校閲ガール9話ネタバレ&あらすじ感想!動画で地味悦子を無料視聴可能

今回のネタは、11/30放送の「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第9話。

8話では、校閲部部長・葦原の壮絶な過去がひとつ明らかに。

まだ編集部に居た頃に担当した桜川先生と恋に落ち、先生からプロポーズされるも断り、その先生から刺されるという過去が。

・・・とはいえ、刺されたといっても、現在では久しぶりに会った時に抱き合うような関係ですので、ご心配なく。

それはさておき、悦子と幸人の関係は、なかなか深いところまでいかない状況が続いています。

校閲の仕事で見せている悦子の凄まじい突撃力も、恋愛の方では影を潜めているようで。

そして、悦子がもたついてる間に森尾が幸人をあきらめきれてない事実が発覚・・・

クライマックスは、3人の三角関係の決着になりそうですね。

では、貝塚が森尾をゲットして三角関係を終わらしてほしい、9話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

校閲ガール第9話展開まとめ

その1:憧れのラッシー編集部へ

幸人とまだお付き合いしていないという事実を気にして、それが夢にまで出てくる悦子。

悦子は校閲の仕事に真剣に向き合い、幸人はモデルに大学に作家にと、充実な生活を送っていた。

さらに幸人は森尾の家を出てから、実の父でもある作家の本郷先生と一緒に住むようになっていた。

本郷先生が初めて父親のようなことをするので、幸人にとってはくすぐったい毎日が続いている。

そんなある日、悦子は藤岩から、貝塚が社内報に載っていることを見せられる。

そこで貝塚は校閲の存在を消し、いかにも作家と2人でやっているようなことを話していた。

藤岩はこんなことは普通だと話すが、悦子は校閲の存在が消されていることに大激怒。

そんな時、葦原からラッシーの校閲をしている会社でインフルエンザが流行り、ヘルプがいるということを言われる。

もちろん悦子は張り切って立候補。そして憧れのラッシー編集部へ。

悦子は副編集長から、雑誌の校閲は「固有名詞と番号」をしっかり校閲するように指示を受ける。

米岡が大変そうだとつぶやくが、悦子は私ならすべてのブランド名が入っているから大丈夫と自信満々だ。

そして、悦子たちが作業をする傍ら、ミーティングが始まる。

そこで森尾は、雑誌の巻頭企画を任される。

悦子はそれを横目で見ながら、少しうらやましい気持ちでいた。

しかし、自分の仕事を頑張ろうと取り組む。

ところで、悦子の校閲は「いつも通りの校閲」だった。

固有名詞しか校閲しなくていいと言われたのに、1か月着回しコーデの主人公のキャラ設定がぶれていることまで校閲。

副編集長にそれを話すと

「いらない。校閲は固有名詞の校閲だけしてて。

あなたはラッシーに異動したいからアピールしたいのかもしれないけど、あなたの仕事だけをして」

と怒鳴られる。

悦子は、自分の仕事の意義について考えてしまった。

家に帰ると、貝塚がおでん屋にいた。

社内報のことを言うと「校閲部ってそんなもんじゃん」と言われてしまう。

さらに森尾が「離れたときに初めて好きだって気づくこともある」と言ったセリフを貝塚から聞く。

悦子はそれが幸人だと気づいた。

その翌日。

編集部では森尾が編集長から褒められていた。

その時、幸人が悦子のところに近づいてきて「今日夜ごはんに行こう。見せたいものがある」と誘ってくれる。

しかし、森尾に悪いと気持ちがのらない悦子は、用事があると断ってしまう。

そして、悦子の耳に副編集長の声が入ってくる。

「固有名詞が間違っていたので、謝りにいってきます」

また、午後の予定をすべてキャンセルするようにアシスタントに伝えている。

悦子は、それが自分の校閲間違いであることに気づき、謝罪をして自分も一緒に謝りにいくと言い出した。

しかし「校閲なんていらない。自分の仕事だけやってなさい」と言われてしまう始末。

悦子はひどく落ち込んだ。

その2:おしゃれではない悦子

次の日、悦子はおしゃれではない格好で仕事場に現れた。

普段は元気な悦子が落ち込んでいるのは、誰が見ても明らか。

校閲部員が悦子のことを話しているのを聞いた幸人は、悦子をもう一度デートに誘う。

そして、断る悦子に「その予定、悪いけどキャンセルして」と、いつもとは違う強引な態度で押し切った。

ようやく、ラッシーの校閲が終わった。

藤岩は副編集長に「かわいい」「可愛い」「カワイイ」などと統一されていない部分が気になると苦言。

しかし「そこまでやっていたら終わらない」と言われ、引き下がる。

校閲部に戻ると、みんなが悦子を励ますために、自分たちのお気に入りを悦子の机に置いてくれていた。

悦子がロビーに降りると、幸人が迎えにきていた。

セシルはリップだけをつけてあげて、デートに送り出す。

一方、森尾は悦子が落ち込んでいる原因に自分の言葉があるのではないかと思い、貝塚に何か余計なことを言っていないか確認していた。

その3:幸人からの言葉のプレゼント

幸人はスカイツリーに悦子を連れていき、この町が当たり前に動いているのはなぜかわかるかと聞く。

そして幸人は自分が取材した、日の当たらない場所で輝いている人たちの写真を見せる。

「当たり前のことを当たり前だと思うのは、それを影で守っているひとがいるからだよ」

この言葉に悦子は、それを忘れていた自分を思い出す。

「これをもとに小説にしてみようと思う。

でもこれはえっちゃんと出会えて、校閲の仕事をすごいと思ったから考えられたことなんだ。

えっちゃんにあえて本当に良かった。生まれてきてくれてありがとう」

と言い、今にも告白をしそうな雰囲気。

しかし悦子はそれを遮った。

頭の中に森尾のことが浮かんだからだ。

ただ、悦子はその足で森尾の家へ向かい「幸人くんと付き合ってもいいかな」と尋ねる。

それに対して森尾は

「私は幸人より、先輩の方が好き。だからギクシャクしないで。

もし本当に好きなら自分で奪いにいくから」

と温かい言葉を投げかける。

悦子は安心で涙がこぼれてきた。

急にすっきりした悦子。

鏡に映る自分を見て、愕然とする。

こんな姿で1日いたことにビックリする。

森尾はこれから会社に戻るという悦子に、スカーフをつけてあげる。

悦子はスカーフ1枚で元気になった。

そして悦子を送り出した森尾は「スカーフ1枚で元気になれる」を巻頭企画にしようと思いつく。

会社に戻った悦子。

彼女はラッシー編集部に行き、昼間に藤岩が言っていたことの校閲を始めるのだった。

その4:悦子のがんばりの証明

次の日、完全に復活した悦子。

ラッシーの編集部では、悦子の校閲にざわめきたっていた。

その時、電気がいきなり消える。

すると悦子が現れ

「電気がつくの、当たり前と思っていませんか?でもそれは安全を守っているひとがいるからです。

私たちにもそんな当たり前の仕事をさせてください。私みたいに隅々まで見る読者はいるはずです。

来月のラッシーも楽しみにしています、ありがとうございました」

と去っていく。

その後、編集長は「この見出しは5年前にもありました」という校閲に目をつけた。

そしてみんなに「雑な仕事はせず、ちゃんとやりましょうか」とみんなを鼓舞するのだった。

また、悦子はきちんと幸人に向き合うことを心に決めていた。

そして、ついに告白。

ただその時、間が悪いことに携帯が鳴る。

それは森尾からだった。

「編集長が呼んでる。先輩、ラッシーに異動になるんだよ」

この言葉に、悦子も幸人も喜びの顔を見せるのだった。

校閲ガール第9話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


校閲部員として着々と実績を積み上げてきた悦子に、願ってもない仕事が舞い降りてきた。

それは、悦子がいつかそこで働きたいと願っている「ラッシー」の校閲作業。

今までやってきた仕事の頑張りが認められたと喜ぶ悦子。

早速おしゃれをして、ラッシーの編集部へと向かう。

とはいえ、今回は文字だけの校閲で大丈夫だと編集長から伝えられる。

しかし、悦子の校閲が文字だけで終わるわけがない。

せっかく任された仕事を最高のものにしようと、事実確認をスタート。

そして、徹夜をしてまでも頑張った校正原稿を、意気揚々とラッシーの編集部に持っていく。

しかし、それを見た編集長からは

「こんなことまで求めていない。ここまで読者がどれだけ見るのか。

それよりも、元々編集者が書いていた原稿を大切にしてほしい」

と言われてしまう。

さらに悦子が校正した文章を書いた編集者には

「校閲ってなに?ダメ出しばっかりされて気分が悪い」

と言われる始末。

悦子は、今までがんばってきた仕事が人に認められない仕事だということに気づく。

そこへ現れた森尾。

彼女は、今までとは打って変わって生き生きとした表情で仕事をしていた。

森尾は今、編集長から大きな仕事を任されていたのだ。

そんな後輩の姿に、悦子は自分の仕事に劣等感を感じてしまう。

そして幸人は、陰から悦子の姿をこっそり見ていた。

次の日、悦子は今までとは違う、とても地味な格好で出社してきた。

それを見た校閲部員は驚きを隠せない。

それと同時に悦子の校閲作業はペースが落ち、仕事がどんどん溜まっていく。

校閲部員が手伝おうかと声をかけるが、悦子は自分で仕上げると力なく答えるだけ。

それを見た貝塚は、気晴らしにご飯に行こうと誘う。

ただ、悦子のことを励ますための会だったはずが、余計なことを話してしまう貝塚。

「森尾さんが、ひそかに是永のことを好きらしい」

この一言を聞いた悦子は、仕事でも上手くいかない上に恋愛も上手くいっていないことに気づき、さらに落ち込んでしまう。

自分ではどうしようもできないと思った貝塚は、幸人にヘルプを依頼。

その幸人、悦子に対して

「自分がやっていることを当たり前だと思えるのは、それを守ってくれている人がいるからなんだよね」

と声をかけてくれる。

大好きな幸人のその言葉に、悦子は復活を遂げた。

次の日、ラッシーの編集部に出向いた悦子は

「校閲部員として当たり前のことをさせてください」

と宣言し、校閲部に戻ってくる。

しかし、校閲締め切りは明日だ。

ただ、悦子の復活がうれしい米岡は、一緒に校閲をすると申し出る。

そして、慣れないファッション誌の校閲を2人がかりで仕上げていった。

ラッシーの発売日。

寄せられたアンケートでは、悦子が校閲したページが大好評。

悦子は幸人に感謝の気持ちを述べて、思いを伝えようとするのだった。

校閲ガール第9話感想

藤岩さんが悦子に作ってあげたキャラ弁可愛かったぁ。 みんな仕事でミスした悦子の事を心配してて、悦子は周りに恵まれてるなぁ。森尾も幸人の事好きだったって正直に言ったし、いい友達持って羨ましい。悦子!校閲部に残ってくれー!(27歳・女@お腹痛い女)
いっつも元気で明るいえっちゃん!毎日バッチリ、ファッションとメイクを決めて!そんなえっちゃんにオシャレしない日がくるなんて。そんなえっちゃんにもオシャレしない日があることに安心した私はスボラだ。(30歳・女@スボラ女)

校閲ガール関連記事

【PREV】校閲ガール8話ネタバレ&あらすじ感想!熱すぎる女2人&温まってきた男

[LAST]校閲ガール最終回結末&ネタバレ!原作とドラマキャスト設定は大違い

校閲ガール第9話視聴率

結果

13.2%(△0.5%)

予想通り上げてきてくれました。ただ・・・

逃げ恥のアップ幅が半端なかっただけに、逆転は厳しいかもしれません。

予想

第1話12.9% → 第2話11.2% → 第3話12.8% → 第4話11.2% → 第5話11.6% → 第6話13.2% → 第7話12.5% → 第8話12.7%

前回、わずかながらも再上昇し、高いレベルを維持している本ドラマ。

ここまで来たら、もう全話2ケタはほぼ間違いないと言っていいのではないかと。

視聴率争いではIQ246が脱落した為、逃げ恥との一騎打ちになっていますが、こちらの決着も注目です。

逃げ恥は7話までの平均視聴率12.5%に対し、校閲ガールは8話までの平均視聴率12.3%

ライバルを逆転する為に、校閲ガールはここから13%台を連発していきたいところ。

というわけで、9話の予想は「13.1%」としておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">