逃げるは恥だが役に立つ8話ネタバレ感想!後悔が夫を妻の元へ走らす

今回のネタは、11/29放送の「逃げるは恥だが役に立つ」第8話。

7話で、メールを通じてではありますが、新婚旅行ラストの突然のキスについて話し合うことができたみくりと津崎。

それからの二人は、新婚感醸し出しまくりでいい感じの仲に。

みくりは津崎の突然の朝ハグに、津崎はみくりの玄関送り出しにグッと来てのたうち回るという、見ていてうらやましいやら恥ずかしいやらのシーン満載でした。

ただ・・・ここでみくりが先走ってしまうんですね。

「平匡さんとなら、この先のことも私はOKですよ」

それに対して過敏に反応し、拒絶してしまった津崎。そして、そのことにショックを受けてしまったみくり。

では、二人に入ってしまった亀裂のその後が気になる8話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

逃げるは恥だが役に立つ第8話展開まとめ

その1:離婚の危機!?

津崎(星野源)と思いが通じ合ったかと思ったが、もっと近づきたいと思った次の瞬間、拒絶されてしまい傷ついたみくり(新垣結衣)

それからみくりは極力普通に接するように努力していたが、次のハグの日、津崎が家に帰るとみくりが家を出て行っていた。

みくりは風見(大谷亮平)宅での仕事も休んでおり、風見は心配して百合(石田ゆり子)にみくりの居場所について尋ねる。

百合がみくりに電話をすると、みくりは実家に帰っていた。

「今、離婚の危機だから」

そう言ったみくりだったが、離婚の危機にあるのはみくりの両親。

実は、みくりの母・さくら(富田靖子)が骨折をして、家事の一切合切を栃男(宇梶剛士)がやることになっていたのだ。

今までさくらが世話を焼きすぎていたこともあり、栃男は何もできずにさくらから厳しいダメだしを受けている。

そんな両親を心配して、という体でみくりは実家に帰ってきたのだ。

しかし、本当は理由は何でも良かったのだ、津崎と暮らす303号室から逃げ出せるのなら。

その2:みくりが市議会議員に!?

みくりは、ありったけの食事を用意して津崎に置き手紙をして家を出た。

もう303号室に戻る勇気はなく、みくりはここで仕事を見つけて一生ここに住み続けることも考え始めていた。

しかし、こんな田舎に職はない。

みくりは壁に貼ってあるポスターを見て、自分と同じ年で市議会委員になった女性がいることを知り、自分も市議会議員になる道に進もうかとさえ本気で考える。

その頃、さくらと栃男を心配した兄夫婦ややっさん(真野恵里菜)まで駆けつけ、男同士女同士で育児や仕事について語り合う。

みくりは改めて家事と育児の大変さや、仕事との両立の難しさなどを思い知るのだった。

その3:風見の恋の思い出

そんなある日、沼田(古田新太)は風見(大谷亮平)や日野(藤井隆)を飲みに誘う。

そこに津崎も誘われて、顔を出す。

そこで日野に

「狙っている家事代行のバイトの人、どうなったの?」

と聞かれた風見は

「自分の行動に責任を持つタイプの人なのに、突然休みを取っている。

何か相当いたたまれないことがあったのでは?詳しいことは知りませんが」

と答える。

すると、弱りきったうえに酒に酔った津崎は、めずらしく風見に突っかかってしまう。

「何も知らないのに、そういうこと言わないでください」

「もしかしたら、津崎さんより彼女のことを僕の方が知っているかもしれない」

「そもそも僕と風見さんは根本的に違うんです」

酔いつぶれた津崎の迎えを頼みに、百合を呼び出した沼田たち。

百合に怒られて、責任の一端を感じた風見は一緒に車に乗り込んだ。

その車中で、風見は学生時代の恋愛の思い出を百合に語った。

昔から目立つタイプで、女子にもモテていた風見。

しかし、好きになった子は地味で目立たないタイプの子だった。

二人は付き合うようになったが、ある時彼女に

「私と風見くんは釣り合わない。

私は風見くんみたいにモテないし、地味だし、なんであの二人がって周りから言われる私の気持ちなんて、あなたにはわからないでしょう」

とフラれてしまったのだ。

彼女が自分に自信が持てないのは彼女自身の問題で、風見にはどうすることもできない。

自分の気持ちばかりで、風見のことを見てくれない彼女に、一体何を言ったら良かったのか。

その話を後ろで聞いていた津崎・・・

その4:再び二人の気持ちは一つに

津崎は家に帰ると、冷蔵庫にみくりが残してくれていた食事のタッパーを1つずつ見てみた。

そこには、津崎のことを思って全てにメッセージが添えられていた。

みくりはどんな思いでこれを作ったのだろう。

どんな思いであの日、この部屋を出て行ったのだろう。

自分が傷つくことばかりを考えて、みくりの気持ちを何も考えていなかったことに気づく。

やっとみくりの気持ちに考え至った津崎は、みくりに電話をする。

そして、自分には経験がないことを打ち明ける。

「僕がみくりさんを拒絶したあの時、まず、失敗したらどうしようと思いました。

10歳も年下の女性にリードされる情けなさもあったと思います。

経験がないことを知られるのが恥ずかしいという思いもありました。

でも、拒絶されたみくりさんがどんな気持ちになるかということは、全く頭にありませんでした」

しかし、みくりはとっくにそんなことは知っていたと言う。

「こっちで働くことも考えました。でも他の道もあるんだから、今の道で失敗してもいいやって思うようになりました」

と開き直れたことから、303号室に戻る決心をしたことも伝えた。

二人の気持ちが再び通じ合い、すぐにでも会って火曜日の分までハグを!を気持ちが盛り上がる。

みくりの田舎まで来ていた津崎は、すぐにみくりの実家に走っていく。

しかし、家に帰る決意を固めたみくりは、すでにもうマンションの前にいた。

こうして二人はすれ違い、津崎はみくりの両親に捕まり泊まっていくことになってしまい、二人のハグはお預け。

しかし、その夜のみくりの気持ちは晴れやかだった。

明日、津崎に何の料理を作ってあげよう、どんな話をしよう、と考えるだけで胸が弾むのだった。

逃げるは恥だが役に立つ第8話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


津崎(星野源)に思いを伝えたのに、拒絶されてしまったみくり(新垣結衣)

このまま同じ部屋で暮らすのはいたたまれないと、この家を出ることを決意する。

翌日、津崎を会社に送り出した後、みくりは気合を入れて家事に取り組んだ。

「生まれて初めての職場放棄。せめて準備は万端に」

そうして置き手紙を残し、みくりは高速バスに乗った。

津崎が家に帰ると、テーブルには置き手紙。

そして、冷蔵庫にはありったけの作り置きした食事が用意されていた。

そのタッパーをテーブルに広げ、一人わびしく夕食をとる津崎。

「みくりさんに愛想をつかされて当然だ・・・」

みくりがいなくなった理由は、自分がみくりを拒絶したことにほかならなかった。

会社でも、仕事に身が入らない津崎。

そんな津崎の異変に気づいたのは、勘の鋭い沼田(古田新太)だ。

いろいろと間違った推理をしてきた沼田だが、今度こそ津崎とみくりの関係の真相に迫りそうな推理を巡らせ、津崎は焦ってしまう。

一方、みくりは風見(大谷亮平)宅の仕事も同じように放棄していた。

風見もまたみくりの居場所を知らず、みくりのことが気がかり。

津崎は、百合(石田ゆり子)ならみくりの居場所を知っているのではないかと尋ねてみるが、みくりは百合にも相談していなかった。

みくりが家を出たことを知った百合は、心配してみくりに電話をかける。

それに対するみくりの返事は

「離婚の危機だから」

「やっぱりそうなっちゃったの!?」

驚く百合。

その頃、みくりは両親のいる田舎の家に身を寄せていた。

突然、出戻ってきた娘に対し、母親のさくら(富田靖子)は何も聞かずに

「ずっといてもいいのよ」

と優しい言葉をかける。

みくりは、そんな両親の温かさに触れ、契約結婚を辞めてしまおうかと心が揺れていた。

そんなある日、津崎は日野(藤井隆)に誘われ、風見と沼田と4人で飲みに出かける。

そこでみくりの話題になり、風見は冗談半分で

「津崎さんより僕の方が、みくりさんのことを知っているかもしれない」

と発言。

すると、津崎は珍しく感情的になってしまい

「僕とあなたは、根本的に違うんです」

と言い返す。

みくりがいなくなったことで、津崎の心は激しく動揺していたのだ。

誰もいない暗い部屋に帰ってきた津崎。

彼は、自分にとってみくりがかけがえのない存在だと改めて思い知っていた。

「どうして、あの時みくりさんを拒絶してしまったのだろう・・・

あの時、みくりさんはどんな思いでここを出て行ったのだろう」

後悔の念が押し寄せる。

その後、百合からみくりが両親のいる田舎にいると聞かされた津崎。

彼は、迷うことなくみくりを迎えに行くことを決意するのだった。

逃げるは恥だが役に立つ第8話感想

経験が無い事を恥だと思っていた津崎が、仲間の支えを経て、みくりと分かり合えたのがとても良かった。「運命の人がいるのではなく、運命の人にするのが大切だ」と言っていたみくりの母の名言には痺れた。(32歳・男@寒さは苦手)
てか、プロの独身ってほんとにいるのかな?女から誘われて断るって私も恥ずかしすぎて帰るなきっと。うちも旦那に家事の手伝いさせてないから、私が先に死んじゃったらなんにも出来ない。今日のはなかなか考えさせられたな。(45歳・女@かなりの美人で彼氏あり)

逃げるは恥だが役に立つ関連記事

【PREV】逃げるは恥だが役に立つ7話ネタバレ感想!真の新婚感に悶絶する津崎

[LAST]逃げるは恥だが役に立つ最終回&原作ネタバレ!ハグの力は金より強し!

逃げるは恥だが役に立つ第8話視聴率

結果

16.1%(△2.5%)

ここに来ての、このアップはヤバい!

次はどこまで上げてくるんだろう。

予想

第1話10.2% → 第2話12.1% → 第3話12.5% → 第4話13.0% → 第5話13.3% → 第6話13.6% → 第7話13.6%

前回、ついに連続アップ記録が途絶えてしまった本ドラマ。

といっても、下がったわけではなく横ばい。この点はさすがですね。

ただ、ここから上がり直すのか、下がっていってしまうのか、ここが重要なポイント。

下がるようなら、視聴率争いを繰り広げている校閲ガールに追いつかれる可能性大。

しかし、逃げ恥の人気はクライマックスに向けてさらに上がっていくのではないかと。

というわけで、8話の予想は「14.0%」としておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">