好きな人がいること7話ネタバレ感想!瀬戸内の夕日に深まる二人の絆

今回のネタは、8/29放送のドラマ「好きな人がいること」第7話。

夏向のどストレートな美咲への告白に始まり、夏向が千秋と冬真の兄弟ではないことが判明して終わるという、衝撃の6話から2週間。

オリンピックも大盛り上がりでしたが、6話の展開がヤバかっただけに、本ドラマの再開を心待ちにしていた人も多そうです。

その展開の中でやっぱり気になるのは、本当の兄弟ではないと知ってしまった夏向の今後。

何やら美咲との恋がどこかに行ってしまいそうなインパクトですが、そこはちゃんと絡めてくれることでしょう。

では、とにかく夏向が気になる7話展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

好きな人がいること第7話展開まとめ

その1:3兄弟に入った亀裂

千秋(三浦翔平)の制止を聞かずに、冬真(野村周平)は夏向(山崎賢人)が本当の兄弟ではないことを暴露してしまう。

そして、夏向の本当の妹だと愛美(大原櫻子)を部屋に呼び入れる。

愛美の母親・渚(=夏向の母親)は今病気で入院しており、一刻も早く輸血が必要な状態にあった。

しかし、渚はめずらしい血液型の為、愛美は夏向に輸血を頼むために探し回っていたのだ。

一連の話を聞いた夏向はショックのあまり、家を出ていってしまった。

その後、千秋と美咲(桐谷美玲)に

「夏向の気持ちを考えなかったのか」

と責められた冬真は

「どうせ美咲ちゃんも夏向の味方なんだろ。兄ちゃんだって、口を開けば夏向、夏向って。

親父だってそうだったよ。血が繋がってないのが、俺だったら良かったんだろ」

と、ふてくされて家を出ていってしまう。

その後を美咲が追うと、夏向とすれ違った。

そして、冬真はそのままどこかに行ってしまい、夏向は家へと戻ったが部屋へと閉じこもってしまう。

その2:夏向の母・渚の過去

翌朝、美咲は夏向の部屋が空っぽになっていることに気づく。

夏向が店を投げ出して失踪するなんて、やはり相当なショックだったのだ。

美咲と千秋は、“Sea Son”の予約客のキャンセル作業に追われる。

やっとひと段落し、千秋は美咲に夏向が来たときのことを話し出す。

千秋が5歳だったとき、突然春人が夏向を連れてきてこう言ったそうだ。

「今日からお前の弟だ」

ずっと弟が欲しかった千秋は、そのことをすごく喜んだ。そして

「俺が守ってやる」

と決めたのだ。

しかし、結局は夏向を傷つけてしまい、落ち込む千秋。

「兄貴失格だな」

その後、美咲は夏向の部屋に戸籍謄本があるのを発見。

その情報から、夏向は本当の母親・渚の家について知り、会いに行ったのではないかと千秋は考えていた。

ところで、渚はもともと“Sea Son”で働いていたのだが、突然夏向を押し付けていなくなったとのこと。

また、一度春人が夏向の近況を連絡したことがあるが

「今の家族に夏向のことは秘密にしているから、もう二度と連絡してこないで」

と、夏向の存在をなかったことにしたそうだ。

「もしその事実を夏向が知ってしまい、そのとき一人でいたらきっとすごく悲しいと思う」

そう思った美咲は、渚のいる尾道に向かうことを決心。

また、千秋も一緒に行くことにし、二人で家を出たのだった。

その3:世界で一番あったかい嘘

しかしその途中、楓から冬真の居場所がわかったと連絡が入る。

そこで千秋は冬真を迎えに行き、尾道へは美咲一人で行くことに。

一方、尾道に着いた夏向は、渚の病院へと向かった。

しかし、渚は夏向の顔を見ても

「どなた?」

と、成長した息子に気づくことができない。

ところで、愛美も夏向の存在はこの夏初めて知ったと言う。

渚の部屋を整理していて春人からの手紙を見つけ、勝手に兄を探しに行ったのだ。

「身勝手なのはわかっています!でも、母を助けてください!!」

と、深々と頭を下げる愛美に、夏向は輸血を了承。

輸血を終えると、夏向は渚に自分のことは言うなと愛美に口止めして去っていく。

その後、美咲はやっとのことで夏向を発見。

「なんで来た?」

「あんたのそばにいたいって思った・・・」

夏向は、今まで一度も自分が本当の兄弟じゃないなんて疑ったこともなかったと言う。

「普通、気づくだろ。すげー嘘うますぎだよ。親父もおふくろも兄貴も」

「でも、それって世界で一番あったかい嘘だよね」

美咲の言葉に、夏向は素直にうなずいた。

こうして、美咲に心を救われた夏向は、一緒に江ノ島へと帰ってきた。

その4:父・春人の冬真への愛情

一方、冬真は家を出て行ったきり、ずっと家出していた。

しかし、楓(菜々緒)が冬真の居場所を見つけ出し、千秋が話をしに行く。

冬真は、小さい頃からずっと

「夏向は優秀、冬真は出来損ない」

と比較されていると感じていた。

「夏向がうちに来なければ、俺の人生違ってたのに。もっと親父に料理教われたのに」

そんな冬真の言葉に怒った千秋は、“Sea Son”に冬真を引っ張って連れて行く。

この座席数に対してシェフ一人とは、本当は無謀だ。

しかし、夏向は冬真の居場所を開けて待っていたいと、新しいシェフを決して入れようとしなかったのだ。

そして、父親の秘めた冬真への愛情も明かされる。

春人は、本当は冬真に料理を教えるのをすごく楽しみにしていた。

ただ、冬真が自分でシェフを目指すまでずっと我慢していたのだ。

しかし、その日が来る前に春人は倒れ、その夢を夏向に託した。

ところが夏向は、春人との約束を守れなかったどころか、自分のせいで冬真が料理を辞めたことにひどく傷ついていた。

冬真は、夏向が愛読している春人の残したレシピノートを千秋から渡される。

そして、その中から“冬真料理特訓ノート”が入っているのを見つけた。

そこには、丁寧に冬真に向けたコメントつきのレシピがぎっしり詰まっていた。

そこには、春人の冬真への溢れんばかりの愛情があった。

こうして、冬真は正式に夏向のアシスタントとなる決意をする。

冬真は持ち前の甘え上手な性格で夏向との溝を埋め、いつも通りの兄弟の姿へと戻っていった。

全てが終わった後、千秋は夏向を無事に連れ帰った美咲にお礼。

その時美咲は、尾道で夏向は渚に輸血をしたが、息子だとは名乗り出なかったことを話す。

「きっと本当のお母さんだと思えなかったんじゃないですか?

夏向さんにとっての家族は、やっぱり千秋さんと冬真くんなんですよ。

それって、小さい頃からずっと千秋さんが本当の弟として可愛がってきたからじゃないですか?

夏向さんにとって、最高に素敵なお兄さんだと思います」

千秋は、その言葉に思わず泣きそうになった。

その後、家に帰り疲れてソファで寝てしまっていた美咲を、部屋まで運んであげた千秋。

そして、美咲の寝顔を見つめ・・・。

夏向だけでなく、千秋の心をも救った美咲。

千秋の気持ちは美咲に・・・!?

好きな人がいること第7話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


ついに明かされた3兄弟の秘密。

愛美(大原櫻子)から全てを聞かされた冬真(野村周平)は、止める千秋(三浦翔平)を振り切って真実を暴露してしまう。

夏向(山崎賢人)は、千秋や冬真とは血が繋がっていなかった。

そして冬真は、愛美を部屋へと招き入れ、愛美が本当の夏向の妹だと告げる。

愛美がずっと探していた“拓海”が夏向だったのだ。

愛美の母(=夏向の本当の母親)は病気で、一刻も早い輸血を必要としているとのこと。

しかし、珍しい血液型のため夏向に輸血を頼みたくて、必死に探していたのだ。

突然告げられた衝撃の事実に、夏向は困惑して立ち尽くす。

美咲(桐谷美玲)も、何も言葉をかけられずにいた。

そして、夏向は現実を受け入れられずに、家を飛び出してしまう。

バラバラになった3兄弟の姿に

「ごめんなさい・・・」

と、愛美はしくしくと泣くばかりだ。

美咲は夏向の後を追うが、何も慰めの言葉が思い浮かばず帰ってくる。

そして美咲は冬真に対して

「どうしてあんなことを言ったの!?夏向のことが心配じゃないの!?」

と、思わず責めるような言葉を吐いてしまう。

すると冬真は

「俺だってわけわかんないんだよ!!兄貴も美咲ちゃんもいつも夏向の味方だ!

俺が本当の兄弟じゃなかったほうが良かったんじゃないか!?」

と取り乱し、家を出ていってしまった。

それとすれ違いに頭を冷やした夏向が帰ってきたが、部屋へと引きこもってしまう。

翌朝、美咲がいつまでも部屋から出てこない夏向を心配し食事を持っていくと、部屋は空っぽだった。

また、冬真も昨夜から帰っていなかった。

突然のシェフの失踪で、“Sea Sons”の対応にてんてこまいになる千秋と美咲。

二人は予約客へのキャンセルの連絡に追われていた。

客への対応が一段落し、美咲は千秋に夏向の居場所はどこなのだろうと話をしに行く。

その時千秋は、自分のせいでこんなことになったと、自分を責めていた。

ただ、千秋には夏向の行き先に思い当たるフシがあり、それを美咲に告げる。

「何でもいいから、何かしてあげたいんです。夏向さんを迎えに行ってきます」

そう言い残し、美咲は新幹線に乗り込む。

その頃、夏向は尾道駅へと降り立っていた。

その後、奇跡的に夏向を探し出した美咲。

美咲は、夏向を夕日の見える場所に連れて行った。

いつだったか、夏向が落ち込む自分を夕日が綺麗な場所に連れて行ってくれたことを思い出していた美咲。

そこで、今度は自分が夏向を元気づけてあげたいと考えたのだ。

「なんでこんなとこまで迎えに来たんだよ?」

夏向の問いかけに、美咲は

「あんたのそばにいたいって思ったから・・・」

とたどたどしく答える。

これは、夏向の告白

「俺がそばにいてやる」

への答えと受け取っていいのではないだろうか。

深まる美咲と夏向の絆。

しかし、ヒビの入った3兄弟の絆、そして”Sea Sons“や愛美の母親の運命は!?

好きな人がいること第7話感想

冬真が夏向にむける嫉妬心、私自身も幼い頃同じ思いしたことがあるなーって実感。てか、夏向の母親まじ酷すぎ!責任感なさすぎ!なのに、夏向優しすぎ。冬真の事もきちんと考えてていい兄貴。私もあんな兄欲しいー。(27歳・女@台風早く過ぎ去れ)
夏向だけ兄弟じゃないのを中心に話が進んだけど、血は繋がってなくても気持ちで兄弟に戻れたみたいで良かったな。最後、千秋が美咲の事を見てたけど実は、まだ美咲の事好き?来週わかるだろうけど気になるな~(35歳・男@台風は苦手)

好きな人がいること関連記事

【PREV】好きな人がいること6話ネタバレ感想!冬真の苦しみと東村の怖ろしさ

[LAST]好きな人がいること原作ネタバレは?最終回の結末に美咲は誰を選ぶ?

好きな人がいること第7話視聴率

結果

8.2%(▼0.1%)

上がらなかったか〜。ちょっと残念。

予想

第1話10.1% → 第2話10.4% → 第3話8.7% → 第4話9.5% → 第5話8.4% → 第6話8.3%

最初にも書きましたが、6話の展開は衝撃的でした。

その評判が、今まで見ていなかった人にどれだけ届いたかがカギになってきそうです。

また、ちょうどいいことに6話から7話の間が2週間空いたり、その間はお盆休みだったり。

よって、見てなかった人が追いつく時間も十分あったと言えるでしょう。

・・・と、プラスに考えればそうなります。

しかし、マイナスに考えれば、6話と7話の間が空き過ぎ、せっかく評判になったのに冷めてしまった可能性がある、という見方もできますね。

さて、果たして7話は上げてくるのか、下げてくるのか。個人的にはプラスに考えたい。

というわけで、予想は9.9%としておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">