校閲ガール3話ネタバレ&あらすじ感想!米岡にも負けない藤岩の四条愛

今回のネタは、10/19放送の「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第3話。

2話でも相変わらず校閲の域を飛び超え、それが度を過ぎて大変なことになっている悦子。

しかし、何とか挽回しようと必死に頑張る悦子に対し、校閲部メンバーが思いもよらぬ温かい言葉をかけてくれたりと、何だかんだで校閲部に溶け込み始めています。

それもこれも、悦子の必死の頑張りが最後にはいい方向に導いているんでしょうね。

では、悦子の相変わらずの行動が楽しみな、3話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

校閲ガール第3話展開まとめ

その1:校閲のルール

幸人に誘われ、ファッションショーに顔を出した悦子。

そこには、彼からチケットをもらったという貝塚もいた。

また、幸人をプロデュースする森尾と編集長も現れる。

悦子はランウェイを歩く幸人にメロメロだ。

しかしそこで、悦子と森尾は衝撃の事実を聞かされる。

さらっと貝塚が「あれが、是永是之だ」と言ったのだ。

悦子は「私の王子様が」とショックを受ける。

ファッションショーが終わった後、森尾は「めんどくさいから絶対、先輩には同居していることは言わないで」とクギを刺す。

その後楽屋に挨拶にきた悦子に対し、幸人は話しかける。

「今日はありがとうございました。だましていたわけではないのですが…また会いたいので連絡先を教えてください」

悦子は有頂天になった。

その頃校閲部では、米岡が泣きながら四条先生の校閲をしていた。

そこへ葦原が近づいて「君はもしかして四条先生のファンなのか。ファンの作家さんの校閲は、感情移入するので担当してはいけない」と悦子に担当を変更。

悦子は、米岡からの視線を感じつつ校閲を始めた。

一方、森尾たち編集部は、最後のモデルの選考を行っていた。

そこで幸人のセールスポイントが見つからない森尾は、彼が覆面作家だということを言ってしまう。

その為、森尾は編集長から読者投票までにその事実を公表するよう、彼の説得を命じられる。

後日、貝塚が四条先生から校閲した人に会いたいと言われていると、悦子を連れ出す。

四条先生の自宅を訪れると、自分が気づかなかった小説の設定の矛盾を指摘してくれてと感激される悦子。

ただ、その校閲は、悦子がしたものではなかった。

四条によると、これまでにもファンレターとして色々な矛盾を指摘してくれる手紙が来ていたという。

しかし、その手紙も悦子が出していたわけではない。

ただ、四条は悦子を気に入り、明日トークイベントがあるから友達を誘ってきてほしいと言われる。

そこで会社に戻った悦子は、四条ファンの米岡をイベントに誘うのだった。

その2:藤岩の意外な一面

イベント当日。

2人とも個性的な服装で訪れるが、それ以上に個性的な服装の人を見つける。

近づいてみると、なんと藤岩だった。

2人に気づかれた藤岩は逃走を試みるが、捕獲されて事情を話すことになってしまう。

藤岩は、デビュー作から四条のファンだった。

彼女は四条先生を担当したいと思い景凡社に入社したが、校閲に配属されたのでその夢は叶わなかったとのこと。

また、四条先生の校閲をしたいと思っていたが、校閲のプロとしてそれは許されないので避けてきたという。

好きなものを封印してまでも、校閲のプロとして生きようと決めていたのだ。

一方、森尾の家では幸人に小説家であることを公表するように説得を試みるが、あっさり断られてしまう。

そして、森尾は是永是之としての小説を読もうと試みるが、それは全くわけのわからない小説。

ただ、幸人の手前「おもしろかった」と言ったが、そのうそは幸人に見破られていた。

幸人も小説家として悩んでいたのだ。

その3:おしゃれで結ぶ絆

校閲部に1本の電話がかかってきて、四条の再校を藤岩が担当することに。

悦子が四条に真実を話したのだ。

ただ、藤岩は「校閲のルールを無視することになる」とやろうとしなかった。

しかし葦原は「好きだからこそできることもある」と後押し。

藤岩は自分に素直になり、校閲を引き受けた。

会社のロビーでたまたま会った悦子と森尾は、一緒に飲むことになった。

悦子は、森尾に彼氏がいて、編集者で、幸人と仕事をしていることをうらやましがる。

また、森尾に「幸人の外見がそんなに良いか」と言われた悦子は、外見の大事さを熱弁。

その頃、森尾の家では幸人が小説のことで完全に行き詰っていた。

一方、校閲部では、四条が藤岩に対して自分が賞にノミネートされた待ち会に参加するように言っていると、貝塚が知らせに来た。

そこで悦子はオシャレをするが、藤岩はいつものスーツで行こうとする。

外見は関係ないという意識の藤岩にギャップを感じた悦子は、ラッシーの編集部に行き、森尾に服を貸してもらえないかと依頼。

それからは、藤岩の為に悦子が服を選び、セシルがメイク。

その時、セシルが思わず藤岩のことを「鉄パン」と呼んでしまう。

しかし、藤岩は自分がそのあだ名で呼ばれていることを知っていたので、そこまでショックは受けていなかった。

ただ、たまたま藤岩のメイク現場を目撃した若い編集部が「鉄パンが化粧してる、おもしろい」と騒ぎ立てる。

悦子はそれを聞き逃さず、鉄パンの本当の意味を話し、彼女たちを一喝。

それを見ていた藤岩は心が軽くなり、2人の距離は縮まったのだった。

その4:正直な気持ちを大事に

待ち会の会場に向かった2人。

そこへ電話がかかってきた。

そして「丸川賞、いただきました」という言葉が四条の口から出る。

場内の雰囲気は最高潮に達した。

また、悦子から藤岩を紹介された四条は「今回賞が取れたのは、長年ファンでいてくれるファンの人がいるからだ」とコメント。

藤岩は心から笑うことができた。

その後、校閲部に戻った藤岩は「河野さんのおかげで、おしゃれは気分を高揚させることができると学びました」と感謝。

しかし、悦子から

「好きだからこそ、できることがある。そろそろラッシーに行かせてください」

という言葉を聞いた藤岩は「やはり同僚としてはお近づきになれない」と笑いを誘った。

その後、悦子が会社のロビーに降りると、そこには幸人の姿が。

「時間ありますか」と聞かれた悦子は、喜んで付いていく。

卓球をしながら幸人は「俺の小説面白かったですか?河野さんなら正直に言ってくれると思っています」と尋ねてくる。

それに対し、悦子は迷いながらも「つまらなかったです」と言ってしまう。

悦子は、ここでも正直を発動してしまったのだった。

校閲ガール第3話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


悦子は、タイプのイケメン幸人と再会できたことで毎日浮かれていた。

そして、幸人の出演するファッションショーのチケットを彼からもらい、そのファッションショーの日を心待ちにする。

そしてファッションショーの日。

悦子は幸人と再び再会することができた。

しかも、彼の秘密も色々知ってしまう。

1つ目は、彼が作家の是永是之だということ。

2つ目は、彼がファッションモデルになるために森尾と同居をしているということだった。

悦子は、彼が是永是之だということを知り、これからも校閲として関わりがもてるかもしれないと喜ぶが、森尾と同居しているというところは気に食わない。

その日、悦子は自分が住むおでんやさんに、森尾を呼び出す。

そこで悦子は、彼が作家の是永是之だという話をし、収入が全くないというのはうそではないかという話をする。

しかし、それを聞いても森尾は動揺しない。

自分には彼氏もいるので、そういう対象で幸人は見ていないし、彼がファッションモデルとして独り立ちしたら自分の評価も上がるので、それまでの辛抱だとクールに話す。

悦子はそれを聞き「彼氏もいて、幸人くんとも同居して、にくたらしい!」と叫ぶ。

そして自分も、作家の是永是之として関わりを持っていこうと強く決心するのだった。

そんな悦子に、新しい仕事が回ってくる。

それは、以前米岡(演:和田正人)が校閲を担当していた四条真理恵の小説だった。

米岡はその校正をする時に、感動して涙を流しながら仕事をしていた。

それを見た葦原が、校閲に私情を挟んではいけないと担当を代えたのだ。

米岡はしぶしぶ、悦子に引き継いだ。

その後、悦子は四条から自分では気が付かなかった原稿の矛盾を指摘されたことに感謝をされる。

しかし、それは悦子が校閲したものではなく、知らないうちに原稿に付箋がはってあったものだった。

悦子は貝塚に「米岡さんがしてくれたのではないか」と言うが、米岡は知らないという。

そんなこともあり、米岡の四条先生への愛を確認した悦子は「そんなにやりたいならやればいいのに、あきらめずに」とコメント。

ただ、葦原に「この部のきまりだから」と一蹴されてしまった。

校閲の思いがかなわなかった米岡に、悦子は四条のトークイベントに一緒に参加しようと誘う。

その時、喜ぶ米岡と悦子の前に藤岩(演:江口のりこ)が現れる。

実は、藤岩も四条のファンだったのだ。

ただ、いつものような地味なスーツを着ていた藤岩を見て、悦子はあることを思いつく。

そして編集部の森尾を訪ね、少しだけ衣装を貸して欲しいと頼む。

いつも地味な藤岩にオシャレをして、好きな人の前に出てもらいたいと思ったのだ。

藤岩に似合う衣装を探し、メイクもする悦子。

ただ、それを見た編集部の若い女子たちは、コソコソと藤岩にあだなをつけて笑っていた。

肩身のせまくなった藤岩は「もういいから」と言うが、悦子はその女子たちに「何も世の中のことを知らないくせに、勝手なことをいうな」と一喝。

そして、その様子を影でみていた幸人は、ますます悦子のことに興味を持ち始める。

その後、3人は四条先生のトークイベントに参加。

2人の幸せそうな顔をみた悦子は、やはり好きなことを一生懸命するのは大切だと再認識するのだった。

校閲ガール第3話感想

ファッションショーがきっかけで幸人が是永是之だとわかった悦子だったけど、3話目にしてわかるってのは少し早すぎないかな~。まぁ恋愛ドラマの要素も強くなっていって、恋のかけひきとかもでてくるのかな⁉(35歳・男@早起きは苦手)
おしゃれな服装と、言いたいことをズバッと言えるところががっこいい!地味な先輩が鉄パンというあだ名をつけられて、メイクをしている姿をバカにされた時に、その本当の意味を校閲部らしく語って説教するシーンに感動した!(28歳・女@金欠病)

校閲ガール関連記事

【PREV】校閲ガール2話ネタバレ&あらすじ感想!空回りながら成長していく悦子

[LAST]校閲ガール最終回結末&ネタバレ!原作とドラマキャスト設定は大違い

校閲ガール第3話視聴率

結果

12.8%(△1.6%)

いやー、この人気はホンモノですね。

予想以上のアップにビックリしました。

予想

第1話12.9% → 第2話11.2%

2話で下げはしたものの、好調をキープしている本ドラマ。

初回の次に下げるのはよくある話なので、3話で上げることがあれば、この人気はホンモノと言っていいでしょう。

そして、自分はこの人気がホンモノだと思ってますので、予想は「12.0%」としておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">