好きな人がいること9話ネタバレ感想!美咲を巡る兄弟バトルの結末は?

今回のネタは、9/12放送のドラマ「好きな人がいること」第9話。

8話でも、夏向は美咲に対していつも通り「ぶっきらぼう」ながらもプッシュを継続。

それに対し美咲もついに答えることに決め、告白のチャンスを伺います。

ただ、そんな惹かれ合う二人に、意外な人物から横槍が(ドラマをずっと見てる人にとっては、意外でもなんでもないですけど)

その人物とは、夏向にとって兄であり、美咲にとって元々好きだった相手である千秋。

さすがにここからの巻き返しは厳しいと思いますが、千秋が夏向を逆転するのか、それとも夏向が逃げ切るのか。

では、その二人に対する美咲のファイナルアンサーが気になる9話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

好きな人がいること第9話展開まとめ

その1:千秋の告白

千秋(三浦翔平)に抱きしめられて、動揺した美咲(桐谷美玲)

家に帰ると、待っていた夏向(山崎賢人)に

「間違ってケーキを落としてしまった」

と嘘をついて、さらには腹痛を装って自分の部屋へと逃げ込んでしまう。

翌朝、冬真(野村周平)から夏向が一人でダイニングアウトの下見に出かけたと聞かされ、美咲は急いで追いかける。

昨夜のことを謝る美咲に対し

「体調が悪かったのだから仕方がない」

と優しい夏向。

「小さい頃から、海外で経験を積むことが夢だった」

二人で夕日を見ながら、美咲は夢について語る。

「夏向さんもいつまでも待ってはくれない」

若葉にそう急かされた美咲は、今度こそ夏向へ告白の返事をしようと決意していた。

一方、千秋は楓(菜々緒)に別れを切り出すために呼び出した。

すると楓は

「行きたいところがある」

と千秋を遊園地へと連れて行き、理想のデートを楽しんだ。

そして、最後に楓は千秋の気持ちを察して、自分から別れを切り出す。

「誰かを傷つけないように自分の気持ちをごまかすことで、それ見て傷ついてる人がいるんだよ。

だから、もう自分の気持ちをごまかさないで」

楓はそう言って千秋の背中を押し、美咲のもとへと送り出したのだった。

千秋は、その足で美咲のいる“Sea Sons”へと走っていく。

「俺、美咲が好きだ。今更遅いってことはわかってる。美咲の気持ちが誰にあるかってことも。

だけどそれでも俺は、美咲が好きだ」

その2:どちらを選んでも幸せに

家に帰った千秋は、美咲に告白したことを夏向へ報告。

昨日の夜、美咲が千秋と一緒にいたことに感づいた夏向は、帰ってきた美咲を責め立ててしまう。

「よかったな、夢が叶って。ずっと兄貴と両思いになりたかったんだろ?」

つい思ってもいないような言葉をぶつけ合い、喧嘩になってしまう二人。

「お前なんか来なきゃよかったんだよ!」

「私だって、あんたとなんか会わなきゃよかったよ!!」

傷つけ合ってしまった二人は、それから口も聞かずにすれ違いの日々を送ることに。

そして、ダイニングアウトを翌日に控えても二人の仲は修復せず、心配した冬真は美咲を誘い出す。

「告白の返事、どっち選んだって美咲ちゃんは幸せになれるよ。だって、俺の兄ちゃんたちだから」

その3:なくてはならない存在

冬真に励まされ、ダイニングアウト当日を迎えた美咲。

ただ、時間になっても美咲は現場に現れなかった。

しかし、デザートの時間が近づいた時、ギリギリで美咲が現れる。

どうしても旬の食材を取り入れたくて、初収穫されたカボスを手に入れに走っていたのだ。

夏向は、それに合わせてメインの料理にも変更を加えることを決定。

息の合ったコンビで最高の料理とデザートを仕上げ、ダイニングアウトは大成功を収めた。

そんなダイニングアウトも、終盤を迎える。

その時、夏向はスピーチで自分が最高の料理を作ることができたのは、一緒に仕事をしてきたパティシエのおかげだと美咲を紹介。

「いつの間にか、彼女は自分にとって、なくてはならない存在になっていました」

と、美咲への思いを語った。

その4:予想を超える夏向の答え

片付けが終わると、美咲は千秋のところへと走った。

「お話したいことがあります・・・。私、私は・・・」

なかなか言い出せない美咲を気遣って、千秋は美咲にこう言った。

「美咲にお願いがあるんだけど。夏向が携帯忘れてさ。届けてくれない?

・・・美咲の気持ち、ちゃんと伝えておいで」

美咲は夏向のもとへと駆け出し、失恋した千秋を冬真が迎え慰める。

そして、“Sea Son”に入ってきた美咲。

「あんたに話したいことがあって来た」

美咲を無視する夏向に、美咲は頬をぎゅっとつかみ

「あんたに返事しに来たって言ってんでしょ!」

とキスをする。

「あんたが好き・・・。私が好きなのは、夏向です。あんたのそばにずっといたい」

しかし、夏向は美咲に背を向け、こう告げたのだった。

「俺はもう、お前のことが好きじゃなくなった」

好きな人がいること第9話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


夏向(山崎賢人)とプレゼンが成功したお祝いをしようと約束した美咲(桐谷美玲)は、”Sea Sons”で一人ケーキを作っていた。

そこへ千秋(三浦翔平)がやってきて、突然美咲を後ろから抱きしめる。

驚いた拍子に、ケーキを落としてしまった美咲。

困惑した美咲は何も言えずにいたが、千秋は美咲を強く抱きしめた。

そして、我に返ったかのように美咲から離れて謝る千秋に対し、美咲はギクシャクしてしまう。

その後、とりあえず夏向の待つ家に帰って

「ケーキを落としてしまった」

と話す美咲。

ただ、すぐ後に千秋が家に帰ってきて、気まずさに耐えかねた美咲は腹痛を装い部屋へと逃げ込んでしまう。

夏向は、美咲のために腕をふるって料理を作って待っていたので、残念そうな表情。

しかし、美咲の体調を心配する気持ちが勝っていた。

翌日、混乱した美咲はやはり後輩の若葉(阿部純子)に電話で相談。

すると若葉は、千秋は美咲のことが好きなのだと答える。

「ずっと憧れていた王子様が、まさか自分のことを・・・?」

美咲の心は揺れていた。

一方、千秋は楓に自分の気持ちを伝えるため呼び出した。

楓は、話をする前に行きたいところがあると、千秋をある場所へと連れて行く。

実は、千秋の気持ちを察していた楓。

楓を気遣いなかなか本題を切り出せずにいる千秋に対し、楓は自ら別れを切り出す。

そして、千秋の新しい恋を応援するのだった。

やっとケリをつけた千秋は、美咲に気持ちを伝えに行く。

そして美咲を呼び出し、千秋は気持ちをストレートに伝えた。

その後、千秋は夏向にも美咲に告白したことを伝える。

夏向の気持ちを知っている以上、潔く正面から戦うことを宣言したのだ。

兄弟二人からの告白を受けて、思い悩む美咲。

「どっちを選んでも、美咲ちゃんは幸せになれるよ」

冬真(野村周平)は美咲を励ます。

あくる日、冬真から夏向がダイニングアウトの現場の下見に一人で出かけたことを聞き、美咲は夏向を追いかける。

「本当にごめん」

約束のお祝いをできなかったことを謝る美咲に、夏向は

「腹痛ならしょうがないだろ。それより、もう大丈夫なのか?」

と美咲の体調を心配していた。

今日、一人で下見に来たのも美咲のことを心配しての行動だった。

そんな夏向の優しさに、美咲はやはり自分が好きなのは夏向だと再確認する。

しかし、家に帰った美咲は、夏向とあることで大喧嘩になってしまう。

プレゼンが成功し、二人でお祝いしようと決めていた日の夜に、美咲が千秋と会っていたことを夏向が知ってしまったのだ。

悲しみのあまり、美咲にきつく当たってしまう夏向。

「ずっと兄貴と両思いになりたかったんだろ?お前なんか、来なきゃ良かったんだよ」

「私だって、あんたとなんか会わなきゃ良かったよ!!」

近づいていた二人の距離は、また離れてしまうのか・・・。

その後、悲しみを紛らわすために一人“Sea Son”でケーキ作りに没頭していた美咲。

しかし、美咲は自分の気持ちを心に決め、千秋のところにやってきた。

「お話があります・・・」

美咲は千秋を呼び出し「自分は今、夏向のことを大切に思っている」と気持ちを伝える。

その美咲の気持ちを千秋は受け止め、夏向との幸せを応援してくれた。

そして、今度は夏向に気持ちを伝えようと、夜道を走り出した美咲。

いよいよクライマックス直前!

今度こそ、美咲は夏向に素直に気持ちを伝えることができるのだろうか!?

好きな人がいること第9話感想

自ら身を引く楓が男前すぎ。惚れる!それに対して千秋!優柔不断過ぎる。夏向は夏向でいきなり好きじゃなくなったって。女の気持ちなんだと思ってるんだー!今1番平和なのは絶対に冬真だと思う(笑)(27歳・女@更年期障害疑惑の女)
夏向と美咲が2人で話すシーンはキュンとするよね!夏向の笑顔が増えたと思う!美咲が夏向に気持ち伝えたシーンはヤバイ!けど1歩遅かった…あの最後の電話のせい?美咲の夢の為に夏向はあんな返事をした?(29歳・女@私は夏向派!)

好きな人がいること関連記事

【PREV】好きな人がいること8話ネタバレ感想!弟と彼女への想いを試される兄

[LAST]好きな人がいること原作ネタバレは?最終回の結末に美咲は誰を選ぶ?

好きな人がいること第9話視聴率

結果

9.4%(△1.7%)

いやー、恥ずかしい!

完璧に予想を外してしまいましたね。

予想

第1話10.1% → 第2話10.4% → 第3話8.7% → 第4話9.5% → 第5話8.4% → 第6話8.3% → 第7話8.2% → 第7話7.7%

視聴率の推移をよくよく眺めてみると、4話以降上昇が一度もない本ドラマ。

4話での再上昇の頃はもう少し高い値で推移するかと思われましたが、その後は思いのほか伸び悩みましたね。

ということで、今話も引き続きその流れが続くのではないかと予想。

その数字としては「7.5%」と予想しておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">