は、彼女の異変に気づく。

しかし、ちょうどそこへ病院から電話が入り、優香が目覚めたとの連絡が入ったのだ。

しばらくの葛藤の後、海里は意を決して走り出す。

海里の向かった先とは・・・!?

せいせいするほど、愛してる第4話のあらすじと予想


(ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います)


元カレの陽太(高橋光臣)は、未亜(武井咲)への未練から海里(滝沢秀明)の秘密を未亜に暴露。

陽太に連れてこられた病室で、未亜はベッドに意識不明の状態で眠る女性(木南晴夏)の姿を目撃する。

「この人が、副社長の奥さんだ!」

陽太の言葉に、未亜はショックを隠せない。そこへ遥香(橋本マナミ)が現れる。

遥香は、海里の妻・優香の姉だった。

海里と未亜の仲に気づいている遥香は、今こそ妹の敵を海里から遠ざけるチャンスとばかりに、笑顔で未亜を病室へと招き入れる。

そして、海里は献身的に優香の見舞いに訪れているのだとアピール。

本当は、海里が仕事仕事でなかなかゆっくり優香の見舞いに来ないことを怒っていたのだが、未亜の前では夫婦仲がとても良いと嘘をつく。

そこへ、ちょうど海里が優香の見舞いにやってきた。

鉢合わせしてしまった未亜と海里。

いたたまれなくなった未亜は、逃げるように病室を後にした。

その夜、海里は未亜に弁解をしようと未亜に会いに行く。

「朝起きてから夜寝るまで、ずっと栗原のことを思ってる」

しかし、未亜はもう海里への思いを断ち切らなければならないと決意していた。

「どんな奥さんでも良かったんです。でも、あの人じゃ叶いません!!」

奥さんの姿を見てしまった未亜は、人としてこのまま海里との関係を続けることはできなかった。

傷心の未亜は、また仕事に打ち込み海里のことを忘れようと努力する。

クリスマスジュエリーのキャンペーンが新しく立ち上がり、未亜はベストセラー作家のhiroにPR用の短編を書いてもらうことを発案。

しかし、その依頼に向かった未亜は、hiroに会わせてもらうこともできずマネージャーに追い返されてしまう。

そこへ、偶然通りかかった宮沢(中村蒼)

コネを使ってhiroと直接会わせてもらえるように取り計らってくれるというのだが、宮沢と二人で夏祭りに行くことを交換条件に出してきた。

この企画をどうしても成功させたい未亜は、その条件を飲んだ。

しかし、宮沢と二人で夏祭りに出かけた未亜は、なんとその姿を海里に見られてしまう。

久野(中村隼人)は、千明(トリンドル玲奈)とあかり(水沢エレナ)と夏祭りに行くことになり、先輩である海里も誘ったのだ。

未亜と宮沢の2ショットに、千明やあかりは驚く。

“危ない恋”賛成派の千明は、未亜が宮沢に乗り換えようとしているのが気に入らない。

一緒に行動しようと二人を誘い、気まずいメンバーで祭りを回ることに。

その最中、未亜のヤケになっているような行動を、海里は心配で仕方がない。しかし、心配して声をかけても

「副社長には関係ありません!」

と強がる未亜。それに対して海里もムキになってこう言い放つ。

「恋人の心配くらいさせろよ!」

また、海里への思いが溢れてしまいそうになる未亜。

だが、奥さんのことはまだ全然解決していない。

「俺なら栗原さんを悲しませたりしない」

未亜の心情を察した宮沢は、未亜に優しい言葉をかける。

そしてあるハプニングが起こり、その夜未亜は宮沢の家に泊まることになってしまう・・・。

その夜、宮沢と未亜は何もなかったのだが、宮沢は後日海里に未亜の忘れ物だとイヤリングを見せる。

「宮沢の家に泊まったのか?」

海里は未亜を問い詰めるが、未亜は海里に合わす顔がないと海里を避けるように。

しかし、海里の未亜への思いは揺るがなかった。

自宅に会いに行っても頑なに出てこようとしない未亜に対し、海里は千明に伝言を頼み、未亜への気持ちが変わらないことを伝える。

その後、千明から伝言を聞いた未亜は、やはり海里への気持ちが抑えきれなくなって急いで後を追った。

しかし、途中で誰かに後ろから押されて階段から転落してしまう。

階段の上には陽太らしき松葉杖が・・・。

連絡を受けた海里は、真っ先に未亜のもとへ。

未亜は意識はないものの、無事だったことを確かめホッとする海里。

しかし、海里のもとへともう一報入る。

優香が目覚めたという知らせだ。

優香の病室に向かった海里。

「海里、ずっとそばにいて」

時に感情的になる優香に、海里はじっと耐えている。

事故を起こしてしまったことで、奥さんに後ろめたさを感じているのだろうか。

そんな時、会社の命令で優香の見舞いに行かなければなかなくなった未亜。

優香は、女のカンで未亜と海里のただならぬ関係に気づいたようだった。

せいせいするほど、愛してる第4話感想

未亜、宮沢の家に行くとか無いでしょ。あと毎回思うけどエアギターのシーンいる?階段から突き落とされサスペンスモード突入は意外な展開。てかもう人間関係ぐちゃぐちゃ過ぎて、そろそろ人物相関図が必要なレベル。(31歳・女@1日5食)
前半は2人の思いがすれ違ってモヤモヤ。でも栗原が自分以外の男と一緒にいるところを見て嫉妬する副社長に思わずキュンとした!あと、最後はようやくすれ違った愛を再確認できて思わず涙しちゃった。(25歳・女@少女漫画好き)

せいせいするほど、愛してる関連記事

【NEXT】せいせいするほど愛してる5話ネタバレ感想!未亜を突き落とした人物は

【PREV】せいせいするほど愛してる3話ネタバレ感想!妻の秘密をバラされた海里

[LAST]せいせいするほど愛してる原作ネタバレ!結末をドラマ最終回で再現可?

せいせいするほど、愛してる第4話視聴率

結果

6.9%(△0.2%)

・・・何とか持ちこたえたかなぁ。

予想

第1話9.3% → 第2話7.4% → 第3話6.7%

タッキーのエアギター効果がなかなか現れない本ドラマ(笑)もしかしてやりすぎ?

危険水域の6%台に入ってしまいましたが、持ちこたえられるでしょうか。

4話はストーリーとして急展開を見せる回だけに、期待したいところ。

個人的には「7.6%」ぐらいまで戻すと予想しておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">