せいせいするほど愛してる5話ネタバレ感想!未亜を突き落とした人物は

今回のネタは、8/9放送のドラマ「せいせいするほど、愛してる」第5話。

4話では、未亜を巡る海里と宮沢のバトルがヒートアップ。

その渦中の未亜といえば、海里の妻が意識不明で病院にいることを知ってしまい、一旦海里から離れる決意をしますが・・・

海里から妻との関係の真相を聞かされ、再び海里の元へ戻ることを心に決めます。

が、未亜は再びピンチに。直接未亜を狙った襲撃に加えて、海里の妻が目覚めるというダブルパンチ。

では、未亜がピンチをどう乗り切るのかが気になる、第5話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

せいせいするほど、愛してる第5話展開まとめ

その1:妻、目覚める

階段から落ちた未亜は、薄れゆく意識の中で松葉杖をついた人影を目撃していた。

それは、逃げていく陽太(高橋光臣)の姿だった。

病院へと運ばれた未亜。

夢の中で海里に手を握られていが、目を覚ますと横には宮沢(中村蒼)の姿が。

また、宮沢と入れ違いで、あかり(水沢エレナ)と千明(トリンドル玲奈)が見舞いにやってくる。

そこで未亜は、海里の妻・優香(木南晴夏)が目覚めたことを聞かされる。

未亜が出社すると、会社では海里と優香のことで話題は持ちきり。

広報部長の向井が代表して見舞いに行くことになり、未亜は同行することを指示される。

そして病室に行ってみると、なんと優香は記憶喪失になっていた。

当然、離婚する予定だったこともすっかり忘れてしまっている。

落胆を隠せない未亜。

「そばにいられるだけでいい」

その言葉とは裏腹に、未亜は海里の全てが欲しくなっていた。

その夜、海里からの電話を待ち続ける未亜。

その電話の切り際に、海里は初めて

「未亜」

と名前で呼びかける。

未亜は、それだけで幸せいっぱいになってしまうのだった。

その2:我慢ばかりの恋の始まり

未亜と海里は二人で食事デートを楽しむが、病院からの呼び出しがあり未亜は笑顔で送り出す。

海里はまた仕切り直すと約束するが、翌日は海里の誕生日だ。

当然、時間など作れるはずがないと未亜は諦めモード。

しかし海里は自分の家の鍵を渡し、遅くなるが必ず帰ると約束するのだった。

翌日、優香の容態が悪くなり、海里は仕事中に病院へと向かうことに。

夜の約束もダメになり、未亜は海里が優香のもとへと走っていく後ろ姿を切ない思いで見送った。

その3:女同士のバトルがヒートアップ!

一方、あかりと千明の恋のバトルはヒートアップ!

久野をめぐって険悪さが増していた。

そしてあかりは、久野の担当を降りることを決意。

その連絡を受けた久野は、あからさまにショックを受けていた。

その後、久野はあかりに直接会いにいくが

「失望させないでくださいよ。仕事とプライベートは別でしょ?

それとも、あなたに手を出さなかったのが不満ですか?」

と、あかりを挑発するような発言をして、あかりにひっぱたかれてしまう。

後日、あかりと千明の仲裁のため、未亜は久野を呼び出して話を聞いた。

すると、久野は恋愛に対して独特な考え方を持っているようだ。

その4:未亜を突き落とした張本人

海里への思いが募る未亜は、海里へと会いたい思いを伝えようとするが思いとどまり

「お誕生日おめでとうございます」

とだけメッセージを入れた。

その頃海里は、優香のベッド際で眠ってしまっていた。

その時、海里の携帯が鳴る。

優香はふと興味を示し、未亜からのメッセージを見てしまう。

未亜のことを知りたい優香は、未亜を病院に呼び出した。

その面会が終わり、帰ろうとする未亜を海里が送りに行こうとする。

しかし、その時

「そばにいて」

と優香に引き止められ、海里は未亜を送ることができなかった。

ところで、病院から帰ると、陽太が未亜を待ち伏せしていた。

未亜は、階段から落ちたとき陽太の姿を目撃していたことを思い出す。

しかし、事実は違ったのだ。

陽太は未亜が落ちたのを目撃して、急いである人物を追っていた。

それは、遥香。

未亜を突き落としたのは、遥香だったのだ。

その5:突然のプロポーズ

その夜、海里から

「会いたい」

と連絡があり、未亜は張り切って手料理を作る。

しかし、やはり急に行けなくなったと連絡が入ってしまう。

ヤケになった未亜は、宮沢を呼び出す。

無理に明るく振舞う未亜に

「無理して笑うな。泣きたいときは泣いたらええ。俺がそばにいるときは、無理しなくていい」

と抱きしめる。

そして宮沢は、突然未亜に

「結婚前提に付き合ってもらえませんか?」

と告白するのだった。

その6:会社にバレた二人の関係

夜遅く、海里は未亜の部屋へとやってきた。

ドアが開くなり未亜を抱きしめ、謝る海里。

しかし、未亜は醜い感情にまみれた自分が最低だという思いでいっぱい。

それに対して、海里はこう言った。

「最低なのは俺の方だ。栗原が階段から落ちたとき、優香が目覚めたと連絡があった。

でもその時、俺は迷わず栗原を選んでた」

未亜の手を握ってくれていたのは、夢ではなかったのだ。

その後二人はコンビニでケーキを買い、ささやかな誕生会をする。

そんな幸せな二人に、最大の危機が迫っていた。

翌日、出社すると未亜は海里とともに社長室に呼び出される。

二人が密会している写真が社長のもとに送られてきたのだ。

そこで、未亜は海里を守るため嘘をつく。

「実は私、ジミーチュウの宮沢さんと婚約しています」

せいせいするほど、愛してる第5話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


階段から転がり落ちるという事故に遭い、病院に運ばれた未亜(武井咲)

海里(滝沢秀明)に手を握られている夢を見たが、目を覚ますと未亜の手を握っていたのは宮沢(中村蒼)だった。

その後、千明(トリンドル玲奈)とあかり(水沢エレナ)がお見舞いに来て、未亜はショッキングな事実を告げられる。

海里の妻・優香(木南晴夏)が目覚めたというのだ!

連絡を受けた海里は、優香の病院に駆けつけていた。

その後しばらく、海里は優香の見舞いと会社との往復に追われる日々を過ごし、未亜と会うことができなかった。

未亜が退院すると、部長の向井(神野美鈴)が広報部を代表して優香のお見舞いに行くことになり、未亜も同行するように指示される。

奥さんに面と向かって会うのは気が引ける未亜だが、向井はかなり強引にそのことを決めた。

社長に未亜と海里のことを監視するように頼まれている向井は、あえて未亜を優香のもとへと連れて行ったのだ。

そして、優香の見舞いに行った未亜は、思いもよらぬ事実を知る。

優香は、事故のショックで記憶障害になり、海里と離婚の話が決定していたことを忘れてしまっていたのだった。

「優香が目覚めたことで離婚が成立するのでは」という未亜の期待は、一気に打ち砕かれることとなる。

また、優香の前で海里と未亜はどう振舞っていいのかわからず、気まずい態度。

「栗原さんって、海里の研修係なんですよね?」

優香は女のカンで、未亜を一目見て海里との関係に感づいていた。

優香に肩を貸しながら、寄り添い歩く海里。

そんな二人の後ろ姿を、未亜は切なく見送るしかなかった。

その夜、一人マンションに帰り傷つく未亜。

彼女は、海里と優香がヨリを戻してしまうのではないかと、不安でたまらなかった。

そこへ海里が訪ねてきた。

ドアを開けるなり、海里は未亜を抱きしめる。

「栗原はただ、俺につかまっていればいいから」

頼もしい海里の言葉に、未亜は海里を信じようと心に決めた。

しかし、そんな二人を引き離す、さらなる陰謀が・・・

優香は海里が眠っているのを見計らって海里の携帯を盗み見、夫と未亜の関係を確信。

そこで優香は、何とか時間を作って未亜に会いに行こうとする海里を引き止める。

「海里、そばにいて?」

海里は、一度大きく傷つけた優香を、再び突き放し傷つけることはできなかった。

そして、大変な事件が起こってしまう。

未亜と海里が一緒に歩いているところを何者かが撮影し、ティファニー副社長の不祥事として週刊誌で騒ぎ立てられてしまったのだ。

「我社のブランドに泥を塗るつもりか!」

社長(松平健)は大激怒!

その時、未亜は海里を守るため二人の交際を否定し、ある嘘をつく。

「ジミーチュウの宮沢さんと婚約しています」

宮沢に交際を申し込まれたことは本当だった。

「結婚を前提に、付き合ってくれませんか?」

宮沢は、未亜の仕事ぶりに惚れ込み関わっていくうちに、女性としても惹かれるようになっていたのだ。

その後、未亜は撮影したのは陽太(高橋光臣)ではないかと疑い、陽太を問い詰める。

「階段から落ちたとき、見たの」

未亜は薄れゆく意識の中で、階段の上に立つ松葉杖をついた人影を目撃していたのだ。

撮影をしたのは、陽太一人の未亜への嫌がらせか、それとも優香の差金で、遥香と繋がっている陽太を動かしたのか?

はたまた、未亜と海里を引き離したい宮沢の仕業か?

一方、宮沢との婚約を告げられた海里は未亜を呼び出し、真意を問いただす。

それに対して、将来が見えなくなっている未亜は、逆に海里に問いかけた。

「副社長の未来に、私はいるんですか?」

そこで未亜は、ある事実を聞かされる。

実は、海里は優香が目覚めたという連絡をもらった時、同時に未亜の身に何か起こったと悟り、真っ先に未亜のもとへと向かっていたという。

海里に手を握られていたのは、夢ではなかった。

未亜が無事だと確認してから、海里は優香の病院へと向かったのだ。

そのことを知り、未亜はまた海里への思いを強めることに。

ところで、久野(中村隼人)をめぐる千明とあかりのバトルはさらに険悪さを増していた。

未亜は二人を心配して久野を呼び出し、どちらのことが好きなのかを聞こうとする。

しかし、久野は曖昧な答えしかせず・・・。

せいせいするほど、愛してる第5話感想

副社長の奥さんが目覚めて記憶をなくしてしまったというのがかなり衝撃的でビックリだよね。普通に記憶あったら離婚してハッピーエンドになってたのに。やっぱりドラマなんでうまくいかないなぁって感じ。(28歳・女@納豆が好き)
奥さんの意識戻ったけど記憶なくなってるし、二人で部屋から出てくるところを撮られ社長にバラされちゃってるし、踏んだり蹴ったりだよね。だから、宮沢と婚約中ってウソついて逃れられるのかもすごい心配。(41歳・女@セミロング)

せいせいするほど、愛してる関連記事

【PREV】せいせいするほど愛してる4話ネタバレ感想!海里を惑わす2つの事故

[LAST]せいせいするほど愛してる原作ネタバレ!結末をドラマ最終回で再現可?

せいせいするほど、愛してる第5話視聴率

結果

6.7%(▼0.2%)

うーん・・・

予想はなかなか当たらないものです。

予想

第1話9.3% → 第2話7.4% → 第3話6.7% → 第4話6.9%

第4話で、何とか下降の悪い流れから脱した本ドラマ。

とはいえ、上昇したのはわずか0.2%。まだまだ安心できるレベルには程遠い状況。

ただ、今話も少しずつでいいので上げていきたいですね。

そこで、希望も込めて0.5%アップの「7.4%」と予想します。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">