東京タラレバ娘3話ネタバレ&あらすじ感想!小雪を落とした丸井の秘密

今回のネタは、2/1放送の「東京タラレバ娘」第3話。

2話では、プライベートでも仕事でも打ちのめされて酔いつぶれた倫子が、KEYとまさかの関係に。

また、香も元カレ・涼にまさかの再会を果たし、涼に誘われた香は断りきれず・・・という展開でした。

ということで、次のターゲットは間違いなく小雪。

では、小雪のキャストはやっぱりもうちょっと背が高い方がいいと思う、3話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

東京タラレバ娘第3話展開まとめ

その1:次の一手がわからない!

KEY(坂口健太郎)とまさかの関係になったことで、倫子(吉高由里子)は混乱に陥っていた。

普通は、ここから「付き合う」という話になっていくのだろうが、倫子はKEYの気持ちがわからない。

直接聞こうにも、連絡先も知らない。

それどころか、名前(KEYは芸名なため)さえも知らないのだ・・・!

長らく恋愛から遠ざかってしまったため、次の一手をどう打ったらいいのか全くわからない倫子。

ある日、倫子は早坂(鈴木亮平)に新しい仕事をもらえるように、打ち合わせに行く。

すると、ロビーにはKEYがいた。

倫子が降ろされた「恋するシーズン」に出演のオファーが来たというのだ。

そこでも、倫子は肝心なことは何も聞けずに帰ってきてしまう。

その2:既婚者サラリーマンとの恋

そんな中、小雪の前に運命の王子様が現れる!

買い出しの途中で荷物をばらまいてしまった小雪。

すると、通りすがりのサラリーマン丸井(田中圭)が、拾ってくれた。

膝まづいてじゃがいもを差し出す姿は、まるで求愛をしている王子様!

丸井の服が汚れてしまったことに気づいた小雪は「呑んべえ」に連れて行く。

小雪の料理を無邪気に喜びながら食べる丸井の姿に、顔も声も喋り方も全体的な佇まいや雰囲気も、すべてがどストライクなことに小雪は気づく。

そして、丸井は

「また明日来ます」

と言って帰っていった。

翌日、丸井を待ってソワソワしている小雪。

しかし、丸井が駆けつけたとき、ちょうど小雪がのれんを外しているところだった。

丸井は

「約束したから、今日来るって」

と、とても必死にここまで走ってきた様子。

そんな丸井の誠実な態度にキュンとしてしまう小雪。

そして、丸井は

「今から、飲みに行きませんか?」

と小雪を誘う。

飲みながら、いい雰囲気になった二人。

「小雪さんのこと、好きになってもいいですか?もうなってるかも」

小雪は、幸せを手に入れたと思った。

しかし、次の言葉は意外なものだった。

「僕、結婚してますけどいいですか?妻とは別居中です。小雪さんが嫌なら諦めます」

先に言ってくれるだけ誠実な人だ。

全てを話したうえで、私に選択権を委ねてくれる優しい人だ。

小雪はそう思い込もうとした。

「いえ、諦めないでください」

こうして、二人の恋は始まってしまった・・・!

その3:セカンド女

元カレの涼(平岡祐太)と、成り行きで過ごしてしまった香。

涼には同居中の彼女がいるため、これで終わりにしようと思っていたのだが、KEYと友人の涼が「呑んべえ」に一緒に現れ、一人で来ていた香と再会する。

その日、KEYは先に帰り、香は涼と一緒に店を出た。

すると、涼はまた香とイチャイチャしようとしてくる。

「私は涼ちゃんのことなんか好きじゃないから」

「俺は好きだよ?」

「私は好きじゃない」

「そっか・・・」

しょげる涼の顔を見ると、たまらなくなる。

そんな香の気持ちを察したのか、涼はもう一度香の手を取る。

香は、拒むことができなかった。

その4:KEYの正論

KEYとの関係をはっきりさせたい倫子は、勇気を出してKEYに気持ちを聞きに行く。

しかし、KEYは「呑んべえ」で香と小雪に

「倫子のことどう思ってるの?倫子は大事な友達なんだからね!」

と絡まれたことで、気分を害していた。

「女子会でベラベラ喋ったんだろ?だからダメなんだよあんたたちは!

そんなことされたら、こっちだって警戒する。なんで自分で言いに来ない?

今だって先にこっちの気持ちを聞いてから、自分の答えを出そうとしてる。

そんな女とは恋愛できない。俺は、あんたとは恋愛できない」

そう言い放ち、去っていくKEY。

KEYの言っていることは正論で、倫子は何も言い返すことができなかった。

一瞬でも“愛”が手に入ると期待したのに。

「愛、どこだー!?」

夜空の向かって叫ぶ倫子。

タラレバ女だって恋がしたい!

だけど、傷つくことが怖いだけ。

大失恋してしまった倫子は、この先“愛”を手に入れられるのだろうか!?

東京タラレバ娘第3話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


成り行きでKEY(坂口健太郎)とあんなことになってしまった倫子(吉高由里子)

しかし、KEYがどうして自分にそんなことをしたのか、そして自分はどうしてKEYの行動に応えてしまったのかがわからない。

頭がぐちゃぐちゃの倫子は、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)に助けを求めメールする。

「やってもうた・・・」

倫子の衝撃の告白に、香と小雪はびっくり!!

「第4出動!!(男絡みの緊急招集)」

そして、早速3人は落ち合い事情を詳しく聞かれる倫子。

自分がこの先KEYに対してどうしたらいいのかわからないと悩む倫子に、2人は直接会って自分のことをどう思ってるのか聞くべきだとけしかける。

ともあれ倫子は、今無職の身。

とりあえず仕事だけでも頑張ろうと、早坂(鈴木亮平)に売り込みをかけに行く。

すると、そこでKEYとはち合わせ。

なんと、KEYは今度早坂が担当しているドラマに出演が決定していたのだ。

「倫子さんがKEYくんと知り合いだったなんて、驚いたなぁ」

早坂やマミがいたこともあって、倫子はKEYとあの夜のことについて何も話すことができなかった。

「何も聞けなかった~・・・」

はっきりしない倫子の様子に、香と小雪は自分のことのように悶々としてしまう。

そして「呑んべえ」に来ていたKEYに、小雪と香から倫子のことをどう思っているのかと尋ねる。

その後、やっとKEYと話をするため走り出した倫子。

「私はあんたと話がしたかった」

素直に気持ちをぶつけたつもりの倫子だったが、自分とのことを早速ペラペラと女子会の話題にされたことを知ったKEYは、不快感を示していた。

「女同士で相談してないで、なんで自分から言ってこない?だからあんたたちはダメなんだよ!」

そう言って、去っていってしまう。

一方、元カレの涼(平岡祐太)とヨリを戻してしまった香。

しかし、涼が彼女と住んでいるその部屋で自分と会うような遊び人だと知って、やはり涼のことを断ち切ろうと心に決める。

ただ、涼との縁はなかなか切れない。

また、涼が「呑んべえ」にやってきて、またまた偶然の再会に

「やっぱり運命だな、俺たち」

なんて言う。

そして、その帰り道

「俺は好きだよ、香のこと」

とサラっと言う涼。

「私は好きじゃない。涼ちゃんの好きは、一つじゃないもんね」

香は、なんとか流されないようにと必死に耐えるが、どうしてもこの顔に弱いのだ。

そして、ズルズルと続けてしまう。

そんなある日、ついに小雪にも運命の恋が訪れる!

ある日、買い出しの荷物を落としてしまい、それを拾ってくれたのは好青年サラリーマンの丸井(田中圭)だった。

野菜を拾って膝まづきながら差し出してくれる姿が、王子様が指輪を差し出しているように見えた。

現実主義でサバサバ系の小雪だが、恋に落ちるときは一瞬。

一目惚れしてしまったのだ。

香のネイルショップに向かい

「好きになる人を、一目見ただけでわかるってことある?」

と相談する小雪。

その後、丸井はすっかり「呑んべえ」の常連に。

会えば会うほど、丸井のルックスだけでなく喋り方や何から何までどストライク!

そして、丸井が小雪に「呑んべえ」に来ると約束をしていたある日、仕事のトラブルで遅くなってしまった。

しかし、閉店間際に「呑んべえ」に駆けつけた丸井。

「今日来るって約束したから」

そんな誠実な丸井の態度に、ますます小雪は惹かれていく。

その後、店が終わりなので、これから違う店に飲みに行こうという話になった二人。

すると、丸井は

「好きになってもいいですか?」

と小雪に告白!

ただ・・・

なんと丸井は既婚者だったのだ・・・!

東京タラレバ娘第3話感想

小雪は相手既婚者だし、香は浮気相手だし、倫子は芸能人とだし~みんな一応恋人というか相手はできたけど、誰一人幸せじゃないよね(笑)今回の展開は面白かったけど、この後どうやってハッピーエンドまで持ってくんだろ。(28歳・女@お寿司が好き)
ようやく小雪の恋が始まった!と思ったら相手はまさかの既婚者…。確かに条件が整いすぎだとは思ったんだよね。でも久しぶりの恋なら私だったらそれでも付き合っちゃうかなぁ。けど小雪にはちゃんと幸せになってほしいと思う!(30歳・女@薬指が長い)

東京タラレバ娘関連記事

[PREV]東京タラレバ娘2話ネタバレ&あらすじ感想!倫子を気にするKEYの過去

[LAST]東京タラレバ娘ネタバレ&最終回結末!原作とのキャスト比較&KEYの秘密

東京タラレバ娘第3話視聴率

結果

11.9%(△0.4%)

・・・上げてきましたか〜。

予想

第1話13.8% → 第2話11.5%

2話でちょっと下落しすぎた感のある本ドラマ。

ただ、これはもしかすると「原作組」が抜けた分かもしれません。

ネット上では「3人娘に悲壮感が感じられず、感情移入できない」など、キャスティングでいろいろ叩かれてますからね。

そして、原作を知らない視聴者にまで「悲壮感が感じられない」と思われてしまうと、このドラマはちょっとピンチ。

それこそが、このドラマの売りだと思いますので。

で、3話の視聴率予想ですが、11.0%ぐらいではないかと。

自分もキャスティングに納得がいってないので、厳しめの予想になってしまいがちですね。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">