逃げるは恥だが役に立つ9話ネタバレ感想!安奈が4人に嵐を巻き起こす?

今回のネタは、12/6放送の「逃げるは恥だが役に立つ」第9話。

8話では、風見の過去の恋愛話を聞き、自分の自己中さを痛感させられた津崎。

彼は自分が傷つくことを恐れるあまり、みくりの気持ちを何も考えていなかった。

そう思い至った津崎は、みくりの思いの丈を伝え、晴れて二人は仲直り。

別居前に比べ、さらにその距離が近くなったわけですが・・・

では、予想しなかったライバル登場にビックリの9話展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

逃げるは恥だが役に立つ第9話展開まとめ

その1:やっとの再会

家出したみくり(新垣結衣)は津崎(星野源)と住む303号室に帰る決意をしたが、入れ違いで津崎はみくりの実家に迎えに行ってしまい、そのままみくりの両親に捕まってしまった。

また、ちょうどその時津崎の会社でバグトラブルが起こり、会社へ出社したままもう3日も帰れずじまい。

その後、深夜にタクシーで何とか帰ってきた津崎。

部屋の電気がついているのを見て、喜んで部屋に駆け込むが、みくりはソファで寝てしまっていた。

津崎は愛おしそうにみくりの頭を撫で、仮眠をとってみくりの作った夕食を持ってまたすぐに会社へと戻る。

こうしてまた二人は会えずじまいですれ違ってしまう。

その日の夜、やっと仕事を切り上げた津崎は、3日ぶりにみくりとの再会を果たす。

二人は玄関先で自然とハグをし、疲れ果てた津崎はみくりの温かさにとっても癒しを感じていた。

今日は「ハグの日」だと気づく二人だが、津崎は「ハグの貯金」を提案。

「前借りがあるなら、貯金もありかと。システムの再構築が必要です」

貯めておいて、癒されたいときにハグをするというのだ。

ハグがお預けになってしまうことが悲しいみくりは、もうそんな決まりはどうでもよくて

「気持ちに沿っていつでも、なんなら毎日でもハグをしたい!」

と思っているのだが、一度拒絶された痛手から軽々しくそんなことは言い出せない。

その2:津崎に他の女が!?

津崎は、雇用契約書について再検討していた。

「恋人ができたら」

という項目を新たに追加したが

「雇用主が恋人だった場合」

ということについては考えていなかったからだ。

みくりのことを考えながらいろいろと思いを巡らせる津崎。

「いいですよ、そういうことをしても」

というみくりの言葉の真意を考える。

「まさかみくりさんは、好きでもない男とそういうことができる女性なのか・・・!?」

そんなことを考えていると、みくりがお茶を持って部屋に入ってきていた。

津崎は、今の自分の妄想が声に出ていなかったかと慌てふためく。

そして津崎が心配したとおり、心の声はしっかりと声に出ていた。

みくりは誰とでもする軽い女と思われていることにショックを受ける。

そんなある日、津崎と風見の前に取引先のOL・五十嵐杏奈(内田理央)が現れる。

杏奈はどうやら風見のことを狙っているらしいが、風見は全くつれない態度。

ところで、津崎と杏奈が一緒に歩いていると、それを偶然通りかかったみくりが目撃してしまう。

津崎と杏奈の関係が気になりすぎるみくりは、“家政婦は見た”状態で尾行を開始。

そして、二人が仲良く店に入っていくのを見て、愕然としてしまう。

その3:ついにお互いの気持ちを伝え合う2人

その日の夜、津崎が帰ってくると、みくりは目も合わせずにどこかへ行こうとする。

津崎は止めるが、みくりはその手を振り払った。

「あっすみません、勝手に触ったりして」

「触っていいんです。平匡さんだからいいって言ってるのに、どうしてわかってくれないんですか!?

・・・また言っちゃった。だから嫌なんです。嫌なんです、こういうの!」

「それは、僕との生活が嫌だという意味ですか?」

「そうです!もう嫌なんです!」

「困ります。僕にとってみくりさんは、もう簡単に手放せる人ではないんです」

「ずるい!どうしてそういうこと言うんですか?どんどん好きになっちゃうじゃないですか!?

だから嫌なんです。私ばっかり好きで・・・。平匡さんも私のこと好きならいいのに」

「え、好き・・・ですよ?」

「なんか今渋々言わせた気が・・・」

「渋々じゃないです」

「従業員としてではなくてですよ?」

「はい」

そこで、みくりは先ほど津崎が一緒にいた女性について聞いてみた。

「すみません、一つ確認してもいいですか?勘違いだったらすみません。嫉妬してくれたんですか?」

「バカ!!決まってるじゃないですか!!」

すると、津崎は顔を隠してニヤニヤ。

「何笑ってるんですか?」

「かわいいなと思って。ずっと、みくりさんが僕のこと好きならいいのになって思ってました」

「ずっと?」

「ずっとです。考えないようにしてました」

「今日、火曜日ですよ?」

津崎はみくりを抱きしめた。

「これからは、火曜日じゃなくてもみくりさんを抱きしめていいですか?」

「何曜日でも、何時でも」

「何時でも?」

「朝までだって。・・・すみません、私また」

みくりは慌てて離れようとするが、それを津崎が引き寄せる。

「一緒にいますか?朝まで」

「うん」

こうして、二人は初めて津崎のベッドで一緒に寝ることになったのだが、津崎は緊張でカチコチ!

その4:百合と風見の関係にも変化が・・・

そんな幸せ絶頂にいる二人の知らないところで、津崎に忍び寄る衝撃の事実が・・・

会社の危機的状況を知った沼田(古田新太)は、会社のメンバーに

「貯蓄はあるのか?」

という質問をしまくるといった不審な行動に出ていた。

余裕のある人からリストラ対象にするため、沼田は極秘で調査を頼まれていたのだ。

そして、津崎や日野(藤井隆)がそのリストに挙がってしまう。

また、沼田は津崎と風見(大谷亮平)が話しているのをこっそり聞いてしまい、津崎とみくりが給料の発生する契約結婚をしているという事実を知ることに。

そのことが関係したのか、なんと沼田チョイスで絞られたリストラ対象者リストに津崎の名前が・・・

次週、津崎は職なし?

そうなると、二人の契約結婚は破綻してしまうのか!?

そして、百合(石田ゆり子)と風見の関係にも突然変化が訪れていた。

いつも強く明るく仕事に生きているアラフィフの百合だが、仕事に対する自分のポリシーを貫くことで、会社の男性から

「融通のきかない女だ。だから結婚できない」

などと言われることも。

しかし、それでも気丈に強くあろうとする百合は

「私を見て、今一人でいる若い子が、あの人がいるからまだがんばれるって安心するかもしれない。

だから、私は強く生きなきゃいけないのよ」

と風見に話すと、それに対して風見は

「そんなこと言わないでください」

そう言われて、なぜか涙が出てきてしまう百合。

すると、風見は百合に覆いかぶさるようにして、百合の涙を周囲から隠してくれたのだった。

百合が風見に見せたいつもと違う顔。

そして、風見が見せた優しさ。

二人の恋愛が始まりそうな予感・・・!

逃げるは恥だが役に立つ第9話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


みくり(新垣結衣)を迎えに行き、みくりの両親に捕まってしまった津崎(星野源)

翌日自宅に帰り、一足先に戻ってきていたみくりに出迎えられることとなる。

「お疲れ様でした」

みくりの笑顔に

「疲れた・・・」

と津崎はホッとして、自然と玄関先でハグをする。

みくりは今まで傷つき悩んだ心が嘘のように、温まっていくのを感じていた。

離れていたことでお互いの気持ちは高まり、幸せを噛み締めながら生活する二人。

津崎は、自分の自信のなさがみくりを傷つけていたという事実に気づいてから、できるだけ自信のなさを取り払って積極的に行動するようにと心がけていた。

しかし、そんな津崎の心境の変化を知らないみくりは、津崎の態度の変化に疑問を抱くように。

そんな中、津崎の会社では不穏な動きが。

取引先の買収により、売上が大幅に落ちる危機にある会社は、リストラを計画し始めた。

社長と繋がりのある影の権力者・沼田(古田新太)はその事実を知っているが、他の社員には口止めされているため、行動が不審になりがちだ。

まずは余裕のある人からリストラ対象となるということで、津崎の名前もリストに挙げられる。

そんなある日、津崎と風見(大谷亮平)は、取引先のOL・五十嵐安奈(内田理央)と出会う。

安奈は超ポジティブな性格で、風見に好意を持ち始め、つれない態度にも全くめげずにグイグイ切り込んでくる。

風見と仲のいい津崎にも安奈は親しげに接し、ある日街中で津崎は安奈に声をかけられた。

そして、安奈がつまづき転びそうになったところを、津崎は支えて助けてあげる。

しかし、そんな二人の光景を、たまたまみくりが見てしまっていたのだ!

みくりは、津崎と安奈の仲を疑い始める。

そして、このところ津崎が自分に積極的な態度をとり始めたのも、別に女ができたことの反動なのではないかと思い至るように。

そこで、みくりは津崎にメールをしてみるが、なぜか嘘をつく津崎。

疑いで頭がいっぱいになったみくりは津崎を尾行し、まるで「家政婦は見た」状態!

一方、一生独身を覚悟するアラフィフ百合(石田ゆり子)に、モテ期が到来しそうな気配が・・・

かねてより百合を慕っていた会社のイケメン後輩くんは、百合に気がありそう。

そして百合は、イケメンだからといって毛嫌いしていた風見のことを、よく知るうちにだんだんと真面目なところもあると認め始めていた。

その風見はというと、みくりと津崎が別居を通して愛が深まってしまったことを知り、みくりへの片思いはもう潮時かと感じ始めている。

安奈という恋のスパイスが登場したことで、津崎とみくり、そして百合と風見の関係に変化を巻き起こす!

逃げるは恥だが役に立つ第9話感想

津崎が積極的になり、みくりと大接近と思いきや、なかなかくっつかなかった二人。津崎には新しい女が?と思ったがみくりの誤解で、二人の気持ちをやっと確かめ合えて安心した。また、鑑定団のパロディに笑った。(27歳・女@津崎を好きになりました)
みくりと平匡さんの距離が一気に近づいてむずキュン!平匡さんの「疲れた」の言い方めっちゃ可愛くて、私が抱きしめたいと思ってしまった(笑)そして百合ちゃんの恋。風見は百合ちゃんの事本気で好きなのかな?百合ちゃん幸せになって!(27歳・女@くりぼっち確定)

逃げるは恥だが役に立つ関連記事

【PREV】逃げるは恥だが役に立つ8話ネタバレ感想!後悔が夫を妻の元へ走らす

[LAST]逃げるは恥だが役に立つ最終回&原作ネタバレ!ハグの力は金より強し!

逃げるは恥だが役に立つ第9話視聴率

結果

16.9%(△0.8%)

予想より上げ幅は小さかったですが、やはりその勢いは止まらず。

10話がラストではなく11話まであるとのことなので、まだまだ20%超えも期待できそうですね。

予想

第1話10.2% → 第2話12.1% → 第3話12.5% → 第4話13.0% → 第5話13.3% → 第6話13.6% → 第7話13.6% → 第8話16.1%

7話で連続アップが途切れ、ついに勢いもここまでかと思われた本ドラマ。

ところが、そんなことを考えた自分をあざ笑うかのような急上昇を、8話では見せてくれました。

当然ながら、この急上昇はニュースとして取り上げられ、注目度は俄然アップ。

それもあり、9話でもさらなるジャンプアップを見せてくれるかもしれません。

ということで、9話の予想は17.7%としておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">