人は見た目が100%ネタバレ&最終回結末!原作漫画キャストも個性的

今回のネタは、4月スタートの木曜フジドラマ「人は見た目が100パーセント」

本ドラマの原作は、大久保ヒロミさん著の同名マンガ(全4巻)

そのストーリーは、研究所勤務で今どきのメイクやファッションがわからない3人のリケジョが、就業後に「美」についての研究をしていくというもの。

実際、原作漫画では1話ごとに「つけまつげ」や「アヒル口」など、30種類以上のテーマについて、3人が悪戦苦闘しながら研究を繰り広げていきます。

ですので、原作は恋愛マンガというよりも(そういう要素も少なからずありますが)「美」についてのおもしろ解説マンガという感じでした。

では、あらすじやキャスト、結末について、原作と絡めながら書いてみます。

スポンサーリンク
panpy_336x280

あらすじ

見た目が堅いが実は可愛い物好きで、メガネが弱点の城之内純(桐谷美玲)30歳。

時代が自分を追いかけてくることに対して圧倒的な自信を持っている、自称オヤジ女子でポッチャリ女子の佐藤聖良。25歳。

時がイケイケ時代で止まっている、妻であり母であるが女ではない節約主婦、前田満子(水川あさみ)40歳。

この3人は某製紙会社の研究所に勤めており、製紙素材の研究に励んでいる研究者。いわゆるリケジョ。

ただ、そのような仕事環境の為、外界との接触が少なく、今どきのファッションが全くわからない状態になってしまっている。

そこで彼女たちは、研究の仕事が終わった後に「就業後研究」として、流行の美容アイテムやファッションについての研究をスタート。

果たして彼女たちは、JSM(=女子モドキ)からJS(=女子)へと変貌を遂げることができるのか?

そして、城之内は結婚し、佐藤は彼氏を作り、前田は女として見られることができるのだろうか?

↑に登場しないキャスト

総務課の若い女の子たち

3人が研究している「美」をキッチリ備えているお手本的存在。

3人が研究している時に突然入ってきて、ほめたり優しくアドバイスしたり、時には厳しくアドバイスすることも。

同じ研究所の理系男子たち

こちらも3人の「就業後研究」に突然入ってきたり、研究成果の反応を試されたりする存在。そこそこイケメン揃い。

ココナッツオイルを塗りまくった佐藤さんを、シャワーがある宿直室に連行して一言。

「体洗いなよ。なんかベタベタだよ?研究熱心なのはいいけど、ちゃんとお風呂入らないと」

持田さん

前田の先輩研究員。研究所イチの美肌の持ち主。43歳独身。

堂島くん

3人が勤める会社に今年入ってきた営業。

佐藤のタイプで、佐藤と同じポッチャリ系。脱毛にこだわりあり。

原作結末ネタバレ

ここまで書いてきたあらすじやキャスト情報は、原作に基づいています。

では、最後に結末(といいますか、恋愛的にどうなったか)について。

最初にも書いた通り、原作は「美」の解説マンガのような感じでしたが、その中にも恋愛ストーリー的なものもありました。

といっても、すでに結婚している前田さんについてはありませんでしたが(ダメな恋になっちゃいますからね)

というわけで、残りの二人についてサラッと書いてみます。

(原作ネタバレになりますので、読む際はご注意下さい)

佐藤さん

キャストにも書いた通り、堂島くんが好みのタイプ。

その彼の為、佐藤さんは脱毛を研究テーマとして取り上げ、体中に脱毛シートを貼りまくります。

が、そこに仕事の用事で突然堂島くんが登場し、脱毛シート貼りまくりの佐藤さんを見て退場。

完全に変な目で見られたとショックの佐藤さん。

しかし、脱毛マニアの堂島くんが再登場し、3人に対して脱毛についてレクチャー。

彼のツルッツルの足を見て、佐藤さんは堂島くんを好きになっていいのか考え直すのでした。

城之内さん

「美」についての研究をそこそこ進めた後、いとこの結婚式の2次会に出席することになった城之内さん。

そこでオシャレなイケメン美容師に出会い、彼から「すごくキレイな黒髪ですね」と褒められ、彼に恋をしてしまいます。

その後、城之内さんは彼の美容院に通い始め、彼のススメで髪型もロング→ベリーショートへ。

ベリーショートになった自分の姿を見た城之内さんは、自分の父にソックリとショックを受けるのでした。

ただ、結局そのイケメン美容師は同業の人と結婚。

さすがにそれを知った時の城之内さんはショック。ただ、どうしようもなくなるぐらいでもないことに気付きます。

なぜかといえば、城之内さんは「彼に恋していた」というより、彼から言われた「黒髪をほめられた言葉にときめいていた」ことに気付いたから。

こうして城之内さん含め3人は「ほめられる」為、オシャレの研究を続けるのでした。

(原作結末ネタバレここまで)

以上、原作の結末ネタバレでした。

ただ、ドラマはドラマらしく、もうちょっとハッピーエンドな方向に持っていくんじゃないかと思います。

原作で扱ったテーマ

  • つけまつげ
  • 柄パン
  • ナチュラル太眉
  • 帽子
  • アヒル口
  • 自撮り
  • ネイル
  • スウェット
  • ヘアアレンジ
  • UV対策
  • うさちゃん顔
  • 脱毛
  • アラフォーのミニスカート
  • シャツイン
  • カーディガンの巻き方
  • 白髪
  • パーティーファッション
  • ルームウェア
  • オフショルダー
  • 香水
  • ブランドバッグ
  • ジーンズ
  • アクセサリー
  • イヤリング
  • アクセサリーの重ねづけ
  • リフトアップ
  • ガウチョパンツ
  • ショッピングの作法
  • オシャレは「我慢」
  • ハイヒール
  • シャンプー
  • ココナッツオイル
  • メガネ

ドラマの期待点

面白い漫画だなと思って「ドラマ化してほしいなあー」と期待してたので、めちゃくちゃ楽しみ!「女子モドキ」からの脱却って新鮮でいいし、桐谷美玲と水川あさみが、どんな演技をするのか超期待のドラマだね。(25歳・女@いくらでも寝れる)
出演する女優さんが好きだから絶対見たいなー。ギャクっぽさもありそうだしテンポがいいドラマになりそう。それにしてもタイトルがすごいストレートで笑えるな。腐女子具合の演技に期待しよー。(29歳・女@メガネ女子)
主人公のおしゃれもメイクもしないっていうのが私に該当するからこりゃ観るしかない!純がモテないリケジョからどんな風にモテリケジョに変わるんだろう?ドラマ始まったら絶対”美の特別研究”参考にしたい!(28歳・女@春が待ち遠しい)

まとめ

繰り返しになりますが、原作は恋愛マンガというより「美」のおもしろ解説マンガ。

ですが、ドラマではおそらく原作よりも恋愛を多く扱うでしょうから、その辺りが注目点のひとつです。

そしてもうひとつは「桐谷美玲」さんという、ある意味すでに最高の素材を「冴えないリケジョ」に落とせるのかどうかという点。

「もう十分過ぎるぐらいキレイなんだけど!」という声がドラマスタート前から聞こえてきそうですが、どうなることやら。

あと、桐谷さんのベリーショートは見られるのか・・・おそらく見れないでしょう(笑)

最後に原作のオマケ話をひとつ。

JSMは「女子モドキ」の略ですが、J(=城之内)S(=佐藤)M(=前田)の略でもあります。

以上、「人は見た目が100パーセント」の記事でした。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">