シェフ三ツ星の給食3話ネタバレ感想!光子の尋常ならざる食への探究心

今回のネタは、10/27放送の「Chef~三ツ星の給食~」第3話。

2話では、自分一人で納得のいく下ごしらえを行い、給食を食べた子供たちに「おいしい」と言わせることに成功した光子。

そして、誘われていたフレンチレストランからも採用の連絡を受けた彼女でしたが、ひとつひっかかることが。

それは、子供たちから「最高」という言葉が聞けなかったこと。

結局、光子はレストランからの採用を断り、給食で「最高においしい」と子供たちから言われることに挑戦するのでした。

・・・まだ2話なのに、ちょっとカッコ良すぎじゃないですか、光子(笑)

では、彼女が最高においしい給食作りに奮闘する、3話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

Chef~三ツ星の給食~第3話展開まとめ

その1:子供も大人もおいしい味

コンビにのウマチキに自分の料理が負けてしまった光子。

何としてでも「最高においしい」と言わせようとする光子を見た晴子は「自己満足で、子供のためではない」と指摘。

それに対し光子は「そうよ。私の言葉ではプライドとも言うわ」と認める。

ただ、光子の「私のプライドで給食は作られているのよ」という言葉に、平介も負けてはいられないと頑張る。

しかし「今日の給食も割りといけるよ、ただおなかいっぱいになったら、放課後のウマチキが食べられないぞ」という子供たちの声が。

光子をもってしても、子供は手強い。

放課後、光子の引き抜きを検討しているフランスのファッションブランドの担当者が現れた。

「社長があなたに惚れ込んでいる。オープンを伸ばしてでも来て欲しい。3ヶ月待つ」

それに対し光子は「3ヶ月も待たせません。すぐに片付けて伺います」と返事。

ただ、章吾も早紀も光子をそんなに早くフレンチ界に戻してはなるものかと画策する。

そんな時、ある給食の調理後、大人が参加する給食会が開かれることに。

メインメニューは「ナポリタン」

親子給食会では、同じメニューを大人も子供も食べるのだが、両者の味覚は違うので最後に大人だけ味付けを変えるという。

しかし、それを聞いた光子は

「私に例外はない、私は今まで同じ料理を違う味付けにしたことはない。

私だったら何を作っても最高においしいのよ」

と断言するのだった。

その2:酸味と甘みのバランス

光子は早速調査をスタート。

まずは、大人も子供もおいしいというウマチキを試食。

そこで「酸味と甘みが絶妙」ということに気づく。

そしてあらゆるお店の、あらゆるトマトを2万円分買って家に帰り、ソース作りに励む。

魔法のようにあらゆるトマトを調理して、次々とソースを作る光子。ただ、納得のいくものは作れない。

しかし、遂に「金太郎トマト」というものに出会う。

彼女は「金太郎トマト」を栽培している農家に直談判しに行くが、値段が高すぎる。

そこで光子は良い案を思いつく。

一方平介も、調理師を集めてナポリタンの試食を重ねていた。

ただ自分の作った料理の中にも、受け入れられるものと受け入れられないものがあると知り、少し考えさせられる。

その3:最高の親子給食会

親子給食会当日。

誰よりも早く出勤し、300個の「金太郎トマト」の下ごしらえをする光子がいた。

晴子は、そんな彼女の姿をじっと見つめている。

そしてみんなが出勤してきた時、光子は「星野光子のナポリタンを作るわよ」と調理の開始を告げた。

ナポリタンをトマトソースで作ろうとする光子に対し、メンバーたちは「それでは酸っぱすぎる」と反抗。

しかし、光子の「このトマトは特別なトマトで、完熟してお店には出せないものを、自分で収穫してもらってきた」という話を聞き、全員が言葉を失う。

光子は4時間もトマトソースを煮込み、まだまだおいしいものを作ろうと意気込む。

そして、ついに光子が満足するナポリタンができあがった。

いざ、給食のとき。

「残せるものなら残してみなさい。私の作った最高においしいナポリタン。めしあがれ」

子供から「こんなの食べたことない、最高においしい」大人からも「最高においしい」

光子はガッツポーズをし、調理師たちにニンマリと笑いかける。

また「ウマチキよりもおいしい!」という子供の言葉も聞き、遂にウマチキにも勝てた。

こうして、光子の調理師期間は終わった。

「みなさん、これからは私のやり方を参考にしてくださっていいですよ。さようなら」と去ろうとする光子。

それに対して平介は「できるわけない。みんな生活がある中で、限りある時間でがんばっているんだ」

すると光子は「給食であっても、お客様に出すものは苦労してでもやる。それが私のプライド。今度こそ、さようなら」と去っていく。

放課後、平介は子供に「今日の給食ありがとう。明日も楽しみだ」と言われ、自分の作る給食に違和感を覚え始めるのだった。

その4:光子の新しい挑戦

一方、章吾のレストランでは大事なゲストを招いて食事会が行われていた。

ただ、大人と子供で違う味付けを出したことで、子供は満足できないでいる。

「次はナポリタンが食べたい。テレビでやってた給食のおばさんが作るナポリタンなら、大人が食べても子供が食べてもおいしんでしょ」

その言葉を聞いた章吾のストレスは、最高潮に達していた。

翌日、光子は引き抜き先のレストランに現れた。

ただ、そこにはなんと章吾の姿が。

「ここのスーツが大好きなんだ。ここにオープンするレストランでも楽しませてくれるんですか」と意味ありげに笑う。

その後光子は、章吾が本社との間に入り、光子との契約を白紙にさせたと聞く。

光子には絶望しかなかった。

翌朝、光子はいつも通りみんなより早く出勤し、仕込みをしていた。

「私の給食が大好評で、どうしても残ってほしいといわれたからしばらくいてあげる」と精一杯の強がりを言う。

調理師たちは嫌がるが、平介は少し安心した顔。

みんなが心配する中、光子は前を向いていた。

「誰も雇ってくれないなら、自分で店を作るから」

Chef~三ツ星の給食~第3話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


フランスのファッションブランドからのシェフの誘いに対し、一度は承諾した光子。

ただ、子供たちに「最高においしい」と言わせるために、学校給食を作り続けることを決意する。

しかし、光子もずっと給食づくりで一生を終えたいわけではない。

引き抜き先の社長からも「この店のシェフは彼女しかいない。3ヶ月だったら待ちます」というラブコールを受ける。

それに対し、光子は「3ヶ月も待たせない」と返事をした。

光子の尋常ではない食への追究は続く。

相変わらずひとりでの下ごしらえや、家でのメニュー研究は続いていた。

ただ、子供たちから「最高」という言葉はなかなか聞かれない。

それとは対照的に、視聴率は絶好調だった。

光子の悪戦苦闘する姿がウケているのだ。

ちなみに、その番組を章吾も欠かさずチェックしている。

光子にフレンチ界に戻ってきてほしくない章吾は、何とか策を練らなければいけないとストレスを溜める。

そんな光子にビッグチャンスがまわってきた。

給食を親子で食べようというイベントが行われるのだ。

メインはナポリタンだという。

ただ大人と子供では味覚が違うため、まず子供用のもの作って、その後大人用に変えると聞かされる。

光子は、今まで同じ料理を味を変えて出したことはないので「私だったら同じ味で、両方を満足させることができる」とたんかを切る。

そんな光子の暴走に調理師のメンバーはあきれ、晴子には「自分の欲望のために、子供たちを巻き込まないで」と言われる始末。

しかし光子はそんな話は聞かず、早速食材の選定を始めるのだった。

今回のポイントは「トマト」だ。

普通のトマトを使っていたのでは、いい味は出ない。

光子は悩んだ挙句、トマト農家まで乗り込み食材を選定。

そしてやっと見つけたトマトを使い、究極のナポリタンを作り始める。

案の定、下ごしらえは大変な作業だったが、下ごしらえと食材にしっかり下味をつけることで、大人も子供も楽しめる味が作れるという。

試作の日。

実際に作ったものを食べた調理師のメンバーは「子供にとっては、味が薄すぎるのではないか」と文句をつける。

確かに光子の作るフレンチは、食材の味を大事にする調理法だ。

ただ、光子には秘策が。

実は、もう1品作っているものがあった。

それは味を濃くすることができるトマトソース。

子供が「味が薄い」と言ったときに、それをかければ味も濃くなる上に、光子が大事にする素材の味を崩さないという信念も守ることができる作戦だ。

実際に調理師のメンバーが試してみると、味が劇的に変化。

これなら、当日も大丈夫と全員が確信した。

そして、迎えた親子給食会の当日。

大人は、三ツ星シェフの料理が食べられると大興奮だ。

給食会は大盛況。

果たして「最高においしい」という言葉は、子供たちの口から出るのか!?

Chef~三ツ星の給食~第3話感想

今回も光子のアイデアで見事に問題クリア!ポジティブなところを見せつけてくれた光子の前向きで諦めない姿、ステキすぎ!そして、ついに開業を決意!今後も篠田の妨害にどう立ち向かうのかとても楽しみ!(42歳・女@ミートソース派)
子供達に最高に美味しいと言わせたい光子。レストランのシェフの話を蹴ってまで学校に戻ってきた。私はそんな光子好きだなぁ。親子給食で作ったナポリタンは親子共に最高に美味しいと言わせる事が出来て良かった。オーナー恐すぎ。(51歳・女@主婦)

Chef~三ツ星の給食〜関連記事

【PREV】シェフ三ツ星の給食2話ネタバレ感想!光子に火を付けた新入りの一言

[LAST]シェフ三ツ星の給食最終回結末&ネタバレ!光子はフレンチに戻らない

Chef~三ツ星の給食~第3話視聴率

結果

6.2%(▼0.8%)

6%台には入っちゃダメって言ったのに・・・

予想

第1話8.0% → 第2話7.0%

他のフジドラマと同様、波に乗り切れない本ドラマ。

ドラマの中で光子が出演している早紀プロデュースの番組は、絶好調なんですけどね〜。

個人的には、今期のフジドラマの中ではオリジナル性が最も高いと思うので、ぜひとも頑張っていただきたい。

4話は「7.8%」ぐらい戻すのではないでしょうか(願望が結構入ってますが)

6%台には入らないで欲しい。入っちゃダメです。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">