校閲ガール2話ネタバレ&あらすじ感想!空回りながら成長していく悦子

今回のネタは、10/12放送の「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第2話。

1話では、いきなり大御所作家・本郷に対してやらかしてしまった悦子。

しかし、自分の本当の夢を思い返し、そこからは持ち前の行動力で何とかピンチを回避。本郷に気に入られていたことも幸いしましたね。

ただ、2話ではさらに悦子がやらかすようで・・・

では、悦子の「校閲の枠を飛び越える」行動と衣装が楽しみな2話展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

校閲ガール第2話展開まとめ

その1:ブロガーの記事を書籍化

悦子は、街で偶然会った幸人を忘れられないでいた。

その幸人は、お金も家もないため森尾の家に居候することに。

そんなことは知らない悦子は、まずは校閲の仕事をして編集部へ移ろうと嫌々ながら頑張る。

今回は是永是之の校閲だ。

一方、幸人は景凡社でモデルの面接。

その結果、無事に編集長の目にかなうことができ、ランウェイを歩けることになった。

これが実質のオーディションだという。

幸人はモデルとしての道を歩き始めようとするが、彼こそが是永是之だったのだ。

悦子が仕上げた校閲をチェックし、思わず独特な校閲に笑ってしまう幸人だった。

そして悦子は次の仕事として、専業主婦のブロガー・亜季の書籍化の校閲を始める。

悦子は、亜季の節約術が合ってるか確かめる日々が続いた。

しかし校閲が終了すると、お決まりのように貝塚が校閲部に乗り込んでくる。

悦子が、校閲結果に自分がやっている節約術を書き込んでいたのだ。

ただ、それを見た亜季が校閲に感動し、悦子にあってみたいと言っているらしい。

貝塚は、あまり力を入れていない書籍だったので会いに行く時間が惜しいと思っていることを正直に話すと、この本は絶対売れると悦子は太鼓判。

そして、実際に悦子と会った亜季は、悦子のアイディアを本に載せたいとコメント。

悦子はその話に乗ったが、貝塚はページのレイアウトや出版日が変わると、他のブロガーとの合同書籍出版パーティーに間に合わないなど理由をつけて断ろうとする。

悦子はそれをすべて退けて、自分が責任をもつと言い放った。

その2:頑張りが空回りに…

悦子は張り切って、亜季とともに節約術を考え始める。

そして、子どもの心もときめかせるリサイクル方法も披露し、亜季からの信頼も得る。

亜季は悦子の様子に感謝し、あとがきに悦子の名前を入れたいと貝塚に申し出た。

ただ、それを聞いた貝塚は、校閲の枠を超えた編集者気取りだと葦原に文句を言うのだった。

あとがきに載せてもらえることになった悦子は、調子に乗って亜季とともに色々な案を出し始める。

そして「家計簿の付録」もつけることにもなった。

それもあり、納期は本当にギリギリだったが、なんとか間に合わせることに成功。

しかし、出来上がった本には表紙のサブタイトルにつづりのミスが。

POCKETにしなければいけないのに、Cが抜けていたのだ。

このサブタイトルは、悦子がギリギリになってねじこんだ家計簿の付録のもの。

刷り直しをするべきだが、それをしていたら合同出版イベントに間に合わない。

葦原は他の関係者にミスの報告をして、対応策に追われていた。

1度は刷りなおして出版日をずらそうという案がでるが、最終的には訂正シールを貼って初版分はごまかそうということに。

しかし各部署から、そんなことをやっている時間はないと言われてしまう。

結果、葦原は校閲部が責任をもってシールを貼ると詫びをいれる。

その3:校閲部メンバーの団結

葦原と貝塚は、亜季の元へ謝罪にいく。

亜季は自分の小さい頃からの夢だった本がこのようなことになってしまい、涙を浮かべた。

ところで、校閲部のメンバーは夜通し悦子を手伝い、シールを貼ってくれた。

休憩も入れずに頑張る悦子にメンバーは

「自分たちもミスをしたことがあり、自分が校閲した本は怖くて見られない。だから今の君の気持ちはわかるよ」

と励ましてくれる。

悦子と馬があわなかった藤岩も、自分がかつて作家にほめられて浮かれたことでミスをした話をしてくれ、悦子を激励。

こうして、みんなの頑張りでなんとか、シール貼りを朝までに終えることができたのだった。

その4:頑張ったあとには、またイケメンが

その頃、森尾は家で幸人のウォーキングの練習。

そこで自分が元読者モデルだったことを話し、2人の中は徐々に深まっていく。

一方、シールを貼り終えた悦子が朝帰りをすると、おでんやの大将は帰らない悦子を心配して待ってくれていた。

そこで校閲部のみんなへの思いを述べる悦子。

そして、迎えた出版イベントパーティーの当日。

仕事に身が入らない悦子を見て、葦原はイベントに行ってくるように気遣う。

そのイベントパーティーでは、シールが貼ってある本をみてギャラリーが騒ぎ始めた。

それに耐え切れなくなった悦子は前に出て、自分が悪かったと謝罪。

ただ、初めはショックを受けていた亜季は

「今回本を出版するに際して、景凡社の方に大変お世話になった。特に河野さんにはアイディアまで出していただき感謝している」

と語ってくれた。

こうして、何とか朗らかな雰囲気でイベントは終了。

帰社した悦子は、校閲部のメンバーにきちんと謝罪をし、感謝を述べたのだった。

その後、是永是之から初校チェックが帰ってくる。

そこには「文字を通してあなたと繋がれたような気がすると」書いてあったが、それが幸人だとわかっていない悦子は、わけの分からない作家のひとりと見なすだけだった。

しかし、帰宅途中に何とまた前回と同じ状況で幸人と出会うことができた悦子。

2人は、公園のベンチで会話。

悦子は、自分は校閲部で勤めていて是永是之の校閲をしていることを話す。

幸人は自分の小説だと分かっていたが、悦子の話を楽しんで聞いていた。

そして、今度自分が出るコレクションの招待券を渡す。

悦子は今にも舞い上がりそうな気持ちだった。

校閲ガール第2話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


憧れの景凡社で、編集者としての仕事ができると張り切っていた悦子。

しかし所属の部署は、なんと地味な校閲部。その為、合コンに行ってもそのことを言った途端「地味だ」と言われる始末。

悦子の中では、何としても早く結果を出し、編集部に移りたいという気持ちが膨らんでいく。

ただ、仕事に集中しなくてはいけないと思いつつ、悦子の頭の中ではある男性の顔が浮かんでいた。

それはたまたま町で出会った、悦子好みのイケメンだった。

そのイケメンは、悦子の後輩で編集部所属の森尾がモデルとしてスカウトした幸人。

幸人は、住む場所とお金がないことを理由にモデルを引き受けることに決める。

また、森尾は幸人を自分の家に入れて、家が見つかるまでの間、居候させることにした。

その事実をセシルから聞かされた悦子は、ショックを受ける。

が、それと同時にさらに編集部に行きたいという気持ちを高めるのだった。

そんな時、悦子に新しい校閲の仕事が割り振られた。

今回は、人気ブロガーである亜季(演:ともさかりえ)の節約術の書籍化だ。

貝塚は、前回の悦子の仕事ぶりを見て、今回こそは無茶をしないよう文字周りの校閲だけをするように忠告。

ただ、悦子はやる気に満ち溢れているため、文字の校閲以外にも、自分の知っている節約術を書き足し始めてしまう。

貝塚は心配するが、亜季は「自分の本がもっと良くなるのであれば」と喜ぶ。

しかし、それを見た悦子は、さらに校閲の仕事を超えた編集のような役割まで始めてしまうのだった・・・

亜季の本が発売された当日、出来上がった本を見て亜季は言葉を失う。

自分が紹介をした節約術よりも、悦子が提案してきた節約術の方を大きく扱うようなレイアウトになっていたのだ。

さらに、著書の欄には亜季の名前だけではなく、アドバイザーという名前で悦子の名前が掲載されていた。

亜季にとって、この本は「シングルマザーとして頑張ってきた今までの自分を認めてもらいたい」という気持ちを込めた、念願の本だったのだ。

それを悦子は、自分の結果を早く挙げたいという気持ちによって踏みにじってしまった。

このことを葦原から教えられた悦子は、深く反省する。

そんなこともあり、景凡社で働く自信をなくした悦子は、ぼんやりと歩いていた。

すると、ふいに幸人が現れる。

幸人は悦子の話を聞き、今からでも亜季のためにできることがあるのではないのか、という言葉をかける。

その言葉に悦子は気持ちを切り替え、亜季のために今からできることを探し、出版記念パーティーで亜季の節約術をアピールできるようなプランを立てて、貝塚に提案。

貝塚もその案を承認し、亜季のためのパーティーが始まった。

校閲ガール第2話感想

相変わらず河野悦子の可愛らしさがハンパない!ヘアスタイルや洋服、靴もシーンごとに違ってそれぞれがオシャレすぎます!これから折原幸人とのloveの展開はどうなるんだろう?気になるなあ。(29歳・女@マカロン好き)
校閲部のみんなが地味な格好が多いだけに、河野悦子がお洒落過ぎて仕事中の風景に違和感を感じてしまう校閲ガール。大きい文字は見落とさないんじゃないの⁉と思ったけど、そういう方が逆に見落とすのかな~。(35歳・男@誤字脱字は少ない方)

校閲ガール関連記事

【PREV】校閲ガール1話感想&視聴率あらすじ!悦子と幸人の出会い&校閲初仕事

[LAST]校閲ガール最終回結末&ネタバレ!原作とドラマキャスト設定は大違い

校閲ガール第2話視聴率

結果

11.2%(▼1.7%)

下げちゃいましたか。

それでも2ケタキープは素晴らしいです。

予想

第1話の視聴率は、12.9%でした。

この数字、最近の連ドラとしてはかなり高いレベルです。

石原さとみさんの衣装も評判を集めているようで、そういった意味でも数字を取りそうな予感。

しかも、ストーリーが原作小説よりもさらに校閲の枠を超えている感があり、良くも悪くも話題を呼びそう。

というわけで、2話は初回から下げることが多い中、本ドラマは「13.2%」と上げてくると予想します。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">