逃げるは恥だが役に立つ1話感想&あらすじ!ウブな津崎と直球のみくり

今回のネタは、10/11放送の「逃げるは恥だが役に立つ」第1話。

「逃げるは恥だが役に立つ」・・・ハンガリーのことわざらしいですが、そのまんまの意味なんでしょうか?

逃げるのは確かに恥かもしれません。でも、無理して逃げなかったらどうしようもなくなる時だってありますし。ただ、逃げずに踏ん張った方がいい時もあります。

まぁ、その時の状況によりますかね。こんな感じで早速いろいろ考えさせられるタイトルです。

では、まだそのことわざの真意はさすがにわからないであろう、第1話展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

逃げるは恥だが役に立つ第1話展開まとめ

その1:家事代行スタート

派遣社員として働く森山みくり(新垣結衣)

大学院まで出ているが就職活動に全敗し、今は大学で学んだことを全く生かせていないが、仕事には真面目に取り組み社会にも協調していた・・・つもりだった。

しかし、ある日みくりは派遣切りに遭ってしまう。そこの上司は

「派遣を切るように上から言われた」

と言うのだが、職場にもう一人いる派遣は契約を延長されていた。

どちらか一人を切るという局面で、みくりはまた社会から選ばれなかったのだ。

そんなみくりを心配してか、突然みくりの父(宇梶剛士)は家事代行サービスの仕事を紹介する。

みくりの母(富田靖子)は掃除のパートをしており、その技を伝授されているみくりもまた、掃除はとても得意なのだ。

早速みくりは、毎週金曜日の3時間だけ、父の知り合いの津崎(星野源)という男の家に向かうこととなる。

その2:契約結婚の提案

津崎は、以前に雇っていたスタッフにゴミをあさられた経験があり、その後もなかなか納得できるスタッフに出会えなかった。

掃除は入念にやってほしい性格で、今日一日の出来具合を見て、これからもみくりに継続して依頼するかどうかを決めると言う。

そして、給料は毎回現金で前払い。

何かあって辞めてもらうときに、二度と顔を合わせなくてもいいようにだ。

津崎の合理的で無駄のないやり方、指示も的確でわかりやすく合理的!とみくりは感動する。

早速みくりは気合いを入れて掃除を始める。

家事が仕事になるなど今までは考えたこともなかったが、仕事として一生懸命取り組んでみると案外やりがいがある。

「傍から見たら、専業主婦に見えるかな~」

そんなことを考えながら、みくりは結婚に対して思いをはせていた。

そして仕事終了後、みくりは正式採用の連絡を津崎から受ける。

一緒にいた叔母の百合(石田ゆり子)とともにはしゃぎ喜ぶみくり。

百合とみくりは姉妹のように親しくしており、叔母でありながら独身で綺麗でバリバリ働く百合のことを、みくりは「百合ちゃん」と呼び慕っていた。

ちなみに百合はアラフィフで、会社では新入社員の養成も任されるほどのポジションだったが、このまま独身を貫いていていいのか・・・と思い悩むことも。

みくりもまた「結婚」という安定は「就職」という形で社会と繋がるよりも、もっと上の安定のように感じていた。

なぜなら、「結婚」とはある特定の誰かに「絶対に君じゃなきゃダメだ」と“認められた”証だから。

それに、派遣切りのように簡単にその契約を解除されることもないのだ。

そんな折、みくりの両親が田舎の古民家に引っ越すことに。

みくりはせっかく手にした仕事を続けたいが、一人東京に残って一人暮らしをするお金もない。

みくりは、津崎に仕事を続けられなくなったと事情を説明し、残り2回の仕事はきっちりこなすと約束した。

それに対して津崎は

「森山さんには、ずっと続けてもらいたかった」

と残念がる。

その言葉を聞いたみくりは、勢いで「契約としての結婚」を申し込む・・・!

その3:契約結婚を申し込んだ理由

次のみくりの訪問日まで、1週間。

その頃、津崎の会社でトラブルが発生し、会社に泊まり込みで徹夜で仕事をする日々が続いていた。

金曜日になりみくりが訪ねると、津崎が体調を崩して会社を休んでいた。

その為、急遽仕事がなくなりみくりが帰宅すると、百合が遊びに来る。

「一人暮らしの風邪って、意外と大変なのよ?」

百合から言葉をかけられ、みくりは津崎にメールをし、買い物を頼まれ再び津崎の家に向かった。

家に入ると、津崎が床に倒れていた。

みくりは、慌てて看病をする。

着替えを用意し、水を飲ませ、雑炊を作る・・・。

そんなみくりに、少し体調の良くなった津崎は

「きっと森山さんは普通に結婚できますよ」

と励ます。

みくりの細やかな気遣いや思いやりは、普段の仕事の様子からも津崎は感じ取っていた。

しかし、みくりは単に結婚をしたかったわけではなかったのだと話し始める。

みくりはいつも仕事のときに、一つ多く掃除をするように心がけていた。

そして、頼まれてはいないが網戸の掃除を行った。

すると、津崎はすぐにそれに気づき、お礼を言った。

自分の仕事ぶりを認めてくれて、ずっと続けて欲しいと言ってくれた。

それがみくりにはとてつもなく嬉しかったのだ。

その4:契約結婚した二人

そして、みくりの仕事最終日。

朝、いつものように出勤前の津崎のもとにみくりが出勤すると、津崎はみくりを座らせ資料を取り出し説明を始めた。

そこに書かれていたのは、次のような内容。

・結婚した場合と独身の場合の食費と外食費の比較

・光熱費などを折半したときの比較、毎週家事代行スタッフを頼んだときの比較

・OC法(無償労働の一人あたりの年間評価額)に基づいた専業主婦の家事労働の年収をもとに時給を算出し、一日7時間労働とし時給を発生させ生活費を差し引いた手取りを計算したもの

・健康保険や扶養手当などを有効利用した場合の試算

津崎からの「事実婚」の提案だった。

みくりは、もちろんこの提案を受け入れた。

そして、今頃みくりの家では引越し屋が荷物を取りに来ていることに気づき、みくりは家を飛び出す。

そして、勢いで津崎も一緒にバスに乗りこみ、みくりの両親のもとへ。

「契約結婚」などと説明して、親を納得させられるわけがない。

これは二人だけの秘密で、親にも嘘をつかなければならないのだ。

そして、みくりの両親を前に、津崎があの言葉を口にする・・・。

「お嬢さんを、僕に・・・・」

なかなか言いよどんでいる津崎に変わり

「私たち、結婚する!」

とみくりが助け舟。

こうして、みくりは最低限の荷物だけを持って、津崎との新婚生活を始めることとなったのだだった。

逃げるは恥だが役に立つ第1話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


森山みくり(新垣結衣)は、院卒でありながら希望の内定はもらえず派遣として働いていた。

しかし、その派遣も切られてしまい、社会から孤立したような不安を覚えている。

そんなみくりを心配したみくりの父親(宇梶剛士)は、知り合いの津崎平匡(星野源)の家に家事代行サービスとしてみくりを向かわせた。

津崎は、彼女いない歴=年齢の“プロの独身”35歳。

真面目な性格で、みくりの家事の仕事にも「掃除は丁寧に!」と注文を出す。

みくりはさっそく仕事に取り掛かる。

「家事でお金がもらえるなんて、考えもしなかった!」

とやる気十分。けっこう楽しめている。

そして、一生懸命掃除をしているうちに

「傍から見たら、新婚の妻みたいに見えるかな?」

と妄想を膨らます。

津崎は、みくりの細やかな働きぶりを認め、正式採用を決定。

仕事にやりがいを感じ始めたみくりだったが、両親が「田舎で農家をやる」という昔からの夢を実行すべく、引越しをすると言い出した。

せっかく社会における自分の居場所を感じ始めたみくりは、この仕事を失いたくない。

みくりは、一人東京に残ることを決意。

しかし、一人暮らしするほど経済的に余裕がない。

そこで、ひとまず叔母の百合(石田ゆり子)のもとに身を寄せることにした。

ある日、友人で既婚者である安恵(真野恵里菜)とお茶していたみくりは

「結婚もいいな~」

と、家事の仕事が自分に向いているのではと話す。しかし

「結婚したら、家事してもお金はもらえないよ」

との安恵の言葉に、みくりは突拍子もないことを思いつく。

津崎に「契約結婚」を申し込んでみよう!

そうすれば、今まで通り家事をしながら給料がもらえ、結婚という社会的なステータスも手に入れることができ、おまけに住むところまで確保できるのだ。

最初は驚きを隠せない津崎だったが、津崎もまた既婚者と見られることへのメリットを感じ、みくりの提案をのむことに。

こうして、二人の奇妙な同居生活が始まった。

籍は入れずに内縁の関係だが、周囲には「結婚した」と報告。

突然のことに、周囲は「子供できた!?」などの戸惑いを見せるが、みくりと津崎は本物の夫婦に見えるように事細かに契約内容を確認する。

「夜はどうします?」

とのみくりのストレートな質問に、思わず持っているものを落としてしまうほどタジタジの津崎。

「安心してください。僕はプロの独身ですから」

と、寝室は別室だと答える津崎。

しかし、プロの独身を貫き通してきた津崎の心には、だんだんと変化が訪れていく・・・。

今後の二人の関係に注目だ。

逃げるは恥だが役に立つ第1話感想

星野源とガッキー、両方とも好きなのでみることにしたけど、契約結婚というテーマなのに重たくなく、ちょっと昭和な感じのコミカルな感じがみていて疲れなくていいと思った。とにかくガッキーぐう可愛すぎる!(39歳・女@最近寒い)
契約結婚ってどうなんだろうと思った。これからどんな話になっていくのかすごく気になる。今までにないドラマでおもしろそうだよね。最終的には、やっぱりほんとに2人は好きになるんでは?(25歳・女@早起きは苦手)

逃げるは恥だが役に立つ関連記事

[LAST]逃げ恥最終回結末&原作ネタバレ!契約結婚→恋人→別居→本当に結婚?

逃げるは恥だが役に立つ第1話視聴率

結果

10.2%

予想通り2ケタは取ってきましたが、ちょっと低かったかな。

ちなみに「レディダヴィンチの診断」は8.8%。こちらは2ケタに届かず・・・

予想

火曜日のこの時間帯は、本ドラマの放送局であるTBSとフジテレビの一騎打ちが毎回繰り広げられてきました。

この前の夏ドラマでは、TBS「せいせいするほど、愛してる」vs フジ「藤堂比奈子」という感じで。

ただ、秋ドラマではフジ「レディ・ダ・ヴィンチ」が放送を1時間早め、21時からの放送に変更。

これで視聴率の分散もなくなり、2本とも好きなドラマで両方リアルタイムで見たいのに・・・という視聴者もいなくなり、いいことずくめと言えそうです。

というわけで、最近この時間帯では初回でも2桁を取れていませんでしたが、今回は取れるんじゃないでしょうか。

そこで、予想は「11.2%」としておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">