神の舌を持つ男6話視聴率&ネタバレあらすじ感想!雅の携帯番号ゲット?

今回のネタは、8/12放送のドラマ「神の舌を持つ男」第6話。

ひとつ前の5話は、本ドラマ初の試みである「2話完結」の2話目。

また、横溝系全開のお話だった為、そっち系が大好きな方にとっては非常に良かったのではないかと。

ただ、6話ではまた「1話完結」で、3話までと同じような展開に戻りそうな予感。

個人的には、本ドラマのようにお気楽に見れるドラマは、1話完結の方が適していると思いますけどね。

では、おそらくまた雅と蘭丸は出会えないであろう6話展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

神の舌を持つ男第6話の展開まとめ(予想)

温泉芸者・雅を追って、蘭丸たちは大山温泉にたどり着く。

しかし、雅の派遣先であるホテル・ニュー天野屋のフロントで聞くと、雅は怪しい男と一緒にホテルを後にしていた。

ただ、今回はまだ次の派遣先には行っていないらしいということで、周辺を探し回る蘭丸。

そして、土産物屋で雅の似顔絵を店員に見せると「雅って芸者さん、男が探してたよ」との情報が。

その朝、怪しげな男が雅の写真を見せて探し回っていたというのだ。

ちょうどその時、サングラスをかけたその怪しげな男が土産物屋のそばを通りかかる。

そこで蘭丸たちは話を聞こうと追いかけるが、男は共同湯に入って鍵をかけてしまった。

共同湯では防犯のため、鍵をかけることになっているのだった。

中に入るため、他の鍵を借りに管理人のところに行く蘭丸と寛治。

しかし、一人目の管理人の早苗は「鍵は貸し出し中」と取り付く島もない。

また、二人目の管理人の磯吉にも「いま利用している人が鍵を返したと連絡が入るまでは貸せない」と断られる。

蘭丸と寛治ががっかりして共同湯に戻ると、光が鍵を手にして「風呂に入ろう!」と待っていた。

男は金子といい、彼が出て来た時に光は空気を読まずにその鍵を受け取ったのだ。

蘭丸は金子を追おうとするが、前日は入浴していなかったため、渋々入ることにする。

ところが、蘭丸と寛治が茶色いにごり湯の溜まった湯船に入ると、底から着衣の女性の遺体が浮かんで来た。

通報すると地元警察の徳沢がやって来て、被害者は加茂陽子というニュー天野屋の仲居だと判明。

そして、第一発見者だということで蘭丸たちも事情聴取を受ける。

警察から解放されて再び雅探しを再開した3人は、コソコソしている金子を発見。

蘭丸たちが追いかけて話を聞くと、金子は加茂陽子を殺していないと否定。

また、金子は蘭丸が雅を追っていると知ると「俺を助けたら雅の携帯電話を教えてやる」と事件の解決を依頼してくる。

この事件、金子が殺していないとすると、加茂陽子がいつどのようにして共同湯に入り殺されたのか、または遺体がいつ運び込まれたのか、がポイントになる。

鍵は2本あり、1本は金子が中に入って閉めていた。

もう1本は磯吉が持っていたが、他人には返却されたと連絡がなければ貸さない。

そして、金子が出てくるとすぐに光が鍵を受け取っている。

しかし、実は磯吉が前日に通りすがりの女に鍵を奪われていたことがわかる。

その特徴から犯人は加茂陽子の中居仲間で、ふたりはひとりの男性を巡って三角関係にあり、口論になってカッとなり殺してしまったという犯行だった。

こうして、蘭丸の推理で事件は解決。

金子は約束通りに雅の携帯電話を教えてくれたので、 蘭丸はドキドキしながら雅に電話をかける。

そこで雅は一言、次の派遣先の温泉地の名前を言って電話は切れたのだった。

蘭丸たちは雅が教えてくれた場所を目指して出発!次こそは雅に会えるのでしょうか?!

神の舌を持つ男第6話感想

周りの空気をよまない光のキャラ今回も相変わらずで、とてもいい感じ。少しずつだけどミヤビの正体もわかってきたみたいで。いつもスレ違ってばかりだった蘭丸とミヤビどんな感じで絡んでいくか楽しみ~ (35歳・男@メガネは伊達)

神の舌を持つ男関連記事

【PREV】神の舌を持つ男5話視聴率&ネタバレあらすじ感想!犯人は村長と住職?

[LAST]神の舌を持つ男ネタバレ!ミヤビ(雅)役キャストは?原作と最終回結末も

神の舌を持つ男第6話視聴率

結果

3.8%(▼1.5%)

来るトコまで来てしまった感じ・・・

予想

第1話6.4% → 第2話6.2% → 第3話5.7% → 第4話5.3% → 第5話5.3%

何とか5%台に踏み止まった前回。

このまま何とか4%台に落ちずにいけるのかが、視聴率的には大きな注目点となりそうです。

6話の個人的な予想は、5.1%。

今回も、何とか5%台をキープしてくれることに期待ですね。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">