母になる8話ネタバレ&あらすじ感想!再び繰り返された寛太郎の不幸

今回のネタは、5/31放送の「母になる」第8話。

7話では、広の実母・結衣と、育ての親・麻子が大ゲンカ。

また、木野は亡き親友の母・愛美と運命的な出会いを果たします。

では、やはり結衣と麻子の仲が気になる、8話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

母になる第8話展開まとめ

その1:繰り返された育児放棄

麻子(小池栄子)は、週刊誌の記者の沢登(森田甘路)に付きまとわれ、事件のことを聞かれる。

沢登は、愛美(大塚寧々)とも通じていた。

実は、愛美は沢登に雇われて柏崎家を調べるために近づいていたのだ。

その会話を偶然知った麻子は、愛美の後をつけ自宅を突き止める。

すると、そこには驚くべき光景が・・・!

部屋には、小さな男の子が一人。

部屋がゴミだらけで荒れ果て、子供も髪はボサボサ薄汚れた格好をしていた。

すぐに愛美が育児放棄をしていることを悟った麻子は、木野(中島裕翔)に連絡をする。

愛美を柏崎家に呼び出し事情を聞くと、もともとは本当の母親が育児放棄をしていたのだと言う。

母親が子供を置いて出て行って、愛美と再婚した子供たちの父親は、今度は愛美に子供のことを押し付けるようになった。

父親もまた、子供に関心がないのだ。

そして、上の二人の子供は家を出ていき、残ったリュウだけに何とか愛美が食料を与えている状態だった。

その2:母親としてやり直す決意

「悪いのは、あの子たちを置き去りにした本当の母親よ」

と全く悪びれない愛美の態度に、結衣と麻子は憤りを覚え思わず共感してしまう。

そして、木野はどうしても愛美のことが許せなかった。

友人の寛太郎は、愛美に育児放棄をされていたから亡くなったのだ。

「怪我をして、誰もいない家に帰り母親の名前を呼びながら息絶えた子供の気持ちがわかりますか!!」

木野は、子供ながらに寛太郎の家がおかしいことはわかっていたが、寛太郎本人は決して愛美のことを悪く言わなかった。

それどころか、仕事ばかりしていて家を空けがちなことも、いつも男とばかりいることも、エスカレートして何日も家に帰らないようになったことも

「僕のために仕事を頑張っているから」

と自慢していた。

木野は

「ちゃんと言えばよかった。かんちゃんのお母さんはおかしいって。

ちゃんと他の大人に言えばよかった」

と後悔し、リュウのことを保護すると宣言する。

翌日、リュウは施設に連れて行かれたが、木野は

「お母さんは君を嫌いになったわけじゃない。どうしても行かなければいけないところがあるんだ。

だから、君もいつかまたお母さんに会えるときのためにがんばらなきゃ」

と言い聞かせた。

そして、愛美には

「母親は、やり直せる」

と励ました。

愛美は、涙をこぼしていた。

その3:事件の真相を知った広

麻子は、沢登の追撃により自分の過去の事件が広に知られることに怯えていた。

そして、結衣に

「もし広が事件のことを聞いてしまっても、嘘をついてごまかしてほしい」

と頼みこむ。

結衣は、どうしていいか迷った。

しかし、陽一(藤木直人)と二人で広のよく行っていたお好み焼き屋に行ったことで、決意が固まる。

広は麻子が思っているほど、母親と二人だけの世界で生きているわけではない。

お好み焼き屋の店の人や学校の友達、いろんな世界がある。

きっと広なら受け止められる。

そうして、結衣と陽一は広に麻子の事件のことを話した。

広は少しびっくりしたが、あっけらかんと受け入れた。

しかし、その本心はまだわからない。

その4:広と彼女の逃避行

翌日、結衣は麻子を呼び出し、広に真実を打ち明けたことを話す。

そして、もうこれで二度と会うことはないと宣言。

すると、そこに学校から広が登校していないと連絡があった。

結衣と麻子は心配して順に広に電話をかける。

すると、後からかけた麻子のほうに折り返しがあった。

しかし、電話口でしゃべっているのは女の子の声。

広は、学校をサボって女の子とデートしていたのだった・・・!

母になる第8話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、全く読み間違えてるよコイツwみたいに読んでいただければと思います。


麻子の前にジャーナリスト(森田甘路)が現れた。

2年前の殺人未遂事件のことを聞かせてほしいと言う。

麻子は無視しようとするが、彼は「9年前の事件」についても知っている様子だ。

つまり、広(道枝駿佑)が9年前に誘拐された子供であり、その子供を麻子が育てていたということまで知っているということだ。

ジャーナリストは、広にも接触していた。

殺人未遂のことをどうしても知られたくない麻子は、警戒して結衣(沢尻エリカ)に連絡をした。

「2年前の事件について、広には嘘をついて隠して欲しい」

と。

そして、麻子はあるきっかけで愛美(大塚寧々)が取材目的で柏崎家に近づいているということを知る。

愛美の後をつけてみると、ある古びたアパートに入っていった。

そして、その中を覗くと、ゴミが床に散乱した劣悪な環境の中に放置された愛美の息子・リュウ(間中斗環)の姿があった。

麻子は、そのことを木野(中島裕翔)に報告。

木野が訪ねてみると、リュウはいつものように一人で部屋にいた。

話を聞いてみると、木野が愛美から聞いた話とは全く違っていた。

本当のことを知った木野は、愛美に会い問い詰める。

すると、化けの皮が剥がれた愛美は開き直り、全く悪びれない。

木野は、誠意を持って愛美と向き合い

「母親は、やり直せますよ」

と諭す。

その頃、結衣と陽一(藤木直人)は、2年前の事件について広になんと嘘をついたらいいのか悩んでいた。

そして、自分たちの知らない広のことを知りたいと、広と麻子がよく行っていたというお好み焼き屋を訪ねる。

麻子が仕事で疲れたときには、いつもここで広がお好み焼きを焼いてくれたのだという。

そんな麻子と広の思い出の場所は、結衣にとっては複雑な場所であったが、そこで結衣たちはある未来への重要なヒントを見つける・・・。

一方、莉沙子(板谷由夏)の娘・繭(藤澤遥)は、広に対して恋心を抱いていた。

そして、ある日勇気を出して告白する。

しかし、広は顔色一つ変えずに

「ありがとう!じゃあ、またね!」

と去っていく。

落ち込む繭だったが、実は広には別の気になる女の子がいたのだ。

それは、違う学校の女の子だった。

その日、広は学校から帰ってこず、結衣は麻子のところに行ったのではないかと勘ぐり、麻子に連絡する。

しかし、麻子のもとには来ておらず、心配になった麻子は

「広は私が探し出します!」

と言い出し、結衣と麻子の二人で広を探すことに。

その頃、広は気になる女の子と一緒にいて・・・。

母になる関連記事

【PREV】母になる7話ネタバレ&あらすじ感想!莉沙子が抱える母親としての悩み

[LAST]母になる(ドラマ)ネタバレ&最終回結末!原作は?3人の「母になる」とは?

母になる第8話感想

放送後に募集します!

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">