嘘の戦争4話ネタバレ&あらすじ感想!憎き親子を同時に潰す浩一の謀略

今回のネタは、1/31放送の「嘘の戦争」第4話。

3話では、自分に「家族を殺したのは父」とウソの証言させた憎き刑事・三輪を追い込んだ浩一。

ただ、三輪は心からその罪を悔いており、隆が浩一のウソを証明しようとした時、三輪は浩一の味方をして贖罪したのでした。

しかし、隆はさらに浩一の正体に暴こうと、浩一が以前破滅させた五十嵐に近づきます。

では、浩一と隆の激しいせめぎ合いが気になる、4話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

嘘の戦争第4話展開まとめ

その1:地獄へ落ちろ!

浩一(草彅剛)の父親が殺されることとなった発端の事件である、OLを誤って殺してしまった事件。

その事件を起こしたバカ大学生の一人“シジョウ”という人物が、ベテラン代議士の四条綾子(ジュディ・オング)の息子・司(森岡豊)だということに浩一はたどり着いた。

綾子は信じていた占い師に最近死なれたばかりだという情報を得て、ハルカ(水原希子)がその占い師の弟子に成りすまし、綾子に近づく。

綾子は、いとも簡単にハルカを信じ込んでしまう。

綾子が帳簿には載せていない極秘の裏金を溜め込んでいると知り、今度はユウジ(マギー)が国税局の調査員を装い綾子の自宅を訪問。

しかし、直前のハルカの予言により、綾子は難を逃れた。

この一件で、さらにハルカへの信用を深めた綾子。

引き続き目を光らせるユウジに怯えた綾子は、お金を他の場所に隠したほうがいいというハルカの予言に従い、別荘の金庫に持っていくことに。

別荘の場所は事前に調べてあり、そこには浩一が管理人になりすまし待ち受けていた。

こうして、綾子が別荘をあとにした後、浩一はお金を盗み出した。

その額、なんと5億円!

一方、綾子の息子・司は、いつも危ない事業に手を出して失敗続きで借金だらけだった。

ある日、メールをやり取りしていた人物から5000万円の出資を受けられることになる。

その相手は、浩一だった。

そして、途中で突然

「出資はできなくなった。あなたのやろうとしている元本保証のやり方は、違法だと知人に忠告された」

と連絡し、出資を断ってしまう。

困り果てた司は、綾子に泣きつく。

仕方なく、綾子は裏金を使って司を助けようと、二人で別荘に向かう。

しかし、金庫の中はもぬけの殻だった。

そこへ浩一から綾子に電話がかかってくる。

そして浩一は、会長が語った30年前の罪の告白テープを聞かせる。

言い逃れできない綾子と司は、罪のことは認めるが

「主犯は九島だ!俺はあいつにそそのかされてつい・・・」

「私は無関係の人たちが巻き込まれたと知って、二科に抗議したのよ」

などと言い訳をする。

「“つい”何だ?つい人を殺した?抗議したからどうした?他に何をした?警察に本当のことを言ったのか?

知っていながら何もしなかったのは、一緒に殺したのと同じことだ!!

地獄へ落ちろ!」

と言い放ち、浩一は電話を切る。

電話を切った後の、浩一の表情は決して満足げではなかった。

どんなに憎き相手を陥れても、自分の家族はもう帰ってこない・・・そんな悲しみが滲み出ていた。

その後、司は出資法違反で訴えられ、綾子共々社会的制裁を受けた。

その2:楓に結婚話を持ちかける浩一

浩一のもう一つの復讐計画も、順調に進んでいた。

会長に近づくため、楓(山本美月)との距離を縮め、あわよくば結婚まで持ち込みたいところだ。

浩一は、巧みに楓の気持ちを操り、部屋にまで上がり込む。

そして、楓とのことをしっかり話したいと、会長に会わせてもらえるように楓に頼む。

ハルカは

「結婚詐欺師としての腕もあったとはね」

と呆れ顔。

しかし、内心では浩一と楓がどんどん近づいていくことに、嫉妬を感じていた。

そして、ハルカは独断で楓に近づく。

楓が病院の休憩時間、外のベンチでお昼を食べていると、楓のネックレスについているリングを見てハルカが話しかける。

「それ、タイのですよね?」

「ご存知なんですか?願い事が叶うらしいんです」

「私の兄が医者と結婚を考えてるんですけど、結婚と仕事の両立って難しいですよね?先生、ご結婚は?」

「まだです。できればいいんだけど・・・」

浩一のことを思い浮かべながら、楓は幸せそうにはにかむ。

「お幸せに」

そう言って、ハルカは立ち上がったが、少し歩き出してから振り返る。

「ただ、気をつけたほうがいい。そんなもので気をひこうとする男。ネットでも数百円で買える安物だから」

浩一の復讐に協力すると言ったのに、つい嫉妬心を抑えられなくなってしまったのだ。

このハルカの複雑な心境が、この先浩一の復讐計画に影響を及ぼすことになるのだろうか。

その3:30年前の過ち再び

罪の告白テープがあることを四条から聞いて知った会長。

「この世から、そのテープを抹殺する。場合によっては、それを持っている人間も」

と、またしても罪を重ねようとしていた。

それを聞いた隆(藤木直人)は、必死に会長を止める。

「また30年前の過ちを繰り返すつもりですか!?

確かに30年前の関係者ばかりが狙われているけど、まだ誰も殺されたわけじゃない。

暴力を使わなくても、解決する方法があるはずです。

やっと千葉陽一を知る人間にたどり着いたんです!もう少し待ってください!」

隆は、千葉陽一を古くから知る三瓶(大杉漣)にたどり着いたのだ。

話を聞きに行った際、三瓶は何も語らなかったが、隆はそこから何か突破口が見つかる予感がしていた。

それに対し会長は、1週間だけ待つと隆に約束をする。

その4:仲間の裏切り?

四条綾子から奪い取った5億円を、浩一は恵まれない子供たちを救う団体に寄付してしまった。

だが、お金のために浩一に協力しているユウジは不満げ。

「もしかして、本当なのか?前から言っている親を殺された復讐って話」

「だから前からそうだって言ってるだろ」

浩一はそう言ってどこかへ行ってしまう。

「復讐なんか協力できっかよ。でも、二科は金になる。

だから、浩一に協力するふりをして、途中で金を奪い取る!いいな?」

ユウジはカズキに耳打ちをした。

まさかの仲間の裏切り・・・。

カズキは困惑していたが、一体どちらにつくのか?

さらなる人間関係の複雑さに注目だ。

嘘の戦争第4話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


30年前に浩一を刺した実行犯の五十嵐(甲本雅裕)

嘘の証言をして浩一の父親の無理心中説を決定づけた六反田(飯田基祐)

9歳だった浩一に「父親が犯人だ」と嘘をつかせた三輪刑事(六平直政)

彼らを次々に破滅に追い込んだ浩一。

浩一が現れてから30年前の関係者ばかりが次々に狙われることに、隆は浩一と千葉陽一に何か関係があるのではないかと考えていた。

「千葉陽一が、事件の関係者に復讐をするために近づいているとしたら・・・」

しかし、千葉陽一はオーストラリアで生活しているというブログが発見されている。

隆は、本格的に千葉陽一について調べてみることにするが、なかなか真相にはたどり着けずにいた。

そして、浩一は次なるターゲットを探し始めた。

事件の発端となった、大学生がOLを死なせてしまった事件。

その大学生2人の親の名前は、“四条”と“九島”。

事件のことを調べていて、その人物の一人がベテラン代議士の四条綾子(ジュディ・オング)だということにたどり着いた。

また、当時大学生だった綾子の息子・司(森田豊)は、今事業にことごとく失敗し借金まみれだということも知る。

そして、早速浩一は作戦を開始。

占い師に扮したハルカ(水原希子)は、浩一やカズキ(菊池風磨)が調べ上げた情報をもとに、司の身に起こったことを次々に言い当てる。

ハルカの才能を信じ込んだ綾子は、すっかりハルカの手の内に転がり込む。

さらにもう一方で、浩一の計画は進んでいた。

楓(山本美月)を利用して会長(市村正親)に近づこうというのだ。

楓に誠実な態度でプロポーズし、兄の晃(安田顕)をも味方につけて準備は万端。

浩一は、楓に父親である会長に会えないだろうかと提案する。

そんなある日、ハルカが一人で楓に会いに来る。

楓から浩一への気持ちを聞き出したハルカ。

楓が本気で浩一に惚れていることを知り、内心では複雑な心境ではあったが楓を応援して帰ってくる。

「何やってんだか私・・・」

帰りながら、ハルカは呟いた。

ハルカの浩一への思いは、だんだんと膨らむ一方だった。

浩一は結婚詐欺師としての腕もあったわけだが、楓の純粋な恋は本当に復讐のためだけに利用されてしまうのか。

そして、司にも近づいた浩一は、母である綾子が相当な金を溜め込んでいることを聞き出すことに成功。

それは不正に貯めたお金で、世に出すことができないものだ。

なくなっても騒ぎ立てることができない。

その金を使って、司に事業をやり直せばいいとそそのかす。

しかし、浩一はその金をそっくり奪おうと企んでいた・・・!

嘘の戦争第4話感想

浩一の復讐はついに政治家までに及んだね。回を重ねるごとに草なぎくんの表情が鋭さを増し、迫力を感じちゃう!楓とはお似合いのカップルだと思うので利害関係に関わらず、ハッピーな結末になってほしいけどそれは無理かな?(37歳・女@イチゴ大好き)
今回は息子が30年前に起こした事件にそれをかばった母親に対しての復讐をはたした回になり、ドキドキする展開でとても内容の濃い話で面白かった。また三角関係になるという展開もでてきて、この後の続きも気になる作りだったね。(32歳・男@カピバラ大好き)

嘘の戦争関連記事

[PREV]嘘の戦争3話ネタバレ&あらすじ感想!順調な復讐劇の裏で忍び寄る追手

[LAST]嘘の戦争ネタバレ&最終回結末!原作は?復讐を遂げた浩一を悲劇が襲う?

嘘の戦争第4話視聴率

結果

11.1%(▼0.2%)

ほぼ横ばい。

全話2ケタの可能性は、まだまだありそうです。

予想

第1話11.8% → 第2話12.0% → 第3話11.3%

3話で下げたものの、2ケタをキープしている本ドラマ。

フジのドラマで、このように高い視聴率で推移しているドラマは、ここ1年ぐらい無いように思います。

フジの看板とも言える「月9」に対しても、おそらく負けることはないでしょう。

というわけで、ぜひこのドラマには全話2ケタを記録して欲しいところ。

そこで、4話の予想は「11.5%」としておきます。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">