嘘の戦争3話ネタバレ&あらすじ感想!順調な復讐劇の裏で忍び寄る追手

今回のネタは、1/24放送の「嘘の戦争」第3話。

2話では、自らの家族を殺された事件でウソの証言をした弁護士・六反田を破滅に追い込んだ浩一。

そして、二科家の長女・楓に対しては、自分の傷について彼女が信じてしまうようなウソを付き、楓の心をさらに引き寄せることに成功。

ただ、その二人の親密な仲を複雑な気持ちで眺めるハルカ。浩一にとっての内部的不安要素もますます大きくなっていっています。

では、浩一の次なるターゲットが気になる、3話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

嘘の戦争第3話展開まとめ

その1:悪徳刑事を罠に嵌めろ!

ある日、三輪という刑事(六平直政)が公園で少年に空手を教えていると、ベンチの上のバッグに爆弾が入っているのを発見する。

三輪は、急いでバッグを抱えて走り、噴水に投げ入れる。

その直後、爆弾は爆発した。

三輪の機転のおかげで、けが人は一人も出なかった。

マスコミは、三輪のことをヒーロー扱いし褒め称える。

しかし、これは浩一の作戦だった。

一度賞賛された人間がスキャンダルを起こせばダメージが大きい。

そこで、あえて一度三輪の株を上げさせたのだ。

会長(市村正親)の罪の告白のテープを聞き、30年前に捜査に関わった三輪が真相を知りながら隠蔽したという事実を知った浩一。

9歳だった浩一に「僕を刺した犯人はお父さんです」と嘘の証言を強要した刑事だ。

「一番憎いかも」

浩一は、自分の人生で一番辛い嘘をつかせた三輪のことを心底恨んでいた。

「アイツだけは、この手で破滅させてやりたい!アイツの泣き叫ぶ顔が見たい!」

そこで、浩一は三輪について調べ始める。

しかし、いくら聞いても悪い噂が出てこない。

浩一はある秘策に出た。

それは、三輪家の墓を訪れること。

墓には、先祖代々の歴史が眠っている。

思いがけない秘密を知り得ることもある。

墓には

「沙織 享年1歳」

と書かれていた。

「これは、使えるかもな」

浩一は、作戦を思い出した。

浩一は妻に逃げられ、1歳の娘と会えなくなっている男という設定で三輪に近づき、仲良くなって飲み屋に一緒に行く。

しかも娘の名前は”沙織”。

三輪は、浩一に肩入れしてしまう。

その席で、後ろに座っていたカズキ(菊池風磨)が三輪の携帯を抜き取り、犯罪行為のデータを携帯に入れて携帯を警察署に返却。

そして、その事実をSNSにアップしたのだ。

三輪は何がなんだかわからないが、すっかり犯罪者としてマスコミから大バッシングを受け、職場でも白い目で見られてしまう。

その2:楓へのプロポーズ

その頃、浩一にキスをされた楓(山本美月)は、浩一への思いを募らせていた。

そこで、兄の晃(安田顕)に相談する。

晃は、楓のことを思って楓と浩一のデートについてくる。

「妹のこと、どう思ってる?」

「ちょうど僕も、晃さんに相談しようと思っていたんです。大企業のお嬢さんと僕じゃ釣り合い取れないし。

財産目的とか思われるのも嫌なんだけど・・・。僕は楓さんのことが本気で好きです」

「でも、まだ私のこと何にも・・」

戸惑う楓に

「何も知らないから、これから一生かけて知っていきたい。本気で結婚を考えて、付き合いたいと思ってる」

と浩一は真剣にプロポーズした。

晃は大喜びで浩一の手を取った。

「妹をよろしく。楓、言ったろ?この人は絶対に信用できるって!」

浩一の結婚詐欺師としての腕前もたいしたものだ。

浩一を純粋に信じているこの兄妹の運命は・・・。

その3:30年前の報い

さて、犯罪行為の容疑をかけられて落ち込む三輪だが、浩一はすっかり味方となり三輪の容疑を晴らす手伝いをすると申し出る。

三輪をハメた犯人に思い当たりはないかと尋ね、三輪は過去に逮捕した人物の中からストーカー犯がネット関係に強いと思い当たる。

「そのストーカー犯を捕まえて、報いを与えないと」

と浩一は三輪をそそのかし、毎晩のようにストーカー犯のアパートに張り込みに出かける。

しかし、浩一の真の目的は、三輪を眠らせないことだった。

どんなに冷静な人間でも、何日も眠らなければ冷静な判断力を失う。

そうして体力も判断力もなくなったとき、浩一はさらなる罠を仕掛けた。

週刊誌の記者に扮した二人組に三輪と浩一を尾行させる。

それに気づいた三輪は

「お前たち、誰に頼まれた!?」

とその男の襟を掴む。

もう一人の男が写真を撮り、さらに激昂する三輪をビデオで撮影する。

男を殴る決定的瞬間を撮られてしまった三輪。

暴力刑事としてのレッテルを貼られてしまう。

もう本当におしまいだ。

朝方すっかり落ち込んで家に帰った三輪。

側に付き添ってくれる浩一に、三輪はこう告白した。

「私は、過去に罪を犯したことがある。ある捜査を妨害して、証拠を隠蔽した。

今回のことは、あの時の報いなのかもしれない・・・」

そう語る三輪は、本当に過去を悔いていた。

それでも、三輪は仕事に出かけると言う。

途中まで一緒に行って、浩一は先に上に行っていてほしいと三輪を一人エスカレーターに乗せる。

すると、後ろからカズキが追い越し際に三輪のカバンに携帯を入れた。

前に立っているのは、スカートを履いたハルカ(水原希子)だ。

エスカレーターを上りきると、ハルカが警備員を連れてきた。

「この人に、撮られました!」

「なぜだ?なぜ君がこんなことをする?だって君は・・一色くんの奥さんだろ?」

一色くんとは、三輪の前で浩一が名乗っている名前。

ハルカは最初の出会いで、浩一と痴話喧嘩をしている妻役で三輪と顔を合わせている。

三輪が慌てて浩一を探すと、下から睨みつけるように浩一が見上げていた。

張り込みをしていたとき、浩一が語っていた言葉を三輪は思い出す。

「俺、過去にひどい嘘をついたことがある。絶対についちゃいけない嘘だったのに。

今、妻子に逃げられてるのも、あの時の報いなのかも」

過去についたひどい嘘・・・。

「まさか、あの時の・・・!?」

全てを悟った三輪は、そこから逃げ去る。

浩一の頬には涙が伝っていた。

一方、浩一(草彅剛)が現れてから隆(藤木直人)は30年前の事件の関係者が次々に破滅に追いやられていることから、やはり浩一が千葉陽一と何か関係があるのではと推測していた。

絶望した三輪が線路に飛び込もうとしているのを隆が止め、

「あなたのことを助けられるかもしれない。今回の件は、30年前の事件と関係しているかもしれない」

と言う。

隆は、社長を引き継ぐときに30年前の事件の全てを聞かされていた。

「この男が、あなたの前に現れませんでしたか?」

と浩一の写真を見せる。

その4:三輪、涙の謝罪

隆の社長室。

浩一は、隆に呼び出されていた。

そして、楓と三輪も。

隆は、楓の前で浩一の正体を暴こうと考えているのだ。

「この男は、一ノ瀬浩一と言います。あなたの前に、違う名前を名乗って現れませんでしたか?」

楓は、何が起こっているのかわからず、浩一を見つめる。

息を呑む浩一。

三輪に頷かれたら、一貫の終わりだ。

しかし、三輪はこう答えた。

「私は長年刑事をやってきた。人の顔は忘れない。たとえ服装や名前を変えても。

この人には、会ったこともありません。今、初めて会いました」

予想外の答えに隆は驚く。

「なぜですか?あなたがこんなことになったのは、全部この男のせいなんですよ!?」

「いや、これは私が犯した過去の罪のせいだ。報いだよ。

私の娘は、生まれつき体が弱くて、心臓移植をしなきゃ生きられなかった。

ある人が、アメリカで手術をさせてやると言ってきた。そのために、私は罪を犯したんだ。

しかし、結局間に合わなくてね。娘はたったの1歳で亡くなった。

私は大きな罪を犯した。取り返しのつかない嘘を。だから、これは報いなんだ」

そして、浩一をまっすぐに見ながら頭を下げた。

「悪かったね・・・・人違いで呼び出されて。本当に、申し訳なかった!申し訳なかった・・・!」

三輪は涙をこぼし、浩一に謝罪。

すると浩一は、三輪に頭を上げさせこう言った。

「俺、嘘つきって呼ばれるのが大嫌いだから」

こうして隆の追撃をなんとか切り抜けた浩一だったが、隆はまだ諦めてはいなかった。

病院にいる五十嵐(甲本雅裕)のもとを訪れて、浩一の写真を見せる。

「この男が、あなたの前に現れませんでしたか?」

五十嵐は精神を病んでしまったようだが、浩一があの時の少年だということを語ってしまうのだろうか!?

嘘の戦争第3話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


嘘の証言をした六反田(飯田基祐)を破滅に追い込んだことで、興三(市村正親)が30年前の罪について自ら語っているテープを手に入れた浩一(草彅剛)

なんと、興三は大学生二人が若いOLを殺してしまった事件をもみ消し事故として処理し、それに気づいた浩一の父親を口封じのために殺す指示を出していたのだった。

それを知っているのは、大学生の親の九島と四条という人物。

それから、興三が手を回した刑事の三輪(六平直政)だった。

三輪は、9歳だった浩一に対して何度も

「嘘をついてはいけないよ」

と繰り返し、最終的には

「僕を刺した犯人は、お父さんです」

と嘘の証言を強要した張本人。

あの人生で一番辛い嘘をつかされたときの記憶は、浩一の中で今でも薄れることはない。

「あの刑事だけは、この手で直接破滅させてやる!」

浩一は、三輪への復讐の炎を燃やす。

今回のターゲットを三輪へと定めた浩一は、三輪という人物を探り始める。

すると、三輪はとんでもない汚職刑事だったということが明らかに。

浩一は、三輪の弱みにつけこみ、公園に爆弾を仕掛けて脅迫。

三輪にも守りたいものがある。

それを奪ってやると脅迫したのだ。

三輪は浩一に許しを請い、必死になって駆けずり回る。

しかし、浩一は決して三輪を許さなかった。

「今度はあんたが地獄を見る番だ、刑事さん」

こうして、浩一は容赦なく三輪への復讐を遂げていく。

その頃、浩一にキスをされ仲が急接近した楓(山本美月)は、晃(安田顕)に浩一のことを相談していた。

「どう思う?一ノ瀬さんのこと」

「好きになった?」

晃は優しく、楓の気持ちを応援する。

浩一は実にいい人間だと、晃は心底信じてしまっている。

しかし、隆(藤木直人)は浩一への疑惑をまだまだ強めていた。

浩一とあの事件での生き残りの少年が同一人物だという事実には、まだたどり着けていなかったが・・・。

そして興三は、近頃唐突に30年前の事件について動きが見られることに、不信感を募らせていた。

「千葉陽一・・・」

あの時の少年は、確かにオーストラリアに滞在しているはず。

本人が公開しているブログで確認できる。

しかし、興三は念には念を入れてもう一度そのブログのことを調べてみることに。

そして、それが本物の千葉陽一ではないことに気づいてしまったのだった・・・!

次々に関係者を陥れていく浩一の復讐。

興三に近づくために、利用される楓と晃。

しかし、隆と興三の疑いは着々と浩一を追い詰めていく。

どちらが勝つのか、見ごたえのある頭脳戦の行方は・・・!?

嘘の戦争第3話感想

子供時代に浩一に嘘をつかせた刑事には、半ば途中で復讐終わったぽいけど過去の罪を認めたからなんかな⁉それとも、この先に続くんだろうか⁉まぁ、次のターゲットが、またでてきたりするんだろうな~。(35歳・男@テレビ東京は大好き)
三輪刑事も被害者なんだよね、今までは復讐する浩一に肩入れして見てたけど、今回の三輪刑事はかわいそうで見てられなかった、同情するよ。ハルカの乙女っぽい一面はなんかほっこりした、これからは復讐の他に恋愛要素も楽しんで見たいな(31歳・男@生魚は苦手)

嘘の戦争関連記事

[PREV]嘘の戦争2話ネタバレ&あらすじ感想!楓を虜にして離さない浩一のウソ

[LAST]嘘の戦争ネタバレ&最終回結末!原作は?復讐を遂げた浩一を悲劇が襲う?

嘘の戦争第3話視聴率

結果

11.3%(▼0.7%)

うーん、残念。

でも2ケタはキープしてるので、まだまだ上を狙って欲しい!

予想

1話11.8% → 2話12.0%

2話で「まさかの」上昇を見せてくれた本ドラマ。

ストーリーが非常に面白い為、3話もさらなるアップが期待できそうです。

というわけで、3話の予想は「12.5%」

初回から2話連続アップとなれば、ニュースに取り上げられてさらに勢いがつきそうです。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">