IQ246第5話ネタバレ&あらすじ感想!友を信じ切れなかった嫉妬深き天才

今回のネタは、11/13放送の「IQ246〜華麗なる事件簿〜」第5話。

4話は、父が娘の恨みの強さを知り、自分を襲った娘に罪が及ばないよう、自ら命を絶って娘のアリバイを作り上げたというお話。

その何とも言えない切なさに、涙した人も多かったのではないでしょうか。

そして5話では、注目のゲスト・成宮寛貴さんが登場。

成宮さんというと、最近の連ドラでは「怪盗山猫」のヤバい役が思い出されますが、今回は果たしてどんな役なのか。

では、織田さんと成宮さんのバトルが楽しみな5話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

IQ246第5話展開まとめ

その1:バナナ&チョコ

賢正の父、先代の執事だった賢丈が「オーナーが美しいひとだから」と、アートギャラリーのプレオープニングパーティーの招待状を持ってくる。

セレモニーを手がけるのが人気アーティストのバナナ&チョコと知り、沙羅駆に行くよう促す奏子。

バナナ&チョコのオフィス。

営業から戻って来た千代能が「プレオープニングパーティーにオリンピック組織委員会の鈴木会長が来てくれることになった」と喜んで報告。

それを「オリンピックとか興味ねーし」と一蹴する番田。ふたりの描いている未来は食い違っていた。

「今度のショーはすごいことになるよ。サプライズだ!おかしなことをするのが芸術だよチョコ」と、番田は仕事を心から楽しんでいる様子。

そんな彼の机の上にあった他のアーティストの名刺をみつけて「アランに会ったのか?…で、一緒に組むのか?」と尋ねる千代能。

「断るつもりだったけどわからなくなった。…俺がやりたいことがやれるのはここじゃないのかな」と番田は言い出す。

パソコンのカメラから千代能を監視している「13」

番田が自分を見捨てようとしているのではないかと焦る千代能。

そこに「完全犯罪の方法、教えます」というメッセージが届く。

その2 : サプライズ

アートギャラリーで最新テクノロジーのARを使った、恐竜に襲われるという大迫力の映像体験をする鈴木会長。

そこに沙羅駆と奏子、賢正が現れ、ヘッドセットを装着。すると足元が崩れるリアルな映像が見えて奏子は本気で驚く。

ボブヘアーの女性が階上を歩いていくのをヘッドセット越しに見送る沙羅駆、彼女の歩く周りには紫の蝶が舞い踊っていた。

プレオープニングパーティーの前、千代能は番田が他のアーティスト・アランと談笑している姿を見てしまう。

人前に出たくないという番田に「バンちゃんの登場が一番のサプライズだから」と出演を頼む千代能。

その時スタッフの女性の悲鳴が。彼女の靴の中に「蜂」が入っていたのだった。

それを見て虫よけスプレーを噴射しまくり、様子がおかしくなる番田。

その3 : 転落

オープニングパーティーが始まり、まず千代能がスピーチ。

奏子はヘッドセットの映像に酔って外してしまう。

パートナーの番田のことを語る千代能。その間、奏子は階上でゆらゆらと踊るような、空中の何かをつかもうとしているような動作をしている番田を見つける。

そして、千代能が番田の登場を発表した瞬間、番田は足を踏み外して階上から落下してしまった。

ヘッドセットをしていた招待客たちは、それがARの映像だと勘違いして拍手。

裸眼で見ていた千代能は慌てて倒れている番田に駆け寄るが、番田は即死していた。

駆け付けた山田刑事と今市刑事に目撃したことを伝える沙羅駆たち。

ヘッドセットを着けていると周りの白い壁が摩天楼に変わり、その上に番田が登場する予定だったと千代能は説明。

自殺ではないかと言う山田刑事たち。

それを、先に番田の携帯の履歴をチェックしていた沙羅駆は「翌朝10時に歯医者の予約が入っていたので違う」と否定する。

朋美の監察医局で詳しい話をする沙羅駆たち。

番田が転落する直前に踊っていたこと、命綱を自分で外していたことを確認する。

そして遺体の親指の付け根には、慌てて命綱のカラビナを外した時のものと見られる内出血があった。

千代能たちのオフィスを訪れた沙羅駆は、千代能から番田との関係について話を聞く。

ふたりは高校の美術部で知り合い、アートユニットを結成したのだった。

番田の机の上にあった、たくさんの虫よけグッズ、ふたりが写っている受賞式の写真、コンテンポラリーアートアワードトーキョー2013のトロフィーをチェックする沙羅駆。

作品はふたりでアイデアを出し合って作っていたが、雑誌の表紙がいつも千代能ひとりであることを沙羅駆が尋ねる。

「彼は人前に出るのを嫌っていたから」と千代能。

「じゃあ、事故の日は特別だったのですね…あんなに高いところからみなさんに挨拶しようなんてよほどの目立ちたがり屋だと思ってました」

と、沙羅駆は千代能に揺さぶりをかける。

その4 : 注射器

再び監察医局で番田の遺体を観察する沙羅駆。現場で撮った写真にはズボンにひっかき傷のような跡があり、その下の皮膚には注射痕が。

位置的に番田が自ら注射したものだろうと推理された。

千代能たちのオフィスで奏子は「幽霊」が番田を落としたのではないかという話をスタッフから聞いて来る。

沙羅駆はそれを聞いても相手にしなかったが、ひとりでアートギャラリーを再び調査へ。

番田がいた階上で天井の配管を見ると、そこには注射器があった。

そこに千代能が現れる。

沙羅駆は、番田がオープニングパーティーの直前に蜂に刺されたスタッフの女性を怒鳴ったと聞いたと千代能に話す。

それに対し、目を合わせず不審な態度の千代能。

観察医局で、注射器がアナフィラキシー緩和剤であることが判明。

注射器の針と番田の身体の注射痕も一致。原因は袋の中身がすり替えられたエビせんべい。

アナフィラキシー緩和剤でエビアレルギーは治まっていたが、別のアナフィラキシーがまた起こっていた。

その5 : 音の殺人装置

一方、番田が亡くなったことでオリンピックの演出の話は有利に進行していた。

千代能の自宅を訪れた沙羅駆は、「仮想現実で番田を騙すことは可能ですか」と千代能に尋ねる。

「ヘッドセットをすり替えて、違う映像で錯覚させることは?…あなたでも(無理なのか)?」

と、沙羅駆はダイレクトに聞く。

「僕にそんな映像を作る技術はない」と答える千代能。

部屋にあったハチミツについて尋ねる沙羅駆。千代能はマンションの屋上で蜂を飼っているひとがいることを教えた。

「捜査は終了したので明日までにアートギャラリーの機材を撤収してほしい」と言われた千代能は、ひとりで朝早くギャラリーへ行き、一部の備品をまとめる。

作業員たちとすれ違う時に「足元危ないっすよ!」と言われてドキッとして見るが足元には何もなく、階段を降りていると物凄い落下音が…

しかし、千代能以外の人間には何も聞こえていなかった。

そこに沙羅駆たちが現れ、千代能のバッグに沙羅駆のものが入っていると言い、賢正が開ける。

それはスピーカーだった。

パラメトリックスピーカーという特殊なスピーカーは、超音波を使ってわずかな範囲に入った人間にだけ音を伝えることができる。

それが幽霊の正体。番田には蜂の羽音が聞こえていたのだった。

胃の中にすでにえびせんべいというアレル源があり、そこに強いストレスが加わったことでアナフィラキシーショックを引き起こすことがある。

番田にはエビと蜂のアレルギーがあることを千代能は知っていた。

そしてスタッフの女性の靴に入っていた蜂は、千代能のマンションの屋上で飼われているものと一致した。

ところで、番田のポケットには破られたアランの名刺が…

番田は千代能と変わらずやって行こうと決めていたのだ。

それを聞いて泣く千代能。

「音の殺人装置」スピーカーを使ったトリックを褒める沙羅駆。

それに対し千代能は「僕のアイデアじゃない、13と名乗る人からメールが来た」と明かすのだった。

IQ246第5話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


賢正の父親で先代の執事だった賢丈から頼まれて、アートギャラリーのプレオープニングパーティーを訪れた沙羅駆たち。

入口でヘッドセットのゴーグルのようなものを着用して会場に入ると、そこでは最新テクノロジーのAR(拡張現実・コンピュータ処理した映像などで、現実の情報を実態よりも強化・増強して提供する技術)を使ったアートを体感できた。

巨大な恐竜が襲って来て真剣に逃げる奏子を笑う沙羅駆と賢正。

招待客たちは空中に浮いているものを取ろうと手を伸ばしたり、バランスを取れずに転んだりと、子供のように楽しんでいた。

このARを使ったアートは「バナナ&チョコ」という、千代能光一と番田要による新進気鋭のユニットによるものだった。

彼らは高校時代からの仲。ふたりの才能を融合して最先端技術を取り込んだアートで、オリンピックの閉会式の演出候補にもなる程の人気を博しているのだ。

このアートギャラリーのパーティーではセレモニーも手掛けるとあり、興味深く待つ沙羅駆たち。

オープニングセレモニーが始まり、千代能がスピーチを行い「親友の番田要です!」と紹介すると、歓声に包まれながら階上から番田がヘッドセットをして登場!

しかし、そこで突然踊るような動作で跳ねた番田はかなりの高さから転落してしまう。

千代能が駆け寄り呼びかけるが、番田はすでに死亡していた。

駆け付けて来た山田刑事と今市刑事は招待客たちの目撃証言と現場の状況から、ヘッドセットで回りがよく見えなかったせいで足を踏み外して転落したと考える。

しかし沙羅駆は、番田が足を踏み外す前に番田がおかしな動作をしていたことから、事故死に疑問を持つ。

事件に興味を持った沙羅駆は事務所を訪ねて、パートナーの死に打ちひしがれている千代能から話を聞く。

「バナナ&チョコ」はこれまでアイデアを番田が出し、それを最先端技術に強い千代能がプログラミングし、ふたりで仕上げて行くという手法でアートを世に送り出してきた。

そしてそれをプレゼンテーションするのは、スピーチが上手く見た目もよい千代能。

必然的に彼が注目を集め、雑誌の特集では、彼ひとりが表紙を飾りインタビューを受けていた。

ただ、千代能のプログラミング技術は天才的だったが彼には創造力が全くなく、

「おかしなことをするのが芸術だよ」

と言いながら、いつも素晴らしいアイデアを事もなく思いつく番田に劣等感を抱いていた。

そんな頃、番田が単独でオファーを受けて別のプログラマーと仕事をすることになり、それを機に彼のアイデアの素晴らしさが世に知られるようになってしまう。

番田が多忙になり千代能との作業の時間が限られて来ると、番田が自分から離れて行ってしまうのではないか…と恐れるようになった千代能。

いつしか千代能は番田を憎むように… そこに「13」から「完全犯罪の方法、教えます」というメッセージが。

千代能は、自分が番田の首を絞めている映像と感覚をヘッドセットにプログラミング。

そしてセレモニーの前に番田に着けさせ、それを体感した番田は抵抗しようと動いて転落したのだった。

しかし、そのプログラミングはすでに消去されていて沙羅駆にも再現することは不可能。

沙羅駆は観察医局で朋美に、人間はARでの体感で首を絞められることはあるかと尋ねる。

それに対し、プログラムによって人間を操り、自らの手で首を絞めることは可能だと答える朋美。

しかし、そのプログラムも消去されていたため、沙羅駆は千代能に自白をさせる作戦で動き出す。

番田は千代能とのユニットでの仕事以外でも多忙ではあったが、常に一番素晴らしいアイデアが浮かんだ時には「バナナ&チョコ」で使うために書き溜めていた。

そのデータを沙羅駆は探し出し、千代能に見せる。

番田がいかに自分とのユニットを大事にしてくれていたかがそのデータから偲ばれ、号泣する千代能。

番田が死んで失われてしまった友情は、もう元には戻らなかった。

友情がテーマのストーリー、沙羅駆の友人は賢正だけのようですね…

強すぎる友情はほとんど恋愛感情のようになりますが、今回の千代能も番田に嫉妬心をもっていたのでしょうか。沙羅駆の謎解きをお楽しみに!

IQ246第5話感想

ドラマの中でVR的な物もでてきて何とも最近の技術をとりこんだ感じだったから、事件の鍵は映像のトリックと思ってたのに音のトリックだったのは少し予想外だったな~。超音波のシーンなんか事件前なかったし思いつかなかった。(35歳・男@牛丼は吉野家派)
今回の犯人は成宮(◎_◎;)相手の気持ちがわからぬまま犯行に及んでしまった。相手の心が読めていれば、仲良くできたのに。このドラマの面白い所は犯人が誰であるかは、はじめに分かり、最後にどのように殺したかがわかるところ。(29歳・男@ドラマ大好き人間)

IQ246関連記事

【PREV】IQ246第4話ネタバレ&あらすじ感想!父から娘ヘ贈った鉄壁のアリバイ

[LAST]IQ246ネタバレ&最終回結末!結婚相手は誰?IQ246越え超難解事件が大変

IQ246第5話視聴率

結果

10.1%(▼1.6%)

これは意外。成宮さん効果無しとは・・・

予想

第1話13.1% → 第2話12.4% → 第3話10.1% → 第4話11.7%

4話で見事に立て直しに成功した本ドラマ。

5話でも成宮さんの力を借りつつさらに上げていき、「逃げ恥」や「校閲ガール」とトップ争いを繰り広げて欲しいところ(ドクターXと相棒は除外)

ということで、5話の予想は12.6%としておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">