逃げるは恥だが役に立つ7話ネタバレ感想!真の新婚感に悶絶する津崎

今回のネタは、11/22放送の「逃げるは恥だが役に立つ」第7話。

6話では、百合の強引さに負けて「新婚旅行という名の社員旅行」に出かけた二人。

その旅行でも、ツインだと思ってたらダブルだったり、みくりの元カレと遭遇したりと、やはりいろいろドタバタがありました。

ただ、最後に待っていたのは、そのドタバタが無かったかのように感じてしまうほどの衝撃ラスト。

「いつも自分から仕掛けてばっかりで疲れちゃった・・・」と、何か悲しくなってしまっていたみくりに対して、津崎がいきなりのキス!

ココは、ドラマがスタートしてから一番盛り上がったシーンかもしれませんね。

では、その衝撃の余波が残る7話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

逃げるは恥だが役に立つ第7話展開まとめ

その1:誕生日プレゼント

津崎(星野源)の突然のキスに、いろいろと考えをめぐらせるみくり(新垣結衣)

あのあと、津崎はキスについて全く触れることもなく、電車を降りてからのバスもずっと寝たふりで、家に帰ってからも早々に部屋へと逃げ込んでしまったのだ。

その後の火曜日のハグの日も、いつも通りに振舞おうとするあまり、仕方なくハグをしているように見えてしまう津崎。

みくりは、風見(大谷亮平)に話の流れでそのことを相談する。

「風見さんにだったら、ドキドキしちゃうようなことをされても、きっとこれはテクニックでやってるんだって思えるけど・・・

そういうタイプじゃない人にされると、どう受け取っていいのかわからない」

と話すみくりに、風見はキスをしようと抱き寄せるが、全く本気にされずに笑ってかわされてしまう。

そんなある日、日野(藤井隆)と話していた津崎は、みくりの誕生日が過ぎていることに気づく。

その会話に入ってきた風見は、ちゃっかりみくりにプレゼントを渡していたことを告白し、

「うちに家事代行に来てくれている子、けっこうタイプなんだけど、一筋縄ではいかなくて」

と津崎を焦らせる。

津崎は、みくりへのプレゼントを探しに買い物に出かけるが、何を買っていいのかわからず、結局家に帰り「賞与」という形で現金を渡した。

それを見たみくりは

「1ヶ月も過ぎてからなぜ?もしかしてこれは・・・キスの慰謝料!?」

と勘ぐってしまう。

その2:メールに一喜一憂

部屋に戻った津崎に、みくりはキスのことを尋ねようとするが、思い悩んだ末にメールで質問することにした。

「どうして私にキスしたんですか?」

津崎は、返事に困り部屋をウロウロするばかりで、なかなか返信ができない。

待っても待っても返事が来ないので、みくりは諦めて寝ることに。

すると、津崎から返信が。

「すみませんでした。雇用主として不適切な行為でした」

さんざん待たせておいて、型にはまったような返事に

「謝罪じゃなくて理由!」

と憤るみくり。

さらに津崎は

「なかったことにしてください」

と送信しようとするが、そのときみくりから返信が。

「謝る必要はありません」

みくりが絶対に怒っていると怯えていた津崎は(え?謝らなくていいの!?)と、天にも舞い上がりそうな気持ち。

「しかし、一方的で許されない行為だったと深く反省しています」

「社員に対する行動としてはアウトですが、新婚旅行という体もあったし恋人同士のスキンシップの延長という意味ではアリじゃないでしょうか?」

(えっ!?アリなのっ!?)またしても、思いもよらないみくりの言葉に喜びを隠せない津崎。

「ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」

(よろしくって、何を!?)みくりもまた、津崎の言葉の真意に頭を悩ませる。

「こちらこそ、よろしくお願いします。2回目もお待ちしております」

という文章を打ってから、後半部分を消し「末永く」という言葉を付け加えてから送ったみくり。

みくりは、津崎とちゃんと話が出来て嬉しく思っていた。

津崎もまた、その文章を読んで幸せな気持ちになって夜の空を見つめて眠った。

その3:みくり旋風&津崎旋風

翌日のハグの日、津崎は朝出かけるときにみくりにハグをし

「今日は残業で遅くなるので、先に寝ていてください」

と言って出かけていく。

津崎を送り出したみくりは、うれしさのあまり床に倒れこむ。

みくりの中に、津崎旋風が巻き起こっていた。

それからのハグの日は、以前より自然にハグができるようになっていた。

津崎の中にもみくり旋風は巻き起こっており

「行ってらっしゃい」

と笑顔で送り出されたあと、ドアが閉まると思わず

「かわいい~~!!」

と崩れ落ちてしまうほど。

しかし、ハグが自然に行われるようになればなるほど

「二度目のキスは、ないのかしら・・・」

という思いがみくりの中に湧き上がる。

その頃、津崎は津崎で「キスのタイミング」をググっていた。

しかし、「キスの法則の20の法則」というトピックを見つけ、あまりのハードルの高さに圧倒されてしまう。

その4:二度目のキス!!そして拒絶・・・

ある日の土曜日、百合(石田ゆり子)の家に遊びに行っていたみくりは、お土産のワインを一緒に飲もうと津崎のことを誘う。

ソファで隣に座り、面と向かって従業員として感謝の気持ちを伝えたみくりだが、雇用関係を超えた気持ちを伝えようとすると、とたんに言えなくなってしまう。

みくりは、津崎の肩にもたれかかった。

緊張で硬直した津崎だったが、みくりの手を取りぎこちないながらも再びみくりにキス。

そして、みくりは津崎に抱きついて囁く。

「いいですよ、私は。平匡さんとなら、そういうことをしても」

しかし、津崎はみくりを慌てて突き放して拒絶。

「無理です!そういうことがしたいんじゃありません。すみません、僕には無理です」

みくりは、慌てて津崎から離れるが、その手はひどく震えていた。

勇気を出して気持ちを伝えたのに、拒絶され傷ついてしまったみくり。

彼女は津崎の部屋を逃げ出し、実家に帰る決意をするのだった。

逃げるは恥だが役に立つ第7話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


旅行の帰り道の電車の中、突然津崎(星野源)にキスをされたみくり(新垣結衣)

今まで、自分からしかアクションを起こすことのなかった二人の関係性に虚しさと諦めを感じていたみくりは、津崎の行動が嬉しかった。

しかし、電車を降りてから家に帰るまで、津崎は全くキスのことに触れようとしない。

「みくりさんは絶対に怒っている・・・!」

本能的にとってしまった行動を、津崎は猛烈に後悔していた。

家に帰り日常に戻っても、津崎はあのキスについてはなかったことにしているかのようだ。

さらには、みくりと顔を合わせるのが気まずいという思いから、また壁を作ってしまう。

みくりは、津崎が自分のことを思ってくれているのではと一瞬期待したのだが、また津崎の冷たい態度に悩まされる。

火曜日のハグの日も、津崎は緊張のあまりへっぴり腰で渋々ハグをしているかのよう。

みくりは、津崎の気持ちがわからず不満に思う。

その後もハグの日を重ね、その度に

「二度目のキスはないのかしら?」

と淡い期待を抱くみくり。

そして、津崎もまたみくりへの思いをしっかりと自覚していた。

もう一度キスをしていいものがググってみたが、「キスをするタイミング20の法則」を読んで自分にはハードルが高すぎるとたじろいでしまう。

そんな中、みくりの風見(大谷亮平)宅での仕事は続いていた。

すべてを知っている風見に、みくりはだんだんと心を許し、いつしかいろんなことを相談するような関係に。

そして、津崎との“ハグの日”の話を持ち出すと、風見は自分ともハグをしてみたらと、みくりの手を引き寄せる。

それは冗談だったが、風見はみくりにサプライズプレゼントを用意していた。

ちょっと遅いが、みくりへの誕生日プレゼントだ。

そんなこんなで月日が経ち、津崎はみくりの誕生日が1ヶ月も過ぎていることに気がつく。

日野(藤井隆)に後押しされ、みくりへのプレゼントを用意しようと思い立つ津崎。

ちなみに、風見はすでにみくりにプレゼントを渡したらしい。

その焦りからか、みくりへのプレゼントを探しに買い物に出かけるも、女性へのプレゼントなんて何を選んだらいいのか皆目見当がつかず、疲れきってしまう。

そこで、津崎はお給料を上乗せして、みくりに好きなものを買ってもらうことを思いつく。

しかし、みくりは突然給料が多いことに思わぬ勘ぐり。

「キスの慰謝料!?」

そして、ついにみくりは

「どうして私にキスをしたんですか?」

と直球勝負で津崎に尋ねるのだが、調子に乗ってキスしてしまったなんて言えるはずもない津崎。

ただ、みくりは津崎の首に手を回し抱きつき

「いいですよ、平匡さんとなら」

と渾身の思いをぶつける。

こうして二人は二度目のキスをした。

翌朝、二人の間にはまた平和な空気が戻ってきた。

会社への見送りをしてくれるみくりの笑顔に、ドアが閉まったとたん

「かわいい~!」

と崩れ落ちてしまうほど、津崎はみくりにメロメロ。

マンションの外に出ると、ベランダからみくりが笑顔で両手を振っており、津崎もキャラに似合わず満面の笑みで両手を振り返す。

こうして、ようやく気持ちが通じ合ったみくりと津崎。

ただ、この二人にまた試練は訪れるのだろうか?

逃げるは恥だが役に立つ第7話感想

ひらまさの事を気にするみくりのひとつひとつの行動を見てると、見てるこっちもキュンとなってしまう!!みくりは最高に可愛いな~。火曜日はハグの日にしたんだから土曜日はキスの日にしたらいいのに。(35歳・男@冬は苦手)
いーなーあんなムズムズすること、どこに置いてきたんだろ…観てて泣きそうになる(笑)平匡さんの動揺する仕草はガチなんじゃないかってくらいリアル!みくりちゃんをあんなに好きで一杯にできるオトコになりたい…今週も面白かった(31歳・男@恋せよ男子)

逃げるは恥だが役に立つ関連記事

【PREV】逃げるは恥だが役に立つ6話ネタバレ感想!満足する男と満足してない女

[LAST]逃げるは恥だが役に立つ最終回&原作ネタバレ!ハグの力は金より強し!

逃げるは恥だが役に立つ第7話視聴率

結果

13.6%(±0.0)

・・・ついに連続アップ記録が途絶えてしまいました。

残念!

予想

第1話10.2% → 第2話12.1% → 第3話12.5% → 第4話13.0% → 第5話13.3% → 第6話13.6%

「オイオイ、いつまで続くの?」という感じで、6話も初回からの連続アップ記録を「5」に伸ばした本ドラマ。

これまでの全ドラマの視聴率推移なんて調べる気はありませんが、この連続アップ記録は「史上初」とか、それぐらいの話なのでは?

あの半沢直樹ですら、5話から6話は横ばいで、初回からの連続アップ記録は「4」

ただ、6話以降は最終回まで上昇し続けましたし、その数字は逃げ恥と比べ物にならないぐらい高かったですけどね。

何にしても、この記録はまだまだ継続してほしいところ。

7話の予想も「13.8%」と、微増で構わないので連続アップ記録継続に期待します。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">