リバース(ドラマ)ネタバレ&最終回結末!原作の犯人は誰?途中から登場?

今回のネタは、4月スタートの金曜TBSドラマ「リバース」

本ドラマの原作は、湊かなえさん著の同名小説。

そのストーリーは、10年前に親友を旅行中の事故で亡くした主人公の元に「お前は人殺しだ」という告発文が届き、主人公と共に旅行に参加したメンバーにも同様の告発文が届く、というもの。

ちなみに物語の主人公・深瀬和久を演じるのは、今回のようなミステリー系ドラマには欠かせない藤原竜也さんです。

では、あらすじやキャスト、結末について、原作と絡めながら書いてみます。

スポンサーリンク
panpy_336x280

あらすじ

「深瀬和久は人殺しだ」

自分の彼女・美穂子(戸田恵梨香)の元に届いたという突然の告発文で名指しされた深瀬(藤原竜也)

しかし、彼は告発文のことを知った時、「なんだこれは?」ではなく「ついに来たか」という印象を持った。

つまり、深瀬には告発文に思い当たるフシがあったのである。

そのフシとは、深瀬の大学時代の友人・広沢由樹(小池徹平)のこと。

深瀬と広沢は、大学のゼミで知り合った。

深瀬にとって広沢は、人生で初めての親友。それだけでも忘れられないのだが、それ以上に忘れることができない理由があった。

広沢は、ゼミ仲間で行った旅行中に事故で死んでしまったのだから。

そして、その事故には深瀬が知る「秘密」があるのだから・・・

キャスト

深瀬和久(藤原竜也)

32歳。事務機器メーカー勤務のサラリーマン。コーヒー好き。

自分には価値がないと思っている。

越智美穂子(戸田恵梨香)

30歳。パン屋「グリムパン」勤務。地味系美人で深瀬の恋人。

浅見康介(玉森裕太)

32歳。深瀬のゼミ仲間で、現在は高校教師。ストイックな性格。

村井隆明(三浦貴大)

32歳。深瀬のゼミ仲間で、現在は県議会議員である父の秘書。

谷原康生(市原隼人)

33歳。深瀬のゼミ仲間で、現在は大手の商社勤務。

ゼミではリーダー的存在だった。

谷原明日香(門脇麦)

27歳。村井隆明の妹であり、谷原康生の妻で一児の母。

昔、広沢が好きだった為、彼が亡くなった旅行にも参加していた。

乾恭子(YOU)

43歳。深瀬行きつけの珈琲店「クローバー・コーヒー」のマスターの妻。

深瀬と美穂子の良き相談相手であり、二人が付き合うキッカケを作った女性。

広沢忠司(志賀廣太郎)

65歳。広沢由樹の父。

広沢昌子(片平なぎさ)

57歳。広沢由樹の母。

広沢由樹(小池徹平)

享年22歳。深瀬のゼミ仲間であり、親友。ゼミ仲間との旅行中に事故死。

小笠原俊雄(武田鉄矢)

65歳。広沢の事故を担当した刑事。

その事故を「事件」と主張し続けた為、僻地に飛ばされた後、退職。

原作結末ネタバレ

では、最後に結末について。

本ドラマの結末でやはり気になるのは、一体誰が深瀬に「お前は人殺しだ」という告発文を送ってきたのかという点。

では、その脅迫をしてきた犯人について、ヒントを1つ書いてみます(見たくない人は飛ばして下さい)


犯人は、先程書いたキャストの中のひとり。


・・・すみません、上手いヒントの書き方が見つからなくて、これぐらいしか書けなかったです(笑)

ただ、キャストに載っていない、ストーリーの途中から出てくる登場人物ではないということは言えますね。

あと、ドラマと原作の犯人は、おそらく同じではないかと。

そこを変えてしまったら、さすがに話がガラッと変わってしまうと思いますので。

ドラマの期待点

告発文が送られてきて以降、過去の親友の死の秘密に辿り着くヒントが少しずつ分かってきて、点と点が線で繋がっていくと、そこには…的な感じ。実は、事件は意外な人物が作ったシナリオで、翻弄される当事者を高みの見物しているのかも。(51歳・男@女性とお金が大好きなおじさん)
イヤミスの女王湊かなえさんの原作という時点で見る価値ありな作品だと思う。湊かなえ作品で初の男性主人公ってところにも注目して見たい!最後にどんなどんでん返しや裏切りがくるのか今から楽しみ!(35歳・女@花粉症がつらい)

まとめ

ところで、藤原竜也さん主演のミステリードラマといえば、最近ですと昨年7月の「そして、誰もいなくなった」

このドラマもかなり謎が多かったドラマで、最後まで「誰が黒幕なんだ?」と盛り上がった覚えがあります。

今回のドラマも、最後の最後まで盛り上がってほしいですね。

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">