シェフ三ツ星の給食5話ネタバレ&視聴率!低質食品を仲間と化かす光子

今回のネタは、11/10放送の「Chef~三ツ星の給食~」第5話。

4話で、光子は自らがDIYで作った屋台「シェ・ミツコ」を開店。

そして、テレビの助けもありましたが、屋台であっても料理するのは超一流の光子だけあり、早速その屋台は評判に。

ただ、今回もいつも通り、あの陰湿極まりない章吾が嫌がらせ。

「そろそろその嫌がらせ止めないと、視聴率ダダ下がりでドラマ打ち切りですよ!」と言いたくなるぐらいのウザさです(笑)

実際、視聴率の方は5%を切ったという、危機的状況なんですけどね。

とはいえ、章吾にはいつも通り嫌がらせをしてもらい、ラストで章吾がボコボコにされた時のスッキリ感をどんどん溜めていってほしいところ。

ただ、そのラストが打ち切りで当初の予定通り見れるのかな?という点も気がかりな、5話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

Chef~三ツ星の給食~第5話展開まとめ

その1:屋台も給食も休まない

五感を刺激する1品メニューを作ろうと決心した光子だったが、章吾の策略により鴨が手に入らない。

一方、平介も食材の価格高騰で、メニューのやりくりに苦戦していた。

このままだと予算オーバーで、給食を停止しなければいけない。

ただ平介は「給食は休まない。300人もの客が待っているんだぞ」と宣言。

それに触発された光子も

「私の料理を待っているひとがいるのよ。屋台の食材が入らないからと言って、休むわけにはいかないのよ」

と、給食と屋台のお休みはしないことを宣言。

そして光子は「最高の鴨」を探しにいき、平介は新しい仕入先を探す。

しかし、市場へ行くと章吾と遭遇してしまった光子。

そこで章吾から新しい店を出し、その店では1品料理を勝負にして「鴨」をメインにしていくと聞く。

そして展開を広げていくという。

ただ、何を聞いても光子は「私は屋台で鴨を出す」とめげない。

その姿を見た、光子の敵でもある肉卸屋は、わざと卸している店を大声で叫ぶ。

光子はその声を聞きつけて店に向かうが、鴨のコンフィに使えるような肉ではなかった。

一方平介は、安いサメしか手に入れることができないでいた。

ただ、調理師たちと共に調理しづらいサメのメニューを考える。

あとは野菜の仕入れだ。

そこで、かつて相撲部屋で働いていた調理師が、あることを思いつく。

栄養満点で大量の野菜といえば「ちゃんこ」その仕入れルートに目をつけたのだ。

こうして、野菜の食材も確保することができた。

その2:ダメな食材を料理人が変える

平介は、代食材の代案メニューを光子に提示。

そして夜、試食会をすると晴子から聞かされた光子は、平介の家に現れる。

試食した光子は「まずい」

調理師たちは、この状況でそんな発言は許せないと詰め寄るが、それに対して光子は

「代案だからこれでいいの?食材がダメなら、料理人の腕でおいしくするべき」とコメント。

また、それを聞いた平介から「じゃあ、お前がやってみろ」と言われ、やる気を燃やす光子。

家に帰って、早速試行錯誤を繰り返すのだった。

その翌日。

光子は、素材を変えず、自作のスペシャルソースを使い、味付けを変えるという。

限りある食材を組み替えて、ソースをメニューごとに作成。

本日のメニューは「オレンジソースを使った、サメのムニエル」

こどもたちは「さわらより、おいしい。最高においしい」と絶賛。

調理師たちは「荒木さんと星野さんの合作、おいしい」と敗北を認めた。

それを見た光子は、フレンチは元々悪い食材を味でおいしくしてきたという歴史を説く。

そして自分で言って、自分で気づく光子。

「2流の食材を、1流の私がおいしくする」

その3:光子のリスタート

光子は、以前ダメ出しした2流の鴨を全て仕入れた。

自宅で改良を重ねる光子。

そして、給食の時と同じく、ソースに重点を置いて研究をし続ける。

しかし、皮の存在感を引き立て、独特な臭みを中和するソースがなかなか見つからない。

そんな時、平介がサメの味付けに使っていたレシピを思い出す。

一方、章吾の新しい店も順調に準備が進められていた。

新しい店のシェフの出来に奥寺は満足していなかったが、章吾は「パーフェクト」

そこに早紀から電話がきて、光子が屋台で鴨を990円で出すことを聞く。

最高級の鴨は自分が仕入れたはずなのに・・・

予想外の展開に、章吾はさらにストレスがたまる。

そして、光子の屋台がオープンした。

香ばしい香りに誘われて、店に客が集まる。

値段設定もばっちりだったようだ。

調理師のメンバーもテイクアウトして、味見をしてその味に感動。

平介は「俺のからあげに比べたら、50点だ」と言いつつ、満足そうだ。

その後、晴子も様子を見に屋台にやってきた。

するとそこに晴子の友人が来る。

「ひかり!何してるの?」

晴子は偽名を使っていたのだ。

また、その声が光子の耳に響く。

その瞬間、光子の顔はすこし表情が変わった。

Chef~三ツ星の給食~第5話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


屋台のルールを受け入れ、鴨一品で勝負をしようとした矢先、市場の精肉店が誰も光子に鴨を売ってくれなくなってしまう。

章吾の手回しがあったのだ。

光子は頭を悩ませる。

そんな時、平介も食材の調達に頭を悩ませていた。

今年は気候の関係で、野菜や魚などの食材の価格が高騰しているのだ。

給食のルールで、1人あたりの予算や魚をどの頻度で入れるかなども決まっている。

調理師の1人は給食を休んではどうかというが、子供たちが給食を待っているのでそれはできない。

一方、光子はあきらめずに市場に通う。

そんな様子を見ていた、光子とそりの合わない精肉店の店主が、ある精肉店を教えてくれた。

たしかにその店であれば鴨があり、光子にも売ってくれるというが、光子の目にかなうものではない。

ただ背に腹はかえられないということで、その鴨を買って帰る光子。

そして、光子は家で、この鴨をなんとかおいしいものにしようと試行錯誤するのだった。

また、平介も市場をたずねて、安い魚を探していた。

しかし、買えた魚はクセのあるサメ。

そして、調理師たちもそれぞれ食材調達のために奔走していた。

その結果、集まった食材はある程度の野菜とサメだけ。

平介はこの食材で、子供たちが喜びそうなメニューを練り始める。

そして、できたメニューは子供が喜びそうなものではあったが・・・

試作品を食べたところ、おいしいものではなかった。

ただ、光子は「私ならもっとおいしいものができる」と、さらなるおいしさを求める。

が、光子には質の悪い鴨、クセのあるサメをどのように料理するかという2つの課題に苦戦。

ところで、その放送を見た章吾が早紀を店に呼び出す。

そして光子にインスピレーションを得て、一品料理に特化したお店を出すと語る。

早紀はそれを聞いて満足げな様子。

それを見た章吾は、早紀の目的が少し分からなくなっていた。

そんな折、光子はとうとう食材の改良に成功。

これはいけると思って、調理したものを調理師たちに味見してもらったが、家でつくった時の味が維持できていなかった。

給食も屋台も、仕込みをしてから客に出すまでに時間がかかる。

このままでは給食も屋台も出せない。

そこへ晴子が、このやり方ならば大丈夫という方法を見つけてくる。

確かにその方法で調理したら、時間がたっても臭みがなくおいしく食べられた。

給食当日。

子供たちは、初めて食べるサメにドキドキ。

しかし食べてみると、いつものようにおいしい光子の給食ができあがっていた。

Chef~三ツ星の給食~第5話感想

篠田まじウザい!光子の邪魔ばっかりして、光子考えた料理出すとか考えられん。矢口は光子の食中毒の件が篠田がやったって気づいたんじゃないかなぁ。そして晴子が偽名だったとは。過去に何かあって光子に何か恨みがあって近づいたのか?(27歳・女@寒くて凍りそう)
光子がまさか安い食材でおいしい料理をつくるとは。給食づくりがシェフとしての生き方にも活きてきて、また同僚も実力を認めてきてくれてよい話だった。光子の娘が同僚だったとわかり、次週も見逃せない。(29歳・女@アイス大好き)

Chef~三ツ星の給食〜関連記事

【PREV】シェフ三ツ星の給食4話ネタバレ感想!屋台で憎き章吾を迎え討つ光子

[LAST]シェフ三ツ星の給食最終回結末&ネタバレ!光子はフレンチに戻らない

Chef~三ツ星の給食~第5話視聴率

結果

8.0%(△3.1%)

何コレ?何があった?ついに「サクラ総動員令」でも出されたの?(笑)

とにかく、上がってくれれば何でもOK!好きなドラマなので。

予想

第1話8.0% → 第2話7.0% → 第3話6.2% → 第4話4.9%

4話で一気に「打ち切りレベル」にまで到達してしまった本ドラマ。

4タイトルある秋のフジドラマの中では一番好きなので、その行方が非常に気がかりです。

ただ、さすがに4%台連発はないでしょう。

とはいえ、戻しても5.5%ぐらいなんでしょうかね・・・

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">