そして誰もいなくなった6話ネタバレ感想!小山内の罪を知らしめた新一

今回のネタは、8/21放送のドラマ「そして、誰もいなくなった」第6話。

5話では、新一が今回の事件の黒幕と思われる人物とついに対峙。

とはいえ、その黒幕は姿を現していませんし、声も変えてありますので、誰なのかはまだわかりません。

また、砂央里と馬場も新一や日下と同じくパーソナルナンバーを持たないことが明らかに。

そして、この4名で黒幕に立ち向かっていくような構図になりました。

ただ、日下をはじめ、砂央里や馬場の素性は謎な点が多く、新一の味方なのかどうかは不明。

6話からいかにもドラマの後半戦スタートという印象でしたが、多くの謎はまだ残ったままです。

では、少しずつ謎が解明されていくであろう6話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

そして、誰もいなくなった第6話展開まとめ

その1:逆襲開始

新一(藤原竜也)がいなくなって1ヶ月が過ぎた。

そして同じ頃、万紀子(黒木瞳)のヘルパー弥生(おのののか)も行方不明に。

彼女が「偽新一の正体は川野瀬猛」という事実を知った直後のことだ。

その為、早苗(二階堂ふみ)が万紀子の世話をしていた。

その万紀子のところに、誕生日プレゼントを持って小山内が訪れる。

ちょうどその時、万紀子の携帯へ新一からメールが。

しかし、それはウィルスメールだった!

万紀子の携帯のデータは全て削除され、同時に万紀子のアドレス帳に登録されていた人物たちにウィルスメールがばらまかれてしまう。

その頃、五木(志尊淳)は“ミス・イレイズ”のプロテクト解除ができずに困り果てていた。

そんな時、早苗からウィルスメールの話を聞き、そのメールを転送してもらって解析する五木。

しばらくして、五木はプロテクトが解除できたと大喜び。

しかし次の瞬間、会社のサーバーのデータが全て削除されてしまった・・・!

その2:小山内の誤算

新一の行方を追っている小山内。

ある日、ずっと臨時休業中だったバー「KING」が開店していることを発見し、中へ入る。

そこで、日下(伊野尾慧)に新一の行方を尋ねるが、日下は

「あまり、思い出したくない」

と、新一に巻き込まれ拉致され、手を痛めつけられたことを話す。

また、その話を警察に知らせることができなかった理由は、小山内も知っているはずだとも語った。

小山内は、日下がパーソナルナンバーを持っていないことを知っていた。

実は、そのことで日下を脅し、新一の使ったグラスを回収することに協力させていたのだった。

しかし、そのグラスを何に使ったのかという日下の問いには答えず・・・。

日下と新一の繋がりを怪しむ小山内は、日下を尾行する。

しかし、馬場(小市慢太郎)に襲撃され、手足を縛られ車のトランクに押し込まれてしまう。

馬場が襲撃する際

「藤堂新一からのプレゼントだ」

と言ったことから、小山内はこれが新一の犯行だと確信。

「新一、俺はお前に殺されるのか?」

トランクの中で、小山内は恐怖に震えていた。

ところが、その現場を西条(鶴見辰吾)が見ていた。

西条の通報により警察に見つかってしまった馬場は、迫真のカーチェイスで逃げ走る。

しかし、絶体絶命のピンチに陥り、車ごと海へと飛び込んだ。

ただ、小山内は奇跡的に助かったらしく、その後留置所に入ることになる(その経緯は不明)

ちなみに、新一は小山内がまだ自分の行方を追っていることを知り、馬場に「指示しといた」と発言。

また、カーチェイスの途中に馬場は誰かにエマージェンシーを伝える電話をしており、その相手に「自分で逃げ切れ」と指示をされている。

これは、新一の指示なのだろうか?そうだとすると

「新一の人格が変わってしまった」

という日下の発言の意味もわかるような気がするのだが・・・

ところで、新一と日下、馬場、砂央里(桜井日奈子)は日下の部屋で同居しており、新一は連日黙々とパソコンに向かい何かを作っている様子。

その新一の様子は「人格が変わった」とは思えない、お人好しで真面目な雰囲気だ。

その3:決行の日

早苗は、万紀子の机の引き出しからボイスチェンジャーを発見。

万紀子は前日このボイスチェンジャーを持って、なんとも神妙な表情をしていた。

後悔の色を浮かばせるような・・・。

その後、万紀子は日下のもとへと向かう。

真っ直ぐに日下を見つめる万紀子。

屋上で新一を追い詰めた声の主は、万紀子だったのか?

また、それは日下の指示だったのだろうか?

そして、ついに“決行の日”を翌日に控えた新一たち。

「2016年9月1日。明日、世界は孤独になる」

ただ、馬場が帰ってこなければ決行できないと言うが、馬場は帰ってこない。

小山内と一緒に海へ落ちたのだ。

馬場を心配する3人。

そして、新一のパソコンには、“爆発”“侵入”“電源消失”の文字が。

新一たちは、犯人からの指示である“7つの罪”に向かって動き出している・・・!

そして、誰もいなくなった第6話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


犯人の要望に従い、パーソナルナンバーを持たない仲間である日下(伊野尾慧)馬場(小市慢太郎)砂央里(桜井日奈子)と行動を共にすることになった新一(藤原竜也)

「7つの罪を犯す」

という指示を受けて、4人が動き出す・・・!

新一は、姿を消したままだった。

警察が新一の行方を追う中、株式会社L.E.Dでも新一のいなくなったことで困っている人物がいる。

新一が開発した“ミス・イレイズ”のプロテクトが外せず、プロジェクトは完全にストップ。

田嶋(ヒロミ)や五木(志尊淳)は、そのことで上からドヤされ困り果てていた。

一方、万紀子(黒木瞳)のヘルパーの弥生(おのののか)は、重要な事実を知ってしまった。

ヘルプに入った介護施設で担当になったお爺さんが、なんと川野瀬猛(遠藤要)の父親だったのだ。

そのことを真っ先に誰かに報告した弥生だったが、その後忽然と姿を消している。

そのため、弥生に変わって早苗(二階堂ふみ)が万紀子の世話を焼いていた。

すると、小山内(玉山鉄二)が訪ねてくる。

その日は、万紀子の誕生日だったのだ。

3人で部屋にいると、万紀子の携帯に新一からメールが。

メールにはビデオメッセージが添付されており、新一の顔写真も出てくる。

その為、新一の行方を心配していた万紀子はすぐさまメールを開こうとした。

しかし、小山内はメールに“ミス・イレイズ”の文字を発見し、それがウィルスだということに気づく。

怖がる万紀子をなだめ、とりあえずそのメールの入った携帯を預かり、早苗と小山内は部屋を出た。

すると、そこへ五木が現れる。

五木も、なんとか新一を探し出そうと会社を飛び出したのだ。

早苗からメールのことを聞いた五木は、プロテクト解除のヒントが隠されているかもしれないと、早苗からそのメールを転送してもらった。

早速会社に帰り、作業を始める五木。

そして、プロテクトが解除されたと思い喜んだのも束の間、思いがけない光景が五木を襲う。

五木は半狂乱になり

「藤堂―――!!!」

と新一に怒りのたけを叫ぶのだった。

そんな折、ずっと休業中だったバー「KING」が再開。

そこで小山内は日下のもとを訪れ

「新一が行方不明になっているのは知っているか?」

と尋ねる。

それに対し日下は

「知ってますよ。でもあんまり思い出したくない」

と神妙な面持ち。

なぜなら、新一は急に変わってしまい、別人格のようになってしまったのだと言う。

新一の行方については何も知らないと口を閉ざす日下だが、小山内は日下が何かを知っているのではという思いが拭えない。

そこで小山内は、店が閉まるのを待って日下の尾行を開始。

しかし、後ろから馬場が小山内に襲いかかる。

気を失った小山内を車のトランクに詰め、車は走り出した。

その車を運転しているのは・・・そう新一だ。

新一は、決死の覚悟で車を走らせる。

犯人の指示に従っているとはいえ、日下の言う通りまるで別人格のようになっている新一は、小山内に一体何を・・・!?

犯人の指示“7つの罪”の最初の罪を犯そうとしているのだろうか!?

意識を取り戻した小山内は、自分が絶体絶命な状況に追い込まれていることを悟る。

「新一、俺はお前に殺されるのか・・・?」

ただ、小山内は無事に解放された。

しかし、その代わり警察に拘束されることに。

小山内の犯した罪とは?

そして、誰もいなくなった第6話感想

未だ誰が犯人なのかわからない。みんな怪しすぎる。だから面白いのかもしれない。次が楽しみ。お母さんだけは信じられると思っていたのに、まさかのお母さんが怪しくなってきた。なんで変声機を持っていたんだ?(25歳・女@セミが好き)
小山内が日下の年の情報を聞き出す辺りが怪しく感じた。小山内は日下の何を疑っているのか?日下は何を隠しているのか?そして、母親の誕生日にメールを送ったのは新一なのか、違う人なのか?来週が待ちきれない(27歳・女@早く夏終われ)
今回からは第2章という感じで、今まで新一が陥れられている方だったのが陥れる方になっていて、展開にドキドキした。小山内は果たして生きているのだろうか。日下と新一の母との関係性も気になるところ。(30歳・女@イケメン大好き)

そして、誰もいなくなった関連記事

【PREV】そして誰もいなくなった5話ネタバレ感想!第3の選択肢に揺れる新一

[LAST]そして誰もいなくなった最終回結末!黒幕(犯人)は新一が信頼する人物?

そして、誰もいなくなった第6話視聴率

結果

9.0%(△2.9%)

何この急上昇(笑)

意味がわかんないですが、とりあえず良かった!

予想

第1話10.7% → 第2話8.6% → 第3話7.2% → 第4話6.4% → 第5話6.1%

謎が多くなることに比例して、視聴率が下がっていっているような本ドラマ。

となると、謎がどんどん解明されていく後半は、逆に視聴率が戻っていく・・・ことは多分ないでしょう(笑)

あと、そろそろ下げ止まりかなという気はします。

ということで、6話の予想は「6.0%」としておきました。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">