母になる最終回ネタバレ&あらすじ!結衣・麻子・広が迎えるフィナーレ

今回のネタは、6/14放送の「母になる」第10話(=最終話)

9話で、広は育ての親・麻子と今生の別れをすることに。

ただ、麻子と別れた後に広は「お母さんって、二人いたらダメなのかな?」と、陽一に尋ねるのでした。

そして、結衣も麻子との関係を絶つことに抵抗を感じている様子で・・・

では、結衣と麻子、広が迎えるフィナーレが気になる、最終話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

母になる最終話展開まとめ(予想)

麻子(小池栄子)の乗った高速バスを追いかけた結衣(沢尻エリカ)だったが、バスは無情にも走り去ってしまう。

結衣が麻子を引き止めに来ていたことを知った陽一(藤木直人)は、どういうつもりだったのかと結衣に尋ねる。

しかし、結衣は自分でもどうしてそんなことをしたのかわからなかった。

結衣は、気持ちを切り替え、麻子のことはもう忘れると陽一に話した。

そして、結衣は広(道枝駿佑)のマラソン大会に気持ちを向けることにした。

広がみんなで応援に来ていいと言ってくれたのだ。

しかし、広はマラソンが大の苦手で、麻子も小さい頃走るのが苦手だった広がマラソン大会で何かしくじったことがあると話そうとしていたことを思い出す。

広が無事にマラソン大会を完走できるのか、結衣は心配で仕方がない。

一方、莉沙子(板谷由夏)は仕事でワールドツアーへの参加を断ってしまったのだが、夫の太治(浅野和之)や娘の繭(藤澤遥)が祝福してくれたため、言い出すタイミングを逃してしまった。

しかし、繭は莉沙子の様子がおかしいことから、ワールドツアーへの参加を辞退したことを察知する。

そして、自分たちのために莉沙子が夢を諦めたのだと考えた繭は、莉沙子の会社に出向き、もう一度莉沙子にワールドツアーへの参加のチャンスをもらえるようにと直談判に行く。

しかし、途中で繭に出会った広は、その話を聞き

「それは、莉沙子さんが自分で決めたことなんだから、尊重したほうがいい」

と繭に指摘する。

広は、自分のことを思って別れる決断をした麻子の思いを受け入れていたため、莉沙子にも莉沙子なりの考えがあるのだろうと思い至ったのだ。

そんな中結衣は、どうしても麻子への気持ちにまだ踏ん切りをつけられないでいた。

そして、マラソン大会のお知らせを麻子に送り、見に来ないかと誘う。

しかし、その頃広は桃(清原果耶)に大学生の彼氏がいることを知り意気消沈していた。

やる気をなくした広は

「マラソン大会は、誰も見に来ないで欲しい」

と言い出す。

しかし、マラソン大会当日。

麻子はお知らせの紙を頼りに、広のマラソン大会のゴール地点に姿を現した。

結衣と陽一も見に来ないでという広の言葉に、とりあえずスタートは応援に行かなかったものの、家にいても落ち着かずに出かけていく。

そして、ゴール地点で再開した二人の母親は、一緒に息子を出迎えることを決意。

麻子は広が小さい頃マラソン大会でしくじって、ゴール前で転んでしまったエピソードを結衣に話す。

ゴール前に姿を現した広は、麻子や結衣の姿を発見し動揺して転んでしまう。

手を取り合って広を励ます麻子と結衣。

二人の母親の声援に助けられて、広は見事ゴール。

3人で広のゴールを喜び合う。

そして、結衣はなんと麻子に柏崎オートで働かないかと提案。

麻子はその提案を受け、広は二人の母親と共に暮らせることになったのだった。

母になる関連記事

【PREV】母になる9話ネタバレ&あらすじ感想!結衣を心変わりさせた広の告白

[LAST]母になる(ドラマ)ネタバレ&最終回結末!原作は?3人の「母になる」とは?

母になる最終話感想

随時募集中です!

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">