砂の塔3話ネタバレ&あらすじ感想!亜紀の破滅へ着々と布石を打つ弓子

今回のネタは、10/28放送の「砂の塔~知りすぎた隣人」第3話。

2話では、味方だと思っていた弓子がまさかの裏切り(亜紀は気付いていませんが)

彼女の告げ口により、生方との関係を寛子に知られてしまった亜紀は、彼女からの陰湿なイジメに苦しむことになります。

ただ、そんな時こそ頼りたい夫は上司から大阪転勤をチラつかされており、実績を出さなければとそれどころではない様子。

しかし、息子の和樹と娘・そらの温かい言葉に、何とか自分を奮いたたせる亜紀でした。

・・・が、その和樹も母にはとても言えない秘密を持っているという、結構八方塞がりな状況。

では、亜紀がどのようにこのピンチを切り抜けるのか、緊張の3話展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

砂の塔第3話展開まとめ

その1:亜紀にのしかかる重責

お気に入りの生方(岩田剛典)が亜紀(菅野美穂)と幼馴染だったことを弓子(松嶋菜々子)から聞かされ、亜紀に嫉妬心を燃やす寛子(横山めぐみ)

彼女は亜紀に赤っ恥をかかせるため、ハロウィンイベントの準備の手伝いをさせ失敗させようと企む。

ママ友の梨乃(堀内敬子)は内心では亜紀の味方だが、寛子の手前おおっぴらにかばうことはできない。

その頃、亜紀の夫・健一(田中直樹)は、寛子の夫・武文(津田寛治)との契約話を白紙に戻され蒼白としていた。

なぜなら、健一は手付金の10万円を上司にせかされ、自分のお金で立て替えてしまっていたからだ。

健一は、なんとか武文の機嫌をとろうと、亜紀に寛子と仲良くするように再三頼んでいた。

しかし、亜紀はそんな状況ではなかったため、健一と口論になってしまう。

亜紀に頼んでも解決しないとわかった健一は、自分で武文にもう一度契約のお願いに行く。

すると、武文は自分が別の女と遊ぶ際のアリバイ工作に協力したら、契約してもいいと言い出した。

その2:亜紀の癒しの源・生方

ハロウィンイベントの打ち上げで流すビデオを作成していた亜紀。

しかし、パソコン操作に行き詰まってしまう。

健一と喧嘩中だったため頼ることができず、亜紀が電話をしたのは生方。

生方は、亜紀の仕事を手伝いを快諾。

亜紀は、疲れた日々の中で生方との時間に癒しを感じるようになっていた。

そんな仲睦まじい二人の姿を、弓子が見つめている。

その3:そらの誘拐と亜紀の密会

ハロウィンイベント当日。

娘のそら(稲垣来泉)と長男の和樹(佐野勇斗)と一緒に仮想パレードに来ていた亜紀だったが、生方が酔いつぶれていると居酒屋の店主から連絡が。

亜紀は知り合いにそらを預けて、生方のもとに向かう。

生方は、怪我をした体操教室の教え子のために一生懸命になっていたが、その生徒は結局もう体操は続けられなくなってしまい、無力な自分に落ち込んでいたのだ。

しかし、自分は生方の存在に助けられたと真剣に伝える亜紀。

すると生方は、突然亜紀を抱き寄せた。

「亜紀さん、なんで結婚しちゃったんだよ?」

亜紀は、生方を突き飛ばしその場を去る。

すると「そらがいなくなった」と、和樹から連絡が入った。

その頃、そらは不審な男に声をかけられていた。

その男は、ハーメルン事件の模倣犯。

しかし、そこへ弓子が現れ、怪我を負いながらもそらを救出。

ただ、その怪我は弓子がわざと犯人のナイフを自分の腕に押し当て、作った傷だったのだ。

弓子はいったいなぜそんなことを・・・?

その4:梨乃の経歴詐称

事件後、子供から目を離した亜紀を、寛子はここぞとばかりに攻め立てるが

「編集作業をしていたんじゃない?」

と、弓子が機転を利かせた嘘でかばってくれた。

ただ、この嘘がこの後亜紀を追い詰めることとなる。

亜紀の作った映像は、とても好評だった。

しかし、その最後に梨乃たち夫婦の秘密の会話が映っていた。

その会話は「夫婦そろってハーバード卒」というのは嘘だというもの。

梨乃は、もちろん亜紀に疑いをかける。

それに対して亜紀は

「昨日編集が終わった時点では、この映像はなかった」

と釈明するが、さきほどギリギリまで編集をやっていたと嘘をついてしまったばかり。

もう亜紀の言うことを信じるものなどいない。

弓子の嘘が引き金となり、唯一親切にしてくれていたママ友をなくしてしまった亜紀。

そして、その頃・・・・。

弓子はそらに声をかけていた。

自分を救ってくれた弓子に信頼感を抱いたそら。

そらは弓子についていく。

こうして子供の心をつかみ、弓子は犯行を重ねているのだろうか?

次週、第二幕の幕開けだ。

砂の塔第3話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


弓子(松嶋菜々子)の裏切りによって亜紀の素性を知った寛子(横山めぐみ)に、隠していた過去をみんなの前で暴露されてしまった亜紀(菅野美穂)

もうこんなマンションにはいられないと一瞬は思った亜紀だったが、「このおうちがすき」と無邪気に笑うそら(稲垣来泉)のため、ここで頑張ることを心に決める。

しかし、優しい顔をしていつも助けてくれる弓子が密かに自分に牙を向けていることなど、亜紀はまだ知る由もなかった。

亜紀と生方(岩田剛典)が幼馴染だと知って、寛子(横山めぐみ)は嫉妬の炎を燃やしている。

そして、寛子の亜紀へのイジメはさらに悪質化。

”ベビーシャワー“の幹事を押し付けられてヘトヘトになった亜紀だったが、それが終わると今度はハロウィンイベントを手伝うようにと寛子から命じられる。

寛子はわざと亜紀にハロウィンイベントの準備を手伝わせ、それを失敗させて赤っ恥をかく姿を見ようという魂胆なのだ。

亜紀は、面倒な人間関係に逃げ出した気持ちでいっぱいだったが、子供たちのため逃げることはできないと自分を鼓舞する。

そんな時、いつも亜紀を励ましてくれるのは生方だった。

偶然亜紀に出会い、疲れ果てた様子に見かねて

「自分にできることはないか?」

と手伝いを申し出る。

こうして、だんだん二人は距離を縮めていく。

しかし、そんな二人の様子を監視していたのは、やはり弓子。

弓子は亜紀と交流を続けており

「ご主人以外の男性を素敵だと思ったことくらいあるでしょう?」

と、亜紀の心のどこかに潜んでいるかもしれない生方への気持ちを引き出そうとする。

さらに、弓子の魔の手は亜紀の子供たち、そらと和樹(佐野勇斗)に伸びていく・・・。

一方、“ハーメルン事件”を追っている刑事の荒又(光石研)

彼は、湾岸エリアで「愚かな母親に罰を!」という落書きがされていたことを知り、やはり犯人はママ友ネットワークの中にいる人物という推理を強めていた。

そして、もうすぐ行われるハロウィンの大規模な仮装行列に対して

「子供を連れ去るには絶好のチャンスか・・・」

と懸念する。

そこで、警察は厳戒態勢で仮装行列に配備を行うことを決定。

しかし、それにも関わらず仮装行列で新たな事件が起こってしまう。

その被害者は、なんと亜紀の娘・そら。

その日、亜紀はそらと一緒に仮装行列に参加しようとしていた。

しかし、そのとき生方から電話が入る。

「亜紀さん、今から会えませんか?」

切羽詰ったような生方の話しぶりに、亜紀は異変を感じる。

彼女は、今まで助けてもらった恩がある相手を無視することはできなかった。

やむを得ず、パレードを離れて生方のもとに駆けつけた亜紀。

すると、生方は亜紀を力強く抱き寄せた。

驚く亜紀。

一体、生方の身に何があったというのか。

そんな中、仮装行列の中でマスクをした男がそらに近寄る。

その人物はそらの手を引いて、行列から抜け出した。

一緒にいた兄の和樹は、一体どこに行ってしまったのか?

パレードに戻った亜紀は、そらがいなくなったことを知り慌てて探し回るが見つからない。

目撃情報から「仮面の男」という犯人像は浮かび上がっているが、仮装行列はそんな格好の人物ばかりで何の手がかりにもならない。

「こんなところで子供から目を離すなんて」

亜紀のピンチを知った寛子は、冷たい言葉を浴びせる。

そして、そらを連れた男の前に現れたのは・・・弓子だった。

「悪いママには罰を与えないと」

微笑を浮かべながら、弓子は不気味に囁く・・・

砂の塔第3話感想

弓子が気になる。謎が多すぎ!この人は善人なのか、悪人なのか未だに分からない。和樹もどうなんだろう?亜紀は、陥れようとされているのに気がつかず気持ちいいぐらいに期待通りに動いてくれる。素直すぎ!(42歳・女@ハロウィンの盛り上がりについて行けない)
前回は弓子と寛子がグルみたいな感じに見えたけど、今回は弓子単独っぽかったかな~。息子はいい息子を演じてるような感じだけど、何か悪い子の感じもするし話は繋がってくのかな⁉とりあえず弓子は怖い‼(35歳・男@カレーは大好き)
待ってましたってくらい航平の出演が多くてもう目がずっとハートだったよぉ!!でもやっぱストーリー的にも正直航平疑ってたから、落書きへの批判的な意見は意外で私の中の容疑者リストからは外れたなって感じだった(笑)(28歳・女@ブタクサ花粉が辛い)

砂の塔関連記事

【PREV】砂の塔2話ネタバレ&あらすじ感想!生方と亜紀の秘密に弓子が気付く?

[LAST]砂の塔ネタバレ&最終回結末!犯人は弓子と誰?動機は子供への強い執着

砂の塔第3話視聴率

結果

8.6%(▼1.0%)

・・・完全にハズしました(笑)

予想

第1話9.8% → 第2話9.6%

初回に対してだいたい下げてくる2話でも「ほぼ横ばい」な点はさすがの一言。

この秋屈指のミステリードラマという印象、そして松嶋さんのヤバい演技が話題なだけありますね。

そして3話は、公式ページで「第1章のクライマックス」と書いてるぐらいの山場。

3話にして「10.2%」と、2ケタに乗せてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">